ボイス(スタジオ) の変更点

Last-modified:

#contents
*プレミアムスタジオ音声一覧 [#zc1e3b07]
**セリフタイプA_台詞 [#hd5229fd]
|Voice|Pack|File|h
|「気にしないで。私が待ってたかっただけだから」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0001.ogg|
|「大丈夫。さっき雅哉と一緒だって連絡したらそれなら安心って言ってたから。ついでに家でごはんも食べて行ってもらったらって」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0003.ogg|
|「今更何遠慮してるの? それにどうせ帰ったって何もないんじゃないの」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0005.ogg|
|「でしょ? ほら、それじゃ行きましょ。こっち抜けた方が近道でしょ」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0007.ogg|
|「そうだね。明るい時しか来たことないから、夜こんなに暗いなんて知らなかった」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0010.ogg|
|「ね、ねぇ…早く通り抜けよ。なんか、ちょっと怖いかも」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0012.ogg|
|「ね、ねぇ!? な、何今の声?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0014.ogg|
|「え、なに? ちょっと待ってよ、雅哉!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0016.ogg|
|「ま、雅哉ぁ!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0028.ogg|
|「な、なんなんの、これ…!?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0032.ogg|
|「いやあぁぁぁぁっ!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0033.ogg|
|「雅哉ぁ!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0038.ogg|
|「だめ、雅哉を置いていけない」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0040.ogg|
|「いや、いやぁぁぁっ!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0043.ogg|
|「あ、あの…お願いです! 助けてください、雅哉を、この人を助けて!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0053.ogg|
|「あの、救急車を…」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0056.ogg|
|「そ、そんな…それじゃ、雅哉は?!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0058.ogg|
|「それでもいいです、助けて下さい。お願いです!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0060.ogg|
|「ま、雅哉あぁぁっ!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0068.ogg|
|「雅哉に、何を?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0069.ogg|
|「それで、助かるんですか?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0071.ogg|
|「雅哉、お願い、死なないで――雅哉!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0073.ogg|
|「雅哉ぁ!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0075.ogg|
|「良かった、良かったぁ、雅哉ぁ」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0077.ogg|
|「え、そ、そんな…私、か、彼女とか、そういう風に見えましたか?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0088.ogg|
|「え?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0091.ogg|
|「そこまで、慌てて否定しなくてもいいと思うけど」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0094.ogg|
|「何があったんですか?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0099.ogg|
|「あ…」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0101.ogg|
|「雅哉、お待たせ」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0118.ogg|
|「どうしたの? ぼぉっとしちゃって?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0120.ogg|
|「うん」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0122.ogg|
|「何を?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0124.ogg|
|「あ、それ。――うん、正直言うとね、公園に入った事も覚えてなくて。相当具合悪かったのかな、あたし」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0126.ogg|
|「そうだね…やっぱりきちんとお医者さんに診てもらった方がいいのかな」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0130.ogg|
|「そう? ――っていうか、そっちってなぁに?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0132.ogg|
|「やっぱり、何かあったんでしょ? あたしが倒れたって言うあの時に。ねぇ、何があったの?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0134.ogg|
|「本当に?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0136.ogg|
|「まぁいいわ。もし何かあるんだったら、ちゃんと話してよ」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0138.ogg|
|「う…うん――」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0140.ogg|
|「あ、大丈夫…です」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0146.ogg|
|「あの…なんだか、立ち眩み、みたいで…」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0148.ogg|
|「あ、はい」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0150.ogg|
|「うん…ありがとう」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0152.ogg|
|「うん。だいぶ落ち着いてきた」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0154.ogg|
|「ありがとうございます」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0158.ogg|
|「前はそうでもなかったんですけど…なんだかつい3日前にも倒れちゃったみたいで」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0160.ogg|
|「あの、何かあったんですか?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0162.ogg|
|「どうしてですか?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0166.ogg|
|「そうだったんですね。でも、どうしてそんな話を知ってるんですか?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0170.ogg|
|「相楽美弥子です」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0175.ogg|
|「ちょ、なんでそう即座に否定するの?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0178.ogg|
|「それはまぁそうなんだけど、だけどね――」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0180.ogg|
|「あ?! はい聞いてます」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0182.ogg|
|「あのお茶、ありがとうございました」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0186.ogg|
|「それじゃ、また」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0191.ogg|
|「うん――でね、さっきの彼氏とか彼女の話なんだけど…」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0193.ogg|
|「んっと…まぁ、いいかな」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0195.ogg|
|「いい、それよりあんまり遅くなるとお母さん心配しちゃう」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0197.ogg|
|「うん。でも本当に、ここで暴行事件って起こってるのかな」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0201.ogg|
|「わかってるけど、気になっちゃって」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0203.ogg|
|「ねぇ、本当に危ないってどういう事? 何か見たの?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0205.ogg|
|「さっきの、なつめさんの話――被害者と思われる人の記憶がないって…なんだかあたしみたいだなって」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0207.ogg|
|「ねぇ雅哉、本当のこと教えて。あの時、この公園で何があったの?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0209.ogg|
|「雅哉!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0211.ogg|
|「もういい、自分で確かめるから」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0213.ogg|
|「鍵、閉まってる」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0215.ogg|
|「やっぱり、何かあったんでしょ?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0217.ogg|
|「え? 何?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0219.ogg|
|「あ、あの、どちら様ですか?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0224.ogg|
|「え?! なんなの一体!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0227.ogg|
|「何? あの人誰なの?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0229.ogg|
|「え? うそぉっ!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0231.ogg|
|「ま、雅哉ぁ…」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0235.ogg|
|「はい、ありがとうございます」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0239.ogg|
|「ねぇ、雅哉。あの人、あたしたちのこと知ってたみたいだけど…」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0247.ogg|
|「何で?! 私のも繋がらない」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0252.ogg|
|「なつめさん、かっこいい」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0260.ogg|
|「雅哉、知ってるの?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0264.ogg|
|「やめて、死んじゃう!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0272.ogg|
|「い、いやぁ…来ないで」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0274.ogg|
|「雅哉…一体、どうなってるの?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0284.ogg|
|「どうしたの? 雅哉!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0285.ogg|
|「え?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0287.ogg|
|「あの、それにあなたは、一体…?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0294.ogg|
|「あの、雅哉はどうなってるんですか?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0298.ogg|
|「蹴散らすって? あんなにたくさんいるのに?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0304.ogg|
|「う、うん」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0343.ogg|
|「え、こ、ここって?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0345.ogg|
|「相楽美弥子です」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0354.ogg|
|「だから何ですぐに否定するのよ」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0365.ogg|
|「ち、違うけど、そりゃ違うけどね――あれ? この会話やっぱりどこかで…!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0367.ogg|
|「私、あの時も、あなたに…刹羅に会ってる」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0368.ogg|
|「記憶消去?! やっぱり、あの時の記憶がなかったのってそれが原因なのね」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0372.ogg|
|「あ、あの――」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0400.ogg|
|「それはわかってる。そうじゃなくて…」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0402.ogg|
|「あたしにも、何か手伝えることないですか?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0404.ogg|
|「だって、あたしだけ何にもしないなんて――」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0406.ogg|
|「もう関わってるもの! それに――雅哉だけ危ない目に会うなんて、あたし…」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0408.ogg|
|「もちろん、それでいいわ」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0419.ogg|
|「エクリプスの狙いがなんなのかわからない以上は、しょうがないわよ」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0426.ogg|
|「それで、なつめさんが言ってた話に繋がるのね。記憶がないって被害者の――」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0433.ogg|
|「気にしないで。私も、役に立ちたいし」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0440.ogg|
|「そういえば、なつめさん大丈夫だったかしら?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0444.ogg|
|「今度連絡とってみましょう」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0446.ogg|
|「公園はどう? なつめさんも公園を調べようとしてたし、一番うわさがあった場所なんでしょ」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0448.ogg|
|「どうするの?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0451.ogg|
|「行きましょう!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0454.ogg|
|「雅哉、あそこ!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0457.ogg|
|「雅哉! こっちはもう大丈夫だから」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0469.ogg|
|「すごいね、このバリアー。ちょっと、最後の銃撃でびっくりしちゃったけどね、うん」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0476.ogg|
|「わかったわ!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0497.ogg|
|「大丈夫、落ち着いてるわ。記憶消去もうまくいってると思う」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0500.ogg|
|「これで3回目ね」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0502.ogg|
|「私たちがいない所で誰か襲ってるのかしら…?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0504.ogg|
|「やっぱり、無差別に襲われる人を守るのは難しいと思うわ。何か手がかりになるような物があれば――」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0506.ogg|
|「何、どういうこと?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0510.ogg|
|「それで、襲われてた人の共通項って?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0516.ogg|
|「すごい。どうしてそんな事がわかったんですか?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0521.ogg|
|「それで、そのリストは今どこにあるんですか?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0530.ogg|
|「暗くて、誰もいないわね」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0536.ogg|
|「うん、わかってるわ」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0541.ogg|
|「うん。でも、本当にあたしたちってカメラとかに映ってないのかしら?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0544.ogg|
|「だよね? でも、刹羅はに見えてたみたいだから」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0546.ogg|
|「強化人間って、なんなのかな? 元は人間なの?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0548.ogg|
|「うん。そうね」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0550.ogg|
|「みたいね」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0552.ogg|
|「とりあえず探してみましょ」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0554.ogg|
|「移動しましょう。次は――」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0567.ogg|
|「……!?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0571.ogg|
|「うん」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0574.ogg|
|「雅哉!?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0592.ogg|
|「雅哉ぁっ!!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0597.ogg|
|「はぁ…はぁ…はぁ――」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0620.ogg|
|「うん、大丈夫――ふぅ」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0622.ogg|
|「一体何があったのかしら?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0624.ogg|
|「なつめさん、無事だったんですね。心配してたんですよ」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0629.ogg|
|「雅哉、知ってる?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0641.ogg|
|「少なくともなつめさんは違うわ。でもその朧って人は…」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0644.ogg|
|「でも、どうしてわたし達がこれを探してるのを知ってるのかしら?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0651.ogg|
|「一体何したのよ?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0655.ogg|
|「それってどういう意味ですか?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0659.ogg|
|「それじゃ、今はもうあの病院には通ってないんだ」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0661.ogg|
|「そっか、ならしょうがないね」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0665.ogg|
|「いいのいいの、気にしないで」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0667.ogg|
|「そうなの。未使用の薬がどれくらいあるか、身近なところで調査してくれって」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0671.ogg|
|「まぁ、それほどでもないけど」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0675.ogg|
|「うん、じゃあねぇ!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0677.ogg|
|「でも、まさか自分たちのクラスの子までリストに載ってたなんて、びっくりよね」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0678.ogg|
|「50人くらいいるのね」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0686.ogg|
|「あ、でもこの人とこの人、雅哉が助けた人よ。見覚えあるもの」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0692.ogg|
|「見て、雅哉!! これうちのクラスの――」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0696.ogg|
|「うん、間違いなく結花だわ――ねぇ刹羅、この子に見覚えない?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0698.ogg|
|「良かった。助けてくれてたのね」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0701.ogg|
|「うん、覚えてる。そうか、あの時刹羅が助けてくれてたのね」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0704.ogg|
|「なんですか?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0707.ogg|
|「わかりました。明日聞いてみます」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0709.ogg|
|「あと5人です――あ、ちょっと、雅哉見て!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0712.ogg|
|「知ってるんですか、なつめさん?!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0715.ogg|
|「だから、なつめさんは刹羅や博士と一緒に残りの4人の方を守ってあげて下さい」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0720.ogg|
|「そうね」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0724.ogg|
|「あ、洋子先生」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0725.ogg|
|「あの先生って確か空手部の顧問ですよね」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0728.ogg|
|「違うんです。あの空手部の片桐飛鳥先輩ご存知ですか?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0734.ogg|
|「それでは、失礼します」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0739.ogg|
|「そこが問題よね。何とか手がかりが見つかるといいんだけど」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0742.ogg|
|「そうね」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0744.ogg|
|「どうかしたの?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0746.ogg|
|「まさか、エクリプス?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0748.ogg|
|「あたし達は――顔は見られてるけど、それ以外はバレてないはずよ」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0750.ogg|
|「閉まってるわ。それに誰もいないけど」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0752.ogg|
|「?! そうだ、博士からもらったゴーグルで…」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0754.ogg|
|「多分、磁場か何かを操作して、空間を遮断してたのよ」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0756.ogg|
|「大丈夫、この傷なら完全に再生できるわ。記憶消去も問題ないはずよ」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0764.ogg|
|「仕方ないわよ。ずっと見張ってるわけにはいかないし、まさか校内で襲ってくるなんて思ってなかったから」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0766.ogg|
|「新しい武器を開発できるのは、博士だけじゃないってことね」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0768.ogg|
|「あ、気が付いたわ」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0770.ogg|
|「大丈夫ですか? 片桐先輩」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0772.ogg|
|「あれ、知ってるの?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0777.ogg|
|「あ、雅哉のクラスメートの相楽です」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0780.ogg|
|「はい、寝てました。あの、それでですね、先輩にお聞きしたいことがあるんですが――…」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0784.ogg|
|「しかも、かばんに入れっぱなしだったからって、そのまま分けてもらって来たんですよ」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0787.ogg|
|「結局、昼寝って話も信じてたみたいだし」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0791.ogg|
|「はい、それは大丈夫です」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0795.ogg|
|「でも――強化人間って結局、元は人間だったんでしょうか。なつめさんはどう思いますか?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0800.ogg|
|「そ、それ、誰から聞いたんですか?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0805.ogg|
|「じゃ、じゃあ――それで、続きは?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0809.ogg|
|「あたしたちは、別に――」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0821.ogg|
|「それは、えっと…その、多分…アレだからじゃない?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0832.ogg|
|「も、もういいから…! 博士続きを――」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0836.ogg|
|「殺されるっていうんですか?! そんなの、ひどすぎます!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0840.ogg|
|「そんな?!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0844.ogg|
|「でも、一体どうすれば?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0849.ogg|
|「どういうことです?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0853.ogg|
|「そ、そんなのだめぇ! な、なにこんな時に冗談言ってるんですか!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0862.ogg|
|「冗談じゃないって、じゃあほんとに?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0864.ogg|
|「あ、あの…他に、方法とか、ないんですか?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0869.ogg|
|「そうですね。わかりました。それで救われる命があるなら、あたし、嫌がりません!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0872.ogg|
|「……」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0876.ogg|
|「――寝てる間に、仕事感覚でちゃちゃっとしちゃえばいいのに…」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0884.ogg|
|「そんなことまでできるの?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0891.ogg|
|「うそ?! 動いてる」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0897.ogg|
|「?! ホムンクルスってそんなに危険なものなの?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0903.ogg|
|「ひょっとして、リストの人のデータを探してくれてるの?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0918.ogg|
|「うん!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0923.ogg|
|「全力を出すのは性行為じゃなくて人助けでしょ!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0942.ogg|
|「でもあたし聞いたことがあるわ――プロはすごいって!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0946.ogg|
|「詳しいことは知らないけど…――でも、とにかく油断しちゃだめよ」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0948.ogg|
|「あ! 出てきたわ」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0956.ogg|
|「それで、どうだったの? プロってやっぱりすごかったの?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0959.ogg|
|「まさか、負けちゃったの?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0962.ogg|
|「何これ? 名刺?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0964.ogg|
|「“まさやクンへ すっごく気持ちよかったよ。またお店に来てね” すごい、雅哉。プロに誉められてる!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0966.ogg|
|「それはそうと、今日はどうしてここに集合だったんですか?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0975.ogg|
|「罠、なの?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0981.ogg|
|「大丈夫よ。博士に新しいアイテム作ってもらったし」|prpr_08_01.pp|r01_b1_0994.ogg|
|「待って?! ダクトから、変な空気が!?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1001.ogg|
|「うん――えっと、これで…――!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1006.ogg|
|「二人とも! グールがいっぱいこっちに向かってるわ」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1012.ogg|
|「今のうちに!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1034.ogg|
|「雅哉っ!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1057.ogg|
|「だ、大丈夫よ…電池はまだまだもつんだから。よそ見してたってあなたの銃撃ぐらい防げるのよ!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1059.ogg|
|「な、何言ってるのよ! 雅哉たちが勝つに決まってるわ。絶対、勝つわよ」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1061.ogg|
|「何よ、あなたがなんて言ったってわたしは…――え?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1063.ogg|
|「――今、私にもよく見えなかったんだけど…」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1075.ogg|
|「えっと…に、逃げたぁ?!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1078.ogg|
|「二人とも、早くバリアの中に!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1103.ogg|
|「うん…でも、電池の消費がどんどん激しくなってる。もう一分も、もたないかも――」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1105.ogg|
|「!――だ、だめ…もうもたない!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1111.ogg|
|「なつめさん!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1117.ogg|
|「ま、まぁまぁ…落ち着いて、ね?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1124.ogg|
|「ちょ、ちょっと?! えっと、これどうなってるの?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1126.ogg|
|「消えた…?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1131.ogg|
|「でも、ここまで来たら逃げるわけにはいかないわ」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1135.ogg|
|「新聞見ました。けが人はいなかったみたいですね」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1142.ogg|
|「大丈夫なんですか?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1153.ogg|
|「刹羅のこと、本当に怒ってたけど」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1156.ogg|
|「ええ、そうみたいです。理由はよくわからないんですけど」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1158.ogg|
|「朧ちゃん?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1212.ogg|
|「急ぎましょう!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1220.ogg|
|「大丈夫なの?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1231.ogg|
|「うん!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1234.ogg|
|「なつめさんは無事なの!?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1244.ogg|
|「玄関の方からだわ!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1249.ogg|
|「ねぇ、朧は加勢しないの」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1265.ogg|
|「そうなんだ」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1267.ogg|
|「一体、刹羅に何をされたの?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1269.ogg|
|「どういう意味?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1271.ogg|
|「すごい――縮地でしょ、今の?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1280.ogg|
|「…朧ちゃんのことじゃないよ」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1284.ogg|
|「爪になった?!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1286.ogg|
|「なつめさん、しっかりして!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1307.ogg|
|「大丈夫ですか? 今治療します」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1309.ogg|
|「はい。立てますか?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1317.ogg|
|「どうしたの?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1320.ogg|
|「待って、雅哉!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1361.ogg|
|「わかった!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1398.ogg|
|「ど、どうしよう、バッテリー切れそう」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1402.ogg|
|「だめっ!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1404.ogg|
|「雅哉っ!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1406.ogg|
|「雅哉、しっかりして…」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1410.ogg|
|「朧ちゃん、あなた血が?!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1414.ogg|
|「記憶消去?! まさか、朧ちゃんて?! 雅哉の…」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1420.ogg|
|「うん…大丈夫――でも」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1459.ogg|
|「雅哉ぁ――!」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1489.ogg|
|「勝ったのね、雅哉」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1491.ogg|
|「うん。刹羅も無事でよかった」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1493.ogg|
|「あ、朧ちゃんの声?」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1498.ogg|
|「目覚めた瞬間いきなり記憶消去を施されて、雅哉自身が力を持ってることを認識できなくなってたんです」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1506.ogg|
|「あたしも新しい武器を作ってもらってしっかり手伝うからね」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1523.ogg|
|「うん、ありがとう朧ちゃん」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1525.ogg|
|「あの、それって…」|prpr_08_01.pp|r01_b1_1532.ogg|
**セリフタイプA__喘ぎ [#kff7732a]
**セリフタイプA_喘ぎ [#kff7732a]
|Voice|Pack|File|h
|感度弱(ゆっくり)|prpr_07_01.pp|fh01_01_r01.wav|
|感度弱(通常)|prpr_07_01.pp|fh01_01_r02.wav|
|感度弱(早い)|prpr_07_01.pp|fh01_01_r03.wav|
|感度中(ゆっくり)|prpr_07_01.pp|fh03_01_r04.wav|
|感度中(通常)|prpr_07_01.pp|fh03_01_r05.wav|
|感度中(早い)|prpr_07_01.pp|fh03_01_r06.wav|
|感度強(ゆっくり)|prpr_07_01.pp|fh05_01_r07.wav|
|感度強(通常)|prpr_07_01.pp|fh05_01_r08.wav|
|感度強(早い)|prpr_07_01.pp|fh05_01_r09.wav|
|ピストン弱(ゆっくり)|prpr_07_01.pp|fh01_01_r10.wav|
|ピストン弱(通常)|prpr_07_01.pp|fh01_01_r11.wav|
|ピストン弱(早い)|prpr_07_01.pp|fh01_01_r12.wav|
|ピストン中(ゆっくり)|prpr_07_01.pp|fh03_01_r13.wav|
|ピストン中(通常)|prpr_07_01.pp|fh03_01_r14.wav|
|ピストン中(早い)|prpr_07_01.pp|fh03_01_r15.wav|
|ピストン強(ゆっくり)|prpr_07_01.pp|fh05_01_r16.wav|
|ピストン強(通常)|prpr_07_01.pp|fh05_01_r17.wav|
|ピストン強(早い)|prpr_07_01.pp|fh05_01_r18.wav|
|ハード弱(ゆっくり)|prpr_07_01.pp|fh01_01_r19.wav|
|ハード弱(通常)|prpr_07_01.pp|fh01_01_r20.wav|
|ハード弱(早い)|prpr_07_01.pp|fh01_01_r21.wav|
|ハード中(ゆっくり)|prpr_07_01.pp|fh03_01_r22.wav|
|ハード中(通常)|prpr_07_01.pp|fh03_01_r23.wav|
|ハード中(早い)|prpr_07_01.pp|fh03_01_r24.wav|
|ハード強(ゆっくり)|prpr_07_01.pp|fh05_01_r25.wav|
|ハード強(通常)|prpr_07_01.pp|fh05_01_r26.wav|
|ハード強(早い)|prpr_07_01.pp|fh05_01_r27.wav|
|キス(ゆっくり)|prpr_07_01.pp|fh06_01_r28.wav|
|キス(通常)|prpr_07_01.pp|fh06_01_r29.wav|
|キス(早い)|prpr_07_01.pp|fh06_01_r30.wav|
|咥え(ゆっくり)|prpr_07_01.pp|fh06_01_r31.wav|
|咥え(通常)|prpr_07_01.pp|fh06_01_r32.wav|
|咥え(早い)|prpr_07_01.pp|fh06_01_r33.wav|
|苦痛(ゆっくり)|prpr_07_01.pp|fh06_01_r34.wav|
|苦痛(通常)|prpr_07_01.pp|fh06_01_r35.wav|
|苦痛(早い)|prpr_07_01.pp|fh06_01_r36.wav|
**セリフタイプA_H台詞 [#b7f0b8e7]
|Voice|Pack|File|h
|あの、気持ちいいことしよ|prpr_07_01.pp|fh01_01_s01.wav|
|一緒に楽しもうね|prpr_07_01.pp|fh01_01_s02.wav|
|あたしがやってみてもいい|prpr_07_01.pp|fh01_01_s03.wav|
|あたしに任せてみて|prpr_07_01.pp|fh01_01_s04.wav|
|ゆっくりね|prpr_07_01.pp|fh01_01_s05.wav|
|あんまり激しくしないでね|prpr_07_01.pp|fh01_01_s06.wav|
|うん、気持ちいいよ|prpr_07_01.pp|fh01_01_s07.wav|
|すごく気持ちよくなってきたよ|prpr_07_01.pp|fh01_01_s08.wav|
|楽しいよ|prpr_07_01.pp|fh01_01_s09.wav|
|もっと気持ちよくしてあげるね|prpr_07_01.pp|fh01_01_s10.wav|
|もっと気持ちよくなってね|prpr_07_01.pp|fh01_01_s11.wav|
|次はどうしようかな?|prpr_07_01.pp|fh01_01_s12.wav|
|激しくしないでね|prpr_07_01.pp|fh01_01_s13.wav|
|まずはゆっくりね|prpr_07_01.pp|fh01_01_s14.wav|
|一緒に気持ちよくなりたいな|prpr_07_01.pp|fh01_01_s15.wav|
|(これじゃおはなしできないわよ)|prpr_07_01.pp|fh01_01_s16.wav|
|(よだれがたまってきちゃう)|prpr_07_01.pp|fh01_01_s17.wav|
|(くわえたままでもいいの?)|prpr_07_01.pp|fh01_01_s18.wav|
|ちょっと、何も見えないわよ|prpr_07_01.pp|fh01_01_s19.wav|
|やだ、どきどきしてきた|prpr_07_01.pp|fh01_01_s20.wav|
|ほんとうに何にも見えないのね|prpr_07_01.pp|fh01_01_s21.wav|
|ん、あはぁ|prpr_07_01.pp|fh01_01_s22.wav|
|やん、中に、あぁ|prpr_07_01.pp|fh01_01_s23.wav|
|あ、出てる|prpr_07_01.pp|fh01_01_s24.wav|
|あん、いっちゃった|prpr_07_01.pp|fh01_01_s25.wav|
|あたし…今いっちゃったのかな|prpr_07_01.pp|fh01_01_s26.wav|
|中に出てるね|prpr_07_01.pp|fh01_01_s27.wav|
|いっぱいかかったね|prpr_07_01.pp|fh01_01_s28.wav|
|この卑怯者、最低よ|prpr_07_01.pp|fh01_01_d01.wav|
|なんであたしがこんなこと…最悪|prpr_07_01.pp|fh01_01_d02.wav|
|わかってるわよ、やればいいんでしょ!|prpr_07_01.pp|fh01_01_d03.wav|
|ふじゃけんじゃないわよ、このヘンタイ|prpr_07_01.pp|fh01_01_d04.wav|
|なによ…なんでこんなこと|prpr_07_01.pp|fh01_01_d05.wav|
|あたしがこんなことしなきゃいけないわけ!|prpr_07_01.pp|fh01_01_d06.wav|
|もう、最悪よ|prpr_07_01.pp|fh01_01_d07.wav|
|触らないでよ、卑怯者|prpr_07_01.pp|fh01_01_d08.wav|
|あんななんかに、こんな事したくない|prpr_07_01.pp|fh01_01_d09.wav|
|なによ!やればいいんでしょ|prpr_07_01.pp|fh01_01_d10.wav|
|ふざけないでよ…このヘンタイ!|prpr_07_01.pp|fh01_01_d11.wav|
|わかってるわよ、やればいいんでしょ!|prpr_07_01.pp|fh01_01_d12.wav|
|何よ、こんなの…どうってことないわ|prpr_07_01.pp|fh01_01_d13.wav|
|アンタなんか最低よ!|prpr_07_01.pp|fh01_01_d14.wav|
|最悪…ほんと最悪|prpr_07_01.pp|fh01_01_d15.wav|
|(何よ、外してよ)|prpr_07_01.pp|fh01_01_d16.wav|
|(やめて、くるしいから)|prpr_07_01.pp|fh01_01_d17.wav|
|(こんなの、何が楽しいのよ)|prpr_07_01.pp|fh01_01_d18.wav|
|み、見えない、外してよ|prpr_07_01.pp|fh01_01_d19.wav|
|眼かくしなんかしてどういうつもりよ?|prpr_07_01.pp|fh01_01_d20.wav|
|外しなさいよ、このヘンタイ!|prpr_07_01.pp|fh01_01_d21.wav|
|ん、いやぁ!|prpr_07_01.pp|fh01_01_d22.wav|
|中は、いやぁ|prpr_07_01.pp|fh01_01_d23.wav|
|なんで、中に…出してるのよ|prpr_07_01.pp|fh01_01_d24.wav|
|ちょっと…か、かかってるから|prpr_07_01.pp|fh01_01_d25.wav|
|冗談じゃないわよ、こんな事|prpr_07_01.pp|fh01_01_d26.wav|
|いや…どうして、中に…|prpr_07_01.pp|fh01_01_d27.wav|
|こんなの…もうたくさんだわ|prpr_07_01.pp|fh01_01_d28.wav|
|気持ちよくなってきたわね!|prpr_07_01.pp|fh02_01_s01.wav|
|まだまだ楽しめちゃいそうね!|prpr_07_01.pp|fh02_01_s02.wav|
|されるのは好きじゃない?|prpr_07_01.pp|fh02_01_s03.wav|
|あたしも、やってみたい|prpr_07_01.pp|fh02_01_s04.wav|
|ね、一緒にやろ|prpr_07_01.pp|fh02_01_s05.wav|
|大丈夫、そのまま来て|prpr_07_01.pp|fh02_01_s06.wav|
|すっごく気持ちいい|prpr_07_01.pp|fh02_01_s07.wav|
|なんだか楽しくなってきちゃった|prpr_07_01.pp|fh02_01_s08.wav|
|あぁ、いい気持ちぃ|prpr_07_01.pp|fh02_01_s09.wav|
|もっと、気持ちよくしてあげるわね|prpr_07_01.pp|fh02_01_s10.wav|
|もっとやらせてみて|prpr_07_01.pp|fh02_01_s11.wav|
|いじってみてもいいでしょ!|prpr_07_01.pp|fh02_01_s12.wav|
|入れていいよ|prpr_07_01.pp|fh02_01_s13.wav|
|あたしの中に、来て|prpr_07_01.pp|fh02_01_s14.wav|
|2人で気持ちよくなろ|prpr_07_01.pp|fh02_01_s15.wav|
|(ちょっとぉ、しゃべりにくいわよぉ)|prpr_07_01.pp|fh02_01_s16.wav|
|(口が疲れてきちゃうよぉ)|prpr_07_01.pp|fh02_01_s17.wav|
|(よだれが止まらないでしょぉ)|prpr_07_01.pp|fh02_01_s18.wav|
|見えなくてどきどきしてくる|prpr_07_01.pp|fh02_01_s19.wav|
|なんだか、楽しいかも?|prpr_07_01.pp|fh02_01_s20.wav|
|真っ暗で、なにも見えない|prpr_07_01.pp|fh02_01_s21.wav|
|あはぁ…んあぁっ|prpr_07_01.pp|fh02_01_s22.wav|
|な、中で、ああぁぁっ!|prpr_07_01.pp|fh02_01_s23.wav|
|中で出てるね|prpr_07_01.pp|fh02_01_s24.wav|
|あ、だしちゃったのね|prpr_07_01.pp|fh02_01_s25.wav|
|今の…すっごく気持ちよかった|prpr_07_01.pp|fh02_01_s26.wav|
|精液、出たね|prpr_07_01.pp|fh02_01_s27.wav|
|体にたくさんかかっちゃった|prpr_07_01.pp|fh02_01_s28.wav|
|もういい加減にして|prpr_07_01.pp|fh02_01_d01.wav|
|いつまで続けるつもりよ|prpr_07_01.pp|fh02_01_d02.wav|
|わかったわよ、やればいいんでしょ|prpr_07_01.pp|fh02_01_d03.wav|
|このヘンタイ、卑怯者|prpr_07_01.pp|fh02_01_d04.wav|
|勝手にすればいいでしょ|prpr_07_01.pp|fh02_01_d05.wav|
|何よ、アンタなんかに、だれが!|prpr_07_01.pp|fh02_01_d06.wav|
|もう、いい加減にして|prpr_07_01.pp|fh02_01_d07.wav|
|こんなの楽しいわけないでしょ|prpr_07_01.pp|fh02_01_d08.wav|
|いい加減に終わらせて|prpr_07_01.pp|fh02_01_d09.wav|
|何をやらせるのよ|prpr_07_01.pp|fh02_01_d10.wav|
|あんたなんて、最低よ!|prpr_07_01.pp|fh02_01_d11.wav|
|嫌よ、この卑怯者|prpr_07_01.pp|fh02_01_d12.wav|
|勝手にすればいいじゃない|prpr_07_01.pp|fh02_01_d13.wav|
|こんなことしたって無駄なんだから|prpr_07_01.pp|fh02_01_d14.wav|
|冗談じゃないわよ、こんなの|prpr_07_01.pp|fh02_01_d15.wav|
|(もう外してよ、こんなの)|prpr_07_01.pp|fh02_01_d16.wav|
|(息が苦しいわよ!)|prpr_07_01.pp|fh02_01_d17.wav|
|(もう止めてってば)|prpr_07_01.pp|fh02_01_d18.wav|
|別に、怖くなんかないわよ?|prpr_07_01.pp|fh02_01_d19.wav|
|いいから、もう外して|prpr_07_01.pp|fh02_01_d20.wav|
|何よ!こんなの付けたって意味ないわよ!|prpr_07_01.pp|fh02_01_d21.wav|
|んぅ、あぁっ!!|prpr_07_01.pp|fh02_01_d22.wav|
|いやぁ、中はぁ…あぁ|prpr_07_01.pp|fh02_01_d23.wav|
|やだ、出てる…|prpr_07_01.pp|fh02_01_d24.wav|
|やめて、かけないで…|prpr_07_01.pp|fh02_01_d25.wav|
|もう…いい加減にしてよ|prpr_07_01.pp|fh02_01_d26.wav|
|中で出すなんて…なに考えてんのよ|prpr_07_01.pp|fh02_01_d27.wav|
|あんたの精液、最悪…|prpr_07_01.pp|fh02_01_d28.wav|
|もっといっぱい気持ちよくなろうね|prpr_07_01.pp|fh03_01_s01.wav|
|もっとセックスしちゃお!|prpr_07_01.pp|fh03_01_s02.wav|
|気持ちいいのすきでしょ?|prpr_07_01.pp|fh03_01_s03.wav|
|あたしも、もっとやってみたい|prpr_07_01.pp|fh03_01_s04.wav|
|あたし、一緒がいいなぁ|prpr_07_01.pp|fh03_01_s05.wav|
|大丈夫、一緒にしよ|prpr_07_01.pp|fh03_01_s06.wav|
|最高に気持ちいい|prpr_07_01.pp|fh03_01_s07.wav|
|すっごく楽しいわぁ|prpr_07_01.pp|fh03_01_s08.wav|
|ウフフ、気持ちいいよね|prpr_07_01.pp|fh03_01_s09.wav|
|もっと、遊んであげる|prpr_07_01.pp|fh03_01_s10.wav|
|あたしがもっといじってあげる|prpr_07_01.pp|fh03_01_s11.wav|
|あたしが遊んであげる|prpr_07_01.pp|fh03_01_s12.wav|
|ほら、入れていいよ|prpr_07_01.pp|fh03_01_s13.wav|
|ほら、あたしの中に入れて|prpr_07_01.pp|fh03_01_s14.wav|
|2人でやるからね!|prpr_07_01.pp|fh03_01_s15.wav|
|(やっぱり、しゃべりにくい)|prpr_07_01.pp|fh03_01_s16.wav|
|(口が疲れてくるでしょ)|prpr_07_01.pp|fh03_01_s17.wav|
|(やっぱり、よだれが止まらない)|prpr_07_01.pp|fh03_01_s18.wav|
|なんだか、感じてきてるかも|prpr_07_01.pp|fh03_01_s19.wav|
|目隠し、楽しくなってきちゃった|prpr_07_01.pp|fh03_01_s20.wav|
|真っ暗で、不思議な感じ|prpr_07_01.pp|fh03_01_s21.wav|
|あはぁ…いくうぅぅっ!|prpr_07_01.pp|fh03_01_s22.wav|
|中、きもちいいぃっ!|prpr_07_01.pp|fh03_01_s23.wav|
|中で出でてるわよ|prpr_07_01.pp|fh03_01_s24.wav|
|あ、精液こぼれちゃってる|prpr_07_01.pp|fh03_01_s25.wav|
|はぁ…すっごく楽しいね|prpr_07_01.pp|fh03_01_s26.wav|
|精液、出てきたね|prpr_07_01.pp|fh03_01_s27.wav|
|体、熱くってぬるぬるする|prpr_07_01.pp|fh03_01_s28.wav|
|い、いや…もうさわらないで|prpr_07_01.pp|fh03_01_d01.wav|
|やめて…もういい加減にして|prpr_07_01.pp|fh03_01_d02.wav|
|いい加減に、終わりにしてよ|prpr_07_01.pp|fh03_01_d03.wav|
|いつまで続けさせるつもりなの|prpr_07_01.pp|fh03_01_d04.wav|
|止めて、もうやめてよ|prpr_07_01.pp|fh03_01_d05.wav|
|もういい加減にして|prpr_07_01.pp|fh03_01_d06.wav|
|もういいでしょ、もう終わりにして|prpr_07_01.pp|fh03_01_d07.wav|
|なんで、どうしてまだ続けるのよ?|prpr_07_01.pp|fh03_01_d08.wav|
|こんなの、あたし、もういやよ|prpr_07_01.pp|fh03_01_d09.wav|
|こんなの…もう充分でしょ|prpr_07_01.pp|fh03_01_d10.wav|
|こんなの…もういや…|prpr_07_01.pp|fh03_01_d11.wav|
|なによ…このヘンタイ…最悪|prpr_07_01.pp|fh03_01_d12.wav|
|止めて、もういやなのぉ|prpr_07_01.pp|fh03_01_d13.wav|
|いやぁ、もう…開放してよぉ|prpr_07_01.pp|fh03_01_d14.wav|
|もう、これだけやれば充分でしょ|prpr_07_01.pp|fh03_01_d15.wav|
|(いや、もう外して)|prpr_07_01.pp|fh03_01_d16.wav|
|(息が、息が苦しいの)|prpr_07_01.pp|fh03_01_d17.wav|
|(だめ、もう止めて)|prpr_07_01.pp|fh03_01_d18.wav|
|もういやぁ…はずしてよぉ|prpr_07_01.pp|fh03_01_d19.wav|
|お願い、もう外して|prpr_07_01.pp|fh03_01_d20.wav|
|いや、怖いの…もう外してぇ|prpr_07_01.pp|fh03_01_d21.wav|
|んはぁ、あはぁっ!!|prpr_07_01.pp|fh03_01_d22.wav|
|な、中…だめぇえ!|prpr_07_01.pp|fh03_01_d23.wav|
|そんな、中はいや…|prpr_07_01.pp|fh03_01_d24.wav|
|体に…かけないでよ…ヘンタイ|prpr_07_01.pp|fh03_01_d25.wav|
|こんなの、ほんと、最悪|prpr_07_01.pp|fh03_01_d26.wav|
|やだ…なんでこんなことに…うぅ|prpr_07_01.pp|fh03_01_d27.wav|
|もういや…終わりにしてよ…|prpr_07_01.pp|fh03_01_d28.wav|
|いい、すごく感じてきちゃった|prpr_07_01.pp|fh04_01_s01.wav|
|何だか、体が熱くなってきてる|prpr_07_01.pp|fh04_01_s02.wav|
|思いっきり気持ちよくなってね|prpr_07_01.pp|fh04_01_s03.wav|
|たっぷり遊んであげるね|prpr_07_01.pp|fh04_01_s04.wav|
|ねぇ、早く入れてよぉ|prpr_07_01.pp|fh04_01_s05.wav|
|激しくしてもいいから|prpr_07_01.pp|fh04_01_s06.wav|
|もっといっぱい動いてね|prpr_07_01.pp|fh04_01_s07.wav|
|もっと気持ちよくなろぉ!|prpr_07_01.pp|fh04_01_s08.wav|
|やっぱり一緒は楽しいね!|prpr_07_01.pp|fh04_01_s09.wav|
|もっと気持ちよくなってね|prpr_07_01.pp|fh04_01_s10.wav|
|もっと楽しんで欲しいな!|prpr_07_01.pp|fh04_01_s11.wav|
|さぁ、いっぱい感じてね!|prpr_07_01.pp|fh04_01_s12.wav|
|あたしを思いっきり抱いてね|prpr_07_01.pp|fh04_01_s13.wav|
|中に、中に入れ欲しいの|prpr_07_01.pp|fh04_01_s14.wav|
|ねぇ、入れて、アナタのが欲しいの|prpr_07_01.pp|fh04_01_s15.wav|
|(よだれがどんどんでてくる)|prpr_07_01.pp|fh04_01_s16.wav|
|(もっと、いっぱい遊ぼう)|prpr_07_01.pp|fh04_01_s17.wav|
|(これ、変な感じになってきた)|prpr_07_01.pp|fh04_01_s18.wav|
|目隠し、クセになりそう|prpr_07_01.pp|fh04_01_s19.wav|
|やだ、目かくし、楽しいかも|prpr_07_01.pp|fh04_01_s20.wav|
|目かくし、面白い|prpr_07_01.pp|fh04_01_s21.wav|
|んはぁあ…っいくうぅ!|prpr_07_01.pp|fh04_01_s22.wav|
|あ、中に、きてるぅ!!|prpr_07_01.pp|fh04_01_s23.wav|
|中が…熱い|prpr_07_01.pp|fh04_01_s24.wav|
|なんか、いっぱい出てる|prpr_07_01.pp|fh04_01_s25.wav|
|はぁ…楽しかったぁ|prpr_07_01.pp|fh04_01_s26.wav|
|あたしの中が、すごく熱くなってる|prpr_07_01.pp|fh04_01_s27.wav|
|もっと体にかけていいよ!|prpr_07_01.pp|fh04_01_s28.wav|
|もう、もうやめてぇ|prpr_07_01.pp|fh04_01_d01.wav|
|お願いだから、もうやめてぇ|prpr_07_01.pp|fh04_01_d02.wav|
|もうこれで、充分でしょ|prpr_07_01.pp|fh04_01_d03.wav|
|おねがいだから、もう許して|prpr_07_01.pp|fh04_01_d04.wav|
|もういや、もう止めて|prpr_07_01.pp|fh04_01_d05.wav|
|もう、これ以上はいやなのぉ|prpr_07_01.pp|fh04_01_d06.wav|
|絶対、感じてなんかない、から|prpr_07_01.pp|fh04_01_d07.wav|
|ねぇ、もう終わりにしてよぉ|prpr_07_01.pp|fh04_01_d08.wav|
|これ以上は、もういやなのぉ|prpr_07_01.pp|fh04_01_d09.wav|
|もう無理だから…絶対、無理|prpr_07_01.pp|fh04_01_d10.wav|
|…もういや…やりたくなぁい|prpr_07_01.pp|fh04_01_d11.wav|
|もう…もうゆるしてぇ|prpr_07_01.pp|fh04_01_d12.wav|
|これで、もう終わりにして|prpr_07_01.pp|fh04_01_d13.wav|
|お願い、もう入れないで…|prpr_07_01.pp|fh04_01_d14.wav|
|いやぁ…うれしくなんか、ない|prpr_07_01.pp|fh04_01_d15.wav|
|(苦しい、もうやめて)|prpr_07_01.pp|fh04_01_d16.wav|
|(お願い、たすけて)|prpr_07_01.pp|fh04_01_d17.wav|
|(もうやめて…たすけて)|prpr_07_01.pp|fh04_01_d18.wav|
|やめえぇ…感じてきちゃうぅ|prpr_07_01.pp|fh04_01_d19.wav|
|お願い、もうゆるしてぇ|prpr_07_01.pp|fh04_01_d20.wav|
|やめてぇ…もう助けてぇ|prpr_07_01.pp|fh04_01_d21.wav|
|あはぁ、んはあぁっ!!|prpr_07_01.pp|fh04_01_d22.wav|
|いや、んあああぁあぁ!|prpr_07_01.pp|fh04_01_d23.wav|
|中は…いやぁ|prpr_07_01.pp|fh04_01_d24.wav|
|熱い…かけないでよぉ|prpr_07_01.pp|fh04_01_d25.wav|
|もう、もう…じょうぶんでしょぉ|prpr_07_01.pp|fh04_01_d26.wav|
|助けて…誰か…たすけてよぉ|prpr_07_01.pp|fh04_01_d27.wav|
|もういや…絶対もういや…|prpr_07_01.pp|fh04_01_d28.wav|
|いいのぉ、もっと気持ちよくしてぇ!|prpr_07_01.pp|fh05_01_s01.wav|
|あはぁ、気持ちいいのぉ|prpr_07_01.pp|fh05_01_s02.wav|
|いっぱい、かわいがってあげるね|prpr_07_01.pp|fh05_01_s03.wav|
|いじめちゃうからねぇ|prpr_07_01.pp|fh05_01_s04.wav|
|お願い、入れて、あたしに入れてぇ!|prpr_07_01.pp|fh05_01_s05.wav|
|さして、差し込んでほしいのぉ!|prpr_07_01.pp|fh05_01_s06.wav|
|いい、気持ちいい|prpr_07_01.pp|fh05_01_s07.wav|
|もう、おかしくなっちゃいうよぉ|prpr_07_01.pp|fh05_01_s08.wav|
|ものすごくきもちいいのぉ|prpr_07_01.pp|fh05_01_s09.wav|
|もっと気持ちよくしてあげるねぇ|prpr_07_01.pp|fh05_01_s10.wav|
|いっぱい気持ちよくしてあげるからね|prpr_07_01.pp|fh05_01_s11.wav|
|あたしにやらせてねぇ!|prpr_07_01.pp|fh05_01_s12.wav|
|奥までいっぱい入れてぇ!|prpr_07_01.pp|fh05_01_s13.wav|
|いっぱい付き込んでほしいのぉ|prpr_07_01.pp|fh05_01_s14.wav|
|ぐちょぐちょに差し込んでぇ!!|prpr_07_01.pp|fh05_01_s15.wav|
|(きもちいぃ、きもちいいよぉ)|prpr_07_01.pp|fh05_01_s16.wav|
|(よだれが、いっぱいでてくるぅ)|prpr_07_01.pp|fh05_01_s17.wav|
|(あたしもう、おかしくなっちゃうよぉ)|prpr_07_01.pp|fh05_01_s18.wav|
|いい、目隠しきもちいい|prpr_07_01.pp|fh05_01_s19.wav|
|目隠し、感じちゃうよぉ|prpr_07_01.pp|fh05_01_s20.wav|
|いいのぉ、もっと気持ちよくしてぇ!!|prpr_07_01.pp|fh05_01_s21.wav|
|い、いくううううぅぅっ!!|prpr_07_01.pp|fh05_01_s22.wav|
|中で、い、ああぁぁっ!!|prpr_07_01.pp|fh05_01_s23.wav|
|すごい…っでてるよぉ|prpr_07_01.pp|fh05_01_s24.wav|
|あぁ、いっぱいこぼれてるぅ|prpr_07_01.pp|fh05_01_s25.wav|
|はぁ…いい、もっと気持ちよくなりたぁい|prpr_07_01.pp|fh05_01_s26.wav|
|もっと中にいっぱいいれてねぇ|prpr_07_01.pp|fh05_01_s27.wav|
|あたしの体にかけまくってねぇ!|prpr_07_01.pp|fh05_01_s28.wav|
|あはぁ…もうおかしくなっちゃうのぉ|prpr_07_01.pp|fh05_01_d01.wav|
|あたしぃ…もう、だめだからぁ|prpr_07_01.pp|fh05_01_d02.wav|
|いやぁ…気持ちよく、なりたくないぃ|prpr_07_01.pp|fh05_01_d03.wav|
|お願いだからぁ、もうゆるしてぇ|prpr_07_01.pp|fh05_01_d04.wav|
|もうだめぇ、入れちゃやだぁ|prpr_07_01.pp|fh05_01_d05.wav|
|やぁ…もうこわれちゃうよぉ|prpr_07_01.pp|fh05_01_d06.wav|
|んはぁ、もうだめぇ|prpr_07_01.pp|fh05_01_d07.wav|
|やめて、たすけてぇ|prpr_07_01.pp|fh05_01_d08.wav|
|許して、もうゆるしてよぉ|prpr_07_01.pp|fh05_01_d09.wav|
|いやぁ…もういやなのぉ|prpr_07_01.pp|fh05_01_d10.wav|
|これ以上は…もう許して|prpr_07_01.pp|fh05_01_d11.wav|
|いや…もういやなのぉ|prpr_07_01.pp|fh05_01_d12.wav|
|お願い、もう止めてぇ|prpr_07_01.pp|fh05_01_d13.wav|
|こんなの、もういやぁ|prpr_07_01.pp|fh05_01_d14.wav|
|うぅ…もう入れちゃだめぇ|prpr_07_01.pp|fh05_01_d15.wav|
|(頭がおかしくなっちゃうからぁ)|prpr_07_01.pp|fh05_01_d16.wav|
|(熱くてかんじちゃうのぉ)|prpr_07_01.pp|fh05_01_d17.wav|
|(誰か…誰かたすけてぇ…)|prpr_07_01.pp|fh05_01_d18.wav|
|いやぁ…もうゆるしてぇ|prpr_07_01.pp|fh05_01_d19.wav|
|ごめんなさぁい、もうやめてぇ|prpr_07_01.pp|fh05_01_d20.wav|
|許して、もういやぁ…|prpr_07_01.pp|fh05_01_d21.wav|
|い、いやああぁぁっ!|prpr_07_01.pp|fh05_01_d22.wav|
|あひぃ、いやああぁぁっ!!|prpr_07_01.pp|fh05_01_d23.wav|
|中に出てる…うぅ|prpr_07_01.pp|fh05_01_d24.wav|
|精液、出てる…|prpr_07_01.pp|fh05_01_d25.wav|
|だめ…もう、だめ…おかしくなっちゃうぅ|prpr_07_01.pp|fh05_01_d26.wav|
|いやぁ…もう、もう止めてえ|prpr_07_01.pp|fh05_01_d27.wav|
|もうだめぇ…誰か助けてぇ|prpr_07_01.pp|fh05_01_d28.wav|
|やめて、放して|prpr_07_01.pp|fh01_01_h01.wav|
|いやよ、いい加減にして|prpr_07_01.pp|fh01_01_h02.wav|
|いや、こんなのもういや|prpr_07_01.pp|fh01_01_h03.wav|
|だめ、放してったら|prpr_07_01.pp|fh01_01_h04.wav|
|止めて、絶対にいや|prpr_07_01.pp|fh01_01_h05.wav|
|止めて、ほんとにやめて!|prpr_07_01.pp|fh01_01_h06.wav|
|やだ こんなの絶対いや!|prpr_07_01.pp|fh01_01_h07.wav|
|いやぁ! もう放して|prpr_07_01.pp|fh01_01_h08.wav|
|もう、いい加減にして!|prpr_07_01.pp|fh01_01_h09.wav|
|いや、放してってば|prpr_07_01.pp|fh01_01_h10.wav|
|もう止めてよ!|prpr_07_01.pp|fh01_01_h11.wav|
|いやいい加減にしてぇ!|prpr_07_01.pp|fh01_01_h12.wav|
|こんなの絶対に許さないんだから!|prpr_07_01.pp|fh01_01_h13.wav|
|あなたち、絶対ゆるさないから!|prpr_07_01.pp|fh01_01_h14.wav|
|いい加減に放して!|prpr_07_01.pp|fh01_01_h15.wav|
|いや、もうやめて!|prpr_07_01.pp|fh01_01_h16.wav|
|(だめ、もう止めて)|prpr_07_01.pp|fh01_01_h17.wav|
|(こんなのもうたくさんよ!)|prpr_07_01.pp|fh01_01_h18.wav|
|(絶対、逃げ出してやるわ)|prpr_07_01.pp|fh01_01_h19.wav|
|何よこれ、外して、外しなさい|prpr_07_01.pp|fh01_01_h20.wav|
|いや、外しなさいってば|prpr_07_01.pp|fh01_01_h21.wav|
|こんなの、絶対に許さないから|prpr_07_01.pp|fh01_01_h22.wav|
|あぐぅ…あぁ!|prpr_07_01.pp|fh01_01_h23.wav|
|い、いやぁっ!|prpr_07_01.pp|fh01_01_h24.wav|
|いや、いやあっ|prpr_07_01.pp|fh01_01_h25.wav|
|いや! 出しちゃだめぇ!|prpr_07_01.pp|fh01_01_h26.wav|
|やだ、かけないでよ!|prpr_07_01.pp|fh01_01_h27.wav|
|なによっ…絶対に負けないから!|prpr_07_01.pp|fh01_01_h28.wav|
|こんなの絶対許さないから|prpr_07_01.pp|fh01_01_h29.wav|
|最悪よ…こんなの絶対にいや|prpr_07_01.pp|fh01_01_h30.wav|
|精液が…中に…絶対許さないから|prpr_07_01.pp|fh01_01_h31.wav|
|もういい加減にして!|prpr_07_01.pp|fh01_01_h32.wav|
|もういやよ!いい加減にして!|prpr_07_01.pp|fh01_01_h33.wav|
|やめ、て、触らないでってば|prpr_07_01.pp|fh02_01_h01.wav|
|やだ、もう止めてよ|prpr_07_01.pp|fh02_01_h02.wav|
|こんなのいやぁ、いやなの|prpr_07_01.pp|fh02_01_h03.wav|
|んはぁ…絶対ゆるさないから|prpr_07_01.pp|fh02_01_h04.wav|
|いやぁ…絶対にやめてよぉ|prpr_07_01.pp|fh02_01_h05.wav|
|やめて…もうやめて!|prpr_07_01.pp|fh02_01_h06.wav|
|いや、もういやぁ!|prpr_07_01.pp|fh02_01_h07.wav|
|だめ、もう入れちゃいやぁ!|prpr_07_01.pp|fh02_01_h08.wav|
|も、もうやめてってば|prpr_07_01.pp|fh02_01_h09.wav|
|いい加減に、もう放してよぉ|prpr_07_01.pp|fh02_01_h10.wav|
|止めて、もうやめてぇ|prpr_07_01.pp|fh02_01_h11.wav|
|いやぁ…もういやだってばぁ!|prpr_07_01.pp|fh02_01_h12.wav|
|やだぁ、もう入れちゃだめぇ|prpr_07_01.pp|fh02_01_h13.wav|
|いやぁ、もう放して!|prpr_07_01.pp|fh02_01_h14.wav|
|も、もう、いい加減に…してよぉ|prpr_07_01.pp|fh02_01_h15.wav|
|こんな…ぜったい、ゆるさ、ないから|prpr_07_01.pp|fh02_01_h16.wav|
|(もういや…もうやめて)|prpr_07_01.pp|fh02_01_h17.wav|
|(放して、もうはなしてよぉ)|prpr_07_01.pp|fh02_01_h18.wav|
|(もういい加減に、やめてぇ!)|prpr_07_01.pp|fh02_01_h19.wav|
|あ、あたし、も、もういやぁ|prpr_07_01.pp|fh02_01_h20.wav|
|やだぁ…見えないの、もう止めてぇ!|prpr_07_01.pp|fh02_01_h21.wav|
|い、いやぁ、目隠しとってよぉ!!|prpr_07_01.pp|fh02_01_h22.wav|
|ひ、あはああぁぁっ!|prpr_07_01.pp|fh02_01_h23.wav|
|い、いやあぁぁぁっ!|prpr_07_01.pp|fh02_01_h24.wav|
|中は…いやああぁぁっ!|prpr_07_01.pp|fh02_01_h25.wav|
|いや、中は止めてよぉ|prpr_07_01.pp|fh02_01_h26.wav|
|いや…こんなのもういやぁ|prpr_07_01.pp|fh02_01_h27.wav|
|うぅ…絶対に、ゆるさない|prpr_07_01.pp|fh02_01_h28.wav|
|絶対に…諦めない、から|prpr_07_01.pp|fh02_01_h29.wav|
|くぅ…おななに…精液、入ってる|prpr_07_01.pp|fh02_01_h30.wav|
|最悪よ…こんなの…|prpr_07_01.pp|fh02_01_h31.wav|
|もう…あたし…このままじゃ|prpr_07_01.pp|fh02_01_h32.wav|
|どうして…あたしが…こんな…|prpr_07_01.pp|fh02_01_h33.wav|
|いやぁ…もういやぁぁ|prpr_07_01.pp|fh03_01_h01.wav|
|お願いします、もういやぁ|prpr_07_01.pp|fh03_01_h02.wav|
|もうだめなのぉ、もうやめてぇ|prpr_07_01.pp|fh03_01_h03.wav|
|あたしぃ…もうおかしくなっちゃうぅ|prpr_07_01.pp|fh03_01_h04.wav|
|いやぁ…もう入れないでぇ|prpr_07_01.pp|fh03_01_h05.wav|
|もう…壊れちゃうぅ|prpr_07_01.pp|fh03_01_h06.wav|
|いやぁ…もういやなのぉ|prpr_07_01.pp|fh03_01_h07.wav|
|お願いだからぁ…もうゆるしてぇ|prpr_07_01.pp|fh03_01_h08.wav|
|止めてぇ…もうやめてぇ|prpr_07_01.pp|fh03_01_h09.wav|
|いやぁ、もういやなのぉ|prpr_07_01.pp|fh03_01_h10.wav|
|お願い…もう勘弁してぇ|prpr_07_01.pp|fh03_01_h11.wav|
|もういやぁ…もうおかしくなっちゃうよぅ|prpr_07_01.pp|fh03_01_h12.wav|
|いやぁ…もう入れないでぇ|prpr_07_01.pp|fh03_01_h13.wav|
|そこ、もう、入れちゃだめぇ…|prpr_07_01.pp|fh03_01_h14.wav|
|壊れちゃう、こわれちゃうからぁ|prpr_07_01.pp|fh03_01_h15.wav|
|いやぁ、おかしくなっちゃうぅ…|prpr_07_01.pp|fh03_01_h16.wav|
|(あたし…も、もうだめぇ)|prpr_07_01.pp|fh03_01_h17.wav|
|(いやぁ…もうゆるしてぇ)|prpr_07_01.pp|fh03_01_h18.wav|
|(ごめんなさい…もう、やめてぇ!)|prpr_07_01.pp|fh03_01_h19.wav|
|い、いいのぉ…気持ちいいよぉ…あぁ|prpr_07_01.pp|fh03_01_h20.wav|
|やぁ…感じちゃうぅ、気持ちいい…|prpr_07_01.pp|fh03_01_h21.wav|
|だめぇ…もうだめぇ…こわれるぅ|prpr_07_01.pp|fh03_01_h22.wav|
|いくぅいっちゃうぅっ!|prpr_07_01.pp|fh03_01_h23.wav|
|い、いくううううぅぅっ!|prpr_07_01.pp|fh03_01_h24.wav|
|んあぁ、あああぁぁっ!!|prpr_07_01.pp|fh03_01_h25.wav|
|ザーメン…熱い|prpr_07_01.pp|fh03_01_h26.wav|
|せいえきぃ、たくさんでてる|prpr_07_01.pp|fh03_01_h27.wav|
|んはぁ…も、もういやぁ|prpr_07_01.pp|fh03_01_h28.wav|
|もうしんじゃう、もうしんじゃうよぉ|prpr_07_01.pp|fh03_01_h29.wav|
|あぁ…おなかのなか、もう入らないからぁ|prpr_07_01.pp|fh03_01_h30.wav|
|もう…精液一杯だからぁ…|prpr_07_01.pp|fh03_01_h31.wav|
|…精液、体中にかかってるぅ|prpr_07_01.pp|fh03_01_h32.wav|
|精液、ぬるぬるしてるぅ…あは|prpr_07_01.pp|fh03_01_h33.wav|
**セリフタイプB_台詞 [#oe0f984f]
|Voice|Pack|File|h
|「ううん、気にしないで。私、待ってるの好きだから」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0001.ogg|
|「大丈夫。さっきお母さんに雅哉と一緒だからって電話したら安心してたから」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0003.ogg|
|「あと、またごはん食べて行ってもらえって」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0005.ogg|
|「なんだか作り過ぎちゃったからって、逆に連れてきてってお願いされてるから」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0007.ogg|
|「うん」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0009.ogg|
|「ねぇ、今日は大通りに出ようよ」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0010.ogg|
|「うん、でも…暗いし」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0012.ogg|
|「そ、それもあるけど――あと、最近この辺で暴行事件があったって聞いてるし」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0014.ogg|
|「な、何、今の声?!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0016.ogg|
|「聞こえなかったの? 公園の中から女の人の悲鳴が…」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0018.ogg|
|「えっ?! ま、雅哉っ!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0020.ogg|
|「雅哉、雅哉、しっかりして!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0052.ogg|
|「あぁ、雅哉…良かった、気がついたのね」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0054.ogg|
|「だって、雅哉が…心配で、私…」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0056.ogg|
|「わ、私が来た時には雅哉しかいなかった、けど」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0058.ogg|
|「ねぇ、雅哉。一体何があったの?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0060.ogg|
|「?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0062.ogg|
|「でも…」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0066.ogg|
|「う、うん…ね、ねぇ――あそこで一体何があったの? あの悲鳴は何だったの?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0068.ogg|
|「――あそこ、喫茶店は?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0070.ogg|
|「うん」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0072.ogg|
|「こんばんは。どうも…」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0076.ogg|
|「はい」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0078.ogg|
|「お久しぶりです、なつめさん」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0081.ogg|
|「…はい」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0084.ogg|
|「あ、あの、私じゃなくて、雅哉が…」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0088.ogg|
|「私も、同じでいいです」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0097.ogg|
|「――そういえば、なつめさんお仕事見つかったんですか?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0102.ogg|
|「デイリーW。私、見た事あります」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0107.ogg|
|「そうなんですか?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0115.ogg|
|「なんだか、都市伝説みたい…」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0118.ogg|
|「――私も、聞きたい」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0122.ogg|
|「あの時、そんな事があったのね」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0126.ogg|
|「…その夢に出てきた人は、どんな人だったの?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0132.ogg|
|「仙人…女の人だから仙女になるのかしら」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0136.ogg|
|「羽衣? そんなのなかったと思うけど」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0140.ogg|
|「私も、その方がいいと思う」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0145.ogg|
|「ありがとうございます」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0156.ogg|
|「ご馳走様です」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0159.ogg|
|「昨日、約束したのに…?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0216.ogg|
|「そうだったんですね」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0220.ogg|
|「で、でも…」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0224.ogg|
|「じゃあ、私も――」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0227.ogg|
|「――雅哉」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0230.ogg|
|「雅哉は、公園に行くんでしょ?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0232.ogg|
|「だったら…私も一緒、だけど」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0234.ogg|
|「それなら、雅哉だって危ないと思う…だったら私が一緒の方が、何かあった時に二手に分かれて逃げれると思うんだけど――だめかな?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0236.ogg|
|「うん」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0238.ogg|
|「深夜だから…門が閉まってるみたい」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0240.ogg|
|「公園の中でなにか…!? あ、警察に電話…!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0243.ogg|
|「あれ、どうして…? 電波が、通じない――?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0244.ogg|
|「う、うん!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0246.ogg|
|「すごぉい…開いた?!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0248.ogg|
|「う、うん!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0250.ogg|
|「見て! あそこ、女の人が…」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0251.ogg|
|「やっぱり、雅哉が言ってた事って、本当だったのね」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0253.ogg|
|「ま、雅哉? どうしたの?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0255.ogg|
|「ま、雅哉ぁっ?!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0258.ogg|
|「な、なつめさん?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0260.ogg|
|「雅哉…一体、どうなっちゃたの…?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0273.ogg|
|「ま、雅哉ぁっ!?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0275.ogg|
|「雅哉?! 雅哉ぁっ!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0281.ogg|
|「雅哉! しっかりしてぇ…なつめさぁん、雅哉、一体どうなっちゃったんですかぁ――?!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0282.ogg|
|「雅哉? 気が付いたのね?!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0286.ogg|
|「わかりました」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0297.ogg|
|「どうして、おやじさんとなつめさんがそんな事知ってるんですか?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0302.ogg|
|「それって…吸血鬼みたいな感じなんですか?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0317.ogg|
|「なつめさんの?!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0329.ogg|
|「そんな?! あの、雅哉はどうなっちゃうんですか?!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0339.ogg|
|「さっきの公園のあれは…」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0349.ogg|
|「――でも、刹羅なら…元に戻す方法を、知ってるんじゃないんですか?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0359.ogg|
|「でも、絶対見つけます! …それで、雅哉を元に戻す方法を教えてもらいます――私、絶対、雅哉を元に戻します…だから…う、うぅ…うええぇ…」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0361.ogg|
|「あ…あり…がと…がざい…ばす…うぅ」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0367.ogg|
|「う~ん、わかんないね」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0371.ogg|
|「うん…でも、向こうから勝手に現れて、勝手に消えていくだけだったって」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0373.ogg|
|「刹羅の事もそうだけど…他のホルダーが襲ってくる事も心配だよね」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0375.ogg|
|「その間に、私が通信機でなつめさんたちに連絡する」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0377.ogg|
|「え!? でも――」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0379.ogg|
|「あ、でも…あれは…」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0381.ogg|
|「う…うん、わかった」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0383.ogg|
|「ち、近いの?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0386.ogg|
|「早く、逃げなきゃ…そうだ、なつめさんに連絡しないと…」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0388.ogg|
|「え…?! 何言ってるの雅哉?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0391.ogg|
|「ちょ、うそでしょ!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0393.ogg|
|「ま、待って?! 雅哉ぁ!!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0395.ogg|
|「ま、雅哉っ!!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0417.ogg|
|「だって…私だって…私が逃げてる間に雅哉に何かあったら…耐えられないもん!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0419.ogg|
|「や、やだ…逃げないよぉ…うぅ」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0423.ogg|
|「ま、雅哉…?!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0432.ogg|
|「雅哉ぁ!! 大丈夫なの?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0448.ogg|
|「よ…良かった――」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0450.ogg|
|「そんなことにはなりません!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0458.ogg|
|「私は信じてますから…雅哉は、何があっても絶対に私たちを傷つけるようなことはしません」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0460.ogg|
|「昨日の事だって…なつめさんが止めなくたって、雅哉が自分で止めてました。絶対絶対、止めてました――私は、そう信じてます!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0462.ogg|
|「まぁ…あれはあれで、良かったですけども…」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0464.ogg|
|「あ、私も手伝います…!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0471.ogg|
|「あの、洋子先生となつめさんて知り合いなんですか?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0480.ogg|
|「何があったんですか?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0491.ogg|
|「でも、どうやって?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0498.ogg|
|「んぶっ!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0508.ogg|
|「だ、だって洋子先生がいきなり変な子と言うから…」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0510.ogg|
|「そんな! だってそういうのはやっぱり…あの…」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0513.ogg|
|「そっか…みことさんと、春樹さんもそうだったんですね…」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0517.ogg|
|「………」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0523.ogg|
|「あの――…えっと…やりすぎないよう、気を、つけてね…」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0527.ogg|
|「雅哉?! どうしたの、大丈夫?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0534.ogg|
|「わ、私! 私なら…大丈夫、だから――」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0544.ogg|
|「あ、あの…私なら――いつでも雅哉の、精気の補給…してあげても、い…いいからね…うん」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0546.ogg|
|「ダメなの…かな――雅哉は…私じゃ…――だ、め…なの…?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0548.ogg|
|「ほ、本当に…?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0550.ogg|
|「はっ!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0553.ogg|
|「あ、あの…私も帰ります、はい」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0556.ogg|
|「失礼しました!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0559.ogg|
|「…」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0573.ogg|
|「はい!? な、なに」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0575.ogg|
|「う、うん…――あ、体大丈夫? ふら付かない?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0577.ogg|
|「そう? それじゃ、ご飯作ってもっていってあげる、後で」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0579.ogg|
|「うん、そうだね――」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0581.ogg|
|「雅哉ぁ…ご飯持ってきたけど――」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0585.ogg|
|「うん」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0587.ogg|
|「あんまり時間なかったから、たいした物じゃないけど」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0588.ogg|
|「遠慮なく食べてね」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0590.ogg|
|「どうもです」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0593.ogg|
|「本当?! ありがとう、うれしい…――うん」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0595.ogg|
|「あ、あのね…雅哉」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0597.ogg|
|「お風呂、入った?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0599.ogg|
|「実は――私も、シャワー浴びてきたの…」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0601.ogg|
|「うん」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0603.ogg|
|「ダメじゃないって、言ったでしょ? さっき」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0605.ogg|
|「私は、雅哉とだっら…いいよ――ううん、雅哉じゃなきゃヤダ…だから」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0607.ogg|
|「うん、あげる…全部あげる…! 雅哉にだったら全部あげてもいいよ」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0609.ogg|
|「いいよ…どうなっても――雅哉の好きにして――」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0611.ogg|
|「良かった…――私もうれしい」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0614.ogg|
|「お礼なんていいよぉ…――それじゃ、私今日は帰るね」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0616.ogg|
|「大丈夫…だけど…――ものすごく、眠い、かも…」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0618.ogg|
|「うん、ごめんね――食器は水につけといてね。 明日私が洗うから」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0620.ogg|
|「うん…ふあぁあ…」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0622.ogg|
|「おやじさぁん――パンケーキもう一つ追加でお願いしまぁす!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0645.ogg|
|「なんだか、今日はすっごくおなかが空いてるんですよ」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0647.ogg|
|「大丈夫よ…おやじさんのパンケーキは別バラだから」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0650.ogg|
|「起きたら疲れはなかったんだけど、朝からずっとおなかが空てて――」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0652.ogg|
|「…それって、つまり…そういうことの次の日って事なのかな…?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0654.ogg|
|「どうしたのかな…? 無事に見つかるといいけど…」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0664.ogg|
|「やっぱりホルダーだったのかな?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0666.ogg|
|「う、うん…はぁ…びっくりしたぁ…あんなに早く走れるんなんて思わなかった」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0678.ogg|
|「あ、はい…! 緊急連絡係です」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0680.ogg|
|「大丈夫です、危なくなったらすぐ逃げます。足手まといにはなりません」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0683.ogg|
|「はい!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0686.ogg|
|「すごい? そんな事できるんですか?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0690.ogg|
|「あそこにいる!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0695.ogg|
|「す、すごく大きいのがいるけど…」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0703.ogg|
|「雅哉、気をつけてね」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0708.ogg|
|「すごい、なつめさん」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0715.ogg|
|「ま、雅哉っ!?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0723.ogg|
|「すごぉい、かっこいい…!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0726.ogg|
|「また出てきちゃた?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0732.ogg|
|「良かったぁ! 大丈夫、雅哉!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0746.ogg|
|「あ、あの…雅哉こっち向いて…!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0764.ogg|
|「ん、んぅ――」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0766.ogg|
|「ふぁうあ…はぁ…はぁ…」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0768.ogg|
|「どう、回復した?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0770.ogg|
|「向こうが2人分なら、こっちだって…」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0772.ogg|
|「何してるんですか、なつめさん!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0779.ogg|
|「なつめさん…その人、そんなに怯えてるし…その…」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0804.ogg|
|「ま、雅哉?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0811.ogg|
|「雅哉、雅哉っ! 聞こえてる? 雅哉ぁ!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0815.ogg|
|「雅哉?! 気が付いたの?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0817.ogg|
|「ま、雅哉…?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0819.ogg|
|「きゃああっ!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0821.ogg|
|「は、はい…バリアのおかげで…」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0824.ogg|
|「時計…! ――腕時計をはめれば治るんですね…!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0826.ogg|
|「大丈夫、絶対元に戻すからね…雅哉」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0829.ogg|
|「でも、抑えてるでしょ、今――だったら、そのまま抑えてて」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0831.ogg|
|「無理じゃないよ! 絶対信じてるから…――だから、一人で戦わないでっ! 一緒に…私も一緒に戦うから――ずっと、一緒に…」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0833.ogg|
|「うん! 待って、今着けるから――? あれ、これどうやって緩めるの?!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0835.ogg|
|「な、なつめさん!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0837.ogg|
|「あ、はい!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0840.ogg|
|「――着けたよ、雅哉」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0841.ogg|
|「はい!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0844.ogg|
|「何、雅哉…?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0846.ogg|
|「わ、私ぼぉ…びぇ、うえぇ…」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0848.ogg|
|「?! だ、誰…ですか?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0853.ogg|
|「わ、わかりました――行きましょう、なつめさん」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0858.ogg|
|「良かった…気が付いたのね」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0863.ogg|
|「さっき言ったでしょ? 一人で戦わないでって…――だから一人で、背負わないで…ね」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0891.ogg|
|「消えちゃった?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0900.ogg|
|「わ、私も行く!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0933.ogg|
|「これ、なつめさんのお兄さんが作ったんですか?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0938.ogg|
|「うん!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0943.ogg|
|「う、うん…気を付けてね!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0945.ogg|
|「うん」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0965.ogg|
|「なつめさん!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0967.ogg|
|「は、はい!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0969.ogg|
|「やった、すごい雅哉!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0980.ogg|
|「――!?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0982.ogg|
|「きゃあっ?!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0983.ogg|
|「ま、雅哉ぁっ!!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0987.ogg|
|「雅哉! 勝ったのね」|prpr_08_05.pp|r05_b2_0995.ogg|
|「気絶してるだけだと思います」|prpr_08_05.pp|r05_b2_1000.ogg|
|「雅哉――お疲れ様」|prpr_08_05.pp|r05_b2_1015.ogg|
|「大丈夫ですか、洋子先生」|prpr_08_05.pp|r05_b2_1019.ogg|
|「はい、願いします」|prpr_08_05.pp|r05_b2_1031.ogg|
|「うん…――あ、待って――ん!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_1033.ogg|
|「ん…んぅ――ふぅ…はい、補給終わり!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_1035.ogg|
|「え? あぁ、ごめんね」|prpr_08_05.pp|r05_b2_1037.ogg|
|「また後でぇ――!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_1039.ogg|
|「うん、大丈夫…!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_1047.ogg|
|「あのゾンビ…見覚えあるよ?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_1049.ogg|
|「さっきのゾンビ、一体なんだったのかな?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_1051.ogg|
|「あ――?! 見て、向こうにもゾンビがいる!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_1053.ogg|
|「大丈夫、今は気絶してるだけ」|prpr_08_05.pp|r05_b2_1057.ogg|
|「どうしたの、雅哉…?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_1060.ogg|
|「どっちでもいいわよ、そんな事!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_1091.ogg|
|「雅哉がゾンビだって、死に掛けだって私は雅哉のことが大好きなんだから!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_1093.ogg|
|「大丈夫だよ、雅哉…私がずっと雅哉のそばにいてあげる…だから、何があっても絶対絶望なんてさせないからっ…だから…うぅ…うぇえ」|prpr_08_05.pp|r05_b2_1095.ogg|
|「?! きゃああぁぁっ!!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_1098.ogg|
|「あ、…時計の、バリア…」|prpr_08_05.pp|r05_b2_1099.ogg|
|「あ、なつめさん!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_1113.ogg|
|「? どうしたの雅哉?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_1120.ogg|
|「な、なつめさぁん――?!|prpr_08_05.pp|r05_b2_1149.ogg|
|「雅哉ぁ!! 止めてぇ、もう止めてよぉ!! 雅哉を、放してぇ…」|prpr_08_05.pp|r05_b2_1161.ogg|
|「雅哉!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_1173.ogg|
|「良かった、雅哉ぁ…」|prpr_08_05.pp|r05_b2_1187.ogg|
|「うそ? ま、また来るのぉ…?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_1200.ogg|
|「雅哉! 雅哉しっかりして…雅哉?! い…息、してない…」|prpr_08_05.pp|r05_b2_1204.ogg|
|「お願い雅哉!! 起きてよぉ…起きてってばぁ!!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_1206.ogg|
|「ふぅん――アバラってそんなに早く治るんですか」」|prpr_08_05.pp|r05_b2_1213.ogg|
|「私も、一緒に行きたいです」|prpr_08_05.pp|r05_b2_1229.ogg|
|「うん」|prpr_08_05.pp|r05_b2_1233.ogg|
|「そうですよ! 無理に決まってるじゃないですか!」|prpr_08_05.pp|r05_b2_1242.ogg|
|「あぁ! 何やってるんですかなつめさん!?」|prpr_08_05.pp|r05_b2_1245.ogg|
**セリフタイプB__喘ぎ [#r13fac9d]
**セリフタイプB_喘ぎ [#r13fac9d]
|Voice|Pack|File|h
|感度弱(ゆっくり)|prpr_07_02.pp|fh01_02_r01.wav|
|感度弱(通常)|prpr_07_02.pp|fh01_02_r02.wav|
|感度弱(早い)|prpr_07_02.pp|fh01_02_r03.wav|
|感度中(ゆっくり)|prpr_07_02.pp|fh03_02_r04.wav|
|感度中(通常)|prpr_07_02.pp|fh03_02_r05.wav|
|感度中(早い)|prpr_07_02.pp|fh03_02_r06.wav|
|感度強(ゆっくり)|prpr_07_02.pp|fh05_02_r07.wav|
|感度強(通常)|prpr_07_02.pp|fh05_02_r08.wav|
|感度強(早い)|prpr_07_02.pp|fh05_02_r09.wav|
|ピストン弱(ゆっくり)|prpr_07_02.pp|fh01_02_r10.wav|
|ピストン弱(通常)|prpr_07_02.pp|fh01_02_r11.wav|
|ピストン弱(早い)|prpr_07_02.pp|fh01_02_r12.wav|
|ピストン中(ゆっくり)|prpr_07_02.pp|fh03_02_r13.wav|
|ピストン中(通常)|prpr_07_02.pp|fh03_02_r14.wav|
|ピストン中(早い)|prpr_07_02.pp|fh03_02_r15.wav|
|ピストン強(ゆっくり)|prpr_07_02.pp|fh05_02_r16.wav|
|ピストン強(通常)|prpr_07_02.pp|fh05_02_r17.wav|
|ピストン強(早い)|prpr_07_02.pp|fh05_02_r18.wav|
|ハード弱(ゆっくり)|prpr_07_02.pp|fh01_02_r19.wav|
|ハード弱(通常)|prpr_07_02.pp|fh01_02_r20.wav|
|ハード弱(早い)|prpr_07_02.pp|fh01_02_r21.wav|
|ハード中(ゆっくり)|prpr_07_02.pp|fh03_02_r22.wav|
|ハード中(通常)|prpr_07_02.pp|fh03_02_r23.wav|
|ハード中(早い)|prpr_07_02.pp|fh03_02_r24.wav|
|ハード強(ゆっくり)|prpr_07_02.pp|fh05_02_r25.wav|
|ハード強(通常)|prpr_07_02.pp|fh05_02_r26.wav|
|ハード強(早い)|prpr_07_02.pp|fh05_02_r27.wav|
|キス(ゆっくり)|prpr_07_02.pp|fh06_02_r28.wav|
|キス(通常)|prpr_07_02.pp|fh06_02_r29.wav|
|キス(早い)|prpr_07_02.pp|fh06_02_r30.wav|
|咥え(ゆっくり)|prpr_07_02.pp|fh06_02_r31.wav|
|咥え(通常)|prpr_07_02.pp|fh06_02_r32.wav|
|咥え(早い)|prpr_07_02.pp|fh06_02_r33.wav|
|苦痛(ゆっくり)|prpr_07_02.pp|fh06_02_r34.wav|
|苦痛(通常)|prpr_07_02.pp|fh06_02_r35.wav|
|苦痛(早い)|prpr_07_02.pp|fh06_02_r36.wav|
**セリフタイプB_H台詞 [#kbbfcd0d]
|Voice|Pack|File|h
|一緒に気持ちよくなって下さいね|prpr_07_02.pp|fh01_02_s01.wav|
|一緒に楽しみましょうね|prpr_07_02.pp|fh01_02_s02.wav|
|がんばってみますね|prpr_07_02.pp|fh01_02_s03.wav|
|私、やってみますね|prpr_07_02.pp|fh01_02_s04.wav|
|あせらないで下さいね|prpr_07_02.pp|fh01_02_s05.wav|
|優しくして下さいね|prpr_07_02.pp|fh01_02_s06.wav|
|いい感じです|prpr_07_02.pp|fh01_02_s07.wav|
|気持ちいいですよ|prpr_07_02.pp|fh01_02_s08.wav|
|なんだか楽しいです|prpr_07_02.pp|fh01_02_s09.wav|
|気持ちよくなって下さいね|prpr_07_02.pp|fh01_02_s10.wav|
|気持ちよく出来るようにがんばります|prpr_07_02.pp|fh01_02_s11.wav|
|それじゃ私ががんばります|prpr_07_02.pp|fh01_02_s12.wav|
|優しくお願いします|prpr_07_02.pp|fh01_02_s13.wav|
|ゆっくりがいいです|prpr_07_02.pp|fh01_02_s14.wav|
|楽しいのがいいです|prpr_07_02.pp|fh01_02_s15.wav|
|(これ、しゃべれませんよ)|prpr_07_02.pp|fh01_02_s16.wav|
|(よだれが出ちゃいますね)|prpr_07_02.pp|fh01_02_s17.wav|
|(くわえたままじゃしゃべれないです)|prpr_07_02.pp|fh01_02_s18.wav|
|あぁん、前が見えませぇん|prpr_07_02.pp|fh01_02_s19.wav|
|なんだかちょっと怖いです|prpr_07_02.pp|fh01_02_s20.wav|
|なんだか、胸がどきどきします|prpr_07_02.pp|fh01_02_s21.wav|
|んぅ、あぁ|prpr_07_02.pp|fh01_02_s22.wav|
|んは、中に、んぅ|prpr_07_02.pp|fh01_02_s23.wav|
|あ、出てますね|prpr_07_02.pp|fh01_02_s24.wav|
|あ、出してますね|prpr_07_02.pp|fh01_02_s25.wav|
|はぁ…軽くいっちゃったみたい|prpr_07_02.pp|fh01_02_s26.wav|
|中に出したんですか|prpr_07_02.pp|fh01_02_s27.wav|
|いっぱい出しましたね|prpr_07_02.pp|fh01_02_s28.wav|
|こんなこと、よくないと思います|prpr_07_02.pp|fh01_02_d01.wav|
|本当にやらなきゃダメなんですか…|prpr_07_02.pp|fh01_02_d02.wav|
|どうして、私がこんな事を…|prpr_07_02.pp|fh01_02_d03.wav|
|もう、逃げ出したい…です|prpr_07_02.pp|fh01_02_d04.wav|
|こんなこと…嫌です|prpr_07_02.pp|fh01_02_d05.wav|
|どうしても、やらなきゃダメなんですか|prpr_07_02.pp|fh01_02_d06.wav|
|お願いです…どうか…|prpr_07_02.pp|fh01_02_d07.wav|
|こんな事、よくないと思います|prpr_07_02.pp|fh01_02_d08.wav|
|私、こんなこと…やりたくないです|prpr_07_02.pp|fh01_02_d09.wav|
|これをすれば、いいんですか|prpr_07_02.pp|fh01_02_d10.wav|
|…私、こんなことできません|prpr_07_02.pp|fh01_02_d11.wav|
|どうして、こんな事させるんですか?|prpr_07_02.pp|fh01_02_d12.wav|
|こんなこと…もう嫌です|prpr_07_02.pp|fh01_02_d13.wav|
|私…やりたくありません|prpr_07_02.pp|fh01_02_d14.wav|
|お願いです、もう止めて下さい|prpr_07_02.pp|fh01_02_d15.wav|
|(やめて、外して下さい)|prpr_07_02.pp|fh01_02_d16.wav|
|(口が塞がってしゃべれません)|prpr_07_02.pp|fh01_02_d17.wav|
|(だめ、苦しいです)|prpr_07_02.pp|fh01_02_d18.wav|
|こわい、外して下さい|prpr_07_02.pp|fh01_02_d19.wav|
|眼かくしなんて、嫌です!|prpr_07_02.pp|fh01_02_d20.wav|
|見えません、外して下さい!|prpr_07_02.pp|fh01_02_d21.wav|
|い、いやぁっ!|prpr_07_02.pp|fh01_02_d22.wav|
|中は、いやぁ!|prpr_07_02.pp|fh01_02_d23.wav|
|う、うそぉ…な、中に…|prpr_07_02.pp|fh01_02_d24.wav|
|やぁ…か、体に|prpr_07_02.pp|fh01_02_d25.wav|
|これで、終わりにしてください|prpr_07_02.pp|fh01_02_d26.wav|
|ひどい、中に出すなんて…|prpr_07_02.pp|fh01_02_d27.wav|
|う、う…惨め、過ぎます|prpr_07_02.pp|fh01_02_d28.wav|
|いっぱい遊びましょうね!|prpr_07_02.pp|fh02_02_s01.wav|
|なんだか楽しくなって来ましたね!|prpr_07_02.pp|fh02_02_s02.wav|
|私ががんばっていいですか?|prpr_07_02.pp|fh02_02_s03.wav|
|気持ちよく、なってもらいたいです|prpr_07_02.pp|fh02_02_s04.wav|
|あの、大丈夫ですよ|prpr_07_02.pp|fh02_02_s05.wav|
|一緒に、気持ちよくなりましょう!|prpr_07_02.pp|fh02_02_s06.wav|
|すごく気持ちいいです|prpr_07_02.pp|fh02_02_s07.wav|
|とっても楽しいですね|prpr_07_02.pp|fh02_02_s08.wav|
|なんだか気分が軽やかですね|prpr_07_02.pp|fh02_02_s09.wav|
|もっと、気持ちよくなって下さいね|prpr_07_02.pp|fh02_02_s10.wav|
|私、もっとがんばってみますね|prpr_07_02.pp|fh02_02_s11.wav|
|私がしてあげますね|prpr_07_02.pp|fh02_02_s12.wav|
|いいですよ…大丈夫です|prpr_07_02.pp|fh02_02_s13.wav|
|さぁ、一緒に、どうぞ|prpr_07_02.pp|fh02_02_s14.wav|
|一緒に気持ちよくなりたいです|prpr_07_02.pp|fh02_02_s15.wav|
|(息が続きませんよ)|prpr_07_02.pp|fh02_02_s16.wav|
|(あごが疲れちゃいます)|prpr_07_02.pp|fh02_02_s17.wav|
|(よ、よだれが垂れちゃいます)|prpr_07_02.pp|fh02_02_s18.wav|
|待って下さい、何も見えませんよぉ|prpr_07_02.pp|fh02_02_s19.wav|
|あの、いまどうなってるんでしょうか?|prpr_07_02.pp|fh02_02_s20.wav|
|見えなくて、変な感じです|prpr_07_02.pp|fh02_02_s21.wav|
|ん、あはぁっ|prpr_07_02.pp|fh02_02_s22.wav|
|あ、中に、出てます|prpr_07_02.pp|fh02_02_s23.wav|
|あ、出てますね|prpr_07_02.pp|fh02_02_s24.wav|
|精液、出ちゃいましたね|prpr_07_02.pp|fh02_02_s25.wav|
|なんだか…気持ちよかったです|prpr_07_02.pp|fh02_02_s26.wav|
|すっごく熱かったですよ|prpr_07_02.pp|fh02_02_s27.wav|
|気持ちよかったですか?|prpr_07_02.pp|fh02_02_s28.wav|
|こんな事、もう止めて下さい|prpr_07_02.pp|fh02_02_d01.wav|
|こんなこと…最低、です|prpr_07_02.pp|fh02_02_d02.wav|
|私、こんな事嫌です|prpr_07_02.pp|fh02_02_d03.wav|
|どうして…こんな事…|prpr_07_02.pp|fh02_02_d04.wav|
|止めて、下さい|prpr_07_02.pp|fh02_02_d05.wav|
|嫌です、もうやりたくありません|prpr_07_02.pp|fh02_02_d06.wav|
|もう、終わりにして下さい|prpr_07_02.pp|fh02_02_d07.wav|
|まだ続けるんですか|prpr_07_02.pp|fh02_02_d08.wav|
|私、つらいです|prpr_07_02.pp|fh02_02_d09.wav|
|これで、いいんですか|prpr_07_02.pp|fh02_02_d10.wav|
|もう、止めて下さい|prpr_07_02.pp|fh02_02_d11.wav|
|これ以上は、もう嫌です|prpr_07_02.pp|fh02_02_d12.wav|
|い、いやです…止めて下さい|prpr_07_02.pp|fh02_02_d13.wav|
|まだ、続けなきゃいけないんですか?|prpr_07_02.pp|fh02_02_d14.wav|
|こんなの辛いだけ、です|prpr_07_02.pp|fh02_02_d15.wav|
|(口が痛いです)|prpr_07_02.pp|fh02_02_d16.wav|
|(息が苦しいです)|prpr_07_02.pp|fh02_02_d17.wav|
|(いやぁ、もういやです)|prpr_07_02.pp|fh02_02_d18.wav|
|どうして、こんなこと?|prpr_07_02.pp|fh02_02_d19.wav|
|怖い、は、外して下さい|prpr_07_02.pp|fh02_02_d20.wav|
|いやぁ、何も見えません|prpr_07_02.pp|fh02_02_d21.wav|
|んふぅ、あぁっ!!|prpr_07_02.pp|fh02_02_d22.wav|
|いやぁ、中は…あぁう|prpr_07_02.pp|fh02_02_d23.wav|
|中で、出て…ます|prpr_07_02.pp|fh02_02_d24.wav|
|や、あ、熱い…です|prpr_07_02.pp|fh02_02_d25.wav|
|こんなの…ひどいです|prpr_07_02.pp|fh02_02_d26.wav|
|中で射精するなんて、ひどい、です|prpr_07_02.pp|fh02_02_d27.wav|
|体がべとべと、します|prpr_07_02.pp|fh02_02_d28.wav|
|なんだか、気持ちいいですね|prpr_07_02.pp|fh03_02_s01.wav|
|もっと気持ちよくなりたいです|prpr_07_02.pp|fh03_02_s02.wav|
|いっぱい、気持ちよくしてあげますね|prpr_07_02.pp|fh03_02_s03.wav|
|いっぱい、いじっちゃいますね|prpr_07_02.pp|fh03_02_s04.wav|
|さぁ、入れて下さいね|prpr_07_02.pp|fh03_02_s05.wav|
|深く、差し込んで下さいね|prpr_07_02.pp|fh03_02_s06.wav|
|もっと動いてもいいですよ|prpr_07_02.pp|fh03_02_s07.wav|
|気持ちよくなりましょうね|prpr_07_02.pp|fh03_02_s08.wav|
|いっぱい楽しみましょうね|prpr_07_02.pp|fh03_02_s09.wav|
|私が気持ちよくしてあげます|prpr_07_02.pp|fh03_02_s10.wav|
|もっと楽しんで下さいね|prpr_07_02.pp|fh03_02_s11.wav|
|エッチな事いっぱいしましょうね!|prpr_07_02.pp|fh03_02_s12.wav|
|さぁ、入れていいですよ!|prpr_07_02.pp|fh03_02_s13.wav|
|中にはめて下さいね|prpr_07_02.pp|fh03_02_s14.wav|
|気持ちよぉくして下さいね|prpr_07_02.pp|fh03_02_s15.wav|
|(何だかしゃべりにくいですね)|prpr_07_02.pp|fh03_02_s16.wav|
|(よだれがいっぱい垂れて来ました)|prpr_07_02.pp|fh03_02_s17.wav|
|(舌が、動かしにくいですね)|prpr_07_02.pp|fh03_02_s18.wav|
|あのぉ、何も見えませんよぉ!|prpr_07_02.pp|fh03_02_s19.wav|
|目隠しって、どきどきしますね!|prpr_07_02.pp|fh03_02_s20.wav|
|こんなに暗かったでしたっけ|prpr_07_02.pp|fh03_02_s21.wav|
|あ、んはぁああっ!|prpr_07_02.pp|fh03_02_s22.wav|
|中に、あはぁぁっ!!|prpr_07_02.pp|fh03_02_s23.wav|
|中で、出てますねぇ|prpr_07_02.pp|fh03_02_s24.wav|
|いっぱい出しちゃってますね|prpr_07_02.pp|fh03_02_s25.wav|
|はぁ…気持ちよかったですね|prpr_07_02.pp|fh03_02_s26.wav|
|私のおなか、精液でいっぱいですよ|prpr_07_02.pp|fh03_02_s27.wav|
|全身がぬるぬるです|prpr_07_02.pp|fh03_02_s28.wav|
|いやぁ…本当に、止めて下さい|prpr_07_02.pp|fh03_02_d01.wav|
|ぜんぜん…感じてなんかいません|prpr_07_02.pp|fh03_02_d02.wav|
|もう、終わりにして下さい|prpr_07_02.pp|fh03_02_d03.wav|
|ウソです、うれしくなんかありません|prpr_07_02.pp|fh03_02_d04.wav|
|もう、止めて下さい|prpr_07_02.pp|fh03_02_d05.wav|
|もういい加減にして下さい|prpr_07_02.pp|fh03_02_d06.wav|
|いやぁ、もう終わりにして下さい|prpr_07_02.pp|fh03_02_d07.wav|
|私、全然感じてません|prpr_07_02.pp|fh03_02_d08.wav|
|もう無理です、やめて下さい|prpr_07_02.pp|fh03_02_d09.wav|
|もう、やめて下さい|prpr_07_02.pp|fh03_02_d10.wav|
|こんなの…もういやです…|prpr_07_02.pp|fh03_02_d11.wav|
|こんな事…もうゆるして下さい|prpr_07_02.pp|fh03_02_d12.wav|
|いやぁ、やめて…感じて、ないです|prpr_07_02.pp|fh03_02_d13.wav|
|こんなの…私もう、だめです|prpr_07_02.pp|fh03_02_d14.wav|
|お願いです…もう止めて下さい|prpr_07_02.pp|fh03_02_d15.wav|
|(いやぁ…助けて、下さい)|prpr_07_02.pp|fh03_02_d16.wav|
|(息が…できないです…ぅ)|prpr_07_02.pp|fh03_02_d17.wav|
|(も、もう止めて下さいぃ)|prpr_07_02.pp|fh03_02_d18.wav|
|こ、こんな…ぜんぜんうれしく、ない|prpr_07_02.pp|fh03_02_d19.wav|
|いや、嫌です…外して、下さい|prpr_07_02.pp|fh03_02_d20.wav|
|いやぁ…感じたく、なにのにぃ…うぅ|prpr_07_02.pp|fh03_02_d21.wav|
|うひぃ、んはあぁっ!!|prpr_07_02.pp|fh03_02_d22.wav|
|いや、中はぁ…い、いやあぁ!|prpr_07_02.pp|fh03_02_d23.wav|
|やだ、中に精液が…|prpr_07_02.pp|fh03_02_d24.wav|
|精液が…かかってる…|prpr_07_02.pp|fh03_02_d25.wav|
|もう…許して…お願いです|prpr_07_02.pp|fh03_02_d26.wav|
|もう…こんなこと、やめて下さい|prpr_07_02.pp|fh03_02_d27.wav|
|わ、わたし…もう…無理です…|prpr_07_02.pp|fh03_02_d28.wav|
|いいです、最高ですよぉ|prpr_07_02.pp|fh04_02_s01.wav|
|体が熱くて、解けちゃいそうです|prpr_07_02.pp|fh04_02_s02.wav|
|いっぱい、気持ちよくしますね|prpr_07_02.pp|fh04_02_s03.wav|
|私に、いじらせてくださぁい!|prpr_07_02.pp|fh04_02_s04.wav|
|お願いです、早く入れてくださぁい|prpr_07_02.pp|fh04_02_s05.wav|
|ずぷぅって、付き込んで付き込んでください|prpr_07_02.pp|fh04_02_s06.wav|
|もっと動かして、いいですよぉ!|prpr_07_02.pp|fh04_02_s07.wav|
|もっと、気持ちよくなりましょうね!|prpr_07_02.pp|fh04_02_s08.wav|
|私、気持ちいいのが大好きです!|prpr_07_02.pp|fh04_02_s09.wav|
|もっと気持ちよくなってくださあい|prpr_07_02.pp|fh04_02_s10.wav|
|もっと楽しんじゃいましょうね|prpr_07_02.pp|fh04_02_s11.wav|
|いっぱい気持ちよくなって下さいねぇ!|prpr_07_02.pp|fh04_02_s12.wav|
|私の中にずぶっで入れてくださぁい!|prpr_07_02.pp|fh04_02_s13.wav|
|もう、いっぱい深く入れて下さい!|prpr_07_02.pp|fh04_02_s14.wav|
|一緒に、気持ちよくなりましょうね!|prpr_07_02.pp|fh04_02_s15.wav|
|(す、すごく気持ちがいいです)|prpr_07_02.pp|fh04_02_s16.wav|
|(もっといっぱい気持ちよくなりたいです)|prpr_07_02.pp|fh04_02_s17.wav|
|(頭が、変になりそうです)|prpr_07_02.pp|fh04_02_s18.wav|
|目隠し、すごく感じちゃいます|prpr_07_02.pp|fh04_02_s19.wav|
|目かくしって興奮しますね|prpr_07_02.pp|fh04_02_s20.wav|
|見えなくて、敏感になりそうです|prpr_07_02.pp|fh04_02_s21.wav|
|んはぁあ…っいくうぅ!|prpr_07_02.pp|fh04_02_s22.wav|
|な、中で、んはあぁぁっ!!|prpr_07_02.pp|fh04_02_s23.wav|
|熱い…私の中で、でてますねぁ|prpr_07_02.pp|fh04_02_s24.wav|
|一杯出しましたねぇ|prpr_07_02.pp|fh04_02_s25.wav|
|すっごく…楽しかったですよぉ|prpr_07_02.pp|fh04_02_s26.wav|
|精液がいっぱいで、気持ちがいいです|prpr_07_02.pp|fh04_02_s27.wav|
|もっといっぱい出してくださいね!!|prpr_07_02.pp|fh04_02_s28.wav|
|いやぁ…もうやめて下さい|prpr_07_02.pp|fh04_02_d01.wav|
|もう…やりたくないです…うぅ|prpr_07_02.pp|fh04_02_d02.wav|
|もう、終わりにして、下さい|prpr_07_02.pp|fh04_02_d03.wav|
|私、もうおかしくなっちやいます|prpr_07_02.pp|fh04_02_d04.wav|
|いやぁ…これ以上は、もう無理です|prpr_07_02.pp|fh04_02_d05.wav|
|もう止めて、止めて下さい|prpr_07_02.pp|fh04_02_d06.wav|
|お願いです、もう終わりにしてください|prpr_07_02.pp|fh04_02_d07.wav|
|私、これ以上は、無理です…|prpr_07_02.pp|fh04_02_d08.wav|
|も、もう、いやぁ…許してください|prpr_07_02.pp|fh04_02_d09.wav|
|もう嫌です…続けられません|prpr_07_02.pp|fh04_02_d10.wav|
|…うそです…やりたくありません|prpr_07_02.pp|fh04_02_d11.wav|
|もう…許してください|prpr_07_02.pp|fh04_02_d12.wav|
|いやです、もう終わりにして下さい|prpr_07_02.pp|fh04_02_d13.wav|
|違います、望んでなんていません|prpr_07_02.pp|fh04_02_d14.wav|
|お願いです…もう許して下さい|prpr_07_02.pp|fh04_02_d15.wav|
|(く、苦しい、助けて)|prpr_07_02.pp|fh04_02_d16.wav|
|(お願い、誰か助けて)|prpr_07_02.pp|fh04_02_d17.wav|
|(こんなこと、もう許して…)|prpr_07_02.pp|fh04_02_d18.wav|
|いやぁ…おかしくなっちゃうのぉ|prpr_07_02.pp|fh04_02_d19.wav|
|お願いですぅ、体が、おかしくなっちゃうぅ|prpr_07_02.pp|fh04_02_d20.wav|
|やめて…下さい、もう許してぇぇ|prpr_07_02.pp|fh04_02_d21.wav|
|はぅ、んはあぁっ!!|prpr_07_02.pp|fh04_02_d22.wav|
|な、中はだめぇえ!|prpr_07_02.pp|fh04_02_d23.wav|
|精液を…中に…入れないで下さい|prpr_07_02.pp|fh04_02_d24.wav|
|精液…止めて、下さい|prpr_07_02.pp|fh04_02_d25.wav|
|いやぁ…も、もういやです|prpr_07_02.pp|fh04_02_d26.wav|
|私に中に…精液が、いっぱい|prpr_07_02.pp|fh04_02_d27.wav|
|あぁ…もう私…耐えられ、ません…|prpr_07_02.pp|fh04_02_d28.wav|
|あはぁ、わたしぃ気持ちいいですう!|prpr_07_02.pp|fh05_02_s01.wav|
|もっとぉ、気持ちよくなりたいですぅ|prpr_07_02.pp|fh05_02_s02.wav|
|いっぱい、こすっちゃいますねぇ|prpr_07_02.pp|fh05_02_s03.wav|
|たっぷり、いじくり回してあげますよぉ|prpr_07_02.pp|fh05_02_s04.wav|
|奥までぇぶち込んでくださぁい!|prpr_07_02.pp|fh05_02_s05.wav|
|私をぐじゅぐじゅにしてくださぁい!|prpr_07_02.pp|fh05_02_s06.wav|
|いい、気持ちいいですぅ|prpr_07_02.pp|fh05_02_s07.wav|
|わたしぃ、おかしくなっちゃたかもぉ|prpr_07_02.pp|fh05_02_s08.wav|
|ものすごく気持ちいいですぅ|prpr_07_02.pp|fh05_02_s09.wav|
|もっともっといじりたいです|prpr_07_02.pp|fh05_02_s10.wav|
|いっぱいこすらせてくださぁい|prpr_07_02.pp|fh05_02_s11.wav|
|私がシコシコしてあげますねぇ!|prpr_07_02.pp|fh05_02_s12.wav|
|奥までねじ込んでくださいね!|prpr_07_02.pp|fh05_02_s13.wav|
|想いっきり付き込んでくださぁい|prpr_07_02.pp|fh05_02_s14.wav|
|深くぅ、付き捲ってくださぁい!|prpr_07_02.pp|fh05_02_s15.wav|
|(気持ちいぃですよぉ)|prpr_07_02.pp|fh05_02_s16.wav|
|(よだれでびちょびちょですぅ)|prpr_07_02.pp|fh05_02_s17.wav|
|(気持ちよくって飛んじゃいそうです)|prpr_07_02.pp|fh05_02_s18.wav|
|目隠し、きもちいいですぅ|prpr_07_02.pp|fh05_02_s19.wav|
|体がびんびん感じちゃいますぅ|prpr_07_02.pp|fh05_02_s20.wav|
|もっと気持ちよくしてくださぁい!!|prpr_07_02.pp|fh05_02_s21.wav|
|い、いちゃううううぅぅっ!!|prpr_07_02.pp|fh05_02_s22.wav|
|中にぃ、い、いくぅぅぅっ!!|prpr_07_02.pp|fh05_02_s23.wav|
|あ…でてますよぉ|prpr_07_02.pp|fh05_02_s24.wav|
|熱いのが、いっぱい垂れてますね|prpr_07_02.pp|fh05_02_s25.wav|
|はぁ…気持ちよくって、最高ですよぉ!|prpr_07_02.pp|fh05_02_s26.wav|
|おなかいっぱいで、きもちいいですぅ|prpr_07_02.pp|fh05_02_s27.wav|
|もっといっぱい、私にかけてくださいねぇ!|prpr_07_02.pp|fh05_02_s28.wav|
|い、いやぁ…もう、ゆるして下さい|prpr_07_02.pp|fh05_02_d01.wav|
|私…もう、これ以上、できません|prpr_07_02.pp|fh05_02_d02.wav|
|からだ…っこわれ、ちゃう|prpr_07_02.pp|fh05_02_d03.wav|
|もうゆるして、くだ、さい|prpr_07_02.pp|fh05_02_d04.wav|
|もうだめぇ…だ、だれかぁ…|prpr_07_02.pp|fh05_02_d05.wav|
|お願いです…助けて、下さい…|prpr_07_02.pp|fh05_02_d06.wav|
|あぁ…いやぁ|prpr_07_02.pp|fh05_02_d07.wav|
|だめぇ、やめてぇ|prpr_07_02.pp|fh05_02_d08.wav|
|こんな、もうだめぇ|prpr_07_02.pp|fh05_02_d09.wav|
|もう、やりたくない、です|prpr_07_02.pp|fh05_02_d10.wav|
|これ以上は…できません|prpr_07_02.pp|fh05_02_d11.wav|
|いや、手が勝手に…うごくのぉ|prpr_07_02.pp|fh05_02_d12.wav|
|お願い、もうゆるして、下さい|prpr_07_02.pp|fh05_02_d13.wav|
|いやですぅ…もう入れないでくださぁい|prpr_07_02.pp|fh05_02_d14.wav|
|うぅ…止めて、下さい…お願いです|prpr_07_02.pp|fh05_02_d15.wav|
|(だ、めぇ…おかしくなっちゃう)|prpr_07_02.pp|fh05_02_d16.wav|
|(わたしぃ…体が、おかしいのぉ)|prpr_07_02.pp|fh05_02_d17.wav|
|(私ぃ…もうこわれちゃったのぉ…)|prpr_07_02.pp|fh05_02_d18.wav|
|いやぁ、もう感じたくないのぉ|prpr_07_02.pp|fh05_02_d19.wav|
|これ以上はぁ、死んじゃう、からぁ…|prpr_07_02.pp|fh05_02_d20.wav|
|ゆ、許してぁ…もう、むりなのぉ…|prpr_07_02.pp|fh05_02_d21.wav|
|いく、いやああぁぁっ!|prpr_07_02.pp|fh05_02_d22.wav|
|だめぇ…中は、ああぁぁっ!!|prpr_07_02.pp|fh05_02_d23.wav|
|中がぁ…熱い|prpr_07_02.pp|fh05_02_d24.wav|
|だ、出さないでくださぁい…|prpr_07_02.pp|fh05_02_d25.wav|
|はぁ…もう、だめ…ですぅ|prpr_07_02.pp|fh05_02_d26.wav|
|いや…もぉ止めてえ、くださぁい|prpr_07_02.pp|fh05_02_d27.wav|
|も、もう…出さないで、くださぁい…|prpr_07_02.pp|fh05_02_d28.wav|
|いや、放して下さい|prpr_07_02.pp|fh01_02_h01.wav|
|お願いです、やめて止めて下さい|prpr_07_02.pp|fh01_02_h02.wav|
|い、痛い…もう止めて下さい|prpr_07_02.pp|fh01_02_h03.wav|
|いやぁ、もう放して下さい|prpr_07_02.pp|fh01_02_h04.wav|
|いや、そんなの、いやぁ|prpr_07_02.pp|fh01_02_h05.wav|
|嫌です、止めて、やめて下さい!|prpr_07_02.pp|fh01_02_h06.wav|
|放してぇ はなしてくださぁい!|prpr_07_02.pp|fh01_02_h07.wav|
|お願いです、もう放してください!|prpr_07_02.pp|fh01_02_h08.wav|
|止めてください|prpr_07_02.pp|fh01_02_h09.wav|
|放して下さい|prpr_07_02.pp|fh01_02_h10.wav|
|あぁ…痛い|prpr_07_02.pp|fh01_02_h11.wav|
|いやぁ…もういやぁ|prpr_07_02.pp|fh01_02_h12.wav|
|いや! もう止めてください!|prpr_07_02.pp|fh01_02_h13.wav|
|許して、もう許して下さい|prpr_07_02.pp|fh01_02_h14.wav|
|止めてぇ もう放してください!|prpr_07_02.pp|fh01_02_h15.wav|
|いやぁ、もうやめて下さい!|prpr_07_02.pp|fh01_02_h16.wav|
|(いやぁ、放して下さい)|prpr_07_02.pp|fh01_02_h17.wav|
|(もう許して下さい)|prpr_07_02.pp|fh01_02_h18.wav|
|(こんな事、もう嫌です!)|prpr_07_02.pp|fh01_02_h19.wav|
|いや、外して、外してください|prpr_07_02.pp|fh01_02_h20.wav|
|こ、こわい、外してください|prpr_07_02.pp|fh01_02_h21.wav|
|いやぁ、怖いです、助けて|prpr_07_02.pp|fh01_02_h22.wav|
|あぅ…あぁ!|prpr_07_02.pp|fh01_02_h23.wav|
|い、いやぁ|prpr_07_02.pp|fh01_02_h24.wav|
|いや、やめてぇっ|prpr_07_02.pp|fh01_02_h25.wav|
|だめ! 出さないで下さい|prpr_07_02.pp|fh01_02_h26.wav|
|いやぁ…やめてぇ!|prpr_07_02.pp|fh01_02_h27.wav|
|も、もう許してください|prpr_07_02.pp|fh01_02_h28.wav|
|もう、助けて、ください|prpr_07_02.pp|fh01_02_h29.wav|
|こんな…ひ、ひどいです|prpr_07_02.pp|fh01_02_h30.wav|
|こんな、こんな事って…うう|prpr_07_02.pp|fh01_02_h31.wav|
|もう、いや…だれか、助けて|prpr_07_02.pp|fh01_02_h32.wav|
|もう、もう許してください|prpr_07_02.pp|fh01_02_h33.wav|
|い、いや、もうやめてぇ|prpr_07_02.pp|fh02_02_h01.wav|
|だめ、もう止めてくださぁい|prpr_07_02.pp|fh02_02_h02.wav|
|いや、こんなのもういやぁ|prpr_07_02.pp|fh02_02_h03.wav|
|もう…たすけて、下さい|prpr_07_02.pp|fh02_02_h04.wav|
|いやぁ…そこはいやですぅ!|prpr_07_02.pp|fh02_02_h05.wav|
|やめて…止めてくださぁい|prpr_07_02.pp|fh02_02_h06.wav|
|いやぁ 放してくださぁい!|prpr_07_02.pp|fh02_02_h07.wav|
|だめぁ、もうやめてくださぁい!|prpr_07_02.pp|fh02_02_h08.wav|
|も、もうやめて下さい|prpr_07_02.pp|fh02_02_h09.wav|
|お願いです、もう放してぇ|prpr_07_02.pp|fh02_02_h10.wav|
|止めて、もうやめて下さい|prpr_07_02.pp|fh02_02_h11.wav|
|いやぁ…もう止めてください!|prpr_07_02.pp|fh02_02_h12.wav|
|いやぁ、入れないでぇ|prpr_07_02.pp|fh02_02_h13.wav|
|いやぁ、放して下さい!|prpr_07_02.pp|fh02_02_h14.wav|
|も、もう、こんなこと…止めて下さい|prpr_07_02.pp|fh02_02_h15.wav|
|いやぁ…助けて…下さい|prpr_07_02.pp|fh02_02_h16.wav|
|(もういや…もうゆるしてぇ)|prpr_07_02.pp|fh02_02_h17.wav|
|(放して、はなしてくださぁい)|prpr_07_02.pp|fh02_02_h18.wav|
|(お願いです、もうやめて、下さい)|prpr_07_02.pp|fh02_02_h19.wav|
|こ、こわい、助けて下さい|prpr_07_02.pp|fh02_02_h20.wav|
|いやぁ…もう止めてくださぁい!|prpr_07_02.pp|fh02_02_h21.wav|
|い、いやぁ、もぉやめてぇ!!|prpr_07_02.pp|fh02_02_h22.wav|
|あふぅ、んあああぁぁっ!|prpr_07_02.pp|fh02_02_h23.wav|
|い、いやあぁぁぁっ!|prpr_07_02.pp|fh02_02_h24.wav|
|な、中はぁあぁぁっ!|prpr_07_02.pp|fh02_02_h25.wav|
|い…中で…でてる|prpr_07_02.pp|fh02_02_h26.wav|
|いやぁ…もう止めて下さい|prpr_07_02.pp|fh02_02_h27.wav|
|うぅ…こんな…ひ、ひどい…です…|prpr_07_02.pp|fh02_02_h28.wav|
|私…もう…だめです…|prpr_07_02.pp|fh02_02_h29.wav|
|おなか…熱い…うぅ|prpr_07_02.pp|fh02_02_h30.wav|
|こんなの、ひ、ひどい…う、うう|prpr_07_02.pp|fh02_02_h31.wav|
|うぅ…誰か…|prpr_07_02.pp|fh02_02_h32.wav|
|もういや…た、助けて…|prpr_07_02.pp|fh02_02_h33.wav|
|いやぁ…! 助けてぇ!|prpr_07_02.pp|fh03_02_h01.wav|
|も、もういやぁ、助けてぇ!|prpr_07_02.pp|fh03_02_h02.wav|
|やめてぇ、もう放してぇ!|prpr_07_02.pp|fh03_02_h03.wav|
|私ぃ…もうだめぇ|prpr_07_02.pp|fh03_02_h04.wav|
|いやぁ…もうさわらないでぇ|prpr_07_02.pp|fh03_02_h05.wav|
|痛い…もういやなのぉ|prpr_07_02.pp|fh03_02_h06.wav|
|いやぁ…もういやぁ|prpr_07_02.pp|fh03_02_h07.wav|
|放してぇ…お願いですぅ…|prpr_07_02.pp|fh03_02_h08.wav|
|止めてぇ…もう助けてぇ|prpr_07_02.pp|fh03_02_h09.wav|
|い、いやぁ…誰かたすけてぇ|prpr_07_02.pp|fh03_02_h10.wav|
|お願いですぅ…はなしてくださぁい|prpr_07_02.pp|fh03_02_h11.wav|
|もうだめぇ…もう助けてぇ|prpr_07_02.pp|fh03_02_h12.wav|
|いや、もう入れちゃいやぁ!!|prpr_07_02.pp|fh03_02_h13.wav|
|もう、だめぇ、おかしくなっちゃうぅ|prpr_07_02.pp|fh03_02_h14.wav|
|もうだめぇ…わたしぃ、壊れ、ちゃうぅ|prpr_07_02.pp|fh03_02_h15.wav|
|いやぁ、もういやなのぉ!|prpr_07_02.pp|fh03_02_h16.wav|
|(私ぃ…もういやぁ)|prpr_07_02.pp|fh03_02_h17.wav|
|(いやぁ…助けてぇ)|prpr_07_02.pp|fh03_02_h18.wav|
|(だれか…誰か助けてぇ、だめぇ!)|prpr_07_02.pp|fh03_02_h19.wav|
|いやぁ…気持ちよく…なっちゃぁぁ|prpr_07_02.pp|fh03_02_h20.wav|
|やめてぁ…いっちゃうの、いやぁ|prpr_07_02.pp|fh03_02_h21.wav|
|だめぇ…もう…さわらないでぇ|prpr_07_02.pp|fh03_02_h22.wav|
|い、いやああぁぁっ!|prpr_07_02.pp|fh03_02_h23.wav|
|い、いくううううぅぅっ!|prpr_07_02.pp|fh03_02_h24.wav|
|な、かぁあああぁぁっ!!|prpr_07_02.pp|fh03_02_h25.wav|
|せーえきがぁ…熱い|prpr_07_02.pp|fh03_02_h26.wav|
|せいえきぃ、出てきてるのぉ|prpr_07_02.pp|fh03_02_h27.wav|
|ぁ…も、もう…たすけ、て|prpr_07_02.pp|fh03_02_h28.wav|
|私ぃ…もう…おかしくなっちゃう|prpr_07_02.pp|fh03_02_h29.wav|
|私のなか、せいえきいっぱい…|prpr_07_02.pp|fh03_02_h30.wav|
|もう…精液…いらない、から|prpr_07_02.pp|fh03_02_h31.wav|
|あぁ…精液…もぉいやぁ|prpr_07_02.pp|fh03_02_h32.wav|
|精液ぃ…欲しくないのぉ|prpr_07_02.pp|fh03_02_h33.wav|
**セリフタイプC_台詞 [#u1254c79]
|Voice|Pack|File|h
|「どうかしたの?」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0143.ogg|
|「見せて! キミ、大丈夫? しっかりして」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0145.ogg|
|「意識はあるのね? どうしたの?」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0147.ogg|
|「とりあえず――あそこ、あの喫茶店で休ませてもらいましょ。立てる?」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0149.ogg|
|「良かったわね。元気になって」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0156.ogg|
|「いいのいいの、お礼なんて。にしても、キミ――立ち眩みとか良くある方なの?」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0159.ogg|
|「そうなんだ。気をつけた方がいいわよ。ここの所この辺物騒だから…」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0161.ogg|
|「そんなに大きなニュースにはなってないけど、実はこの辺りで暴行事件が多発してるみたいなの」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0163.ogg|
|「それがちょっと変わってるのよ。暴行の被害者と思われる人は何人かいるんだけど、誰も被害届けを出してないのよ」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0165.ogg|
|「皆、見た目は確かに暴行を受けてるように見えるんだけど、その記憶がないらしいのよ」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0167.ogg|
|「そう。だから事件として扱っていいのかどうか――判断が難しいみたいね」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0169.ogg|
|「あ、まだ言ってなかったわね。わたし――こう言う者なのよ」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0171.ogg|
|「なつめでいいわよ。それに、新聞って言っても小さいローカル紙だし。ちなみに二人の名前は?」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0173.ogg|
|「雅哉くんに美弥子ちゃんね。それで美弥子ちゃんだって、いつも彼氏の雅哉くんと一緒に帰れるとは限らないでしょ?」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0176.ogg|
|「――今日はたまたまあたしが通りかかったけど、一人の時に倒れたりしたら大変よ。だから、気をつけてねって話――って聞いてる?」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0181.ogg|
|「フフフ、まぁいいか。さてと、それじゃあたしはこれで帰るわね。キミたちは残りのお茶飲んでもう少しゆっくりしてから帰りなさい」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0184.ogg|
|「いいわよ、別に。いくらなんでも母校の後輩におごらせるわけにはいかないでしょ?」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0187.ogg|
|「そういうこと。それじゃ、なにかネタになりそうな事があったらいつでも連絡頂戴ね」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0189.ogg|
|「何やってるの。あんたたち!」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0236.ogg|
|「キミたち、大丈夫?!」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0238.ogg|
|「話は後。とにかく逃げるわよ!」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0241.ogg|
|「ふぅ、とりあえずここまでくれば大丈夫かしらね」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0243.ogg|
|「キミたちと話した後、公園の様子を見にいったら門の鍵がかかってて、しょうがないからぐるぐる周りを回ってたらあそこに出くわしたってワケ。で、キミたちはなんであそこに?」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0245.ogg|
|「まぁいいわ。とりあえず先に警察に連絡して――詳しい話は後にしましょ」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0249.ogg|
|「変ね…電池切れかしら?」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0250.ogg|
|「一体、いつの間に?」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0254.ogg|
|「大丈夫、わたしが何とかするから」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0257.ogg|
|「こう見えてもそれなりに鍛えてるのよ」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0259.ogg|
|「いい、隙を見て逃げるのよ!」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0261.ogg|
|「うそ、効いてないの?」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0262.ogg|
|「人間じゃないって、だったらなんなのよ!」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0265.ogg|
|「ゾンビって事? 冗談じゃ、ないわよ!」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0267.ogg|
|「きゃああぁぁっ!」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0268.ogg|
|「なによ、今の…力は――」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0270.ogg|
|「あぐぅ! ぐはあぁぁ!」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0271.ogg|
|「――火事でも起きた、かな?」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0626.ogg|
|「良かった、覚えててくれたのね」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0628.ogg|
|「ありがとう。大丈夫よ、この通りぴんぴんしてるから」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0630.ogg|
|「笠原なつめよ。あなたが刹羅ね」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0633.ogg|
|「この前わたしを助けてくれた朧って女の子から聞いたわ。雅哉君たちと一緒に戦っている女戦士がいるって」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0635.ogg|
|「そうなの? 朧ちゃんはあなたに迷惑な事されて凄く困ってるって」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0637.ogg|
|「でも雅哉の力になりたいから手伝ってくれって言われて。命の恩人の頼みを断るわけにはいかないわよね」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0639.ogg|
|「あ、そうそう。もし疑われるようならこれを見せろって――」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0645.ogg|
|「なんでも、キミたちが欲しがってた投薬患者のリストだって」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0647.ogg|
|「朧ちゃんはそう言ってたわよ。中は見れないからわからないけど」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0650.ogg|
|「さっきまで一緒にいたけど、刹羅と顔あわせたくないからって消えちゃったわ」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0653.ogg|
|「何を?――とはお言葉ね。私のおかげでうまく脱出できたんじゃないの?」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0658.ogg|
|「何を隠そう、資料室に発炎筒を置いてきたのはこの私なのよ。ま、それも朧ちゃんに頼まれたんだけどね!」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0660.ogg|
|「でしょ? ほら、これで信用してもらえたかしら」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0681.ogg|
|「いえ、手に入れたのは、正確にはわたしじゃないんで…」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0684.ogg|
|「まだ襲われてないってことね。何人ぐらい残ってるの?」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0711.ogg|
|「片桐飛鳥でしょ、これ!」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0714.ogg|
|「わたしの部活時代の後輩よ。この子も投薬されてたって言うの」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0716.ogg|
|「そんな、飛鳥が狙われるなんて…」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0718.ogg|
|「そうね、わかったわ。学校の方はキミたちに任せるわね」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0721.ogg|
|「まぁ、確かに飛鳥は昔からずぼらな所があったけど、まさかそれが役に立つ日が来るなんてね」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0790.ogg|
|「そういう奴だったわよ、あの子は」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0792.ogg|
|「いいわよ。無事だったんだし。傷も、ほとんど残ってないんでしょ?」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0794.ogg|
|「それじゃ、なんの問題もないわ。ありがとう、二人とも」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0796.ogg|
|「残り4人のうち三人を助けたから今日はもう帰っていいぞって。まったく、偉そうにしちゃって――ねぇ?」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0798.ogg|
|「あら? 二人とも聞いてないの?」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0801.ogg|
|「ふむ、隠すつもりはないって言ってたし、まぁいいかしら…――刹羅の体のベースになったのは博士のお嬢さんよ」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0803.ogg|
|「刹羅よ。本人がそう言ってたから間違いないわ。何でも博士はもともとエクリプスの大幹部で、お嬢さんも組織の一員だったらしいの」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0806.ogg|
|「いいんじゃないの? 刹羅がべらべらしゃべったことだし、誰から聞いたって内容はおんなじよ」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0808.ogg|
|「うん…――で、実はお嬢さんの方は父親がテロ組織の一員だってことをわかった上で、それをやめさせるために同じ組織にもぐりこんだらしいの」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0810.ogg|
|「彼女の命がけの説得で博士は目を覚まし、今までの罪滅ぼしのために組織と戦うことを誓った…その力となるべくお嬢さんは自分の肉体をベースとした強化人間として生まれ変わった」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0811.ogg|
|「――そんな感じの話だったわね。まぁ刹羅の話だから正直よくわからない所もあったけど」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0812.ogg|
|「あ、博士…あの――すみません、わたし、勝手に…」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0815.ogg|
|「え、えぇぇ~っ?! 早すぎませんか、それ?」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0823.ogg|
|「ご苦労様。一人目は終わったの?」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0910.ogg|
|「雅哉君、がんばったのね? よかったわぁ」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0912.ogg|
|「あ、そうね。大丈夫よ、二人目のデータもわかったから。とりあえず自宅と職場が――」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0914.ogg|
|「昨日のうちに4人目まで助けたんですって? ご苦労様ね」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0971.ogg|
|「うん、それがね。3人とも、そろいもそろって今日から入院してるみたいなのよ」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0977.ogg|
|「詳しい病状まではわからないけど…――ただ、入院先は例の病院よ」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0979.ogg|
|「だから、こっちも一応対策を立ててから向かった方がいいと思ってね」|prpr_08_01.pp|r01_d2_0984.ogg|
|「間に合ったみたいね」|prpr_08_01.pp|r01_d2_1116.ogg|
|「さぁ、わたしにもさっぱり」|prpr_08_01.pp|r01_d2_1127.ogg|
|「最初から使い捨てにする気だったみたいね。あの後すぐ、病院で大きな火事が起こってるのよ」|prpr_08_01.pp|r01_d2_1141.ogg|
|「うん。出火場所が資料室だったり倉庫だったり普段人気がない場所だったのが幸いしたらしいけど――でも、出火原因は不明…多分放火じゃないかって」|prpr_08_01.pp|r01_d2_1143.ogg|
|「強いんですか?」|prpr_08_01.pp|r01_d2_1146.ogg|
|「まぁ、ここで考えててもしょうがないわよ。とりあえず敵の情報は必要でしょ?」|prpr_08_01.pp|r01_d2_1151.ogg|
|「ここはわたしがひとっ走りいって、調べてきてあげるわ」|prpr_08_01.pp|r01_d2_1152.ogg|
|「大丈夫、大丈夫。多分まだ私の顔はバレてないと思うし。いざとなったら朧ちゃんが助けてくれるわよ、きっと」|prpr_08_01.pp|r01_d2_1154.ogg|
|「でも、美弥子ちゃんのことはすっごくお気に入りみたいね」|prpr_08_01.pp|r01_d2_1157.ogg|
|「まぁ、そのうち思い出すでしょ――それじゃ、わたし行って来るわね」|prpr_08_01.pp|r01_d2_1160.ogg|
|「大丈夫、任せて!」|prpr_08_01.pp|r01_d2_1163.ogg|
|「ここが、DMクラフトがあるビルね。さて、まずは裏口の方を――」|prpr_08_01.pp|r01_d2_1173.ogg|
|「裏口、鍵開いてるのかしら…」|prpr_08_01.pp|r01_d2_1174.ogg|
|「や、やだ…ビル間違えちゃったかしら、おほほほほ――」|prpr_08_01.pp|r01_d2_1176.ogg|
|「な、なんのことかしら。身に覚えがないわよ」|prpr_08_01.pp|r01_d2_1178.ogg|
|「冗談じゃないわよ!」|prpr_08_01.pp|r01_d2_1180.ogg|
|「くっ!」|prpr_08_01.pp|r01_d2_1182.ogg|
|「朧ちゃん」|prpr_08_01.pp|r01_d2_1183.ogg|
|「ありがとう!」|prpr_08_01.pp|r01_d2_1185.ogg|
|「気をつけてね、朧ちゃん!」|prpr_08_01.pp|r01_d2_1188.ogg|
|「とりあえず、ここを離れて連絡入れないと――」|prpr_08_01.pp|r01_d2_1191.ogg|
|「え、まさか…?!」|prpr_08_01.pp|r01_d2_1193.ogg|
|「!」|prpr_08_01.pp|r01_d2_1195.ogg|
|「きゃああっ!!」|prpr_08_01.pp|r01_d2_1196.ogg|
|「朧ちゃん、逃げてぇ!」|prpr_08_01.pp|r01_d2_1199.ogg|
|「彼女、一体何者なの?」|prpr_08_01.pp|r01_d2_1203.ogg|
|「うぅ…はぁ…はぁ…はぁ…」|prpr_08_01.pp|r01_d2_1225.ogg|
|「あ…まさや、くん…美弥子ちゃん」|prpr_08_01.pp|r01_d2_1308.ogg|
|「ご、ごめんねぇ…ちょっと、どじ踏んじゃって…」|prpr_08_01.pp|r01_d2_1310.ogg|
|「朧ちゃん、泣かないで…あなたの所為じゃないわ」|prpr_08_01.pp|r01_d2_1312.ogg|
|「そう言えば、刹羅は?」|prpr_08_01.pp|r01_d2_1314.ogg|
|「そう、なら早く脱出しないとビルごと壊しかねないわね――ありがとう美弥子ちゃん。大分楽になったわ」|prpr_08_01.pp|r01_d2_1316.ogg|
|「大丈夫よ。さすがは神崎博士の治療キットね」|prpr_08_01.pp|r01_d2_1318.ogg|
|「何?」|prpr_08_01.pp|r01_d2_1322.ogg|
|「――教えてくれて、ありがとね」|prpr_08_01.pp|r01_d2_1363.ogg|
|「お願い持ちこたえて!」|prpr_08_01.pp|r01_d2_1403.ogg|
|「…刹羅は?」|prpr_08_01.pp|r01_d2_1460.ogg|
|「本当に、強化人間て頑丈ね?」|prpr_08_01.pp|r01_d2_1494.ogg|
|「まぁ、確かに。でもわたしは逆に安心したわ。刹羅でも失敗したりすることあるんだなぁって」|prpr_08_01.pp|r01_d2_1511.ogg|
|「でも、これでしばらくエクリプスの動きはなくなるんでしょうか?」|prpr_08_01.pp|r01_d2_1517.ogg|
|「そう言えば、初めて会った時から美弥子ちゃんのことを好き好き言ってたけど、あれってどうして?」|prpr_08_01.pp|r01_d2_1529.ogg|
|「ちなみにあたしのことは?」|prpr_08_01.pp|r01_d2_1538.ogg|
|「そうなんだぁ…ふぅん、ありがとう、うれしいわぁ」|prpr_08_01.pp|r01_d2_1540.ogg|
|「キミ、大丈夫なの?」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0079.ogg|
|「とりあえず、動ける?」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0081.ogg|
|「それじゃ、あたしの肩につかまって。もうちょっとちゃんとした所で休みましょ」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0083.ogg|
|「女の子も、反対側持ってあげてね」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0085.ogg|
|「でも、近くに喫茶店があって助かったわね」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0089.ogg|
|「いいのいいの、気にしないで。それにしてもどうしてあんな所で? お腹でも減ってたの?」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0092.ogg|
|「でも、現実だったかもしれない――」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0098.ogg|
|「なるほど。いいわ、あたしは信じるわよ」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0100.ogg|
|「あたしはね、昔からその人がウソツキかどうかなんとなく分かるの。単なる勘だけど、今まではずれたことないのよ」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0103.ogg|
|「それに、実はあたしも聞いたのよ――その悲鳴を。それで何が起こったのか確かめるために公園に入ったら、キミ達がいたってワケ」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0105.ogg|
|「そうよ。あ、言い忘れてたけど、私――こういう者なの」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0107.ogg|
|「なつめでいいわよ。それに、新聞って言っても小さいローカル紙だし。ちなみに二人の名前は?」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0109.ogg|
|「雅哉くんに美弥子ちゃんか。で、キミ達は偶然あそこを通りかかっただけなのね」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0112.ogg|
|「あたしの方はその暴行事件のうわさを調べに来て、たまたま悲鳴を聞いたんだけど――残念な事に、違う方向に走ってたみたいね」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0115.ogg|
|「言われてみればそうなのよ。暴行事件のうわさがあったから悲鳴って思ったけど…なんだか、変だったのよね」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0117.ogg|
|「そこよ、問題は…。一応あたしが調べた所によると、暴行はあくまでうわさであって実際に行われた痕跡は見つかってないらしいの」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0119.ogg|
|「ほとんどの人が、あたしと美弥子ちゃんと同じ――悲鳴だけを聞いて、現場は見てないって話よ」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0121.ogg|
|「今の所、なんとも言えないけど…」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0123.ogg|
|「そうね。だから何もなかったとは言わないわ。きっと何かがあったのは確かよ。それが雅哉君の見たとおりの事なのかどうなのかは別として」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0125.ogg|
|「とにかく、あの公園に何かあることは確かね――。そういえば、キミ達は時間とか大丈夫なの?」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0127.ogg|
|「とりあえず、情報料としてここはあたしにおごらせてね」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0131.ogg|
|「いいのよ。実はキミ達、母校の後輩だもの」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0133.ogg|
|「そういうこと。それから、今後も連絡取り合って情報交換しましょ。その方がより早く真相に近づけるはずよ」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0135.ogg|
|「ありがとう。それじゃあたしもう行くわね。二人とも気をつけて帰るのよ」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0138.ogg|
|「どうも、さっき雅哉君を助けた時から…変な感じがしたのよね――」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0242.ogg|
|「昔から幽霊とか妖怪みたいなもの、結構目撃してるし――」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0243.ogg|
|「ここでも絶対、何か見つけられるはずだわ…」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0244.ogg|
|「? 何かしらこれ…――まるで、亀裂みたい…」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0245.ogg|
|「?! あ、あれは――何なの!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0246.ogg|
|「やぁっ!!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0262.ogg|
|「よりによってこんなもの――見つけるんじゃなかったかも!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0263.ogg|
|「?! 消えた――! そこよっ!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0265.ogg|
|「一瞬見失ったけど、目を凝らせば見えるわよ!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0267.ogg|
|「何の事だかわからないけど…逃がさないわよ!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0269.ogg|
|「何…?! ――ぐはああぁっ?!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0271.ogg|
|「がはぁ…な、なに…これ…――?!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0272.ogg|
|「そん、な…がはぁっ! ぐぅ…ぅう…」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0274.ogg|
|「がはぁ…ぅ…」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0285.ogg|
|「そこまでよっ!!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0385.ogg|
|「重力使いでしょ? 知ってるわ、夕べ殺されかけたから…」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0387.ogg|
|「でも今は、負ける気がしないけどねっ!!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0388.ogg|
|「残念ね――もう通用しないわよ!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0390.ogg|
|「やぁっ!!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0392.ogg|
|「今の私は見るだけじゃなくて、破る事もできるのよ――あなたたちの魔法をね!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0395.ogg|
|「わかってるわ――でも、今が攻め時よ!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0398.ogg|
|「うりゃあっ!!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0400.ogg|
|「?! 何今の感触?」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0402.ogg|
|「なるほど――確かにしたたかね」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0404.ogg|
|「あ、その声――やっぱり雅哉君ね」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0406.ogg|
|「私もね、刹羅に助けられたのよ――とにかく、今は奥で倒れてる子を保健室に運びましょ!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0408.ogg|
|「そうなのよ――それで、わたしのサポートが課題になったのがこの子なの」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0411.ogg|
|「わたし、昔から無意識に浄眼っていう力が備わってたみたいなの――さらにキャノシードの影響でそれが進化して、破眼になったらしいのよ」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0417.ogg|
|「でも2人の言う事も一理あるわ。わたし達が戦う事で種は早く成長して、早く発芽するわけでしょ?」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0426.ogg|
|「そうすれば早く試験も終わって…大門一味もこの世界に用がなくなって、いなくなるはずよ」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0427.ogg|
|「とにかく、今は奴らに襲われる人を一人でも減らすために、協力して戦いましょ!」  |prpr_08_06.pp|r06_d2_0429.ogg|
|「雅哉君、朧!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0469.ogg|
|「ええ、妙な気配を感じたから――みちるもね」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0471.ogg|
|「?! 急ぎましょう!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0476.ogg|
|「誰もいない――?! あそこ、結界のつなぎ目!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0478.ogg|
|「だめよ、雅哉君!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0481.ogg|
|「雅哉君! 仕方ないわね――行きましょう、みちる」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0484.ogg|
|「はっ!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0536.ogg|
|「せやっ!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0537.ogg|
|「えいっ!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0538.ogg|
|「まったく、キリがないわね」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0539.ogg|
|「どこかで突破の糸口を見つけないと…」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0541.ogg|
|「本当にしつこいわねぇ、もぉ!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0543.ogg|
|「――みちる、今の見えた?」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0557.ogg|
|「どうやらここが、糸口みたいね――!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0559.ogg|
|「雅哉君、朧! 2人とも無事だったのね」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0571.ogg|
|「がんばりましょう!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0618.ogg|
|「そのキャノシードが発芽したら、私たちはどうなるの?」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0661.ogg|
|「因みにその昇級試験って何回ぐらいやってるの?」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0671.ogg|
|「500年間も――よく諦めないわね」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0676.ogg|
|「一応警戒しておいた方がよさそうね」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0678.ogg|
|「へぇ、そうなの? なんだかすごいわね」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0685.ogg|
|「う~ん、なんていうかこう…ね?」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0694.ogg|
|「――こんな所で不意打ちされるなんて、思わなかったわ!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0722.ogg|
|「わかってるわ!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0724.ogg|
|「?! 危ない!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0727.ogg|
|「今のは?」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0728.ogg|
|「こんなもの!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0731.ogg|
|「距離を詰めるわよ!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0733.ogg|
|「同じ事よ!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0736.ogg|
|「しまっ?! きゃあぁっ!!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0737.ogg|
|「め、目が開かない…」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0738.ogg|
|「みちる! 一体何があったの? ねぇ?」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0846.ogg|
|「な、なに?! 止めてっ…放して!!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0848.ogg|
|「い、いや…やめて――いやぁぁっ!!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0851.ogg|
|「?!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0902.ogg|
|「わかったわ!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0904.ogg|
|「もう、許さないわよ! はぁっ!!!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0908.ogg|
|「死んだの?」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0910.ogg|
|「なら、十分ね」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0912.ogg|
|「ありがとう、あなたのおかげよ」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0914.ogg|
|「まだ、決め付けるのは早いわ」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0937.ogg|
|「通路、閉じる前に壊してみたんだけど…どう?」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0938.ogg|
|「なら、そうさせてもらうわ」|prpr_08_06.pp|r06_d2_0942.ogg|
|「戦況はどうなってるの?」|prpr_08_06.pp|r06_d2_1023.ogg|
|「とりあえず、ここはわたしと美弥子ちゃんで何とかもたせるから――雅哉君は、力の解放を急いで!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_1040.ogg|
|「きゃあぁっ?! な、何…今のは?」|prpr_08_06.pp|r06_d2_1047.ogg|
|「セイラ、みちる!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_1072.ogg|
|「わたしも美弥子ちゃんと同意見よ…――あなたなんかに絶対負けないわ!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_1076.ogg|
|「力の解放、間にあったのね!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_1087.ogg|
|「?! わかったわ!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_1096.ogg|
|「そういうこと!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_1113.ogg|
|「でもすごいわね、あんなに色々な力が使えるなんて」|prpr_08_06.pp|r06_d2_1122.ogg|
|「なんだか、便利なのか不便なわからない力ね」|prpr_08_06.pp|r06_d2_1128.ogg|
|「まさか? これって」|prpr_08_06.pp|r06_d2_1134.ogg|
|「わ、わたし達は…一体、どうなったの?」|prpr_08_06.pp|r06_d2_1154.ogg|
|「わたしも…だわ…」|prpr_08_06.pp|r06_d2_1159.ogg|
|「お、お願い――」|prpr_08_06.pp|r06_d2_1166.ogg|
|「雅哉君、美弥子ちゃん――お待たせ!」|prpr_08_06.pp|r06_d2_1185.ogg|
|「あぁ…彼よ」|prpr_08_06.pp|r06_d2_1188.ogg|
|「人を見かけで判断しちゃダメよ?」|prpr_08_06.pp|r06_d2_1190.ogg|
|「失礼な事いっちゃだめよ――ちゃんと言葉が話せるのよ」|prpr_08_06.pp|r06_d2_1193.ogg|
|「声帯が発達してないから、声がものすごく小さいのよ」|prpr_08_06.pp|r06_d2_1198.ogg|
|「ふんふん――えっと、自分は魔女に紹介されてここに来た…」|prpr_08_06.pp|r06_d2_1199.ogg|
|「あなたちは魔女の弟子でこの地上で修行中だと聞いた…今回のご助力に感謝したい――」|prpr_08_06.pp|r06_d2_1200.ogg|
|「――魔女たちは言っていた…弟子たちの力は使っていないと何かの拍子で暴走する可能性がある…」|prpr_08_06.pp|r06_d2_1203.ogg|
|「――だからこうして、人々の役に立ちつつ、力を使える機会を与えているのだと――」|prpr_08_06.pp|r06_d2_1204.ogg|
|「…因みにそこのあなた――」|prpr_08_06.pp|r06_d2_1207.ogg|
|「えっと――あなたの直接の師匠が言っていた――」|prpr_08_06.pp|r06_d2_1209.ogg|
|「――彼女は、男なのに魔女の資格が欲しいと言って聴かなかったあなたを、誇りに思っていると――」|prpr_08_06.pp|r06_d2_1211.ogg|
|「――男が魔女の資格を取得するは厳しい道だろうが、がんばれって…」|prpr_08_06.pp|r06_d2_1215.ogg|
**セリフタイプC__喘ぎ [#w1159cdd]
**セリフタイプC_喘ぎ [#w1159cdd]
|Voice|Pack|File|h
|感度弱(ゆっくり)|prpr_07_03.pp|fh01_03_r01.wav|
|感度弱(通常)|prpr_07_03.pp|fh01_03_r02.wav|
|感度弱(早い)|prpr_07_03.pp|fh01_03_r03.wav|
|感度中(ゆっくり)|prpr_07_03.pp|fh03_03_r04.wav|
|感度中(通常)|prpr_07_03.pp|fh03_03_r05.wav|
|感度中(早い)|prpr_07_03.pp|fh03_03_r06.wav|
|感度強(ゆっくり)|prpr_07_03.pp|fh05_03_r07.wav|
|感度強(通常)|prpr_07_03.pp|fh05_03_r08.wav|
|感度強(早い)|prpr_07_03.pp|fh05_03_r09.wav|
|ピストン弱(ゆっくり)|prpr_07_03.pp|fh01_03_r10.wav|
|ピストン弱(通常)|prpr_07_03.pp|fh01_03_r11.wav|
|ピストン弱(早い)|prpr_07_03.pp|fh01_03_r12.wav|
|ピストン中(ゆっくり)|prpr_07_03.pp|fh03_03_r13.wav|
|ピストン中(通常)|prpr_07_03.pp|fh03_03_r14.wav|
|ピストン中(早い)|prpr_07_03.pp|fh03_03_r15.wav|
|ピストン強(ゆっくり)|prpr_07_03.pp|fh05_03_r16.wav|
|ピストン強(通常)|prpr_07_03.pp|fh05_03_r17.wav|
|ピストン強(早い)|prpr_07_03.pp|fh05_03_r18.wav|
|ハード弱(ゆっくり)|prpr_07_03.pp|fh01_03_r19.wav|
|ハード弱(通常)|prpr_07_03.pp|fh01_03_r20.wav|
|ハード弱(早い)|prpr_07_03.pp|fh01_03_r21.wav|
|ハード中(ゆっくり)|prpr_07_03.pp|fh03_03_r22.wav|
|ハード中(通常)|prpr_07_03.pp|fh03_03_r23.wav|
|ハード中(早い)|prpr_07_03.pp|fh03_03_r24.wav|
|ハード強(ゆっくり)|prpr_07_03.pp|fh05_03_r25.wav|
|ハード強(通常)|prpr_07_03.pp|fh05_03_r26.wav|
|ハード強(早い)|prpr_07_03.pp|fh05_03_r27.wav|
|キス(ゆっくり)|prpr_07_03.pp|fh06_03_r28.wav|
|キス(通常)|prpr_07_03.pp|fh06_03_r29.wav|
|キス(早い)|prpr_07_03.pp|fh06_03_r30.wav|
|咥え(ゆっくり)|prpr_07_03.pp|fh06_03_r31.wav|
|咥え(通常)|prpr_07_03.pp|fh06_03_r32.wav|
|咥え(早い)|prpr_07_03.pp|fh06_03_r33.wav|
|苦痛(ゆっくり)|prpr_07_03.pp|fh06_03_r34.wav|
|苦痛(通常)|prpr_07_03.pp|fh06_03_r35.wav|
|苦痛(早い)|prpr_07_03.pp|fh06_03_r36.wav|
**セリフタイプC_H台詞 [#x29543ab]
|Voice|Pack|File|h
|たくさん気持ちいいことしましょ|prpr_07_03.pp|fh01_03_s01.wav|
|一緒に楽しみましょう|prpr_07_03.pp|fh01_03_s02.wav|
|気持ちよくしてあげるわ|prpr_07_03.pp|fh01_03_s03.wav|
|私に任せておいて|prpr_07_03.pp|fh01_03_s04.wav|
|ゆっくりしてね|prpr_07_03.pp|fh01_03_s05.wav|
|あんまり激しくしないでね|prpr_07_03.pp|fh01_03_s06.wav|
|あぁ、気持ちいい|prpr_07_03.pp|fh01_03_s07.wav|
|すごく気持ちよくなってきたわ|prpr_07_03.pp|fh01_03_s08.wav|
|楽しいわ|prpr_07_03.pp|fh01_03_s09.wav|
|もっと気持ちよくしてあげる|prpr_07_03.pp|fh01_03_s10.wav|
|たくさん気持ちよくなってね|prpr_07_03.pp|fh01_03_s11.wav|
|どんなことしようかしら?|prpr_07_03.pp|fh01_03_s12.wav|
|激しくしないでね|prpr_07_03.pp|fh01_03_s13.wav|
|最初はゆっくりね|prpr_07_03.pp|fh01_03_s14.wav|
|一緒に気持ちよくなろうね|prpr_07_03.pp|fh01_03_s15.wav|
|(これじゃしゃべれないわ)|prpr_07_03.pp|fh01_03_s16.wav|
|(息が苦しくなっちゃう)|prpr_07_03.pp|fh01_03_s17.wav|
|(くわえたままじゃやりずらいわ)|prpr_07_03.pp|fh01_03_s18.wav|
|あぁん、何も見えないわ|prpr_07_03.pp|fh01_03_s19.wav|
|どきどきしてくるわ|prpr_07_03.pp|fh01_03_s20.wav|
|何だか怖いかも|prpr_07_03.pp|fh01_03_s21.wav|
|ん、あはぁ|prpr_07_03.pp|fh01_03_s22.wav|
|ん、中に、んふぅ|prpr_07_03.pp|fh01_03_s23.wav|
|あ、出てる|prpr_07_03.pp|fh01_03_s24.wav|
|あ、いっちゃった|prpr_07_03.pp|fh01_03_s25.wav|
|はぁ…軽くいっちゃったみたい|prpr_07_03.pp|fh01_03_s26.wav|
|中に出したのね|prpr_07_03.pp|fh01_03_s27.wav|
|いっぱいかかったわね|prpr_07_03.pp|fh01_03_s28.wav|
|言う通りにすればいいんでしょ?|prpr_07_03.pp|fh01_03_d01.wav|
|こんな事、本当はしたくないのに…|prpr_07_03.pp|fh01_03_d02.wav|
|どうして、私がこんな事を…|prpr_07_03.pp|fh01_03_d03.wav|
|冗談じゃないわ、このヘンタイ|prpr_07_03.pp|fh01_03_d04.wav|
|く…こんなの…嫌なのに|prpr_07_03.pp|fh01_03_d05.wav|
|どうして…私がこんなマネを|prpr_07_03.pp|fh01_03_d06.wav|
|いや…もう嫌よ|prpr_07_03.pp|fh01_03_d07.wav|
|もう、もう冗談じゃないわ|prpr_07_03.pp|fh01_03_d08.wav|
|こんな事したくないのに|prpr_07_03.pp|fh01_03_d09.wav|
|やればいいんでしょ|prpr_07_03.pp|fh01_03_d10.wav|
|ふざけないで…最低だわ!|prpr_07_03.pp|fh01_03_d11.wav|
|わかってる、やればいいんでしょ|prpr_07_03.pp|fh01_03_d12.wav|
|何よ、こんなことで|prpr_07_03.pp|fh01_03_d13.wav|
|好きにすればいいでしょ|prpr_07_03.pp|fh01_03_d14.wav|
|勝手にしなさいよ|prpr_07_03.pp|fh01_03_d15.wav|
|(何よ、外しなさいよ)|prpr_07_03.pp|fh01_03_d16.wav|
|(何これ、外して)|prpr_07_03.pp|fh01_03_d17.wav|
|(いや、苦しいわ)|prpr_07_03.pp|fh01_03_d18.wav|
|み、見えないわ、外して|prpr_07_03.pp|fh01_03_d19.wav|
|眼かくしなんかしてどういうつもり?|prpr_07_03.pp|fh01_03_d20.wav|
|外しなさい、この卑怯者!|prpr_07_03.pp|fh01_03_d21.wav|
|い、いやぁ!|prpr_07_03.pp|fh01_03_d22.wav|
|中は、いや!|prpr_07_03.pp|fh01_03_d23.wav|
|う、うそでしょ…中に…|prpr_07_03.pp|fh01_03_d24.wav|
|くぅ…か、かかってる|prpr_07_03.pp|fh01_03_d25.wav|
|冗談じゃないわこんな|prpr_07_03.pp|fh01_03_d26.wav|
|どうして、中にだしたりするの…!|prpr_07_03.pp|fh01_03_d27.wav|
|やだ、ぬるぬるする…|prpr_07_03.pp|fh01_03_d28.wav|
|どんどん気持ちよくなってくるわよ|prpr_07_03.pp|fh02_03_s01.wav|
|ほら楽しみましょう|prpr_07_03.pp|fh02_03_s02.wav|
|こういうの、嫌い?|prpr_07_03.pp|fh02_03_s03.wav|
|これ、悪くないと思うんだけど|prpr_07_03.pp|fh02_03_s04.wav|
|さぁ、早く始めましょ|prpr_07_03.pp|fh02_03_s05.wav|
|大丈夫よ、そのまま来て|prpr_07_03.pp|fh02_03_s06.wav|
|とっても気持ちいいわ|prpr_07_03.pp|fh02_03_s07.wav|
|すごく楽しくなってきたわ|prpr_07_03.pp|fh02_03_s08.wav|
|いいわ、いい気持ちよ|prpr_07_03.pp|fh02_03_s09.wav|
|もっと、気持ちよくしてあげるわ|prpr_07_03.pp|fh02_03_s10.wav|
|もっと喜ばせてあげるわ|prpr_07_03.pp|fh02_03_s11.wav|
|どうやって遊ぼうかしら?|prpr_07_03.pp|fh02_03_s12.wav|
|入れていいわよ|prpr_07_03.pp|fh02_03_s13.wav|
|さぁ、中に入れてみて|prpr_07_03.pp|fh02_03_s14.wav|
|私で気持ちよくなってね|prpr_07_03.pp|fh02_03_s15.wav|
|(息が苦しくなっちゃうわ)|prpr_07_03.pp|fh02_03_s16.wav|
|(口が疲れちゃうわ)|prpr_07_03.pp|fh02_03_s17.wav|
|(うまく話せないわよ)|prpr_07_03.pp|fh02_03_s18.wav|
|やだ、見えないわ|prpr_07_03.pp|fh02_03_s19.wav|
|ねぇ、いまどこ見てるの?|prpr_07_03.pp|fh02_03_s20.wav|
|ちょっと、まるで見えないわ|prpr_07_03.pp|fh02_03_s21.wav|
|んぁ、あぁっ|prpr_07_03.pp|fh02_03_s22.wav|
|あ、中に、きてるぅ|prpr_07_03.pp|fh02_03_s23.wav|
|あら、出てるわね|prpr_07_03.pp|fh02_03_s24.wav|
|あら、いっちゃったわね|prpr_07_03.pp|fh02_03_s25.wav|
|ふぅ…ちょっと、いっちゃったみたい|prpr_07_03.pp|fh02_03_s26.wav|
|熱いのが出たわね|prpr_07_03.pp|fh02_03_s27.wav|
|体にたくさんかかったわ|prpr_07_03.pp|fh02_03_s28.wav|
|こんな事してどうするつもり|prpr_07_03.pp|fh02_03_d01.wav|
|楽しめると思ってるの|prpr_07_03.pp|fh02_03_d02.wav|
|いいわ、好きにしなさい|prpr_07_03.pp|fh02_03_d03.wav|
|好きなだけやってあげるわよ|prpr_07_03.pp|fh02_03_d04.wav|
|勝手にすればいいわ|prpr_07_03.pp|fh02_03_d05.wav|
|何よ、別にどうでもいいわ|prpr_07_03.pp|fh02_03_d06.wav|
|もう、いい加減にして|prpr_07_03.pp|fh02_03_d07.wav|
|まだ続けるつもりなの|prpr_07_03.pp|fh02_03_d08.wav|
|楽しいわけないでしょ|prpr_07_03.pp|fh02_03_d09.wav|
|気持ちよくなんかないわ|prpr_07_03.pp|fh02_03_d10.wav|
|アナタ、本当に最低ね!|prpr_07_03.pp|fh02_03_d11.wav|
|こんなの、もう嫌よ|prpr_07_03.pp|fh02_03_d12.wav|
|好きに、すればいいでしょ|prpr_07_03.pp|fh02_03_d13.wav|
|私にどうしろっていうの?!|prpr_07_03.pp|fh02_03_d14.wav|
|もう、さっさとやればいいわ|prpr_07_03.pp|fh02_03_d15.wav|
|(口が痛いわ)|prpr_07_03.pp|fh02_03_d16.wav|
|(息が苦しい)|prpr_07_03.pp|fh02_03_d17.wav|
|(いやぁ、もう止めて)|prpr_07_03.pp|fh02_03_d18.wav|
|こんな事して、何のつもりなの?|prpr_07_03.pp|fh02_03_d19.wav|
|いいから、もう外して|prpr_07_03.pp|fh02_03_d20.wav|
|何も見えないわよ!|prpr_07_03.pp|fh02_03_d21.wav|
|くぅ、あぁっ!!|prpr_07_03.pp|fh02_03_d22.wav|
|だめぇ、中はぁ…あぁ|prpr_07_03.pp|fh02_03_d23.wav|
|やだ、出てる…|prpr_07_03.pp|fh02_03_d24.wav|
|や、あ、熱い…|prpr_07_03.pp|fh02_03_d25.wav|
|もう…最悪、だわ|prpr_07_03.pp|fh02_03_d26.wav|
|うぅ…どうして中でなんて…|prpr_07_03.pp|fh02_03_d27.wav|
|体がべとべとするわ|prpr_07_03.pp|fh02_03_d28.wav|
|ぁぁ、気持ちいいわ|prpr_07_03.pp|fh03_03_s01.wav|
|もっと、気持ちよくなりましょ|prpr_07_03.pp|fh03_03_s02.wav|
|一杯、遊んであげるわね|prpr_07_03.pp|fh03_03_s03.wav|
|もっと、いじくってあげるわ|prpr_07_03.pp|fh03_03_s04.wav|
|さぁ、入れていいわよ|prpr_07_03.pp|fh03_03_s05.wav|
|来て、入れていいのよ|prpr_07_03.pp|fh03_03_s06.wav|
|さぁ、もっと動いて|prpr_07_03.pp|fh03_03_s07.wav|
|すごく気持ちいいわ|prpr_07_03.pp|fh03_03_s08.wav|
|もっと気持ちよくなりましょ|prpr_07_03.pp|fh03_03_s09.wav|
|私が気持ちよくしてあげるわ|prpr_07_03.pp|fh03_03_s10.wav|
|もっと楽しませてあげるわ|prpr_07_03.pp|fh03_03_s11.wav|
|たっぷり遊んじゃいましょ!|prpr_07_03.pp|fh03_03_s12.wav|
|さぁ、入れて頂戴|prpr_07_03.pp|fh03_03_s13.wav|
|さぁ、中に入れいいのよ|prpr_07_03.pp|fh03_03_s14.wav|
|いっぱい気持ちよくしてね|prpr_07_03.pp|fh03_03_s15.wav|
|(息がしにくいわ)|prpr_07_03.pp|fh03_03_s16.wav|
|(よだれがこぼれてくるわ)|prpr_07_03.pp|fh03_03_s17.wav|
|(舌が、疲れちゃうわ)|prpr_07_03.pp|fh03_03_s18.wav|
|もぉ、何も見えないじゃない!|prpr_07_03.pp|fh03_03_s19.wav|
|ダメよ、どきどきしてきちゃうわ|prpr_07_03.pp|fh03_03_s20.wav|
|だぁめ、まるで見えないわよ|prpr_07_03.pp|fh03_03_s21.wav|
|あふぅっああっ!|prpr_07_03.pp|fh03_03_s22.wav|
|あ、中に、でてるぅっ!!|prpr_07_03.pp|fh03_03_s23.wav|
|中で、出てるわ|prpr_07_03.pp|fh03_03_s24.wav|
|あ、いっちゃったみたいね|prpr_07_03.pp|fh03_03_s25.wav|
|はぁ…やっぱり気持ちいいわね|prpr_07_03.pp|fh03_03_s26.wav|
|おなかの中が、すごく熱いわ|prpr_07_03.pp|fh03_03_s27.wav|
|体がぬるぬるで、やらしい感じよ|prpr_07_03.pp|fh03_03_s28.wav|
|も、もうこんなの嫌よ|prpr_07_03.pp|fh03_03_d01.wav|
|うぅ…もういい加減にして|prpr_07_03.pp|fh03_03_d02.wav|
|もう、終わりにして|prpr_07_03.pp|fh03_03_d03.wav|
|こんなの、もう限界よ|prpr_07_03.pp|fh03_03_d04.wav|
|止めて、もう許して|prpr_07_03.pp|fh03_03_d05.wav|
|もういい加減にして|prpr_07_03.pp|fh03_03_d06.wav|
|いやよ、もう終わりにして|prpr_07_03.pp|fh03_03_d07.wav|
|まだ終わらない気なの?|prpr_07_03.pp|fh03_03_d08.wav|
|無理よ、いい加減にしてよ|prpr_07_03.pp|fh03_03_d09.wav|
|こんなこと…もう嫌よ|prpr_07_03.pp|fh03_03_d10.wav|
|こんなの…もういや…|prpr_07_03.pp|fh03_03_d11.wav|
|この…ヘンタイ…最低だわ|prpr_07_03.pp|fh03_03_d12.wav|
|いや、もう止めて|prpr_07_03.pp|fh03_03_d13.wav|
|こんなの、もう私…|prpr_07_03.pp|fh03_03_d14.wav|
|お願いよ…もう止めて|prpr_07_03.pp|fh03_03_d15.wav|
|(いや、もう外して)|prpr_07_03.pp|fh03_03_d16.wav|
|(息が、息が苦しいの)|prpr_07_03.pp|fh03_03_d17.wav|
|(だめ、もう止めて)|prpr_07_03.pp|fh03_03_d18.wav|
|こんなの…もう嫌なの|prpr_07_03.pp|fh03_03_d19.wav|
|お願い、もう外して|prpr_07_03.pp|fh03_03_d20.wav|
|いや…何も、見えないのよ|prpr_07_03.pp|fh03_03_d21.wav|
|うくぅ、んあぁっ!!|prpr_07_03.pp|fh03_03_d22.wav|
|な、中はぁ…い、いやあぁ!|prpr_07_03.pp|fh03_03_d23.wav|
|うそでしょ、中で…|prpr_07_03.pp|fh03_03_d24.wav|
|体に…かかって…|prpr_07_03.pp|fh03_03_d25.wav|
|もう…こんなの嫌よ|prpr_07_03.pp|fh03_03_d26.wav|
|うぅ…どうしてこんな…うぅ|prpr_07_03.pp|fh03_03_d27.wav|
|もういや…もう十分よ…|prpr_07_03.pp|fh03_03_d28.wav|
|いい、気持ちいいわぁ|prpr_07_03.pp|fh04_03_s01.wav|
|何だか、体が燃えちゃいそうよ|prpr_07_03.pp|fh04_03_s02.wav|
|たっぷり気持ちよくしちゃうわよ|prpr_07_03.pp|fh04_03_s03.wav|
|思いっきり遊んであげるわ|prpr_07_03.pp|fh04_03_s04.wav|
|ねぇ、早く入れて頂戴|prpr_07_03.pp|fh04_03_s05.wav|
|深く、付き込んで頂戴|prpr_07_03.pp|fh04_03_s06.wav|
|いいわ、もっと動かして|prpr_07_03.pp|fh04_03_s07.wav|
|もっと気持ちよくなりましょう|prpr_07_03.pp|fh04_03_s08.wav|
|やっぱり、気持ちいいのがいいわぁ!|prpr_07_03.pp|fh04_03_s09.wav|
|もっと気持ちよくさせて|prpr_07_03.pp|fh04_03_s10.wav|
|もっと楽しんでいいわよ|prpr_07_03.pp|fh04_03_s11.wav|
|さぁ、たっぷり感じていいのよ!|prpr_07_03.pp|fh04_03_s12.wav|
|私に付き込んでいいのよ|prpr_07_03.pp|fh04_03_s13.wav|
|中に、中に入れ頂戴|prpr_07_03.pp|fh04_03_s14.wav|
|さぁ、入れて頂戴!|prpr_07_03.pp|fh04_03_s15.wav|
|(いいわ、よだれが止まらないわ)|prpr_07_03.pp|fh04_03_s16.wav|
|(もっと、気持ちよくなりたい)|prpr_07_03.pp|fh04_03_s17.wav|
|(なんだか、変になりそうよ)|prpr_07_03.pp|fh04_03_s18.wav|
|見えないから、感じちゃうわ|prpr_07_03.pp|fh04_03_s19.wav|
|ダメ、目かくしで気持ちよくなっちゃう|prpr_07_03.pp|fh04_03_s20.wav|
|目かくし、すごく感じちゃうわぁ|prpr_07_03.pp|fh04_03_s21.wav|
|ぁあ…っいくうぅ!|prpr_07_03.pp|fh04_03_s22.wav|
|あ、中に、あぁぁっ!!|prpr_07_03.pp|fh04_03_s23.wav|
|熱いのが、中に|prpr_07_03.pp|fh04_03_s24.wav|
|一杯出してるわねぇ|prpr_07_03.pp|fh04_03_s25.wav|
|はぁ…楽しかったわぁ|prpr_07_03.pp|fh04_03_s26.wav|
|おなかの中、熱くて気持ちいいわ|prpr_07_03.pp|fh04_03_s27.wav|
|もっと体にかけまくって頂戴!|prpr_07_03.pp|fh04_03_s28.wav|
|もう許して!|prpr_07_03.pp|fh04_03_d01.wav|
|いや、もういやなの|prpr_07_03.pp|fh04_03_d02.wav|
|これで、終わりにして|prpr_07_03.pp|fh04_03_d03.wav|
|いや、もう許して|prpr_07_03.pp|fh04_03_d04.wav|
|止めて、もういや|prpr_07_03.pp|fh04_03_d05.wav|
|もう、もう止めて|prpr_07_03.pp|fh04_03_d06.wav|
|お願い、もう止めて|prpr_07_03.pp|fh04_03_d07.wav|
|ねぇ、もう終わりにして|prpr_07_03.pp|fh04_03_d08.wav|
|もういや、いい加減にして|prpr_07_03.pp|fh04_03_d09.wav|
|こんなの…もう無理よ|prpr_07_03.pp|fh04_03_d10.wav|
|…もういや…こんな事|prpr_07_03.pp|fh04_03_d11.wav|
|もう…続けたくない|prpr_07_03.pp|fh04_03_d12.wav|
|これで、もう終わりにして|prpr_07_03.pp|fh04_03_d13.wav|
|お願い、もう入れないで…|prpr_07_03.pp|fh04_03_d14.wav|
|お願いよ…もうだめ…|prpr_07_03.pp|fh04_03_d15.wav|
|(苦しい、もういや)|prpr_07_03.pp|fh04_03_d16.wav|
|(お願い、もうおかしくなっちゃう)|prpr_07_03.pp|fh04_03_d17.wav|
|(もうやめて…こんなの)|prpr_07_03.pp|fh04_03_d18.wav|
|いやぁ…もうおかしくなるく|prpr_07_03.pp|fh04_03_d19.wav|
|お願い、もう止めてぇ|prpr_07_03.pp|fh04_03_d20.wav|
|やめてぇ…もう、許してぇ|prpr_07_03.pp|fh04_03_d21.wav|
|あぅ、んはあぁっ!!|prpr_07_03.pp|fh04_03_d22.wav|
|いや、中はいやあぁ!|prpr_07_03.pp|fh04_03_d23.wav|
|中は…いやなのに|prpr_07_03.pp|fh04_03_d24.wav|
|精液が…熱い|prpr_07_03.pp|fh04_03_d25.wav|
|もう…許してよ|prpr_07_03.pp|fh04_03_d26.wav|
|どうして…こんな事…うぅ|prpr_07_03.pp|fh04_03_d27.wav|
|もういや…もうたくさんだわ…|prpr_07_03.pp|fh04_03_d28.wav|
|いいのぉ、もっと気持ちよくしてぇ!|prpr_07_03.pp|fh05_03_s01.wav|
|もっとぉ、気持ちよくなりたいのぉ|prpr_07_03.pp|fh05_03_s02.wav|
|ウフフ、たっぷり遊んであげるぅ|prpr_07_03.pp|fh05_03_s03.wav|
|いいわぁ、いっぱいいじってあげるわぁ|prpr_07_03.pp|fh05_03_s04.wav|
|お願い、奥までねじこんでぇ!|prpr_07_03.pp|fh05_03_s05.wav|
|いっぱい付き込んでちょうだぁい!|prpr_07_03.pp|fh05_03_s06.wav|
|いい、気持ちいい|prpr_07_03.pp|fh05_03_s07.wav|
|もう、おかしくなっちゃいそうよぉ|prpr_07_03.pp|fh05_03_s08.wav|
|ものすごく楽しいわぁ|prpr_07_03.pp|fh05_03_s09.wav|
|もっと気持ちよくしてあげるわぁ|prpr_07_03.pp|fh05_03_s10.wav|
|もっとやってあげるわよぉ|prpr_07_03.pp|fh05_03_s11.wav|
|私に任せておいてねぇ!|prpr_07_03.pp|fh05_03_s12.wav|
|奥までねじ込んでぇ!|prpr_07_03.pp|fh05_03_s13.wav|
|いっぱい付き込んでちょうだぁい|prpr_07_03.pp|fh05_03_s14.wav|
|いいのぉ、深く突き刺してぇ!|prpr_07_03.pp|fh05_03_s15.wav|
|(気持ちよすぎてしゃべれないわぁ)|prpr_07_03.pp|fh05_03_s16.wav|
|(よだれが、止まらなくなっちゃう)|prpr_07_03.pp|fh05_03_s17.wav|
|(気持ちよくておかしくなりそうよぉ)|prpr_07_03.pp|fh05_03_s18.wav|
|いいわぁ、目隠しきもちいいわぁ|prpr_07_03.pp|fh05_03_s19.wav|
|体が敏感になってくるわぁ|prpr_07_03.pp|fh05_03_s20.wav|
|このままもっと気持ちよくしてぇ!!|prpr_07_03.pp|fh05_03_s21.wav|
|い、いくううううぅぅっ!!|prpr_07_03.pp|fh05_03_s22.wav|
|中にぃ、い、いいいぃぃ!!|prpr_07_03.pp|fh05_03_s23.wav|
|あは…っでてるぅ|prpr_07_03.pp|fh05_03_s24.wav|
|あぁん、もったいなぁい|prpr_07_03.pp|fh05_03_s25.wav|
|はぁ…いい、もっといきたいわぁ|prpr_07_03.pp|fh05_03_s26.wav|
|もっと中に注ぎ込んで欲しいのぉ|prpr_07_03.pp|fh05_03_s27.wav|
|もっといっぱい、体にだしてぇ!|prpr_07_03.pp|fh05_03_s28.wav|
|いやぁ…もうゆ、ゆるして|prpr_07_03.pp|fh05_03_d01.wav|
|私…もう、む、無理よぉ|prpr_07_03.pp|fh05_03_d02.wav|
|いやぁ…っもうできない|prpr_07_03.pp|fh05_03_d03.wav|
|お願いよぉ、もうゆるしてぇ|prpr_07_03.pp|fh05_03_d04.wav|
|だめぇ、もうだめぇ|prpr_07_03.pp|fh05_03_d05.wav|
|やぁ…もうこわれちゃうからぁ|prpr_07_03.pp|fh05_03_d06.wav|
|あふ…もういやぁ|prpr_07_03.pp|fh05_03_d07.wav|
|だめぇ、たすけてぇ|prpr_07_03.pp|fh05_03_d08.wav|
|許して、もうゆるしてぇ|prpr_07_03.pp|fh05_03_d09.wav|
|いやぁ…もうやりたく、ない|prpr_07_03.pp|fh05_03_d10.wav|
|これ以上は…もういや|prpr_07_03.pp|fh05_03_d11.wav|
|いや…もう、いやぁ|prpr_07_03.pp|fh05_03_d12.wav|
|お願い、もう止めてぇ|prpr_07_03.pp|fh05_03_d13.wav|
|こんなのぉもういやぁ|prpr_07_03.pp|fh05_03_d14.wav|
|うぅ…もう入れないでぇ|prpr_07_03.pp|fh05_03_d15.wav|
|(頭がおかしくなっちゃう)|prpr_07_03.pp|fh05_03_d16.wav|
|(何も考えられない)|prpr_07_03.pp|fh05_03_d17.wav|
|(私ぃ…もうダメかも…)|prpr_07_03.pp|fh05_03_d18.wav|
|いやぁ、もうゆるしてぇ|prpr_07_03.pp|fh05_03_d19.wav|
|おねがいよぅ、もうやめてぇ|prpr_07_03.pp|fh05_03_d20.wav|
|許して、もういやぁ…|prpr_07_03.pp|fh05_03_d21.wav|
|い、いやああぁぁっ!|prpr_07_03.pp|fh05_03_d22.wav|
|な、中は、いやああぁぁっ!!|prpr_07_03.pp|fh05_03_d23.wav|
|いやぁ、中に出てる|prpr_07_03.pp|fh05_03_d24.wav|
|だ、出してる…|prpr_07_03.pp|fh05_03_d25.wav|
|はぁ…もう、だめ…これ以上はぁ|prpr_07_03.pp|fh05_03_d26.wav|
|いやぁ…もぉ止めてぇ|prpr_07_03.pp|fh05_03_d27.wav|
|も、もうべたべたになりたくない…|prpr_07_03.pp|fh05_03_d28.wav|
|いや、放して|prpr_07_03.pp|fh01_03_h01.wav|
|止めて、いい加減にして|prpr_07_03.pp|fh01_03_h02.wav|
|い、痛いもう止めて|prpr_07_03.pp|fh01_03_h03.wav|
|だめ、もう放して|prpr_07_03.pp|fh01_03_h04.wav|
|いや、そんな、ダメよ|prpr_07_03.pp|fh01_03_h05.wav|
|止めて、やめてってばl!|prpr_07_03.pp|fh01_03_h06.wav|
|ダメよ! いい加減にして!|prpr_07_03.pp|fh01_03_h07.wav|
|嫌だったら、放して!|prpr_07_03.pp|fh01_03_h08.wav|
|もう、いい加減にして!|prpr_07_03.pp|fh01_03_h09.wav|
|いや、放して|prpr_07_03.pp|fh01_03_h10.wav|
|もう止めなさいってば!|prpr_07_03.pp|fh01_03_h11.wav|
|いい加減にしないと怒るわよ!|prpr_07_03.pp|fh01_03_h12.wav|
|いや! もう止めなさい!|prpr_07_03.pp|fh01_03_h13.wav|
|こんなコトしていいいと思ってるの?!|prpr_07_03.pp|fh01_03_h14.wav|
|いい加減に放して!|prpr_07_03.pp|fh01_03_h15.wav|
|いや、もうやめて!|prpr_07_03.pp|fh01_03_h16.wav|
|(だめ、もう止めて)|prpr_07_03.pp|fh01_03_h17.wav|
|(絶対にゆるさないわよ!)|prpr_07_03.pp|fh01_03_h18.wav|
|(こんな事してただじゃすまないわよ)|prpr_07_03.pp|fh01_03_h19.wav|
|何よこれ、外して、外しなさい|prpr_07_03.pp|fh01_03_h20.wav|
|いや、外しなさいってば|prpr_07_03.pp|fh01_03_h21.wav|
|こんなの、絶対に許さないわよ!|prpr_07_03.pp|fh01_03_h22.wav|
|あぐぅ…はぁ!|prpr_07_03.pp|fh01_03_h23.wav|
|い、いやぁ|prpr_07_03.pp|fh01_03_h24.wav|
|や、やめぇっ|prpr_07_03.pp|fh01_03_h25.wav|
|だめ! 出さないで|prpr_07_03.pp|fh01_03_h26.wav|
|そんな所に…!|prpr_07_03.pp|fh01_03_h27.wav|
|くっ…絶対に許さないわよ!|prpr_07_03.pp|fh01_03_h28.wav|
|こんなマネしてただじゃすまないから|prpr_07_03.pp|fh01_03_h29.wav|
|中に…出すなんて、最悪だわ|prpr_07_03.pp|fh01_03_h30.wav|
|こんなの、絶対に許さないわよ|prpr_07_03.pp|fh01_03_h31.wav|
|も、もういい加減にして!|prpr_07_03.pp|fh01_03_h32.wav|
|絶対、絶対許さないわ!|prpr_07_03.pp|fh01_03_h33.wav|
|い、いや、もう触らないで|prpr_07_03.pp|fh02_03_h01.wav|
|だめ、もう止めて|prpr_07_03.pp|fh02_03_h02.wav|
|いや、こんなのいやぁ|prpr_07_03.pp|fh02_03_h03.wav|
|くぅ…絶対ゆるさないぃ|prpr_07_03.pp|fh02_03_h04.wav|
|いやぁ…だめだってば|prpr_07_03.pp|fh02_03_h05.wav|
|やめて…止めなさい!|prpr_07_03.pp|fh02_03_h06.wav|
|いや、いやぁ!|prpr_07_03.pp|fh02_03_h07.wav|
|だめ、そこはやめてぇ!|prpr_07_03.pp|fh02_03_h08.wav|
|も、もうやめて|prpr_07_03.pp|fh02_03_h09.wav|
|お願い、もう放して|prpr_07_03.pp|fh02_03_h10.wav|
|止めて、もうやめてぇ|prpr_07_03.pp|fh02_03_h11.wav|
|いやぁ…もういやよぉ!|prpr_07_03.pp|fh02_03_h12.wav|
|だめぇ、もう入れないでぇ|prpr_07_03.pp|fh02_03_h13.wav|
|いやぁ、放して!|prpr_07_03.pp|fh02_03_h14.wav|
|も、もう、いい加減に…して|prpr_07_03.pp|fh02_03_h15.wav|
|こんな…もう…ぜったい|prpr_07_03.pp|fh02_03_h16.wav|
|(もういや…もうやめて)|prpr_07_03.pp|fh02_03_h17.wav|
|(放して、もうはなしてぇ)|prpr_07_03.pp|fh02_03_h18.wav|
|(お願いもうやめてぇ!)|prpr_07_03.pp|fh02_03_h19.wav|
|私、も、もう壊れちゃう|prpr_07_03.pp|fh02_03_h20.wav|
|もうだめぇ…お願いゆるしてぇ!|prpr_07_03.pp|fh02_03_h21.wav|
|い、いやぁ、もいやよぉ!!|prpr_07_03.pp|fh02_03_h22.wav|
|ひ、ひあああぁぁっ!|prpr_07_03.pp|fh02_03_h23.wav|
|い、いやあぁぁぁっ!|prpr_07_03.pp|fh02_03_h24.wav|
|中は…いやああぁぁっ!|prpr_07_03.pp|fh02_03_h25.wav|
|止めてぇ…中は止めてぇ|prpr_07_03.pp|fh02_03_h26.wav|
|いやぁ…もういやぁ|prpr_07_03.pp|fh02_03_h27.wav|
|うぅ…こんなの…絶対ゆるさない|prpr_07_03.pp|fh02_03_h28.wav|
|私は…絶対に…負けないから|prpr_07_03.pp|fh02_03_h29.wav|
|くぅ…中が…熱い|prpr_07_03.pp|fh02_03_h30.wav|
|いやぁ…こんなの、いやぁ|prpr_07_03.pp|fh02_03_h31.wav|
|うぅ…誰か…|prpr_07_03.pp|fh02_03_h32.wav|
|このままじゃ…わ、私|prpr_07_03.pp|fh02_03_h33.wav|
|いやぁ…もうだめぇ|prpr_07_03.pp|fh03_03_h01.wav|
|いやなのぉ、もういやぁ|prpr_07_03.pp|fh03_03_h02.wav|
|やめてぁえ、もうやめてぇ|prpr_07_03.pp|fh03_03_h03.wav|
|私ぃ…もうおかしくなっちゃうぅ|prpr_07_03.pp|fh03_03_h04.wav|
|いやぁ…もう入れないでぇ|prpr_07_03.pp|fh03_03_h05.wav|
|痛いのぉ…もういやぁ|prpr_07_03.pp|fh03_03_h06.wav|
|いやぁ…もういやなのぉ|prpr_07_03.pp|fh03_03_h07.wav|
|放してぇ…お願いよぉ…|prpr_07_03.pp|fh03_03_h08.wav|
|止めてぇ…もうやめてぇ|prpr_07_03.pp|fh03_03_h09.wav|
|いやぁ、もう許してぇ|prpr_07_03.pp|fh03_03_h10.wav|
|お願いよぉ…もうはなしてぇ|prpr_07_03.pp|fh03_03_h11.wav|
|もうだめぇ…もうだめなのぉ|prpr_07_03.pp|fh03_03_h12.wav|
|いやぁ…もう入れないでぇ|prpr_07_03.pp|fh03_03_h13.wav|
|もう、お、おかしくおかしくなっちゃうぅ|prpr_07_03.pp|fh03_03_h14.wav|
|私ぃ…壊れちゃうぅ|prpr_07_03.pp|fh03_03_h15.wav|
|いやぁ、もうこわれるのぉ…|prpr_07_03.pp|fh03_03_h16.wav|
|(私ぃ…もうだめぇ)|prpr_07_03.pp|fh03_03_h17.wav|
|(いやぁ…もうゆるしてぇ)|prpr_07_03.pp|fh03_03_h18.wav|
|(いやぁ…もう、だめぇ!)|prpr_07_03.pp|fh03_03_h19.wav|
|い、いい…気持ちいい…あはぁ|prpr_07_03.pp|fh03_03_h20.wav|
|くはぁ…いく、またいっちゃうのぉ|prpr_07_03.pp|fh03_03_h21.wav|
|だめぇ…もうだめぇ…あぁ|prpr_07_03.pp|fh03_03_h22.wav|
|いくぅいっちゃうぅっ!|prpr_07_03.pp|fh03_03_h23.wav|
|い、いくううううぅぅっ!|prpr_07_03.pp|fh03_03_h24.wav|
|ひあぁ、あああぁぁっ!!|prpr_07_03.pp|fh03_03_h25.wav|
|せーえきぃ…でてるう|prpr_07_03.pp|fh03_03_h26.wav|
|せいえきぃ、あふれてるう|prpr_07_03.pp|fh03_03_h27.wav|
|はふぅ…も、もうだ、めぇ|prpr_07_03.pp|fh03_03_h28.wav|
|私ぃ…もうしんじゃうぅ|prpr_07_03.pp|fh03_03_h29.wav|
|あぁ…おなかのなか、いっぱいよぉ|prpr_07_03.pp|fh03_03_h30.wav|
|もう…精液で一杯なのぉ|prpr_07_03.pp|fh03_03_h31.wav|
|あはぁ…精液でべとべとよぉ|prpr_07_03.pp|fh03_03_h32.wav|
|精液一杯あびてるののぉ|prpr_07_03.pp|fh03_03_h33.wav|
**セリフタイプD_台詞 [#k0969dff]
|Voice|Pack|File|h
|「おぉ? 珍しい客が来たじゃねぇか」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0079.ogg|
|「久しぶりだな二人とも。相変わらず仲良しみたいじゃん」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0082.ogg|
|「何照れてんだよ、むかつくな――っつか、こんな時間にこの店来るなんて珍しいじゃん?」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0085.ogg|
|「マジで? 大丈夫なのか美弥子?」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0087.ogg|
|「なんだとぉ! そんなもんまともにメシ食ってねえからだよ! アタシがおごってやっからジジィのカレー食ってけ、な!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0089.ogg|
|「いいんだよ、こちとらまっとうな社会人なんだ。後輩にカレーの一杯や二杯おごるくらいの金は持ってるてんだよ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0091.ogg|
|「ほら、じゃねぇよ! つか、ジジィも黙ってろ。こっちはこっちで大事な話してんだよ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0094.ogg|
|「あとカレー3つな」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0098.ogg|
|「チッ! くそジジィめ。 ――んで、なんの話してたっけ?」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0100.ogg|
|「お? さすが美弥子、鋭いな。その通り、ようやく仕事にありつけたんだよ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0103.ogg|
|「これだよ、これ――」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0105.ogg|
|「まぁ、まだまだぺーぺーのパシリみたいなもんだけどさ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0108.ogg|
|「ん、まぁな。――そうだ、お前らにも聞いとくよ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0110.ogg|
|「この先の公園の事で、妙なうわさが流れてるって知ってるか?」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0112.ogg|
|「それもある。でもそれも実はうわさレベルでな。実際に暴行事件があったかどうかは分かってないらしい」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0114.ogg|
|「しかもうわさになってるのは暴行事件だけじゃない。失踪事件だったり、殺人まであったんじゃないかってうわさがあるんだけど…どれも実際に起こったかどうかまるでわかってないんだよ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0116.ogg|
|「で、お前らもそういうの聞いた事ないかなと思ってさ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0119.ogg|
|「体験した? どういうことだ、ちょ、詳しく聞かせろ!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0121.ogg|
|「――今の話、全部本当なんだな?」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0124.ogg|
|「何か証拠みたいなのはないのか? よくあるだろ? 夢の中でなんか握り締めたのを、目が覚めても握っててさ、夢じゃなかったんだぁ――っとかいうヤツ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0128.ogg|
|「なるほどな。死に掛けて、変な女に助けられて、目が覚めたら傷が消えてるって…お前から聞いたんじゃなきゃ、夢見てんじゃねぇってぶっ飛ばしてるとこだよ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0130.ogg|
|「なんだ? 妖怪か?」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0134.ogg|
|「天女ねぇ…だったら羽衣の一つや二つ残していってくれればよかったのにな」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0138.ogg|
|「なるほど。それならアタシも付き合ってやるよ。ただし今日はもうだめだ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0142.ogg|
|「夢だったかどうかは別として、お前が倒れたのは本当なんだろ。だったら今日はいったん帰って休んだ方がいい。公園は明日また調べに行こうぜ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0144.ogg|
|「わかった。それじゃアタシは一足先に公園で待ってるから。お前らは学校終わったらすぐ向かってくれ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0147.ogg|
|「おぉ、ジジィ。カレーまだか?」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0150.ogg|
|「マジか! だったら早く帰った方がいいぞ。コーヒー代もアタシがツケにしといてやっから」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0153.ogg|
|「ちなみにアタシのカレーはおごりじゃないのか?」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0160.ogg|
|「ケッ、クソジジィ。まぁいいや、とりあえず公園行ってこよ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0162.ogg|
|「そりゃアイツらの話さ。アタシは別にいつ行ったて問題ねぇよ――それに」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0164.ogg|
|「多分――やつらが絡んでるかも知れねぇから…」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0166.ogg|
|「護身用ってか。まともに使えるんだろうな?」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0168.ogg|
|「――しかし、本当の天女がいるんだったら、一度お目にかかりてぇもんだぜ…」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0171.ogg|
|「さぁて、羽衣はどこかなぁ…――!?」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0172.ogg|
|「あった…やっぱり空間位相がずれてる――」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0173.ogg|
|「おいおい…急に現れやがって――ったく、しょうがねぇなぁ…」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0175.ogg|
|「屍人形か?! ――やっぱり、前とおんなじだなんだなぁ…」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0178.ogg|
|「へぇ…! ちょっとは性能上がってんのか? やるな、ジジィめ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0180.ogg|
|「ご期待に添えなくて悪いが、ただの人間だよ――他との違いがあるとすれば、てめえらのことを、前から知ってるってだけだ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0182.ogg|
|「やっぱり使ってきたな――だったら、こっちも全開で行くぜ!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0184.ogg|
|「小娘じゃねぇよ!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0186.ogg|
|「くそぉ…負荷がきっつい…」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0187.ogg|
|「うるせえよ――このハゲっ!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0189.ogg|
|「くそぉ…はぁ…体が…はぁ…重くなってきた」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0190.ogg|
|「はぁ…まずいな…やっぱ全開だと…すぐに電池が切れっちまう――しかも、反動が…でけぇ…」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0192.ogg|
|「しまっ――?!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0194.ogg|
|「ぐほぉ…! お、ぅお…」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0196.ogg|
|「…ぐ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0198.ogg|
|「く…くそったれがぁ…」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0200.ogg|
|「?! て、てめぇ何をっ――!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0202.ogg|
|「――ち、チクショウ…」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0203.ogg|
|「い、いい加減にしろ、この…――ん?!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0205.ogg|
|「アタシが知るかよ!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0207.ogg|
|「ふぅ~…助かったぜ、ありがとよ――にしても、アンタ誰だ?」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0210.ogg|
|「?! ちょっと待て! アンタ、何でアタシを助けたんだよ?!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0212.ogg|
|「消えた?! あいつ…一体なんだ――?」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0214.ogg|
|「わりぃわりぃ――実はさ、夕べ近くまで用があったんでついでの寄っちゃったんだよ、公園に――」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0217.ogg|
|「それがさぁ――結構遅くまで見回ったんだけど…結局なぁーんにも出てこなかったよ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0219.ogg|
|「何度行っても、どうせ無駄足だろ? だったら、もう行かなくて良いってこった」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0221.ogg|
|「良いんだよっ! あそこには行かなくて――今日はもう、すぐ帰れ――」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0223.ogg|
|「待てぇっ!! 雅哉ぁ!!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0259.ogg|
|「やっぱり…ダメだったか」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0261.ogg|
|「だぁ…止まれ、このバカ!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0276.ogg|
|「…頼む、効いてくれぇ…――」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0278.ogg|
|「はぁ…な、何とか…やったか…」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0280.ogg|
|「はぁ…待ってくれ…後で、話す…はぁ…とりあえず、こいつ…運ぶぞ…――」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0283.ogg|
|「おう…体の具合どうだ?」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0290.ogg|
|「記憶がないのはいつからだ?」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0292.ogg|
|「やっぱりそうか…」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0294.ogg|
|「――雅哉、それから美弥子…これからお前らに大事な事を話す。とりあえず最後まで聞いてくれ、いいな」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0295.ogg|
|「アタシとここのジジィは、あの男の正体を前から知ってる――」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0298.ogg|
|「奴は混沌核っていう力を植え付けられた元人間なんだ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0299.ogg|
|「――で、その混沌核を植え付けた張本人が…お前を助けた刹羅って言う奴なのさ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0300.ogg|
|「お前に聞いたのと、前にみことに聞いたのとで様子が違ったんで、まさかとは思ったんだけど…でも、さっきの男を見て確信した――」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0305.ogg|
|「再び、刹羅がこの街にやって来たんだ――混沌核をばら撒きにな…」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0306.ogg|
|「今わかってるのは――あいつが時々人間と接触しちゃ、そいつに混沌核を植え付けて力を与えてるって事ぐらいさ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0309.ogg|
|「あと、混沌核保持者――アタシらはホルダーって呼んでるけど――そのホルダー同士は何故か互いに憎しみ合うように作られてるらしいんだ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0310.ogg|
|「んで、敵となる他のホルダーを見つけたら“殺したい”って衝動に支配されて――欲望のままに戦って、力を使う事に酔いしれるんだとさ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0311.ogg|
|「ちなみに、ホルダーが力を使うには他人から精力…まぁ、生命エネルギーみたいなもんかな――そいつを吸収する必要があるんだ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0315.ogg|
|「やり方は色々あるとは思うんだが…一番手っ取り早いのは――襲って奪う事、だろうな」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0316.ogg|
|「でも、みことはちょっと変わっててな…あいつ元々病弱な上に体が不自由だったんだ――」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0319.ogg|
|「だからホルダーになっても、戦闘の衝動はほとんどなかったし、手に入れた力も弱かった」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0320.ogg|
|「ただ本能に流れ込んでくる意識から、混沌核と刹羅の事も色々知る事ができるって言ってたけどな…――」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0321.ogg|
|「その春樹ってのが…アタシの兄貴なのさ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0328.ogg|
|「まぁ、本人は満足して逝ったみたいだし、それはそれでいいんだけどさ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0331.ogg|
|「でもな――結局最後まで生き残ったのに、みことは死んじまった。だから、至高の力の正体は分からずじまいなのさ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0332.ogg|
|「だからアタシとジジィは2人で協力して――再びこの町でホルダーが暴れ始めたときのために、こつこつ準備してたのさ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0335.ogg|
|「それで、婦女暴行だ、行方不明だなんだって、怪しい気配がするぞって思ってた矢先に…――お前らが巻き込まれちまったってわけだ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0336.ogg|
|「あぁ――多分、間違いねぇ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0338.ogg|
|「あれは違う…ただ覚醒したばっかりで寝ぼけてたようなもんさ――暴走は…あんなもんじゃすまない」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0350.ogg|
|「だから、お前はなるべく戦闘を避けて、衝動を抑え続けるんだ…もし暴走したら――アタシ等まで、お前と戦わなきゃならないハメになる」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0355.ogg|
|「さぁな、わかんねぇよ――でも、完全に暴走したホルダーを止める方法は一つしかねぇ――息の根を止める――それだけだ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0357.ogg|
|「当たり前だ、ばかやろう! 貸すに決まってんだろ!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0365.ogg|
|「雅哉っ!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0451.ogg|
|「学校の近くで張ってたからな…結構前から見てたよ――」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0453.ogg|
|「変身に限らねぇよ――衝動を爆発させて、混沌核の持つ力を発現させた状態を暴走って呼んでるんだ――まさにさっきのお前の状態だよ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0455.ogg|
|「お前の理性がぶっ飛んで…あたりかまわず襲うようになったら、そうなるかも知れねぇな――」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0457.ogg|
|「はは…あはははは…そっか、そうだよな! 悪りぃ、余計なことしちゃったな、昨日はさ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0463.ogg|
|「アタシもジジィもどうかしてた。お前、雅哉だもんな…最初から、信じてなきゃおかしかったのさ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0465.ogg|
|「今度はこっちから頼むよ…アタシらに、その力貸してくれ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0467.ogg|
|「よしゃ、それじゃとりあえず…襲われてた子を保健室に運ぶとするか!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0469.ogg|
|「邪魔するぞ! 洋子、準備できてるか?」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0477.ogg|
|「そのねえちゃんは兄貴と同期でな…前の混沌核の時も、ちょっと関わってる」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0483.ogg|
|「ありがと、期待してるぜ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0486.ogg|
|「どうした?」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0489.ogg|
|「多分な…で、何とかならねぇのか?」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0494.ogg|
|「あぁ…確かに――みことはそうやって、兄貴に自分の精気を分けて与えてたらしい」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0502.ogg|
|「そんなんで、うまくいくのか?」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0504.ogg|
|「本気だよ――精気のやり取りなら、それが確実だろうな」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0512.ogg|
|「前、兄貴が戦いで傷ついたのを癒してたのは…みことの精気だったんだ――その時どうやってたなんて、いちいち言わなくてもわかるだろうが?」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0516.ogg|
|「言っとくが、おまえ自身も命を削ることになる――役得だななんて調子に乗ると、痛い目にあうぞ? いいな」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0521.ogg|
|「しっかり頼むぞ――いいか、中の糸を追い払うくらいでいいんだからな」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0526.ogg|
|「どうした! なんの音だ?」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0533.ogg|
|「そうか、よくやったな、ご苦労さん」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0537.ogg|
|「よぉし、お前ら――続きは家でやれ、な!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0551.ogg|
|「気をつけて帰るのよ…ふらつく様なら、早めに休憩入れなさいね」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0557.ogg|
|「じゃあな、なんかあったら、すぐ連絡入れよぉ――」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0560.ogg|
|「行ったか――んじゃ、アタシも帰るとすっか――…あ、そうだ、一応これ渡しとくよ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0561.ogg|
|「通信機。お互い居場所もわかるし、持っててくれたら助かる」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0563.ogg|
|「んで、あんたはこの後どうするんだ?」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0565.ogg|
|「そっか――んじゃ、よろしく頼む」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0567.ogg|
|「さぁ…でもあいつバカだったから、みこと以外の精気じゃ回復しなかったかもな…」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0570.ogg|
|「おぉ、今どこだ?」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0668.ogg|
|「あぁ…――それと関わってるかどうかわかんねぇけど…とりあえずホルダーの気配が見つかった――場所は公園だ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0670.ogg|
|「因みに洋子との待ち合わせ場所にはまだ着いてない…ジジィに遅れるって連絡するよう頼んどいてくれ!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0672.ogg|
|「あぁもぉ――忙しいったらないぜ、まったくよぉ!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0674.ogg|
|「早かったな? おいおい、後ろ?」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0676.ogg|
|「どうして美弥子まで?」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0679.ogg|
|「大丈夫なのか?」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0681.ogg|
|「わかったよ――なら、お前もこれ着けとけ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0684.ogg|
|「簡易的なバリアも使える…でも使いこなすには体力いるから、あんま無茶すんなよ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0685.ogg|
|「位相編成集積回路つって、空間の表面に残ったゆがみがあれしてな…――」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0688.ogg|
|「まぁなんだ――とにかくこのめがね使えば、混沌核の力が使われた形跡が目に映るっていうシロモノなんだけど」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0689.ogg|
|「兄貴とみことの合作をジジィが改良したんだ…――でも、形跡が見えるだけだから、居場所を探すのは雅哉のレーダーの方が正確だよ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0691.ogg|
|「よっしゃ、行くぜっ!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0694.ogg|
|「ひとまず安心だが――どっちにしろ助けねぇとな!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0697.ogg|
|「なるほど、召喚型か…」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0704.ogg|
|「暴走――ってか混沌核の力の解放には、自分が変身して力を振るうタイプと、力の象徴を召喚して戦うタイプの2種類あるんだ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0706.ogg|
|「了解!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0712.ogg|
|「あらよっと!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0713.ogg|
|「オラオラオラァ!!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0714.ogg|
|「ま、ざっとこんなもんだな」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0716.ogg|
|「おっと、まだいるのかよ――しつけぇなぁ!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0717.ogg|
|「さすがに…大したもんだな」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0727.ogg|
|「おいおい、冗談じゃねぇぞ!?」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0733.ogg|
|「やらせるかってぇの!!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0739.ogg|
|「今だ、雅哉!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0743.ogg|
|「よくやったぜ! さぁ、てめえら…もう召喚するエネルギーもねぇだろ?」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0747.ogg|
|「ん、待てよ?!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0753.ogg|
|「歪んで見えるのは…――」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0754.ogg|
|「チッ! まんまと嵌められたな」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0755.ogg|
|「あのデカブツは、お前を消耗させるためのおとりだったのさ――本当に召喚された力の象徴は――あの舌ったらずの方だったんだよ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0757.ogg|
|「こいつは――かなりピンチだぞ、おい」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0763.ogg|
|「なるほど!? だったらアタシも!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0773.ogg|
|「んふぅぅ~――」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0775.ogg|
|「ぶはあぁぁ…ふぃぃ~――こんなもんかなぁ…どうだ?! アタシの清らかな精気の味は…!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0777.ogg|
|「なんだよ、それじゃもう一回やっとくか?」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0780.ogg|
|「任せとけぇ!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0785.ogg|
|「い~やっ――終わりだねっ!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0789.ogg|
|「ぐわぁっ!!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0791.ogg|
|「いいタイミングだったな?」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0796.ogg|
|「さぁて…もう観念するんだな」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0799.ogg|
|「止めを刺すんだよ――言っただろ、息の根を止めない限り…こいつらはまた同じ事を繰り返すんだよ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0801.ogg|
|「――だぁ、もぉ!! お前らな、こいつ生かしといて後でなんかあったらどうすんだ――」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0805.ogg|
|「おい、雅哉…? 大丈夫か、おい!!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0812.ogg|
|「ヤバイな…みことの時計が外れて…リミッターが――」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0814.ogg|
|「うわっああっ!!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0822.ogg|
|「美弥子、大丈夫か!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0823.ogg|
|「良かった――でも…雅哉の奴何とかしないと…」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0825.ogg|
|「多分な…でも近づくのはあぶ――?!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0827.ogg|
|「バカ! 戻れ、美弥子!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0828.ogg|
|「――ここ押せばいいんだよ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0836.ogg|
|「ったくよぉ…無茶苦茶すぎだよ、お前は――」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0838.ogg|
|「よっしゃ、着けてやれ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0839.ogg|
|「美弥子、スイッチ入れてやれ!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0843.ogg|
|「おい、しっかりしろ!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0851.ogg|
|「あんた――この間アタシを助けてくれた?」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0854.ogg|
|「?! いつの間に」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0856.ogg|
|「あ、あぁ――わかった」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0859.ogg|
|「ったく…似た様な事何度も繰り返しやがって――」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0864.ogg|
|「刹羅の――関係者だとさ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0873.ogg|
|「雅哉…あれは、事故だ――お前の所為じゃない」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0888.ogg|
|「どの道、アタシがとどめ刺すつもりだったしな…」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0890.ogg|
|「なら、あんたは一体なんなんだ? なんで刹羅を止めようとしてるんだ?」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0897.ogg|
|「なら、一つだけ教えてくれ! なんであの時、アタシを助けてくれたんだよ!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0902.ogg|
|「約束って、一体なんだ…?」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0905.ogg|
|「かわってくれ! 洋子、アタシだ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0908.ogg|
|「ま、なんとかな…で、そっちは? とりあえずすぐ向かうから」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0910.ogg|
|「マジか? わかった、そこでちょっと待ってろ!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0912.ogg|
|「ジジィ、アタシ出るぞ!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0913.ogg|
|「お前はもうしばらく休んでから来い! んじゃ、行って来るぜ!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0916.ogg|
|「災厄だかなんだか知らねぇけど――こっちだって好き勝手やられてるつもりはねぇんだよっ!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0917.ogg|
|「洋子っ! 待たせた…?! いない?」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0918.ogg|
|「これは、洋子の? まさか…クソォ、遅かったか!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0919.ogg|
|「見えた! こっちか――」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0920.ogg|
|「見つけたぞ、このやろう!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0921.ogg|
|「ジジィ! ホルダーを見つけた――洋子はそいつに捕まってる! 場所は――」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0923.ogg|
|「!? しまっ――うわぁっ!!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0924.ogg|
|「やべぇ…息が…がはぁ…」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0925.ogg|
|「…ん――?! うわぁ! な、何だよこれ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0947.ogg|
|「てめぇ…放しやがれ、この野郎!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0949.ogg|
|「ヤバい…――濡れて、使えなくなってる?!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0950.ogg|
|「くそ…?! よ、よせ…やめろおぉぉっ!!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0952.ogg|
|「はぁ…くはぁ…ち、ちく…しょ…はぁ…――」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0953.ogg|
|「よ…洋子…?! ちくしょおぉ! いい加減しろよ、このイカ野郎!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0955.ogg|
|「よし!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0957.ogg|
|「洋子! 大丈夫か、おい――?!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0958.ogg|
|「ぐあぁっ!!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0959.ogg|
|「くっ!!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0962.ogg|
|「あ、あのバイク…兄貴の…」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0966.ogg|
|「アタシはいい…先に、洋子を――」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0968.ogg|
|「――雅哉、お前それ乗れたのかぁ…――ヘヘ、かっこいいじゃねぇか、ちくしょう…」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0970.ogg|
|「いや、まだだ!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0981.ogg|
|「どうやら――ジジィの奴、整備さぼってなかったようだな」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0997.ogg|
|「まぁ、なんとかな…――洋子の方は?」|prpr_08_05.pp|r05_d3_0999.ogg|
|「そっか、良かった……さぁて、仕上げと行きますか」|prpr_08_05.pp|r05_d3_1001.ogg|
|「はぁ…おまえなぁ、この期に及んでまだ――」|prpr_08_05.pp|r05_d3_1003.ogg|
|「そうか、わかった」|prpr_08_05.pp|r05_d3_1005.ogg|
|「洋子?! 気が付いたのか!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_1018.ogg|
|「そうだ! 飛鳥の方はどうなったんだ?」|prpr_08_05.pp|r05_d3_1021.ogg|
|「それじゃ、飛鳥も?」|prpr_08_05.pp|r05_d3_1026.ogg|
|「悪りぃが先行っててくれ、アタシは洋子を安全な場所に運んでから行くからよ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_1030.ogg|
|「頼んだぞ、おまえらぁ!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_1040.ogg|
|「はぁ~ぁ…なんかうらやましいよなぁ…」|prpr_08_05.pp|r05_d3_1042.ogg|
|「え? いや、ダメだ…そこまで落ちたくねぇや――」|prpr_08_05.pp|r05_d3_1044.ogg|
|「雅哉、美弥子!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_1112.ogg|
|「ジジィの店においてきた。奴がスケベ心出さない限り大丈夫だろ――で、終わったのか?」|prpr_08_05.pp|r05_d3_1115.ogg|
|「あぁ…ご苦労さん――んじゃ、飛鳥つれて帰るか?」|prpr_08_05.pp|r05_d3_1117.ogg|
|「――なら、これはどうだぁっ!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_1136.ogg|
|「き、効いて、ねぇのか?」|prpr_08_05.pp|r05_d3_1137.ogg|
|「な?!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_1139.ogg|
|「覚えててくれたのかよ? 光栄だねぇ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_1141.ogg|
|「てめぇの所為で――えっらい迷惑してっからだよっ!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_1143.ogg|
|「うるせぇ!! こいつの所為で、兄貴とみことは…ちくしょおおぉぉ!!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_1145.ogg|
|「?!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_1147.ogg|
|「ぐあああぁぁっ!!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_1148.ogg|
|「み…美弥、子――」|prpr_08_05.pp|r05_d3_1174.ogg|
|「結局――天女を天に返す羽衣は、雅哉がずっと持ってた事か…」|prpr_08_05.pp|r05_d3_1202.ogg|
|「え? 雅哉…おい大丈夫か?」|prpr_08_05.pp|r05_d3_1203.ogg|
|「ま、マジかよ?! おい、雅哉、雅哉起きろ!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_1205.ogg|
|「もう一週間だぜ? いい加減くっついてんだろ?」|prpr_08_05.pp|r05_d3_1212.ogg|
|「いぎぃ?! ば、バカ…触るな」|prpr_08_05.pp|r05_d3_1214.ogg|
|「バカやろう! 今のは不意打ちされただけだ! 大体、お前の方こそ死に掛けてたクセしやがって――」|prpr_08_05.pp|r05_d3_1216.ogg|
|「なるほど…それでアタシを助けた理由が…約束したからだったってわけか」|prpr_08_05.pp|r05_d3_1225.ogg|
|「ついでに――兄貴の方にもちょっと顔出しといてやろうかなぁ」|prpr_08_05.pp|r05_d3_1231.ogg|
|「よし、そうと決まれば、腹いっぱい食って、さっさとアバラくっつけないとなぁ――おいジジィ、カレーおかわり!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_1234.ogg|
|「なんだよ! イテ!? アテテッ…」|prpr_08_05.pp|r05_d3_1236.ogg|
|「ちくしょう…アタシの災厄はまだ終わらねぇってのかよぉ――なぁ、雅哉ぁ?」|prpr_08_05.pp|r05_d3_1238.ogg|
|「お前のキスで治ったりしねぇのか?」|prpr_08_05.pp|r05_d3_1240.ogg|
|「い~や、わかんねぇぞぉ…おいこのやろう! てめぇの唇よこせぇ!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_1243.ogg|
|「待てこの…い、イデデ…イッテェよぉ!!」|prpr_08_05.pp|r05_d3_1246.ogg|
**セリフタイプD__喘ぎ [#i71e4889]
**セリフタイプD_喘ぎ [#i71e4889]
|Voice|Pack|File|h
|感度弱(ゆっくり)|prpr_07_04.pp|fh01_04_r01.wav|
|感度弱(通常)|prpr_07_04.pp|fh01_04_r02.wav|
|感度弱(早い)|prpr_07_04.pp|fh01_04_r03.wav|
|感度中(ゆっくり)|prpr_07_04.pp|fh03_04_r04.wav|
|感度中(通常)|prpr_07_04.pp|fh03_04_r05.wav|
|感度中(早い)|prpr_07_04.pp|fh03_04_r06.wav|
|感度強(ゆっくり)|prpr_07_04.pp|fh05_04_r07.wav|
|感度強(通常)|prpr_07_04.pp|fh05_04_r08.wav|
|感度強(早い)|prpr_07_04.pp|fh05_04_r09.wav|
|ピストン弱(ゆっくり)|prpr_07_04.pp|fh01_04_r10.wav|
|ピストン弱(通常)|prpr_07_04.pp|fh01_04_r11.wav|
|ピストン弱(早い)|prpr_07_04.pp|fh01_04_r12.wav|
|ピストン中(ゆっくり)|prpr_07_04.pp|fh03_04_r13.wav|
|ピストン中(通常)|prpr_07_04.pp|fh03_04_r14.wav|
|ピストン中(早い)|prpr_07_04.pp|fh03_04_r15.wav|
|ピストン強(ゆっくり)|prpr_07_04.pp|fh05_04_r16.wav|
|ピストン強(通常)|prpr_07_04.pp|fh05_04_r17.wav|
|ピストン強(早い)|prpr_07_04.pp|fh05_04_r18.wav|
|ハード弱(ゆっくり)|prpr_07_04.pp|fh01_04_r19.wav|
|ハード弱(通常)|prpr_07_04.pp|fh01_04_r20.wav|
|ハード弱(早い)|prpr_07_04.pp|fh01_04_r21.wav|
|ハード中(ゆっくり)|prpr_07_04.pp|fh03_04_r22.wav|
|ハード中(通常)|prpr_07_04.pp|fh03_04_r23.wav|
|ハード中(早い)|prpr_07_04.pp|fh03_04_r24.wav|
|ハード強(ゆっくり)|prpr_07_04.pp|fh05_04_r25.wav|
|ハード強(通常)|prpr_07_04.pp|fh05_04_r26.wav|
|ハード強(早い)|prpr_07_04.pp|fh05_04_r27.wav|
|キス(ゆっくり)|prpr_07_04.pp|fh06_04_r28.wav|
|キス(通常)|prpr_07_04.pp|fh06_04_r29.wav|
|キス(早い)|prpr_07_04.pp|fh06_04_r30.wav|
|咥え(ゆっくり)|prpr_07_04.pp|fh06_04_r31.wav|
|咥え(通常)|prpr_07_04.pp|fh06_04_r32.wav|
|咥え(早い)|prpr_07_04.pp|fh06_04_r33.wav|
|苦痛(ゆっくり)|prpr_07_04.pp|fh06_04_r34.wav|
|苦痛(通常)|prpr_07_04.pp|fh06_04_r35.wav|
|苦痛(早い)|prpr_07_04.pp|fh06_04_r36.wav|
**セリフタイプD_H台詞 [#w3277790]
|Voice|Pack|File|h
|さぁて、取りあえず楽しむとするか|prpr_07_04.pp|fh01_04_s01.wav|
|んじゃまぁ、なにをするんだ?|prpr_07_04.pp|fh01_04_s02.wav|
|よしアタシがやってやるよ|prpr_07_04.pp|fh01_04_s03.wav|
|それじゃ、アタシに任しときな|prpr_07_04.pp|fh01_04_s04.wav|
|あんまきつく動くなよ|prpr_07_04.pp|fh01_04_s05.wav|
|激しいのはまだ早いぞ|prpr_07_04.pp|fh01_04_s06.wav|
|ンフフ、気持ちいいな|prpr_07_04.pp|fh01_04_s07.wav|
|よしよし、悪くないぞ|prpr_07_04.pp|fh01_04_s08.wav|
|なかなか楽しいじゃねぇか|prpr_07_04.pp|fh01_04_s09.wav|
|よっしゃ、もっと気持ちよくしてやるからな|prpr_07_04.pp|fh01_04_s10.wav|
|アタシがやってやる|prpr_07_04.pp|fh01_04_s11.wav|
|もっと、いじりまくってやるぞ|prpr_07_04.pp|fh01_04_s12.wav|
|まずはソフトに行こうぜ|prpr_07_04.pp|fh01_04_s13.wav|
|最初はゆっくりでいいからな|prpr_07_04.pp|fh01_04_s14.wav|
|一緒に楽しもうぜ|prpr_07_04.pp|fh01_04_s15.wav|
|(口がとじれねぇな)|prpr_07_04.pp|fh01_04_s16.wav|
|(このままでいいのかよ)|prpr_07_04.pp|fh01_04_s17.wav|
|(よだれが、溢れてくる)|prpr_07_04.pp|fh01_04_s18.wav|
|おぉい? 何も見えねぇぞぉ?|prpr_07_04.pp|fh01_04_s19.wav|
|ちょっと待て、なにすんだよ?|prpr_07_04.pp|fh01_04_s20.wav|
|真っ暗でなんも見えんぞ|prpr_07_04.pp|fh01_04_s21.wav|
|ん、あはぁ!|prpr_07_04.pp|fh01_04_s22.wav|
|ん、中に、でるぅ!|prpr_07_04.pp|fh01_04_s23.wav|
|うわ、出てるじゃねえか|prpr_07_04.pp|fh01_04_s24.wav|
|どこに出してるんだよ、お前は|prpr_07_04.pp|fh01_04_s25.wav|
|まぁ、悪くなかったな|prpr_07_04.pp|fh01_04_s26.wav|
|なんで中で出すんだよ…まぁいいけど|prpr_07_04.pp|fh01_04_s27.wav|
|気持ちよかったかぁ?|prpr_07_04.pp|fh01_04_s28.wav|
|ふざけんな、この卑怯者!|prpr_07_04.pp|fh01_04_d01.wav|
|なんでアタシがこんなことしなきゃ…!|prpr_07_04.pp|fh01_04_d02.wav|
|この卑怯者、いい加減しろ!|prpr_07_04.pp|fh01_04_d03.wav|
|てめぇ、後でぶっ殺してやる|prpr_07_04.pp|fh01_04_d04.wav|
|くそぉ…ふざけやがって|prpr_07_04.pp|fh01_04_d05.wav|
|いいか、後で覚えとけよ!|prpr_07_04.pp|fh01_04_d06.wav|
|くそやろう…いい加減にしろ!|prpr_07_04.pp|fh01_04_d07.wav|
|さわんな、ばか!|prpr_07_04.pp|fh01_04_d08.wav|
|止めろ、このヘンタイ!|prpr_07_04.pp|fh01_04_d09.wav|
|絶対後でぶっ殺すからな|prpr_07_04.pp|fh01_04_d10.wav|
|何考えてんだよ、このヘンタイやろぉ!|prpr_07_04.pp|fh01_04_d11.wav|
|いい加減にしろ、このボケ!|prpr_07_04.pp|fh01_04_d12.wav|
|ふざけんな! 止めろ、このヘンタイ!|prpr_07_04.pp|fh01_04_d13.wav|
|てめえ、絶対ゆるさねえからな!|prpr_07_04.pp|fh01_04_d14.wav|
|止めろっていってんだろ!|prpr_07_04.pp|fh01_04_d15.wav|
|(ふざけんな、はずせこのバカ)|prpr_07_04.pp|fh01_04_d16.wav|
|(やめろ、痛いんだよ!)|prpr_07_04.pp|fh01_04_d17.wav|
|(ばか、息がくるしいんだよ!)|prpr_07_04.pp|fh01_04_d18.wav|
|何すんだよ、見えねえじゃねえか!|prpr_07_04.pp|fh01_04_d19.wav|
|なんのつもりだよ、眼かくしなんか!|prpr_07_04.pp|fh01_04_d20.wav|
|外せよ、このヘンタイ!|prpr_07_04.pp|fh01_04_d21.wav|
|んぅ、んはぁっ!|prpr_07_04.pp|fh01_04_d22.wav|
|中は、やめぇぇっ!|prpr_07_04.pp|fh01_04_d23.wav|
|どこに出してんだよ…このバカ|prpr_07_04.pp|fh01_04_d24.wav|
|やめろ…このヘンタイ!|prpr_07_04.pp|fh01_04_d25.wav|
|ふざけやがって…何考えてんだよ!|prpr_07_04.pp|fh01_04_d26.wav|
|最悪だ…ぜってぇゆるさねえからな!!|prpr_07_04.pp|fh01_04_d27.wav|
|いい加減にしろ、このバカ!|prpr_07_04.pp|fh01_04_d28.wav|
|それじゃあもっと遊ぼうぜぇ!|prpr_07_04.pp|fh02_04_s01.wav|
|さぁ、もっと続けようぜ!|prpr_07_04.pp|fh02_04_s02.wav|
|アタシがいじってやるからな|prpr_07_04.pp|fh02_04_s03.wav|
|それじゃアタシからやらせてもらうぞね!|prpr_07_04.pp|fh02_04_s04.wav|
|なぁ、来ていいぞ|prpr_07_04.pp|fh02_04_s05.wav|
|大丈夫、こっちに来ていいぞ|prpr_07_04.pp|fh02_04_s06.wav|
|すっごく楽しくなってきた|prpr_07_04.pp|fh02_04_s07.wav|
|よし、いい感じだぞ|prpr_07_04.pp|fh02_04_s08.wav|
|もっと動かしていいからな|prpr_07_04.pp|fh02_04_s09.wav|
|もっと、気持ちよくしてやるぜ|prpr_07_04.pp|fh02_04_s10.wav|
|たっぷり遊んでやるからな|prpr_07_04.pp|fh02_04_s11.wav|
|さぁ、想いっきりいじってやるぜ!|prpr_07_04.pp|fh02_04_s12.wav|
|入れていいぞ!|prpr_07_04.pp|fh02_04_s13.wav|
|もっと動いていいからな|prpr_07_04.pp|fh02_04_s14.wav|
|アタシと、気持ちよくなろうぜ!|prpr_07_04.pp|fh02_04_s15.wav|
|(やっぱ呼吸しにくい)|prpr_07_04.pp|fh02_04_s16.wav|
|(外した方がいいじゃねぇの?)|prpr_07_04.pp|fh02_04_s17.wav|
|(よだればっか出てくるし)|prpr_07_04.pp|fh02_04_s18.wav|
|なんか、目隠しが…不思議な感覚だな|prpr_07_04.pp|fh02_04_s19.wav|
|真っ暗で何も見えないけど、おもしろい|prpr_07_04.pp|fh02_04_s20.wav|
|なんだか、どきどきしてきたぞ|prpr_07_04.pp|fh02_04_s21.wav|
|あぁ、んはあぁっ!|prpr_07_04.pp|fh02_04_s22.wav|
|あ、中で、あふぅっ!|prpr_07_04.pp|fh02_04_s23.wav|
|精液、出してるな?|prpr_07_04.pp|fh02_04_s24.wav|
|体にかかっちゃったぞ|prpr_07_04.pp|fh02_04_s25.wav|
|ふぅ…気持ちよかったぁ|prpr_07_04.pp|fh02_04_s26.wav|
|いやいや、結構腹一杯だな|prpr_07_04.pp|fh02_04_s27.wav|
|体にかかってぬるぬるするよ|prpr_07_04.pp|fh02_04_s28.wav|
|いつまでやってんだよ、このやろう|prpr_07_04.pp|fh02_04_d01.wav|
|いい加減にしろよ、この卑怯者!|prpr_07_04.pp|fh02_04_d02.wav|
|てめえ、いい加減にしろよ!|prpr_07_04.pp|fh02_04_d03.wav|
|いつまでこんなことやらせるつもりだよ!|prpr_07_04.pp|fh02_04_d04.wav|
|ふざけんじゃねぇぞ、このばか!|prpr_07_04.pp|fh02_04_d05.wav|
|いいから、さっさと終わらせろよ!|prpr_07_04.pp|fh02_04_d06.wav|
|いい加減にしろ、ちくしょう!|prpr_07_04.pp|fh02_04_d07.wav|
|まだ続けるのかよ、この…|prpr_07_04.pp|fh02_04_d08.wav|
|触るな、ヘンタイやろう!|prpr_07_04.pp|fh02_04_d09.wav|
|ふざけたこと言ってんじゃねぇよ!|prpr_07_04.pp|fh02_04_d10.wav|
|くそったれ、このやろぉ!!|prpr_07_04.pp|fh02_04_d11.wav|
|いい加減にしろ!|prpr_07_04.pp|fh02_04_d12.wav|
|いいから、さっさとやれよ!|prpr_07_04.pp|fh02_04_d13.wav|
|好きにしろ、このやろう|prpr_07_04.pp|fh02_04_d14.wav|
|いいからさっさと終わらせろ、この卑怯者!|prpr_07_04.pp|fh02_04_d15.wav|
|(こんなの、何の意味があるんだよ)|prpr_07_04.pp|fh02_04_d16.wav|
|(息が苦しいつうの)|prpr_07_04.pp|fh02_04_d17.wav|
|(くそぉ、さっさと終わらせてくれぇ)|prpr_07_04.pp|fh02_04_d18.wav|
|外せよ、こんばか!|prpr_07_04.pp|fh02_04_d19.wav|
|いいかげんに外せ!|prpr_07_04.pp|fh02_04_d20.wav|
|いいから早く外せよ!こんなもん|prpr_07_04.pp|fh02_04_d21.wav|
|んはぁ、あはぁぁっ!!|prpr_07_04.pp|fh02_04_d22.wav|
|やめぇ、中はぁ…あぁぁっ!|prpr_07_04.pp|fh02_04_d23.wav|
|なんで中に出すんだよ、この…!|prpr_07_04.pp|fh02_04_d24.wav|
|好き勝手かけるな! バカ…!|prpr_07_04.pp|fh02_04_d25.wav|
|てめぇ…ぜってぇぶっ殺してやる!|prpr_07_04.pp|fh02_04_d26.wav|
|絶対に…絶対にゆるさねぇからな!|prpr_07_04.pp|fh02_04_d27.wav|
|こんなんで、勝った気になるなよなぁ!|prpr_07_04.pp|fh02_04_d28.wav|
|もっと気持ちよくなってきたぞぉ|prpr_07_04.pp|fh03_04_s01.wav|
|もっと感じていこうぜ!|prpr_07_04.pp|fh03_04_s02.wav|
|たっぷり喜ばせてやるからな!|prpr_07_04.pp|fh03_04_s03.wav|
|いじりまくってやるからな|prpr_07_04.pp|fh03_04_s04.wav|
|さぁ、入れていいぞ|prpr_07_04.pp|fh03_04_s05.wav|
|よぉし、突っ込んでいいぞ|prpr_07_04.pp|fh03_04_s06.wav|
|ん、気持ちいいなぁ|prpr_07_04.pp|fh03_04_s07.wav|
|なんか、たのしくなってきた|prpr_07_04.pp|fh03_04_s08.wav|
|もっと遊ぼうぜ|prpr_07_04.pp|fh03_04_s09.wav|
|次はアタシがやってやるからな|prpr_07_04.pp|fh03_04_s10.wav|
|よし、アタシにもやらせろ!|prpr_07_04.pp|fh03_04_s11.wav|
|最高に気持ちよくしてやるぞ!|prpr_07_04.pp|fh03_04_s12.wav|
|ん、入れていいぞ|prpr_07_04.pp|fh03_04_s13.wav|
|奥まで突っ込んでいいからな|prpr_07_04.pp|fh03_04_s14.wav|
|もっと好きに動いていいぞ!|prpr_07_04.pp|fh03_04_s15.wav|
|(しゃべりにくいなぁ、もう)|prpr_07_04.pp|fh03_04_s16.wav|
|(だめだ、よだれが止まらない)|prpr_07_04.pp|fh03_04_s17.wav|
|(口が疲れてくるなぁ)|prpr_07_04.pp|fh03_04_s18.wav|
|うわぁ…なんか敏感になった気がする|prpr_07_04.pp|fh03_04_s19.wav|
|なんだかたのしくなって来たぞ|prpr_07_04.pp|fh03_04_s20.wav|
|目隠しって、たのしいなぁ!|prpr_07_04.pp|fh03_04_s21.wav|
|あふぅっ…いくうぅぅっ!|prpr_07_04.pp|fh03_04_s22.wav|
|中でぇ、い、いくぅぅっ!!|prpr_07_04.pp|fh03_04_s23.wav|
|中で出してるな|prpr_07_04.pp|fh03_04_s24.wav|
|射精してるなぁ|prpr_07_04.pp|fh03_04_s25.wav|
|いやぁ…かなり満足してきたなぁ|prpr_07_04.pp|fh03_04_s26.wav|
|精液で腹いっぱいになっちまったじゃねぇか|prpr_07_04.pp|fh03_04_s27.wav|
|体中乾いてばりばり言いそうだな…|prpr_07_04.pp|fh03_04_s28.wav|
|いい加減にしろ! 触るな|prpr_07_04.pp|fh03_04_d01.wav|
|やめろっていってんだろ、ばかやろう|prpr_07_04.pp|fh03_04_d02.wav|
|くそ、さっさと終わりにしてくれ|prpr_07_04.pp|fh03_04_d03.wav|
|いい加減にしろ!|prpr_07_04.pp|fh03_04_d04.wav|
|もう止めろ、このヘンタイ|prpr_07_04.pp|fh03_04_d05.wav|
|止めろっていってんだろ、このバカ!|prpr_07_04.pp|fh03_04_d06.wav|
|くそ、はやく終われよ!|prpr_07_04.pp|fh03_04_d07.wav|
|まだやるのかよ!|prpr_07_04.pp|fh03_04_d08.wav|
|いつまでやる気だよ!|prpr_07_04.pp|fh03_04_d09.wav|
|いいから、さっさと終わらせろよ|prpr_07_04.pp|fh03_04_d10.wav|
|ちくしょう…ふざけんな、こんな、もん|prpr_07_04.pp|fh03_04_d11.wav|
|いい加減にしろよ…このヘンタイ|prpr_07_04.pp|fh03_04_d12.wav|
|いや、もう止めろっていってんだろ|prpr_07_04.pp|fh03_04_d13.wav|
|さっさと離れろよ!|prpr_07_04.pp|fh03_04_d14.wav|
|畜生…いい加減にしろ!|prpr_07_04.pp|fh03_04_d15.wav|
|(いや、もういやだ)|prpr_07_04.pp|fh03_04_d16.wav|
|(くそ、呼吸が、しづらい)|prpr_07_04.pp|fh03_04_d17.wav|
|(もう止めてくれ、こんなもん!)|prpr_07_04.pp|fh03_04_d18.wav|
|いい加減に外せよ、この!|prpr_07_04.pp|fh03_04_d19.wav|
|こんなもん、どうするつもりだよ!|prpr_07_04.pp|fh03_04_d20.wav|
|こんな目隠し、さっさと外せよ!|prpr_07_04.pp|fh03_04_d21.wav|
|あはぁ、んはあぁっ!!|prpr_07_04.pp|fh03_04_d22.wav|
|やめ、ぁ…んはあぁっ!|prpr_07_04.pp|fh03_04_d23.wav|
|だから中で…だすんじゃねぇ!|prpr_07_04.pp|fh03_04_d24.wav|
|そんな所に引っ掛けるな、この…!|prpr_07_04.pp|fh03_04_d25.wav|
|ちくしょう…いい加減しろ…このヘンタイ|prpr_07_04.pp|fh03_04_d26.wav|
|ふざけやがて、何でてめえの精液なんか…|prpr_07_04.pp|fh03_04_d27.wav|
|もういいいから…さっさと終わりにしろよ…|prpr_07_04.pp|fh03_04_d28.wav|
|はぁ、気持ちよくなってきたぁ|prpr_07_04.pp|fh04_04_s01.wav|
|想いっきり楽しもうぜ!|prpr_07_04.pp|fh04_04_s02.wav|
|アタシが気持ちよくしてやるぞ|prpr_07_04.pp|fh04_04_s03.wav|
|アタシがばっちりしごきまくってやるからな|prpr_07_04.pp|fh04_04_s04.wav|
|なぁ、入れてくれよ|prpr_07_04.pp|fh04_04_s05.wav|
|思いっきり、奥まで付き込んでくれ|prpr_07_04.pp|fh04_04_s06.wav|
|あ、すげえ気持ちいい|prpr_07_04.pp|fh04_04_s07.wav|
|すげえいい感じだぜ|prpr_07_04.pp|fh04_04_s08.wav|
|もっと色々しようぜ|prpr_07_04.pp|fh04_04_s09.wav|
|もっといろいろしてやるからな|prpr_07_04.pp|fh04_04_s10.wav|
|たっぷり楽しませてやるぞ!|prpr_07_04.pp|fh04_04_s11.wav|
|無茶苦茶、感じさせてやるぜ!|prpr_07_04.pp|fh04_04_s12.wav|
|なぁ、アタシ中にぶちこんでくれよ!|prpr_07_04.pp|fh04_04_s13.wav|
|アタシの中を、ぐちゃぐちゃかき回してくれぇ!|prpr_07_04.pp|fh04_04_s14.wav|
|いいから、そのまま突っ込めぇ!|prpr_07_04.pp|fh04_04_s15.wav|
|(だめだな、よだれが垂れまくりだぜ)|prpr_07_04.pp|fh04_04_s16.wav|
|(あぁ…気持ちよくって、なんも考えられん)|prpr_07_04.pp|fh04_04_s17.wav|
|(なぁ、もっと気持ちよくしてくれぇ!)|prpr_07_04.pp|fh04_04_s18.wav|
|目隠しって、きもちいいんだなぁ|prpr_07_04.pp|fh04_04_s19.wav|
|目隠し…たのしいなぁ|prpr_07_04.pp|fh04_04_s20.wav|
|もっともっと気持ちよくなろうぜ!|prpr_07_04.pp|fh04_04_s21.wav|
|んはぁあ…い、いっくうぅ!|prpr_07_04.pp|fh04_04_s22.wav|
|あ、中ぁ、あはあぁぁっ!!|prpr_07_04.pp|fh04_04_s23.wav|
|中が…熱い|prpr_07_04.pp|fh04_04_s24.wav|
|すげえ、結構出てるぞ…|prpr_07_04.pp|fh04_04_s25.wav|
|あはぁ…むちゃくちゃ気持ちよかったぁ|prpr_07_04.pp|fh04_04_s26.wav|
|精液が、熱いってのがよくわかるな|prpr_07_04.pp|fh04_04_s27.wav|
|次も好きなところにかけていいからな!|prpr_07_04.pp|fh04_04_s28.wav|
|止めぇ、もうやめろぉ!|prpr_07_04.pp|fh04_04_d01.wav|
|くはぁ…やめ、本当にやめろぉ|prpr_07_04.pp|fh04_04_d02.wav|
|頼むからもうこれで、終わりにしろぉ|prpr_07_04.pp|fh04_04_d03.wav|
|もう止めろ、もうやめてくれぇ|prpr_07_04.pp|fh04_04_d04.wav|
|たのむから、もうやめてくれぇ|prpr_07_04.pp|fh04_04_d05.wav|
|止めろぉ、もう入れるなぁ!|prpr_07_04.pp|fh04_04_d06.wav|
|やめろ、やめてくれよぉ|prpr_07_04.pp|fh04_04_d07.wav|
|もう終わりにしてくれぇ|prpr_07_04.pp|fh04_04_d08.wav|
|頼むから、もう、やめろぉ…|prpr_07_04.pp|fh04_04_d09.wav|
|くそ…畜生|prpr_07_04.pp|fh04_04_d10.wav|
|…もういやだ…これで終わりにしてくれぇ|prpr_07_04.pp|fh04_04_d11.wav|
|ダメだ…体が、おかしくなる|prpr_07_04.pp|fh04_04_d12.wav|
|もうこれ以上は、やめてくれぇ…|prpr_07_04.pp|fh04_04_d13.wav|
|た、頼むから、もうやめてぇ…|prpr_07_04.pp|fh04_04_d14.wav|
|止めろ…もう入れないでくれ…|prpr_07_04.pp|fh04_04_d15.wav|
|(く、苦しい、もういやだぁ)|prpr_07_04.pp|fh04_04_d16.wav|
|(もうだめだ、体が、もたない)|prpr_07_04.pp|fh04_04_d17.wav|
|(もう…止めてくれ…頼むから)|prpr_07_04.pp|fh04_04_d18.wav|
|止めてくれ…頼むから、もうやめて|prpr_07_04.pp|fh04_04_d19.wav|
|ちくしょう…たのむから…もう止めてくれ|prpr_07_04.pp|fh04_04_d20.wav|
|やめろ…もう、やめろよぉ|prpr_07_04.pp|fh04_04_d21.wav|
|んはぁあ、い、いくくぅぅっ!!|prpr_07_04.pp|fh04_04_d22.wav|
|やぁ、中はぁ、んはぁあっ!|prpr_07_04.pp|fh04_04_d23.wav|
|中に…だすなよぉ|prpr_07_04.pp|fh04_04_d24.wav|
|もうやめてくれぇ…ちくしょう|prpr_07_04.pp|fh04_04_d25.wav|
|くそぉ…もう…やめて、くれよぉ…|prpr_07_04.pp|fh04_04_d26.wav|
|もう本当に…やめてくれぇ…|prpr_07_04.pp|fh04_04_d27.wav|
|もう…許して…くれ…|prpr_07_04.pp|fh04_04_d28.wav|
|気持ちいいぃ、もっとやってくれぇ!|prpr_07_04.pp|fh05_04_s01.wav|
|いいぞぉ、お前の好きにしろぉ!|prpr_07_04.pp|fh05_04_s02.wav|
|今度はこっちがやtってやるぞォ!|prpr_07_04.pp|fh05_04_s03.wav|
|無茶苦茶いじくりまわしてやるからな!|prpr_07_04.pp|fh05_04_s04.wav|
|いっぱい、奥まで突きこんでくれぇ!|prpr_07_04.pp|fh05_04_s05.wav|
|中を、ぐちょぐちょにかきまわしてくれよぉ!|prpr_07_04.pp|fh05_04_s06.wav|
|最高にきもちいい|prpr_07_04.pp|fh05_04_s07.wav|
|はぁ、すっげぇ楽しい|prpr_07_04.pp|fh05_04_s08.wav|
|あはは、面白れぇなぁ!|prpr_07_04.pp|fh05_04_s09.wav|
|よっしゃ、もっと気持ちよくしてやるからなぁ!|prpr_07_04.pp|fh05_04_s10.wav|
|アタシの技を堪能させてやろう!|prpr_07_04.pp|fh05_04_s11.wav|
|アタシにももっといじらせてくれぇ!|prpr_07_04.pp|fh05_04_s12.wav|
|中をぐちゅぐちゅにしてくれぇ!|prpr_07_04.pp|fh05_04_s13.wav|
|お前のそれ、ズボズボ突っ込んでくれぇ!|prpr_07_04.pp|fh05_04_s14.wav|
|よぉし、そのまま、思い切り突きこんくれぇ!|prpr_07_04.pp|fh05_04_s15.wav|
|(あぁ、頭の中とろけて来ちゃった)|prpr_07_04.pp|fh05_04_s16.wav|
|(今こぼれてるのは涎なのか脳みそなのか…)|prpr_07_04.pp|fh05_04_s17.wav|
|(あぁ…気持ちよくってもうどうでもいいか)|prpr_07_04.pp|fh05_04_s18.wav|
|目隠しって、すっごく楽しいなぁ|prpr_07_04.pp|fh05_04_s19.wav|
|目隠しって、最高だわぁ!|prpr_07_04.pp|fh05_04_s20.wav|
|このまま、もっと気持ちよくなりたいのぉ!!|prpr_07_04.pp|fh05_04_s21.wav|
|い、いっくうううぅぅっ!!|prpr_07_04.pp|fh05_04_s22.wav|
|中でぇ、んはあぁぁっ!!|prpr_07_04.pp|fh05_04_s23.wav|
|精液がぁ、あふれて、きそうだぁ|prpr_07_04.pp|fh05_04_s24.wav|
|精液がぁ、こぼれまくってるぅ|prpr_07_04.pp|fh05_04_s25.wav|
|はぁ…涎と一緒に脳みそ出ちゃったかも…|prpr_07_04.pp|fh05_04_s26.wav|
|やっぱセックスは中出しに限るよなぁ|prpr_07_04.pp|fh05_04_s27.wav|
|でも、がんしゃも悪くないよなぁ!!|prpr_07_04.pp|fh05_04_s28.wav|
|お願いだから…もうだめぇ、だめぇ!|prpr_07_04.pp|fh05_04_d01.wav|
|もう…もうやめてくれぇ|prpr_07_04.pp|fh05_04_d02.wav|
|い、いやだ…もうやだよぉ|prpr_07_04.pp|fh05_04_d03.wav|
|たのむから、もうゆるしてぇ|prpr_07_04.pp|fh05_04_d04.wav|
|いやぁ、もう入れないでよォ|prpr_07_04.pp|fh05_04_d05.wav|
|やめてぇ…もう壊れちゃう、からぁ|prpr_07_04.pp|fh05_04_d06.wav|
|やめてくれぇ…たすけて…|prpr_07_04.pp|fh05_04_d07.wav|
|いや、もうたすけてぇ|prpr_07_04.pp|fh05_04_d08.wav|
|頼むから、もう許してぇ|prpr_07_04.pp|fh05_04_d09.wav|
|いやだぁ…もう放してぇ|prpr_07_04.pp|fh05_04_d10.wav|
|もういやぁ、もうできないからぁ|prpr_07_04.pp|fh05_04_d11.wav|
|もうこれ以上やったら、おかしくなるぅ|prpr_07_04.pp|fh05_04_d12.wav|
|たのむ、から、もう止めてぇ|prpr_07_04.pp|fh05_04_d13.wav|
|こんなのぉ、もうやだぁ|prpr_07_04.pp|fh05_04_d14.wav|
|やだぁ…もう入れないでぇ|prpr_07_04.pp|fh05_04_d15.wav|
|(アタシもう、壊れちゃったのかなぁ)|prpr_07_04.pp|fh05_04_d16.wav|
|(だめだぁ、もう、何も考えられない)|prpr_07_04.pp|fh05_04_d17.wav|
|(アタシ…もうダメ…かも…)|prpr_07_04.pp|fh05_04_d18.wav|
|いやぁ、もう許してよぉ…|prpr_07_04.pp|fh05_04_d19.wav|
|お願いだから、もうやめてぇ|prpr_07_04.pp|fh05_04_d20.wav|
|お願い、もう許してよぉ…|prpr_07_04.pp|fh05_04_d21.wav|
|い、いやああぁぁっ!|prpr_07_04.pp|fh05_04_d22.wav|
|中は、やめてえぇっ!!|prpr_07_04.pp|fh05_04_d23.wav|
|もういやぁ、中に出すなぁ|prpr_07_04.pp|fh05_04_d24.wav|
|やめて…たすけてぇ|prpr_07_04.pp|fh05_04_d25.wav|
|これ以上は…もう許して…|prpr_07_04.pp|fh05_04_d26.wav|
|もう…これ以上…出さないで、くれ|prpr_07_04.pp|fh05_04_d27.wav|
|お願いだから…もう、ゆるしてくれ…|prpr_07_04.pp|fh05_04_d28.wav|
|放せよ!このやろぉ|prpr_07_04.pp|fh01_04_h01.wav|
|いいかげんしろぉ!|prpr_07_04.pp|fh01_04_h02.wav|
|ふざけんな、このやろう!|prpr_07_04.pp|fh01_04_h03.wav|
|やめろ、もう放せ!|prpr_07_04.pp|fh01_04_h04.wav|
|ばか、止めろ、やめろぉ!|prpr_07_04.pp|fh01_04_h05.wav|
|止めろ、放せよ!|prpr_07_04.pp|fh01_04_h06.wav|
|くそぉ! いい加減にしろぉ!|prpr_07_04.pp|fh01_04_h07.wav|
|ばかやろぉ、放せぇ!|prpr_07_04.pp|fh01_04_h08.wav|
|ちくしょう、いい加減にしろぉ!|prpr_07_04.pp|fh01_04_h09.wav|
|やめ、放せよ!|prpr_07_04.pp|fh01_04_h10.wav|
|このぉ、もう止めろぉ!!|prpr_07_04.pp|fh01_04_h11.wav|
|ぜってぇぶっ殺してやるからな!|prpr_07_04.pp|fh01_04_h12.wav|
|いやだって言ってんだろ! |prpr_07_04.pp|fh01_04_h13.wav|
|ふざけんな! やめろぉ!|prpr_07_04.pp|fh01_04_h14.wav|
|いい加減に放せ! このぉ|prpr_07_04.pp|fh01_04_h15.wav|
|やめろ、このばか!|prpr_07_04.pp|fh01_04_h16.wav|
|(やめろ、放せよぉ!!)|prpr_07_04.pp|fh01_04_h17.wav|
|(絶対ゆるさねぇからな!)|prpr_07_04.pp|fh01_04_h18.wav|
|(こんな真似して、ぜってぇぶころす!)|prpr_07_04.pp|fh01_04_h19.wav|
|何だよこれ、外せ!ばか!|prpr_07_04.pp|fh01_04_h20.wav|
|いいから外せ! このやろぉ!|prpr_07_04.pp|fh01_04_h21.wav|
|見えねぇだろこのバカ!|prpr_07_04.pp|fh01_04_h22.wav|
|くぅ…あぁぁ!|prpr_07_04.pp|fh01_04_h23.wav|
|んふぅ、ふあぁ!|prpr_07_04.pp|fh01_04_h24.wav|
|や、やめぇっ!|prpr_07_04.pp|fh01_04_h25.wav|
|ばか! 出すなぁ!!|prpr_07_04.pp|fh01_04_h26.wav|
|何出してんだよ、このヘンタイ!|prpr_07_04.pp|fh01_04_h27.wav|
|いい加減にしろぉ、このやろぉ!|prpr_07_04.pp|fh01_04_h28.wav|
|このやろぉ! さっさと放せよ!|prpr_07_04.pp|fh01_04_h29.wav|
|てめえら、ぜってぇゆるさねぇぞ!|prpr_07_04.pp|fh01_04_h30.wav|
|何中に出してんだよ、このバカがぁ!|prpr_07_04.pp|fh01_04_h31.wav|
|いい加減にしろ! このヘンタイ|prpr_07_04.pp|fh01_04_h32.wav|
|さっさと放せ、このバカ!|prpr_07_04.pp|fh01_04_h33.wav|
|やめ、さわっるんじゃねぇよ!|prpr_07_04.pp|fh02_04_h01.wav|
|やめ、ろ、この、ばか|prpr_07_04.pp|fh02_04_h02.wav|
|てめえら、絶対ぶっ殺すからなぁ!|prpr_07_04.pp|fh02_04_h03.wav|
|くそぉ…やめろぉ|prpr_07_04.pp|fh02_04_h04.wav|
|やめ…もうやめろぉ!|prpr_07_04.pp|fh02_04_h05.wav|
|やめ…いい加減にしろ、このボケ|prpr_07_04.pp|fh02_04_h06.wav|
|ふざけんなよ、このヘンタイどもがぁ!|prpr_07_04.pp|fh02_04_h07.wav|
|やめろ、つってんだろうがこのボケ!!|prpr_07_04.pp|fh02_04_h08.wav|
|も、もうやめろ|prpr_07_04.pp|fh02_04_h09.wav|
|放せ、ばか|prpr_07_04.pp|fh02_04_h10.wav|
|こ、これ以上はもうやめろ!|prpr_07_04.pp|fh02_04_h11.wav|
|いつまでやってんだよ、このバカ!|prpr_07_04.pp|fh02_04_h12.wav|
|やめろ、もう入れるな!|prpr_07_04.pp|fh02_04_h13.wav|
|やめろ、放せ! このぉ|prpr_07_04.pp|fh02_04_h14.wav|
|もう、いい加減に…しろぉ!|prpr_07_04.pp|fh02_04_h15.wav|
|ちくしょう…ふざけ…やがってぇ…|prpr_07_04.pp|fh02_04_h16.wav|
|(くそ…もうやめろてってば)|prpr_07_04.pp|fh02_04_h17.wav|
|(放せ、放しやがれちくしょうぉ)|prpr_07_04.pp|fh02_04_h18.wav|
|(このやろう、もうやめろぉ!)|prpr_07_04.pp|fh02_04_h19.wav|
|こんなもん、どうって事ねえぇんだよ!|prpr_07_04.pp|fh02_04_h20.wav|
|ふざけんな、さっさと外せよ!|prpr_07_04.pp|fh02_04_h21.wav|
|見えねぇんだよ、早く外せ!|prpr_07_04.pp|fh02_04_h22.wav|
|あふぅ、んはあぁぁっ!|prpr_07_04.pp|fh02_04_h23.wav|
|い、いやあぁぁぁっ!|prpr_07_04.pp|fh02_04_h24.wav|
|くそぉ、中は…だめぇぇっ!|prpr_07_04.pp|fh02_04_h25.wav|
|止めろ…引っ込めろばか!|prpr_07_04.pp|fh02_04_h26.wav|
|もう…いい加減に、しろよ|prpr_07_04.pp|fh02_04_h27.wav|
|やめろ…さっさとやめろぉ|prpr_07_04.pp|fh02_04_h28.wav|
|お前ら…ぜってぇ…ぶっ殺す、からな|prpr_07_04.pp|fh02_04_h29.wav|
|精液…入ってきちゃったじゃねえかよぉ|prpr_07_04.pp|fh02_04_h30.wav|
|ふざけやがって、最悪だよ、ちくしょう|prpr_07_04.pp|fh02_04_h31.wav|
|もう…いい加減にしろぉ!|prpr_07_04.pp|fh02_04_h32.wav|
|もう止めろ…畜生…|prpr_07_04.pp|fh02_04_h33.wav|
|いやぁ…もうやめろぉ|prpr_07_04.pp|fh03_04_h01.wav|
|た、たのむ…もう…やめ…|prpr_07_04.pp|fh03_04_h02.wav|
|やめろぉ、もうやめろぉ|prpr_07_04.pp|fh03_04_h03.wav|
|体が…もう、もたねぇよぉ…|prpr_07_04.pp|fh03_04_h04.wav|
|やぁ…もう入れるなぁ|prpr_07_04.pp|fh03_04_h05.wav|
|たのむよぉ…もうやめて、くれ|prpr_07_04.pp|fh03_04_h06.wav|
|いやだぁ…もうやめろぉ|prpr_07_04.pp|fh03_04_h07.wav|
|やめぇ…やめてくれぇ…|prpr_07_04.pp|fh03_04_h08.wav|
|ちくしょう…もうやめろぉ|prpr_07_04.pp|fh03_04_h09.wav|
|いやだぁ、こんなの…もう…|prpr_07_04.pp|fh03_04_h10.wav|
|たのむから…もうやめて、くれぇ|prpr_07_04.pp|fh03_04_h11.wav|
|もうやだ…ちくしょう、ちくしょう|prpr_07_04.pp|fh03_04_h12.wav|
|いやぁ…もう入れるなぁ|prpr_07_04.pp|fh03_04_h13.wav|
|アタシ、もぉこ、こわれちゃうよぉ|prpr_07_04.pp|fh03_04_h14.wav|
|アタシぃ…もぅ…おかしくなっちゃうぅ|prpr_07_04.pp|fh03_04_h15.wav|
|いやぁ…もうやめ…ろぉ|prpr_07_04.pp|fh03_04_h16.wav|
|(くるしい…もうだめだ…たすけて)|prpr_07_04.pp|fh03_04_h17.wav|
|(もういやだ…たすけて…たのむから…)|prpr_07_04.pp|fh03_04_h18.wav|
|(おねがいだから…もう、やめてくれぇ!)|prpr_07_04.pp|fh03_04_h19.wav|
|い、いやぁ…もぉ…いっちゃうの、やだぁ…|prpr_07_04.pp|fh03_04_h20.wav|
|だめぇ…アタシぃ、こわれちゃうよぉ|prpr_07_04.pp|fh03_04_h21.wav|
|いやぁ…こわいのぉ…もうやめてぇ…|prpr_07_04.pp|fh03_04_h22.wav|
|いくぅいっちゃうぅっ!|prpr_07_04.pp|fh03_04_h23.wav|
|い、いくううううぅぅっ!|prpr_07_04.pp|fh03_04_h24.wav|
|ひあぁ、あああぁぁっ!!|prpr_07_04.pp|fh03_04_h25.wav|
|また…中で…精液が…|prpr_07_04.pp|fh03_04_h26.wav|
|精液が、熱い…|prpr_07_04.pp|fh03_04_h27.wav|
|あ、あぁ…も、もう…やめて、くれぇ|prpr_07_04.pp|fh03_04_h28.wav|
|もう…頼むから…もうゆるして、くれ…|prpr_07_04.pp|fh03_04_h29.wav|
|嫌だぁ…もう、精液…もう出すなぁ|prpr_07_04.pp|fh03_04_h30.wav|
|もう中で出さないでよォ…|prpr_07_04.pp|fh03_04_h31.wav|
|だれか…たすけてぇ|prpr_07_04.pp|fh03_04_h32.wav|
|もう…アタシ…むりだよぉ…|prpr_07_04.pp|fh03_04_h33.wav|
**セリフタイプE_台詞 [#v1db7780]
|Voice|Pack|File|h
|「あとはうるさく飛び回るハエを叩き潰せば全部終わりでぇす」|prpr_08_01.pp|r01_k1_1165.ogg|
|「なんですか、大門さま」|prpr_08_01.pp|r01_k1_1168.ogg|
|「セイラもがんばりまぁす!」|prpr_08_01.pp|r01_k1_1171.ogg|
|「ねぇ…どこに行くのぉ?」|prpr_08_01.pp|r01_k1_1192.ogg|
|「逃がさないわよぉ」|prpr_08_01.pp|r01_k1_1194.ogg|
|「さぁ、知らない――」|prpr_08_01.pp|r01_k1_1204.ogg|
|「…でも、この人に聞けば色々教えてくれるんじゃないの?」|prpr_08_01.pp|r01_k1_1205.ogg|
|「強情な人だよねぇ」|prpr_08_01.pp|r01_k1_1226.ogg|
|「わ、わかってるの? セイラに手出ししたらあのなつめって女が…」|prpr_08_01.pp|r01_k1_1251.ogg|
|「フン! いくらなんでも、なめすぎよぉ!」|prpr_08_01.pp|r01_k1_1253.ogg|
|「冗談じゃないわ! なめてもらっちゃ困るのよぉ!」|prpr_08_01.pp|r01_k1_1326.ogg|
|「さっきからかわしてばっかりじゃない!」|prpr_08_01.pp|r01_k1_1327.ogg|
|「ふざけないでっ!」|prpr_08_01.pp|r01_k1_1329.ogg|
|「一体、どういうつもりなの?」|prpr_08_01.pp|r01_k1_1330.ogg|
|「無駄に戦闘を長引かせて…陽動でもしてるつもり?」|prpr_08_01.pp|r01_k1_1332.ogg|
|「あなたに場所を教えるようなまねするわけないでしょ!」|prpr_08_01.pp|r01_k1_1334.ogg|
|「ぶへぇっ!」|prpr_08_01.pp|r01_k1_1336.ogg|
|「だ、大門様…一体、何を…されるんですかぁ…?!」|prpr_08_01.pp|r01_k1_1346.ogg|
|「な、なんで…?」|prpr_08_01.pp|r01_k1_1348.ogg|
|「大門様に…連れて行かれた――上に…」|prpr_08_01.pp|r01_k1_1357.ogg|
|「無駄だよぉ…勝てっこないよぉ――刹羅も強かった…でも、大門様はもっと、もっと強かった…強すぎるよ」|prpr_08_01.pp|r01_k1_1359.ogg|
|「……なんで、なんでなのぉ…おかしいよ、あいつら…」|prpr_08_01.pp|r01_k1_1364.ogg|
|「あのぉ…裏切ってませんよぉ」|prpr_08_01.pp|r01_k1_1465.ogg|
|「セイラもそう思いましたぁ」|prpr_08_01.pp|r01_k1_1512.ogg|
|「だって、エクリプス解雇されて行くとこないし、できればなつめお姉さまや刹羅お姉さまのお手伝いがしたいなぁって」|prpr_08_01.pp|r01_k1_1514.ogg|
|「あの、それじゃセイラのことは?」|prpr_08_01.pp|r01_k1_1543.ogg|
|「ひっどぉい!」|prpr_08_01.pp|r01_k1_1545.ogg|
|「ちょっと待ってぇ!!」|prpr_08_03.pp|r03_k1_0634.ogg|
|「強すぎだよぉ…そんなんじゃ、セイラの出番がなくなっちゃうでしょう!」|prpr_08_03.pp|r03_k1_0635.ogg|
|「もぉ! 一人でやっつけちゃおうとするんだからぁ! 本当はもっとピンチになった時に、出てこようと思ったのに…全然ピンチにならないんだもん!」|prpr_08_03.pp|r03_k1_0639.ogg|
|「いいから、ここから先はセイラがやるから! なつめはそっちで休んでて!」|prpr_08_03.pp|r03_k1_0641.ogg|
|「それじゃここからが本番よぉ…! セイラが相手してあげるわ! かかってらっしゃあい!」|prpr_08_03.pp|r03_k1_0643.ogg|
|「――瀕死すぎ!」|prpr_08_03.pp|r03_k1_0644.ogg|
|「全然…することなかった…せっかく、出てきたのにぃ――」|prpr_08_03.pp|r03_k1_0645.ogg|
|「え? そ、そうかなぁ」|prpr_08_03.pp|r03_k1_0647.ogg|
|「そ、そんなぁ…ヘヘヘ――それほどでもないよぉ」|prpr_08_03.pp|r03_k1_0649.ogg|
|「かわいいなんてぇ…そんなことないよぉ…ヘヘヘ」|prpr_08_03.pp|r03_k1_0651.ogg|
|「セイラも、なつめの守護精霊になれてよかったよぉ!」|prpr_08_03.pp|r03_k1_0655.ogg|
|「だって、あのままだったらずっとセイラの出番がなくなっちゃうかもと思って、心配だったから…」|prpr_08_03.pp|r03_k1_0657.ogg|
|「そんなことないってばぁ! あ!そうだ…生贄だった彼女の治療、セイラがやってあげるねぇ!」|prpr_08_03.pp|r03_k1_0660.ogg|
|「こんなこと、おちゃのこさいさいだよぉ――あれ? なんか変だよ、これぇ?」|prpr_08_03.pp|r03_k1_0662.ogg|
|「セイラもそう思う」|prpr_08_03.pp|r03_k1_0666.ogg|
|「セイラも許せないよぉ!」|prpr_08_03.pp|r03_k1_0675.ogg|
|「なつめ! 見てぇ。これなんか変な形してるぇ」|prpr_08_03.pp|r03_k1_0684.ogg|
|「セイラがつかまえてあげるねぇ」|prpr_08_03.pp|r03_k1_0691.ogg|
|「あったりぃ!」|prpr_08_03.pp|r03_k1_0693.ogg|
|「セイラぁ――パァンチっ!」|prpr_08_03.pp|r03_k1_0754.ogg|
|「大丈夫、セイラが全部やっつけるから」|prpr_08_03.pp|r03_k1_0788.ogg|
|「それはどういうごっこなの?」|prpr_08_03.pp|r03_k1_0831.ogg|
|「ふぅん」|prpr_08_03.pp|r03_k1_0833.ogg|
|「でぇ…いたちごっこって、結局どう遊ぶの?」|prpr_08_03.pp|r03_k1_0851.ogg|
|「すぐ終わっちゃうけどぉ?」|prpr_08_03.pp|r03_k1_0853.ogg|
|「すごい、これならずっと繰り返せるね――使った手を引っ込めれば、何回でも使えるんだねぇ――」|prpr_08_03.pp|r03_k1_0855.ogg|
|「ねぇ、雅哉のズボン、膨らんでるよぉ」|prpr_08_03.pp|r03_k1_0990.ogg|
|「雑巾みたいに、ぎゅーって」|prpr_08_03.pp|r03_k1_1000.ogg|
|「セイラがしてあげてもいいよぉ」|prpr_08_03.pp|r03_k1_1017.ogg|
|「それじゃ、セイラは2番目ね」|prpr_08_03.pp|r03_k1_1026.ogg|
|「じゃあ次はセイラの番だから、代わって代わってぇ!」|prpr_08_03.pp|r03_k1_1035.ogg|
|「いっぱい出たよぉ!」|prpr_08_03.pp|r03_k1_1036.ogg|
|「えぇ~? そんなぁ――」|prpr_08_03.pp|r03_k1_1038.ogg|
|「肉体と幽体をきもちよくシンクロさせてぇ――」|prpr_08_03.pp|r03_k1_1060.ogg|
|「なんだか、あの子たちもかわいそう」|prpr_08_03.pp|r03_k1_1078.ogg|
|「じゃあ、セイラもつっこむぅ!」|prpr_08_03.pp|r03_k1_1084.ogg|
|「セイラも、負けないよぉ!」|prpr_08_03.pp|r03_k1_1090.ogg|
|「大丈夫、セイラがやっつるからぁ!」|prpr_08_03.pp|r03_k1_1098.ogg|
|「む、硬い!?」|prpr_08_03.pp|r03_k1_1099.ogg|
|「みぎゃぁ~んっ!」|prpr_08_03.pp|r03_k1_1100.ogg|
|「でもねぇ…痛かったけど、そこまで効いてないよ」|prpr_08_03.pp|r03_k1_1112.ogg|
|「さっきのは…普通に殴っただけだもん」|prpr_08_03.pp|r03_k1_1115.ogg|
|「次はちゃんと攻撃するねぇ! 爆弾パァンチっ!!」|prpr_08_03.pp|r03_k1_1116.ogg|
|「ほら、通用した」|prpr_08_03.pp|r03_k1_1117.ogg|
|「セイラ、がんばったでしょ!」|prpr_08_03.pp|r03_k1_1183.ogg|
|「セイラ、まだ戻りたくないなぁ…なつめと遊んでたいなぁ」|prpr_08_03.pp|r03_k1_1198.ogg|
|「わぁい! またなつめと遊べるね」|prpr_08_03.pp|r03_k1_1234.ogg|
|「大丈夫なの?」|prpr_08_03.pp|r03_k1_1239.ogg|
|「あ、雅哉と美弥子!」|prpr_08_03.pp|r03_k1_1253.ogg|
|「大丈夫、セイラが全部やつけるから」|prpr_08_03.pp|r03_k1_1267.ogg|
|「知らない」|prpr_08_03.pp|r03_k1_1276.ogg|
|「ねぇ、こっちの10年って長いの?」|prpr_08_03.pp|r03_k1_1286.ogg|
|「セイラもがんばるよ」|prpr_08_03.pp|r03_k1_1290.ogg|
|「うん、そうだねぇ」|prpr_08_03.pp|r03_k1_1295.ogg|
|「しばらく一緒にいたいって言ったのは、確かに雅哉です」|prpr_08_03.pp|r03_k1_1296.ogg|
|「いったぁい!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0563.ogg|
|「びっくりしたぁ…なにするのぉ朧ちゃん!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0564.ogg|
|「あれ? えっと、お師匠様に呼ばれてセイラのパートナーのそばにでようとしたら、空間がぐちゃぐちゃで間違えちゃったみたい」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0566.ogg|
|「見つけた! セイラのパートナー!!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0575.ogg|
|「セイラだよ。そっちは?」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0577.ogg|
|「美弥子ぉ! セイラが美弥子のパートナーだよ! 一緒にがんばって一番に芽をだそうね!!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0579.ogg|
|「それじゃ、早速変身だよ、美弥子ぉ!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0581.ogg|
|「よ~し、それじゃガンガン戦っちゃおうね!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0584.ogg|
|「あ、藤堂だ…そうか、セイラが出口間違えたのはあいつのせいかも」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0586.ogg|
|「大丈夫だよ! 美弥子が本気を出せばあんなの目じゃないから」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0588.ogg|
|「どうだぁ! これが美弥子の実力だよぉ!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0594.ogg|
|「やったぁ! 美弥子が勝ったぁ」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0596.ogg|
|「お師匠様ぁ!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0608.ogg|
|「がんばりまぁす!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0612.ogg|
|「よぉし! それじゃあ昇級試験合格に向かってみんなでがんばろう! おう!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0616.ogg|
|「セイラ、なんだか眠くなってきちゃったぁ」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0636.ogg|
|「うん――むにゃむにゃ…」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0660.ogg|
|「へぇ…そうだったんだぁ?!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0666.ogg|
|「あ、そう言えばそうだっけ?」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0668.ogg|
|「あ、言い忘れてたぁ…!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0680.ogg|
|「あのね、無事合格してセイラが魔女になれたら――美弥子のお願いを一つだけ叶えてあげるから、楽しみにしててねぇ!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0682.ogg|
|「残念だね」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0695.ogg|
|「急がないとぉ! 朧たちもう着いてるかも知れないよぉ」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0754.ogg|
|「うん――何度呼びかけても返事がないし…」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0756.ogg|
|「セイラにはわからないけどぉ…朧に会えばわかるかも知れないよ」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0758.ogg|
|「ん?! あ、だめ止まって!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0760.ogg|
|「大門一味が、来ちゃった!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0763.ogg|
|「うん、“グラビティマスター”の神崎だよぉ! 気をつけてね」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0766.ogg|
|「美弥子!気をつけてぇ」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0769.ogg|
|「美弥子、大丈夫ぅ?!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0778.ogg|
|「美弥子?!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0781.ogg|
|「だ、大門だ…!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0784.ogg|
|「冗談じゃないよ、美弥子を放して!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0787.ogg|
|「み、美弥子?!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0790.ogg|
|「美弥子ぉ!! わかったから、大人しくするからもうやめてぇ!!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0796.ogg|
|「いたぁい、放してよ! 自分で歩けるからぁ!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0801.ogg|
|「おぉぉい、朧ぉぉ!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0805.ogg|
|「――神崎と…大門が出て来て、美弥子を連れて行っちゃった!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0808.ogg|
|「わかんない――美弥子と一緒に連れて行かれそうになったから、こっそり分身だけ置いて来たのぉ」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0810.ogg|
|「この魔法――本体から分身の居場所はわかるけど、分身からは本体に呼んでもらわないとわからないのぉ」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0815.ogg|
|「ごめんねぇ…本体は今、起きてないかもしれない」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0817.ogg|
|「え、何かあるの?」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0820.ogg|
|「こっち」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0822.ogg|
|「あ…!?」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0828.ogg|
|「こっちぃ! こっちこっちぃ!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0830.ogg|
|「こっちぃ――」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0832.ogg|
|「いたぁい!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0833.ogg|
|「すごぉい、穴あけちゃった」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0860.ogg|
|「すごいすごい、役に立ったね」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0866.ogg|
|「それなら、こっちぃ――着いてきてぇ!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0869.ogg|
|「い、痛い!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0872.ogg|
|「美弥子ぉ、だめぇ!! セイラの事なんか気にしないでぇ!!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0876.ogg|
|「きゃああぁぁっ!!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0878.ogg|
|「美弥子ぉ…ごめん、ねぇ…」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0881.ogg|
|「や、やぁ?! 放してよぉ!! やだぁあっ!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0883.ogg|
|「やったぁ!! やっと来たよぉ――変換!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0896.ogg|
|「美弥子ぉ! 今だよぉ!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0898.ogg|
|「もう一つオマケに!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0901.ogg|
|「みちるの拘束を解いて!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0903.ogg|
|「やったね二人ともぉ!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0913.ogg|
|「大丈夫ぅ! セイラの本体が着いたから」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0916.ogg|
|「なめてるのはそっちでぇす!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0918.ogg|
|「はいはいまるで、あたりませんねぇ!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0919.ogg|
|「待ってました、広範囲! 美弥子ぉ!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0922.ogg|
|「やったぁ! すごいよ、美弥子!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_0925.ogg|
|「さっきのは逃げたんじゃないの?」|prpr_08_06.pp|r06_k1_1028.ogg|
|「おかしいねぇ…今回も3人いるのに…どうしてだろう」|prpr_08_06.pp|r06_k1_1037.ogg|
|「セイラもいるよ」|prpr_08_06.pp|r06_k1_1044.ogg|
|「美弥子になにするのぉ!!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_1055.ogg|
|「うわぁ?! びっくりしたぁ」|prpr_08_06.pp|r06_k1_1058.ogg|
|「ぐわあぁぁっ!!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_1070.ogg|
|「後は、種が芽吹くのを待つだけ…だね!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_1130.ogg|
|「お師匠様!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_1138.ogg|
|「やったぁ!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_1140.ogg|
|「はぁい」|prpr_08_06.pp|r06_k1_1144.ogg|
|「はい」|prpr_08_06.pp|r06_k1_1148.ogg|
|「ありがとう! みんなのおかげでセイラたち立派な魔女になれたよ!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_1153.ogg|
|「お願いの内容は、大体決まってると思うけどね!」|prpr_08_06.pp|r06_k1_1162.ogg|
|「セイラにも不機嫌に見えたよぉ!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0504.ogg|
|「はじめましてぇ! 雅哉に美弥子だよねぇ!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0506.ogg|
|「そうだよ、笠原なつめ上級捜査官の命令で参りましたぁ。セイラ下級捜査官でぇす。よろしくねぇ!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0508.ogg|
|「大丈夫。今は表向きここの学生って事になってるから! あ、だからわざと敬語で話してないんだよ、本当だよ」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0511.ogg|
|「え? そうかなぁ…いやぁ、それほどでもないけどねぇ――えへへへ」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0513.ogg|
|「でぇ――早速、2人に聞きたい事があるんだけどぉ?」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0515.ogg|
|「実はね、昨夜あの公園でまた、知らないうちに魔術戦闘が行われた痕跡があったの――」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0517.ogg|
|「うん…で、2人は何か感じなかった? 例えばバランサー・刹羅の気配を感じたぁ…とか」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0519.ogg|
|「授かった力って言うのは、そういう時は反応しないの?」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0522.ogg|
|「なるほど――やっぱり2人ともその刹羅にもう一度会いたいのよねぇ?」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0524.ogg|
|「それなら、セイラに任せといて!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0526.ogg|
|「占いだよ! セイラは戦いよりそっちの方が得意なんだよねぇ」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0528.ogg|
|「そう! 結構良くあたるって評判なんだよ――さっそく試してみよぉ!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0530.ogg|
|「――ここがこの街で一番見晴らしのいい場所なのねぇ?」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0531.ogg|
|「そしてここに探したい人が使った品を用意しまぁす!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0534.ogg|
|「あの――そろそろ占い始めるからセイラの話聞いてくださいねぇ?」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0538.ogg|
|「それでは術を始めます! 会いたい人を思い浮かべて下さい」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0539.ogg|
|「?! あれ、待って…――誰か転移してくる?」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0542.ogg|
|「わ、わかんないけどとりあえず隠れて…!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0544.ogg|
|「待って! もうちょっと待って! 危なすぎるよぉ!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0547.ogg|
|「今回も戦えるとは限らないし、二人はまだ協力者だから…戦力にカウントできないものぉ!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0549.ogg|
|「救援が来るまで待機してぇ…もしダメなら、セイラが突っ込むからフォローに回って…お願い!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0551.ogg|
|「待って、もうちょっとだけ待ってぇ!!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0556.ogg|
|「二人ともぉ…今なら注意がそれてるから…生贄をこっそり助けに行って!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0564.ogg|
|「そこまでよぉ! テーラーの草薙ぃ!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0565.ogg|
|「じゅ、呪法管理コク…セイラ下級捜査官! お前を逮捕する!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0567.ogg|
|「きゃあぁぁっ!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0569.ogg|
|「美弥子ぉ! しっかりしてぇ!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0588.ogg|
|「そんなに強い力が使えたなら、教えてくれればいいのにぃ」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0604.ogg|
|「草薙ぃ逮捕するぅ!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0608.ogg|
|「やったぁ捕まえたぁ! テーラーの幹部を捕まえたぁ!!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0609.ogg|
|「ありがとぉ! 美弥子と雅哉のおかげだよぉ――それじゃ、とりあえず救護班にも連絡を入れて分室に戻ろう!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0611.ogg|
|「あ?! そう言えば…」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0670.ogg|
|「占いで使おうと思ったスプーンとお皿…――屋上に置いてきちゃいましたね…」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0672.ogg|
|「それならぁ…お皿とスプーンを取りにもう一度あのビルに行きませんかぁ」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0703.ogg|
|「ついでに、もう一度きちんと占いをやりなおうそう!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0705.ogg|
|「――はい、それじゃ昨日の続きからねぇ――会いたい人のことを思い浮かべて」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0706.ogg|
|「それじゃ行くよ! “面影いずこ、辿りし月日、影手繰り寄せ、我を誘え――”」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0709.ogg|
|「やったぁ、反応がきたぁ!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0710.ogg|
|「うん、そのはずだよ――それじゃあ、早速探しに行こう!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0713.ogg|
|「すごいすごぉい、こんなに強く反応するなんてなかなか無いんだから」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0714.ogg|
|「まず、使った人がの力が強くて――さらに、その道具の事を気に入っていないとここまで強く反応しないよぉ」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0716.ogg|
|「でも――お皿とスプーン持参するのってどうかと思うけど…」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0721.ogg|
|「あれ、どうしたのかなぁ? 反応はあるんだけど…方角がわからないみたい」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0725.ogg|
|「それでスプーンが対象を見失っちゃったのかな?」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0728.ogg|
|「え?! そんな、ちょっと待ってぇ…!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0731.ogg|
|「ま、待ってぇ…!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0735.ogg|
|「テーラーの藤堂! 上級禁呪乱用の罪であなたを逮捕しますぅ!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0748.ogg|
|「待ってぇ! あれは――」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0754.ogg|
|「やっぱり、あれはガーディアン!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0755.ogg|
|「上級召喚獣のことよぉ――屍鬼なんか比べ物にならないくらい強いんだからぁ!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0757.ogg|
|「ちょっ?! 本当に強いんだよぉ! 大丈夫なの?!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0760.ogg|
|「あぁん、待っててばぁ!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0762.ogg|
|「ウソォ…?! ガーディアンを押し捲ってるぅ?!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0770.ogg|
|「すごい…ガーディアンをあっさり倒しちゃった――」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0773.ogg|
|「今、応急で治療中だよぉ」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0777.ogg|
|「これ――結界の核だよ」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0785.ogg|
|「違うよぉ。多分藤堂が結界を張る時に使った道具――術を知らない美弥子には、使えないと思うよ」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0787.ogg|
|「因みに藤堂はさっき鍵を持っていたった女で、テーラー日本支部の幹部なの」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0789.ogg|
|「ほら、戻ったぁ――それじゃ、すぐになつめさんに連絡して、医療班呼んでもぉらおっと――」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0792.ogg|
|「そんな事無いよぉ――多分、対象がこの街より遠くに移動したんだと思うのぉ」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0795.ogg|
|「実はねぇ、あの屋上から見える範囲に対象が入らないと反応しないの」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0796.ogg|
|「結界にぶつからなかったら、見つかってたかも知れないねぇ」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0798.ogg|
|「うん、そうだと思うよぉ。 朝倉みちるは結界張れないからぁ」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0800.ogg|
|「それは…――難しいかも知れないけど――とりあえず試してみるねぇ!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0803.ogg|
|「――やっぱり、プロテクトがかかってるぅ」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0804.ogg|
|「自分の道具を使われて、自分が不利にならないようにするための呪いみたいなものがかかってるの」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0806.ogg|
|「大雑把な方角はわかっても――」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0808.ogg|
|「正確な場所はわからないと思うのぉ」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0809.ogg|
|「?! はぁい、セイラでぇす。どうしたんですかなつめさん」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0812.ogg|
|「はい、一緒でぇす。場所はポートタワーの屋上ですぅ」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0814.ogg|
|「藤堂たちの居場所がわかると言うことですねぇ! 大丈夫です、もう方角はつかんでいまぁす」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0828.ogg|
|「わかりましたぁ! わかり次第連絡しまぁす」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0830.ogg|
|「それじゃ、一緒にさがそうぉ!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0833.ogg|
|「でも、とにかくこっち側に向かっていくしかないしぃ…」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0836.ogg|
|「一体誰があんな所に封印したのかなぁ――」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0844.ogg|
|「10年――もっと大昔に封印されてたのかと思った」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0847.ogg|
|「ここ――病院?」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0853.ogg|
|「??! きゃあああぁぁっ!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0873.ogg|
|「いやぁあっ! 誰かぁ、助けてぇっ!!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0877.ogg|
|「きゃあぁっ?!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0880.ogg|
|「うん大丈夫、ありがとう美弥子ぉ…!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0882.ogg|
|「前に雅哉が言ってたよね――今の美弥子じゃ無理って…」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0884.ogg|
|「きゃああっ! 追いかけてくるぅ!!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0886.ogg|
|「どこに繋がってるのぉ…!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0889.ogg|
|「でもまだ追いかけてくるよぉ!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0925.ogg|
|「はぁい!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0943.ogg|
|「がんばりまぁす!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0986.ogg|
|「動かないで! 絶対動いちゃダメですからね!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0997.ogg|
|「う、動いちゃダメぇ!!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_0999.ogg|
|「きゃあぁぁっ!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_1000.ogg|
|「そ…そんなぁ…手がかりもないのにぃ」|prpr_08_07.pp|r07_k1_1042.ogg|
|「セイラは大丈夫だけどぉ――おやっさんがぁ」|prpr_08_07.pp|r07_k1_1048.ogg|
|「多分、さっきの溶岩のかけらが直撃したんだと思う――」|prpr_08_07.pp|r07_k1_1050.ogg|
|「うん、わかってるよぉ――!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_1055.ogg|
|「命は何とか大丈夫だけど…しばらく動けないだろうって…――」|prpr_08_07.pp|r07_k1_1057.ogg|
|「なつめさんはいないし、おやっさんもいないよぉ」|prpr_08_07.pp|r07_k1_1060.ogg|
|「あなたは一体、誰なのよぉ?!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_1066.ogg|
|「わかった、セックスでしょ?」|prpr_08_07.pp|r07_k1_1245.ogg|
|「セイラは体中痛いですけどね」|prpr_08_07.pp|r07_k1_1281.ogg|
|「行っちゃいましたねぇ」|prpr_08_07.pp|r07_k1_1295.ogg|
|「うらやましいですねぇ」|prpr_08_07.pp|r07_k1_1297.ogg|
|「――…うらやましかったんですか?」|prpr_08_07.pp|r07_k1_1299.ogg|
|「い、いえ、あの――な、何でもありませんですよぉ~!」|prpr_08_07.pp|r07_k1_1302.ogg|
**セリフタイプE__喘ぎ [#t7519eb0]
**セリフタイプE_喘ぎ [#t7519eb0]
|Voice|Pack|File|h
|感度弱(ゆっくり)|prpr_07_05.pp|fh01_05_r01.wav|
|感度弱(通常)|prpr_07_05.pp|fh01_05_r02.wav|
|感度弱(早い)|prpr_07_05.pp|fh01_05_r03.wav|
|感度中(ゆっくり)|prpr_07_05.pp|fh03_05_r04.wav|
|感度中(通常)|prpr_07_05.pp|fh03_05_r05.wav|
|感度中(早い)|prpr_07_05.pp|fh03_05_r06.wav|
|感度強(ゆっくり)|prpr_07_05.pp|fh05_05_r07.wav|
|感度強(通常)|prpr_07_05.pp|fh05_05_r08.wav|
|感度強(早い)|prpr_07_05.pp|fh05_05_r09.wav|
|ピストン弱(ゆっくり)|prpr_07_05.pp|fh01_05_r10.wav|
|ピストン弱(通常)|prpr_07_05.pp|fh01_05_r11.wav|
|ピストン弱(早い)|prpr_07_05.pp|fh01_05_r12.wav|
|ピストン中(ゆっくり)|prpr_07_05.pp|fh03_05_r13.wav|
|ピストン中(通常)|prpr_07_05.pp|fh03_05_r14.wav|
|ピストン中(早い)|prpr_07_05.pp|fh03_05_r15.wav|
|ピストン強(ゆっくり)|prpr_07_05.pp|fh05_05_r16.wav|
|ピストン強(通常)|prpr_07_05.pp|fh05_05_r17.wav|
|ピストン強(早い)|prpr_07_05.pp|fh05_05_r18.wav|
|ハード弱(ゆっくり)|prpr_07_05.pp|fh01_05_r19.wav|
|ハード弱(通常)|prpr_07_05.pp|fh01_05_r20.wav|
|ハード弱(早い)|prpr_07_05.pp|fh01_05_r21.wav|
|ハード中(ゆっくり)|prpr_07_05.pp|fh03_05_r22.wav|
|ハード中(通常)|prpr_07_05.pp|fh03_05_r23.wav|
|ハード中(早い)|prpr_07_05.pp|fh03_05_r24.wav|
|ハード強(ゆっくり)|prpr_07_05.pp|fh05_05_r25.wav|
|ハード強(通常)|prpr_07_05.pp|fh05_05_r26.wav|
|ハード強(早い)|prpr_07_05.pp|fh05_05_r27.wav|
|キス(ゆっくり)|prpr_07_05.pp|fh06_05_r28.wav|
|キス(通常)|prpr_07_05.pp|fh06_05_r29.wav|
|キス(早い)|prpr_07_05.pp|fh06_05_r30.wav|
|咥え(ゆっくり)|prpr_07_05.pp|fh06_05_r31.wav|
|咥え(通常)|prpr_07_05.pp|fh06_05_r32.wav|
|咥え(早い)|prpr_07_05.pp|fh06_05_r33.wav|
|苦痛(ゆっくり)|prpr_07_05.pp|fh06_05_r34.wav|
|苦痛(通常)|prpr_07_05.pp|fh06_05_r35.wav|
|苦痛(早い)|prpr_07_05.pp|fh06_05_r36.wav|
**セリフタイプE_H台詞 [#a5beb8ec]
|Voice|Pack|File|h
|一緒に気持ちよくなろうね|prpr_07_05.pp|fh01_05_s01.wav|
|一緒に楽しみたぁい|prpr_07_05.pp|fh01_05_s02.wav|
|あたしががんばるね|prpr_07_05.pp|fh01_05_s03.wav|
|あたしが、やってみていいでしょ!|prpr_07_05.pp|fh01_05_s04.wav|
|ゆっくりがいいよ|prpr_07_05.pp|fh01_05_s05.wav|
|優しくしてね|prpr_07_05.pp|fh01_05_s06.wav|
|いい感じだよ|prpr_07_05.pp|fh01_05_s07.wav|
|気持ちいいよ|prpr_07_05.pp|fh01_05_s08.wav|
|楽しいね|prpr_07_05.pp|fh01_05_s09.wav|
|気持ちよくなってね|prpr_07_05.pp|fh01_05_s10.wav|
|がんばって気持ちよくしてあげるね|prpr_07_05.pp|fh01_05_s11.wav|
|あたしもがんばるね|prpr_07_05.pp|fh01_05_s12.wav|
|優しいのがいいな|prpr_07_05.pp|fh01_05_s13.wav|
|ゆっくりがいいなぁ|prpr_07_05.pp|fh01_05_s14.wav|
|激しいのはまだだよ|prpr_07_05.pp|fh01_05_s15.wav|
|(なにこれ、しゃべれないよ)|prpr_07_05.pp|fh01_05_s16.wav|
|(よだれが垂れてきちゃう)|prpr_07_05.pp|fh01_05_s17.wav|
|(口が疲れちゃうよ)|prpr_07_05.pp|fh01_05_s18.wav|
|なんだか真っ暗でこわいかも|prpr_07_05.pp|fh01_05_s19.wav|
|暗くて変な感じ|prpr_07_05.pp|fh01_05_s20.wav|
|ちょっとだけ、どきどきするかも|prpr_07_05.pp|fh01_05_s21.wav|
|んふぅ、あ!|prpr_07_05.pp|fh01_05_s22.wav|
|んぁ、中、あぁ|prpr_07_05.pp|fh01_05_s23.wav|
|あ、出てるよ|prpr_07_05.pp|fh01_05_s24.wav|
|あ、出てるね|prpr_07_05.pp|fh01_05_s25.wav|
|ちょっと…気持ちよかったかもぉ|prpr_07_05.pp|fh01_05_s26.wav|
|中に出しちゃったんだ|prpr_07_05.pp|fh01_05_s27.wav|
|いっぱい出したね|prpr_07_05.pp|fh01_05_s28.wav|
|やだぁ、こんなのやりたくない|prpr_07_05.pp|fh01_05_d01.wav|
|こんなのするのやだよ|prpr_07_05.pp|fh01_05_d02.wav|
|どうして、こんな事しなきゃいけないのぉ|prpr_07_05.pp|fh01_05_d03.wav|
|もう、やだ、やりたくないよぉ|prpr_07_05.pp|fh01_05_d04.wav|
|こんなこと…やだよぉ|prpr_07_05.pp|fh01_05_d05.wav|
|どうしても、やらなきゃダメなの?|prpr_07_05.pp|fh01_05_d06.wav|
|やだ…やりたくないよ|prpr_07_05.pp|fh01_05_d07.wav|
|こんなの、絶対よくないよぉ|prpr_07_05.pp|fh01_05_d08.wav|
|やだぁ、こんなこと…やりたくないよぉ|prpr_07_05.pp|fh01_05_d09.wav|
|もうこれで、いいでしょ?|prpr_07_05.pp|fh01_05_d10.wav|
|こんなの、できないよぉ|prpr_07_05.pp|fh01_05_d11.wav|
|どうして、こんな事しなきゃだめなの?|prpr_07_05.pp|fh01_05_d12.wav|
|こんなこと…もうやだよ|prpr_07_05.pp|fh01_05_d13.wav|
|あたし…やりたくないよ|prpr_07_05.pp|fh01_05_d14.wav|
|お願いだから、もう止めてよ|prpr_07_05.pp|fh01_05_d15.wav|
|(やめて、外してよぉ)|prpr_07_05.pp|fh01_05_d16.wav|
|(口が塞がってつらいよぉ)|prpr_07_05.pp|fh01_05_d17.wav|
|(やだ、苦しいよぉ)|prpr_07_05.pp|fh01_05_d18.wav|
|こわい、外してよぉ|prpr_07_05.pp|fh01_05_d19.wav|
|とって、眼かくしなんて、やだよぉ!|prpr_07_05.pp|fh01_05_d20.wav|
|見えないってば、外してよぉ!|prpr_07_05.pp|fh01_05_d21.wav|
|い、いやぁっ!|prpr_07_05.pp|fh01_05_d22.wav|
|中は、だめぇ!|prpr_07_05.pp|fh01_05_d23.wav|
|な、中は…いやなのに|prpr_07_05.pp|fh01_05_d24.wav|
|か、体にかかってる|prpr_07_05.pp|fh01_05_d25.wav|
|これで、終わりにして|prpr_07_05.pp|fh01_05_d26.wav|
|ひどいよ、中に出すなんてぇ…|prpr_07_05.pp|fh01_05_d27.wav|
|やだ…もうこんなのやだよぉ|prpr_07_05.pp|fh01_05_d28.wav|
|おもいっきり遊ぼうね!|prpr_07_05.pp|fh02_05_s01.wav|
|楽しくなって来ちゃったね!|prpr_07_05.pp|fh02_05_s02.wav|
|あたしががんばるから大丈夫だよ|prpr_07_05.pp|fh02_05_s03.wav|
|気持ちよく、なってねぇ|prpr_07_05.pp|fh02_05_s04.wav|
|うん、大丈夫|prpr_07_05.pp|fh02_05_s05.wav|
|一緒に、気持ちよくなろうね|prpr_07_05.pp|fh02_05_s06.wav|
|すごく気持ちいいよ|prpr_07_05.pp|fh02_05_s07.wav|
|なんだか楽しいね|prpr_07_05.pp|fh02_05_s08.wav|
|やっぱり面白いね|prpr_07_05.pp|fh02_05_s09.wav|
|もっと、気持ちよくなってね|prpr_07_05.pp|fh02_05_s10.wav|
|あたしも、がんばっちゃうね|prpr_07_05.pp|fh02_05_s11.wav|
|あたしがしてあげる|prpr_07_05.pp|fh02_05_s12.wav|
|いいよ…大丈夫|prpr_07_05.pp|fh02_05_s13.wav|
|いいよ、一緒にやろ|prpr_07_05.pp|fh02_05_s14.wav|
|一緒に気持ちよくなりたいよぉ|prpr_07_05.pp|fh02_05_s15.wav|
|(息がやりにくい)|prpr_07_05.pp|fh02_05_s16.wav|
|(あごが疲れちゃうかも)|prpr_07_05.pp|fh02_05_s17.wav|
|(よ、よだれが垂れちゃった)|prpr_07_05.pp|fh02_05_s18.wav|
|待って、何も見えないよぉ|prpr_07_05.pp|fh02_05_s19.wav|
|暗くって、なんだか怖いかも|prpr_07_05.pp|fh02_05_s20.wav|
|見えなくて、びくびくしちゃうよ|prpr_07_05.pp|fh02_05_s21.wav|
|ん、んはぁっ!|prpr_07_05.pp|fh02_05_s22.wav|
|あ、中に、出てるぅっ!|prpr_07_05.pp|fh02_05_s23.wav|
|あ、射精してる|prpr_07_05.pp|fh02_05_s24.wav|
|精液、出ちゃったね|prpr_07_05.pp|fh02_05_s25.wav|
|はぁ…気持ちよかったぁ|prpr_07_05.pp|fh02_05_s26.wav|
|なんか、すごく熱いね|prpr_07_05.pp|fh02_05_s27.wav|
|どう? 気持ちよかった?|prpr_07_05.pp|fh02_05_s28.wav|
|こんなの、もう止めてよぉ|prpr_07_05.pp|fh02_05_d01.wav|
|ひどいよ、こんなの…最低だよ|prpr_07_05.pp|fh02_05_d02.wav|
|あたし、こんなの絶対やだ|prpr_07_05.pp|fh02_05_d03.wav|
|どうして…こんな事…するの|prpr_07_05.pp|fh02_05_d04.wav|
|止めてよぉ|prpr_07_05.pp|fh02_05_d05.wav|
|やだ、もうやりたくないよぉ|prpr_07_05.pp|fh02_05_d06.wav|
|もう、終わりにしてよぉ|prpr_07_05.pp|fh02_05_d07.wav|
|もう続けたくないよぉ|prpr_07_05.pp|fh02_05_d08.wav|
|もう、やだってばぁ|prpr_07_05.pp|fh02_05_d09.wav|
|もう、やりたくないよぉ|prpr_07_05.pp|fh02_05_d10.wav|
|もう、止めてよぉ|prpr_07_05.pp|fh02_05_d11.wav|
|こんなの、もう嫌だよぉ|prpr_07_05.pp|fh02_05_d12.wav|
|やだってば…止めてよぉ|prpr_07_05.pp|fh02_05_d13.wav|
|もう、続けたくないよぉ!|prpr_07_05.pp|fh02_05_d14.wav|
|こんなのいやだってば!|prpr_07_05.pp|fh02_05_d15.wav|
|(口がいたいよぉ)|prpr_07_05.pp|fh02_05_d16.wav|
|(息がつらいよぉ)|prpr_07_05.pp|fh02_05_d17.wav|
|(いやぁ、もうやだよぉ)|prpr_07_05.pp|fh02_05_d18.wav|
|目隠しはずしてってばぁ!|prpr_07_05.pp|fh02_05_d19.wav|
|怖いから、とってよぉ|prpr_07_05.pp|fh02_05_d20.wav|
|見えないの、やだよぉ!|prpr_07_05.pp|fh02_05_d21.wav|
|あふぅ、んあぁっ!!|prpr_07_05.pp|fh02_05_d22.wav|
|やぁ、中は…やだぁ|prpr_07_05.pp|fh02_05_d23.wav|
|中で、出てるぅ|prpr_07_05.pp|fh02_05_d24.wav|
|や、いっぱいかかってるぅ|prpr_07_05.pp|fh02_05_d25.wav|
|こんなの…もうやだ|prpr_07_05.pp|fh02_05_d26.wav|
|中で出されちゃった…|prpr_07_05.pp|fh02_05_d27.wav|
|体がべとべとになっちゃった|prpr_07_05.pp|fh02_05_d28.wav|
|どんどん、気持ちよくなってくるね|prpr_07_05.pp|fh03_05_s01.wav|
|もっと気持ちよくなりたぁい|prpr_07_05.pp|fh03_05_s02.wav|
|いっぱい、気持ちよくしてあげるね|prpr_07_05.pp|fh03_05_s03.wav|
|たぁくさん、いじっちゃうからね!|prpr_07_05.pp|fh03_05_s04.wav|
|いいよ、入れてね|prpr_07_05.pp|fh03_05_s05.wav|
|全部、入れちゃってもいいよ|prpr_07_05.pp|fh03_05_s06.wav|
|もっと動いてもいいからねぇ!|prpr_07_05.pp|fh03_05_s07.wav|
|気持ちよくなろうね|prpr_07_05.pp|fh03_05_s08.wav|
|いっぱい楽しもうね|prpr_07_05.pp|fh03_05_s09.wav|
|あたし、いっぱいしてあげるね|prpr_07_05.pp|fh03_05_s10.wav|
|もっと楽しんで下いいよ|prpr_07_05.pp|fh03_05_s11.wav|
|エッチな事いっぱいしてあげる|prpr_07_05.pp|fh03_05_s12.wav|
|ねぇ、入れていいよ!|prpr_07_05.pp|fh03_05_s13.wav|
|あたしの中にいれてね|prpr_07_05.pp|fh03_05_s14.wav|
|あたしも気持ちよくなりたぁい|prpr_07_05.pp|fh03_05_s15.wav|
|(ちょっとおいしいかも)|prpr_07_05.pp|fh03_05_s16.wav|
|(よだれがとまらないよぉ)|prpr_07_05.pp|fh03_05_s17.wav|
|(舌が、動かしにくいね)|prpr_07_05.pp|fh03_05_s18.wav|
|見えなくて感じちゃうかもぉ!|prpr_07_05.pp|fh03_05_s19.wav|
|目隠しって、いい感じだね!|prpr_07_05.pp|fh03_05_s20.wav|
|暗くて面白いかも!|prpr_07_05.pp|fh03_05_s21.wav|
|あはぁ、んはぁああっ!|prpr_07_05.pp|fh03_05_s22.wav|
|で、でてるぅぅっ!!|prpr_07_05.pp|fh03_05_s23.wav|
|中で、出てるね|prpr_07_05.pp|fh03_05_s24.wav|
|いっぱい出しちゃったね|prpr_07_05.pp|fh03_05_s25.wav|
|うん、すごく気持ちよかったぁ|prpr_07_05.pp|fh03_05_s26.wav|
|もう精液いっぱい入っちゃった|prpr_07_05.pp|fh03_05_s27.wav|
|なんだかぬるぬるしててすごぉい|prpr_07_05.pp|fh03_05_s28.wav|
|やだぁ…もう本当に、止めてぇ|prpr_07_05.pp|fh03_05_d01.wav|
|気持ちよくなんかぜんぜん…ない|prpr_07_05.pp|fh03_05_d02.wav|
|もう、終わりにしてぇ|prpr_07_05.pp|fh03_05_d03.wav|
|やめてぇ、うれしくなんかないからぁ!|prpr_07_05.pp|fh03_05_d04.wav|
|もう、止めてぇ|prpr_07_05.pp|fh03_05_d05.wav|
|もういい加減にしてよぉ|prpr_07_05.pp|fh03_05_d06.wav|
|やだ、もう終わってよぉ|prpr_07_05.pp|fh03_05_d07.wav|
|こんなんで、感じたり、しないから|prpr_07_05.pp|fh03_05_d08.wav|
|もう無理だよ、やめてよぉ|prpr_07_05.pp|fh03_05_d09.wav|
|もう、やめてってばぁ|prpr_07_05.pp|fh03_05_d10.wav|
|こんなの…もうやだぁ…|prpr_07_05.pp|fh03_05_d11.wav|
|もうできない…もうゆるしてよぉ|prpr_07_05.pp|fh03_05_d12.wav|
|いやぁ、やめて…やりたくないよ|prpr_07_05.pp|fh03_05_d13.wav|
|こんなの…あたしもう、やだぁ|prpr_07_05.pp|fh03_05_d14.wav|
|お願いだから…もう止めてぇ|prpr_07_05.pp|fh03_05_d15.wav|
|(いやぁ…助けてよぉ)|prpr_07_05.pp|fh03_05_d16.wav|
|(息が…くるしいよぉ…ぅ)|prpr_07_05.pp|fh03_05_d17.wav|
|(も、もう止めてってばぁ)|prpr_07_05.pp|fh03_05_d18.wav|
|ぜんぜんうれしく、ないよぉ|prpr_07_05.pp|fh03_05_d19.wav|
|や、嫌ぁ…とってよぉ|prpr_07_05.pp|fh03_05_d20.wav|
|いやぁ…目隠し…いやなのぉ|prpr_07_05.pp|fh03_05_d21.wav|
|あふぅ、んはあぁっ!!|prpr_07_05.pp|fh03_05_d22.wav|
|いや、中…だめぇぇっ!|prpr_07_05.pp|fh03_05_d23.wav|
|やだぁ、中で精液でてる…|prpr_07_05.pp|fh03_05_d24.wav|
|精液が…ぬるぬるして…|prpr_07_05.pp|fh03_05_d25.wav|
|もう…許して…お願い、だから…|prpr_07_05.pp|fh03_05_d26.wav|
|もう…こんなこと、やめてよぉ|prpr_07_05.pp|fh03_05_d27.wav|
|あ、あたし…もう…やだよぉ…|prpr_07_05.pp|fh03_05_d28.wav|
|いいのぉ、もっと続けよう!|prpr_07_05.pp|fh04_05_s01.wav|
|体が熱くて、すごく感じちゃうよぉ|prpr_07_05.pp|fh04_05_s02.wav|
|いっぱい、気持ちよくなってねぇ|prpr_07_05.pp|fh04_05_s03.wav|
|あたしが、いっぱいいじってあげるぅ!|prpr_07_05.pp|fh04_05_s04.wav|
|お願ぁい、早く入れてぇ|prpr_07_05.pp|fh04_05_s05.wav|
|全部、想いっきり深くいれてねぇ!|prpr_07_05.pp|fh04_05_s06.wav|
|もっといっぱい動いてねぇ!|prpr_07_05.pp|fh04_05_s07.wav|
|一緒に気持ちよくなろぉね!|prpr_07_05.pp|fh04_05_s08.wav|
|やっぱり、気持ちいいのさいこうだねぇ!|prpr_07_05.pp|fh04_05_s09.wav|
|もっと気持ちよくしてあげるねぇ!|prpr_07_05.pp|fh04_05_s10.wav|
|いっぱい楽しんじゃおうね!|prpr_07_05.pp|fh04_05_s11.wav|
|あたしがいっぱいしてあげるねぇ!|prpr_07_05.pp|fh04_05_s12.wav|
|いっぱい激しくしてね!|prpr_07_05.pp|fh04_05_s13.wav|
|想いっきり動いてね!|prpr_07_05.pp|fh04_05_s14.wav|
|一緒に、気持ちよくなってね!|prpr_07_05.pp|fh04_05_s15.wav|
|(や、なんだか感じてきちゃうよぉ)|prpr_07_05.pp|fh04_05_s16.wav|
|(もっといっぱい気持ちよくなりたぁい)|prpr_07_05.pp|fh04_05_s17.wav|
|(あたし、変になっちゃいそう!)|prpr_07_05.pp|fh04_05_s18.wav|
|目隠し、感じちゃいうよぉ|prpr_07_05.pp|fh04_05_s19.wav|
|見えないのが、興奮しちゃうよぉ|prpr_07_05.pp|fh04_05_s20.wav|
|目隠しで、敏感になっちゃうよぉ|prpr_07_05.pp|fh04_05_s21.wav|
|んはぁあ…っいちゃううぅぅ!|prpr_07_05.pp|fh04_05_s22.wav|
|な、中、いくぅっ!!|prpr_07_05.pp|fh04_05_s23.wav|
|熱い…あたしの中で、出してるぅ|prpr_07_05.pp|fh04_05_s24.wav|
|まだ出せるの?|prpr_07_05.pp|fh04_05_s25.wav|
|もう最高に楽しかったぁ|prpr_07_05.pp|fh04_05_s26.wav|
|精液でおなかいっぱい|prpr_07_05.pp|fh04_05_s27.wav|
|体中ぬるぬるでいい感じぃ|prpr_07_05.pp|fh04_05_s28.wav|
|いやぁ…もうやめてよぉ|prpr_07_05.pp|fh04_05_d01.wav|
|もう…やりたくないのぉ…やなのぉ|prpr_07_05.pp|fh04_05_d02.wav|
|もう、終わりにしてよぉ、うぅ|prpr_07_05.pp|fh04_05_d03.wav|
|もう、おかしくなっちゃうよぉ|prpr_07_05.pp|fh04_05_d04.wav|
|やだぁ…もう無理だから…やめてぇ|prpr_07_05.pp|fh04_05_d05.wav|
|もう止めて、たすけてぇ|prpr_07_05.pp|fh04_05_d06.wav|
|お願い、もうかんべんしてよぉ|prpr_07_05.pp|fh04_05_d07.wav|
|あたしぃ、これ以上、できないのぉ…|prpr_07_05.pp|fh04_05_d08.wav|
|も、もう、やだぁ…許してよぉ|prpr_07_05.pp|fh04_05_d09.wav|
|もうやだぁ…たすけて|prpr_07_05.pp|fh04_05_d10.wav|
|…絶対…もう無理だからぁ|prpr_07_05.pp|fh04_05_d11.wav|
|もう…許してよぉ|prpr_07_05.pp|fh04_05_d12.wav|
|お願いだから、もう終わってぇ|prpr_07_05.pp|fh04_05_d13.wav|
|やなのぉ、もうぜったいやなのぉ|prpr_07_05.pp|fh04_05_d14.wav|
|お願いだから…もう許してよぉ|prpr_07_05.pp|fh04_05_d15.wav|
|(く、苦しいよぉ、助けて)|prpr_07_05.pp|fh04_05_d16.wav|
|(お願い、誰か助けてぇ)|prpr_07_05.pp|fh04_05_d17.wav|
|(こんなこと、もう…やだぁ)|prpr_07_05.pp|fh04_05_d18.wav|
|いやぁ…見えないの、やだぁ|prpr_07_05.pp|fh04_05_d19.wav|
|お願い、体が、おかしくなっちゃうぅ|prpr_07_05.pp|fh04_05_d20.wav|
|やめてぇ…もう許してぇぇ|prpr_07_05.pp|fh04_05_d21.wav|
|あはぁ、んはあぁっ!!|prpr_07_05.pp|fh04_05_d22.wav|
|やぁ、中はだめぇえ!|prpr_07_05.pp|fh04_05_d23.wav|
|精液を…中で…出さないでよぉ|prpr_07_05.pp|fh04_05_d24.wav|
|精液…とめてよぉ|prpr_07_05.pp|fh04_05_d25.wav|
|いやぁ…も、もういやだよぉ|prpr_07_05.pp|fh04_05_d26.wav|
|あたしに中に…精液、入っちゃってるよぉ|prpr_07_05.pp|fh04_05_d27.wav|
|…あたし…もう、こわれちゃうよぉ…|prpr_07_05.pp|fh04_05_d28.wav|
|いいよぉ、気持ちいいよぉ!|prpr_07_05.pp|fh05_05_s01.wav|
|気持ちよ過ぎて、変になっちゃうぅ|prpr_07_05.pp|fh05_05_s02.wav|
|いっぱい、あそんであげるねぇ|prpr_07_05.pp|fh05_05_s03.wav|
|あは、たっぷり、いじっちゃうからねぇ|prpr_07_05.pp|fh05_05_s04.wav|
|奥までぶちゅぶちゅにしてぇ!|prpr_07_05.pp|fh05_05_s05.wav|
|ぐじゅぐじゅに突っ込んでぇ!|prpr_07_05.pp|fh05_05_s06.wav|
|いい、気持ちいいよぉ|prpr_07_05.pp|fh05_05_s07.wav|
|あたしぃ、変になっちゃうよぉ|prpr_07_05.pp|fh05_05_s08.wav|
|ものすごく気持ちいいのぉ|prpr_07_05.pp|fh05_05_s09.wav|
|もっともっといじりってみたぁい|prpr_07_05.pp|fh05_05_s10.wav|
|いっぱいこすりたいのぉ!|prpr_07_05.pp|fh05_05_s11.wav|
|あたしにしこらせてよぉ!|prpr_07_05.pp|fh05_05_s12.wav|
|奥までねじ込んで欲しいのぉ!|prpr_07_05.pp|fh05_05_s13.wav|
|ずぶずぶに付き込んでぇ|prpr_07_05.pp|fh05_05_s14.wav|
|想いっきり深く付きこんでぇ!|prpr_07_05.pp|fh05_05_s15.wav|
|(最高に気持ちいぃよぉ)|prpr_07_05.pp|fh05_05_s16.wav|
|(よだれでぬれまくっちゃうよぉ)|prpr_07_05.pp|fh05_05_s17.wav|
|(気持ちよくって解けちゃいそう)|prpr_07_05.pp|fh05_05_s18.wav|
|目隠し、かんじちゃうのぉ|prpr_07_05.pp|fh05_05_s19.wav|
|体が敏感でいいかんじなのぉ|prpr_07_05.pp|fh05_05_s20.wav|
|もっと気持ちよくしてぇ|prpr_07_05.pp|fh05_05_s21.wav|
|いく、いちゃううううぅぅっ!!|prpr_07_05.pp|fh05_05_s22.wav|
|中で、い、いくぅぅぅっ!!|prpr_07_05.pp|fh05_05_s23.wav|
|あは…でてるぅ|prpr_07_05.pp|fh05_05_s24.wav|
|熱いのが、いっぱい溢れて来ちゃった|prpr_07_05.pp|fh05_05_s25.wav|
|気持ちよくって、解けちゃいそうだよぉ|prpr_07_05.pp|fh05_05_s26.wav|
|気持ちよくって、眠い|prpr_07_05.pp|fh05_05_s27.wav|
|もっといっぱい、出しまくってねぇ!|prpr_07_05.pp|fh05_05_s28.wav|
|い、いやぁ…もういやなのぉ!|prpr_07_05.pp|fh05_05_d01.wav|
|ゆるしてぇ、もうゆるしてぇ…|prpr_07_05.pp|fh05_05_d02.wav|
|いやぁ、もう続けたくないのぉ|prpr_07_05.pp|fh05_05_d03.wav|
|もうゆるして、お願いだからぁ|prpr_07_05.pp|fh05_05_d04.wav|
|もうだめぇ…だれかぁ…たすけて|prpr_07_05.pp|fh05_05_d05.wav|
|お願い…助けて、たすけてぇ|prpr_07_05.pp|fh05_05_d06.wav|
|あぁ…いやぁ|prpr_07_05.pp|fh05_05_d07.wav|
|だめぇ、やめてよぉ|prpr_07_05.pp|fh05_05_d08.wav|
|もう、こわれちゃうのぉ|prpr_07_05.pp|fh05_05_d09.wav|
|もう、やりたくないのぉ|prpr_07_05.pp|fh05_05_d10.wav|
|これ…もうやだぁ|prpr_07_05.pp|fh05_05_d11.wav|
|いやぁ…もうやりたくないよぉ|prpr_07_05.pp|fh05_05_d12.wav|
|やめて、もうゆるしてよぉ|prpr_07_05.pp|fh05_05_d13.wav|
|やぁ…こんなの、もうやだよぉ|prpr_07_05.pp|fh05_05_d14.wav|
|うぅ…止めて、もうやめてよぉ|prpr_07_05.pp|fh05_05_d15.wav|
|(だ、めぇ…おかしくなっちゃうよぉ)|prpr_07_05.pp|fh05_05_d16.wav|
|(あたしぃ…体、こわれちゃうよぉ)|prpr_07_05.pp|fh05_05_d17.wav|
|(あたしぃ…おかしくなっちゃった…)|prpr_07_05.pp|fh05_05_d18.wav|
|いやぁ、もう変なことしないでぇ|prpr_07_05.pp|fh05_05_d19.wav|
|おかしくなっちゃうから、とってぇ|prpr_07_05.pp|fh05_05_d20.wav|
|もうやだぁ、ゆ、許してよぉ…|prpr_07_05.pp|fh05_05_d21.wav|
|いやぁ、いくううぅぅっ!|prpr_07_05.pp|fh05_05_d22.wav|
|やぁ…中は、ああぁぁっ!!|prpr_07_05.pp|fh05_05_d23.wav|
|中ぁ…熱いのぉ|prpr_07_05.pp|fh05_05_d24.wav|
|だ、出さないでよぉ|prpr_07_05.pp|fh05_05_d25.wav|
|はぁ…もう、やだよぉ|prpr_07_05.pp|fh05_05_d26.wav|
|いや…もぉ…たすけてぇ|prpr_07_05.pp|fh05_05_d27.wav|
|も、もう…出すの…やめてよぉ|prpr_07_05.pp|fh05_05_d28.wav|
|いや、放してよぉ|prpr_07_05.pp|fh01_05_h01.wav|
|お願いだから、やめてよぉ|prpr_07_05.pp|fh01_05_h02.wav|
|い、痛い…もう止めてってばぁ|prpr_07_05.pp|fh01_05_h03.wav|
|やだぁ、もう放してよぉ|prpr_07_05.pp|fh01_05_h04.wav|
|いや、そんなの、いやぁ|prpr_07_05.pp|fh01_05_h05.wav|
|嫌、もう止めて、やめてよぉ!|prpr_07_05.pp|fh01_05_h06.wav|
|放してぇ はなしてってばぁ!|prpr_07_05.pp|fh01_05_h07.wav|
|お願いだから、もう放してよぉ!|prpr_07_05.pp|fh01_05_h08.wav|
|止めてよぉ|prpr_07_05.pp|fh01_05_h09.wav|
|放してよぉ|prpr_07_05.pp|fh01_05_h10.wav|
|い…痛い|prpr_07_05.pp|fh01_05_h11.wav|
|いやぁ…もうやだよぉ|prpr_07_05.pp|fh01_05_h12.wav|
|いや! もう止めてってばぁ!|prpr_07_05.pp|fh01_05_h13.wav|
|もうやだ、許してよぉ!|prpr_07_05.pp|fh01_05_h14.wav|
|止めてぇ もう放してってばぁ!|prpr_07_05.pp|fh01_05_h15.wav|
|いやぁ、もうやめてぇ!|prpr_07_05.pp|fh01_05_h16.wav|
|(いやぁ、放してよぉ)|prpr_07_05.pp|fh01_05_h17.wav|
|(もう許してよぉ)|prpr_07_05.pp|fh01_05_h18.wav|
|(こんな、もう嫌だよぉ!)|prpr_07_05.pp|fh01_05_h19.wav|
|いや、とって、目隠しとってよぉ|prpr_07_05.pp|fh01_05_h20.wav|
|こ、こわい、とってよぉ|prpr_07_05.pp|fh01_05_h21.wav|
|いやぁ、怖いから、はずしてってばぁ|prpr_07_05.pp|fh01_05_h22.wav|
|あぅ…あぁ!|prpr_07_05.pp|fh01_05_h23.wav|
|い、いやぁ|prpr_07_05.pp|fh01_05_h24.wav|
|いや、やめてよぉっ|prpr_07_05.pp|fh01_05_h25.wav|
|やだ! 出さないでぇ|prpr_07_05.pp|fh01_05_h26.wav|
|いやぁ…やめてぇ!|prpr_07_05.pp|fh01_05_h27.wav|
|も、もう許してぇ|prpr_07_05.pp|fh01_05_h28.wav|
|もうやだ、助けてよぉ|prpr_07_05.pp|fh01_05_h29.wav|
|こんなの…ひどいよ|prpr_07_05.pp|fh01_05_h30.wav|
|こんなの、もうこんなのやだよぉ…うう|prpr_07_05.pp|fh01_05_h31.wav|
|もう、やだ…だれか、助けてよぉ|prpr_07_05.pp|fh01_05_h32.wav|
|もう、もう許してよぉ|prpr_07_05.pp|fh01_05_h33.wav|
|や、やだぁ、もうやめてぇ|prpr_07_05.pp|fh02_05_h01.wav|
|だめ、もう止めてってばぁ|prpr_07_05.pp|fh02_05_h02.wav|
|いや、体が変になっちゃうからぁ|prpr_07_05.pp|fh02_05_h03.wav|
|もう…たすけてよぉ|prpr_07_05.pp|fh02_05_h04.wav|
|いやぁ…そんなのいやだよぉ!|prpr_07_05.pp|fh02_05_h05.wav|
|やめてよぉ…いやだってばぁ|prpr_07_05.pp|fh02_05_h06.wav|
|もうやだ 放してよぉ!|prpr_07_05.pp|fh02_05_h07.wav|
|だめぇ、もうやめてってばぁ!|prpr_07_05.pp|fh02_05_h08.wav|
|も、もうやりたくないよぉ|prpr_07_05.pp|fh02_05_h09.wav|
|お願い、もう放してよぉ|prpr_07_05.pp|fh02_05_h10.wav|
|止めて、もうやめてぇ|prpr_07_05.pp|fh02_05_h11.wav|
|いやぁ…もう止めてよぉ!|prpr_07_05.pp|fh02_05_h12.wav|
|やだぁ、入れないでぇ|prpr_07_05.pp|fh02_05_h13.wav|
|いやぁ、放してよぉ!|prpr_07_05.pp|fh02_05_h14.wav|
|も、もう、こんなの…やだぁ|prpr_07_05.pp|fh02_05_h15.wav|
|いやぁ…助けて…たすけてぇ|prpr_07_05.pp|fh02_05_h16.wav|
|(もうやだ…やめてぇ)|prpr_07_05.pp|fh02_05_h17.wav|
|(放して、はなしてよぉ)|prpr_07_05.pp|fh02_05_h18.wav|
|(もうやめてぇ、たすけてぇ)|prpr_07_05.pp|fh02_05_h19.wav|
|こ、こわいよぉ、もうはずしてよぉ|prpr_07_05.pp|fh02_05_h20.wav|
|やだぁ…もう止めてよぉ!|prpr_07_05.pp|fh02_05_h21.wav|
|怖い、こわいよぉ…たすけてよぉ|prpr_07_05.pp|fh02_05_h22.wav|
|あふぅ、んあああぁぁっ!|prpr_07_05.pp|fh02_05_h23.wav|
|い、いやあぁぁぁっ!|prpr_07_05.pp|fh02_05_h24.wav|
|やぁっだめぇぇっ!|prpr_07_05.pp|fh02_05_h25.wav|
|やだぁ…中で…でてる|prpr_07_05.pp|fh02_05_h26.wav|
|やだぁ…もう止めてよぉ|prpr_07_05.pp|fh02_05_h27.wav|
|うぅ…こんなの…もう…やだよぉ…|prpr_07_05.pp|fh02_05_h28.wav|
|もうやだ…たすけてよぉ…|prpr_07_05.pp|fh02_05_h29.wav|
|おなか…熱いよぉ…|prpr_07_05.pp|fh02_05_h30.wav|
|もうやめてよぉ…もうはなしてよぉ|prpr_07_05.pp|fh02_05_h31.wav|
|…誰か…たすけてよぉ|prpr_07_05.pp|fh02_05_h32.wav|
|もう…こんなのやだよぉ|prpr_07_05.pp|fh02_05_h33.wav|
|やだぁ…! 助けてよぉ!|prpr_07_05.pp|fh03_05_h01.wav|
|やだぁ、もう、おかしくなっちゃうから!|prpr_07_05.pp|fh03_05_h02.wav|
|やめてよぉ、こわれちゃうよぉ!|prpr_07_05.pp|fh03_05_h03.wav|
|やだぁ…もうだめぇ|prpr_07_05.pp|fh03_05_h04.wav|
|やぁ…もうさわらないでよぉ|prpr_07_05.pp|fh03_05_h05.wav|
|痛いよぉ…もういやぁ|prpr_07_05.pp|fh03_05_h06.wav|
|いやぁ…もういやなのぉ|prpr_07_05.pp|fh03_05_h07.wav|
|放してぇ…お願い…やめて|prpr_07_05.pp|fh03_05_h08.wav|
|止めてぇ…もう助けてぇ|prpr_07_05.pp|fh03_05_h09.wav|
|や、やだぁ…誰かたすけてぇ|prpr_07_05.pp|fh03_05_h10.wav|
|お願いだから…もうはなしてくださぁい|prpr_07_05.pp|fh03_05_h11.wav|
|もうだめぇ…助けてよぉ|prpr_07_05.pp|fh03_05_h12.wav|
|やだ、入れちゃやだぁ!!|prpr_07_05.pp|fh03_05_h13.wav|
|体、こわれちゃうよぉ|prpr_07_05.pp|fh03_05_h14.wav|
|もうだめぇ…壊れ、ちゃうからぁ|prpr_07_05.pp|fh03_05_h15.wav|
|いやぁ、もういやぁ!|prpr_07_05.pp|fh03_05_h16.wav|
|(助けて、だれか助けてぇ)|prpr_07_05.pp|fh03_05_h17.wav|
|(いやぁ…もういやぁ)|prpr_07_05.pp|fh03_05_h18.wav|
|(やめてぇ…やめてぇ…)|prpr_07_05.pp|fh03_05_h19.wav|
|ぁ…きもちいいの…やだぁ|prpr_07_05.pp|fh03_05_h20.wav|
|やめてぁ…いきたく…ないのぉ|prpr_07_05.pp|fh03_05_h21.wav|
|だめぇ…もう…さわらないでぇ|prpr_07_05.pp|fh03_05_h22.wav|
|い、いやああぁぁっ!|prpr_07_05.pp|fh03_05_h23.wav|
|い、いくううううぅぅっ!|prpr_07_05.pp|fh03_05_h24.wav|
|や、ぁはあああぁぁっ!!|prpr_07_05.pp|fh03_05_h25.wav|
|せーえき…|prpr_07_05.pp|fh03_05_h26.wav|
|せいえきぃがぁ、熱いよぉ|prpr_07_05.pp|fh03_05_h27.wav|
|ぁ…も、もうや…こわれちゃう、|prpr_07_05.pp|fh03_05_h28.wav|
|…もう…ゆるしてぇ|prpr_07_05.pp|fh03_05_h29.wav|
|せいえき、おなか、いっぱい…|prpr_07_05.pp|fh03_05_h30.wav|
|もう…精液…ほしくないよ|prpr_07_05.pp|fh03_05_h31.wav|
|あぁ…精液…かけないでぇ|prpr_07_05.pp|fh03_05_h32.wav|
|もう…ぬるぬるいやなのぉ|prpr_07_05.pp|fh03_05_h33.wav|
**セリフタイプF_台詞 [#g649818a]
|Voice|Pack|File|h
|「あの刹羅と行動をともにしている以上、神埼博士も関わっているはず――ありえる話ね」|prpr_08_01.pp|r01_i1_0479.ogg|
|「藤堂様のご命令さえいただけましたら、すぐにでも」|prpr_08_01.pp|r01_i1_0482.ogg|
|「まぁまぁ、そこまでにしておきなさい。いいわ、草薙。貴方の言う通り裏切り者とその少年の方はみちるに動いてもらうわ」|prpr_08_01.pp|r01_i1_0484.ogg|
|「草薙、貴方は引き続きリストに沿って、実験の方の指揮をお願いするわ」|prpr_08_01.pp|r01_i1_0486.ogg|
|「手配しておくわ」|prpr_08_01.pp|r01_i1_0488.ogg|
|「サイズ…ね。生け捕りにできるかしら?」|prpr_08_01.pp|r01_i1_0490.ogg|
|「そうね、もしホムンクルス計画の邪魔になるようなら、排除した方がいいわね」|prpr_08_01.pp|r01_i1_0492.ogg|
|「ありがとう、みちる。頼りにしているわ――」|prpr_08_01.pp|r01_i1_0494.ogg|
|「侵入者? 警備は何をしていたの?」|prpr_08_01.pp|r01_i1_0556.ogg|
|「――何も、いないわよ?」|prpr_08_01.pp|r01_i1_0558.ogg|
|「これは…反応しているわね」|prpr_08_01.pp|r01_i1_0560.ogg|
|「ステルス迷彩――神崎博士の仕業ね」|prpr_08_01.pp|r01_i1_0562.ogg|
|「そうして頂戴」|prpr_08_01.pp|r01_i1_0564.ogg|
|「みちる、草薙、聞こえてる? 二階の資料室から煙が出てるらしいの。あの連中はいいからまずはそっちに回って頂戴」|prpr_08_01.pp|r01_i1_0614.ogg|
|「一体、何の為にここに?」|prpr_08_01.pp|r01_i1_0619.ogg|
|「そう。あの夜は、それが目的だったのね」|prpr_08_01.pp|r01_i1_0925.ogg|
|「宿主は、まだ生きているの?」|prpr_08_01.pp|r01_i1_0927.ogg|
|「なるほど――あの少年がサイズなら不可能なことじゃないわね」|prpr_08_01.pp|r01_i1_0929.ogg|
|「多分そんなところね。ホムンクルスの性質を理解している神埼博士なら簡単に思いつく方法だわ」|prpr_08_01.pp|r01_i1_0931.ogg|
|「でも、彼らがリストを持つとわかった以上、いろいろと利用価値はあるはずよ」|prpr_08_01.pp|r01_i1_0933.ogg|
|「わかってるわ。ちょうどいい機会よ。彼らを罠にはめて最終段階の実験台になってもらいましょう」|prpr_08_01.pp|r01_i1_0935.ogg|
|「ホムンクルス計画は私のものよ。極東支部に横取りなんてさせないわ」|prpr_08_01.pp|r01_i1_0937.ogg|
|「ちゃんと招待にこたえてくれたようね――さぁ、歓迎の準備を急がないと」|prpr_08_01.pp|r01_i1_0997.ogg|
|「できる限り時間を稼いで頂戴――後もう少しで迎え入れる準備が整うわ」|prpr_08_01.pp|r01_i1_1018.ogg|
|「こっちにはいないわ――どういうこと、一体どこに行っているのかしら?」|prpr_08_01.pp|r01_i1_1020.ogg|
|「よろしくお願いね――しばらくしたら、強化人間を、いえ、サイズさえも超える力を見せてあげるわ」|prpr_08_01.pp|r01_i1_1022.ogg|
|「だめよ…逃がさないわ」|prpr_08_01.pp|r01_i1_1035.ogg|
|「お待たせしてごめんなさい。でも、まだまだ帰す分けにはいかないのよ」|prpr_08_01.pp|r01_i1_1036.ogg|
|「私は藤堂静音。エクリプスで今回のホムンクルス計画の主任を任されている者よ」|prpr_08_01.pp|r01_i1_1038.ogg|
|「雇われシェフね――うふふふ、確かにそうかもしれないわ。でも、料理の味には自信があるわよ」|prpr_08_01.pp|r01_i1_1041.ogg|
|「――少々時間がかかったけど、ここからが私のフルコースの本番よ!」|prpr_08_01.pp|r01_i1_1042.ogg|
|「これが私が手に入れた力――ホムンクルスの力よ」|prpr_08_01.pp|r01_i1_1048.ogg|
|「成体ホムンクルスを調整して、体内に移植することで人智を超えた力を手にすることができるの」|prpr_08_01.pp|r01_i1_1049.ogg|
|「さぁ、たっぷり味わっていってもらうわよ。強化人間はおろか、サイズを超えたこの力を!」|prpr_08_01.pp|r01_i1_1050.ogg|
|「――おしゃべりしてる場合かしら!」|prpr_08_01.pp|r01_i1_1055.ogg|
|「さぁ、次はあなたの番よ」|prpr_08_01.pp|r01_i1_1065.ogg|
|「え?」|prpr_08_01.pp|r01_i1_1067.ogg|
|「…どういうこと? まるでダメージがないっていうの?」|prpr_08_01.pp|r01_i1_1069.ogg|
|「なめないでっ! だったら、立ち上がれなくなるくらい打ち込めばいいだけよ。私を捉えられない限り、結局あなたたち勝ち目はないのよ」|prpr_08_01.pp|r01_i1_1071.ogg|
|「きゃああぁぁっ!!」|prpr_08_01.pp|r01_i1_1072.ogg|
|「今の…一体…何…?!」|prpr_08_01.pp|r01_i1_1073.ogg|
|「く、うぅ…このままじゃ、終わらないわ…みちるは…どこなの?」|prpr_08_01.pp|r01_i1_1080.ogg|
|「が、はぁっ…な、ぜ?」|prpr_08_01.pp|r01_i1_1082.ogg|
|「う、うぅ…」|prpr_08_01.pp|r01_i1_1086.ogg|
|「フフッ…お人好し…なのね…いいわ、あなたたちも私と一緒に行きましょう…永遠の、闇の世界へ…」|prpr_08_01.pp|r01_i1_1095.ogg|
|「発射台のないミサイル…あなたはこう言ったわ…でも、自爆すれば…こけおどしじゃ、すまないわ…」|prpr_08_01.pp|r01_i1_1098.ogg|
|「無理よ…今までだってずっと、馬鹿な真似を続けてきたのよ…最後だって、馬鹿な真似で…終わらせるのよ……」|prpr_08_01.pp|r01_i1_1101.ogg|
|「な…な、ぜ…?」|prpr_08_01.pp|r01_i1_1114.ogg|
|「…そう、まだ…外に仲間が…いたのね…」|prpr_08_01.pp|r01_i1_1128.ogg|
|「DMクラフト社…それが、エクリプス極東支部の…もし…行く気があったら、行ってみるといいわ…」|prpr_08_01.pp|r01_i1_1130.ogg|
|「草薙。あなた、例のリスト失くしちゃったらしいわね」|prpr_08_02.pp|r02_i1_0525.ogg|
|「くだらない言い訳は聞きたくないわ。おかげで、見て御覧なさい――」|prpr_08_02.pp|r02_i1_0527.ogg|
|「この三人、呪符を隠し持っているわ」|prpr_08_02.pp|r02_i1_0529.ogg|
|「おそらくは――ねぇ、草薙…リスト紛失の汚名、この辺りでぬぐっておいた方がいいんじゃないのかしら?」|prpr_08_02.pp|r02_i1_0531.ogg|
|「それに、そろそろセイラとみちるも動かせるはずよ」|prpr_08_02.pp|r02_i1_0533.ogg|
|「あの子たちも調整中ずっと退屈してたのよ。せいぜい遊ばせてあげて」|prpr_08_02.pp|r02_i1_0535.ogg|
|「あまり無茶なことはしちゃだめよ、セイラ」|prpr_08_02.pp|r02_i1_0838.ogg|
|「逃がしたのね」|prpr_08_02.pp|r02_i1_0840.ogg|
|「まあいいわ。生贄もしっかり責めてくれたみたいだし」|prpr_08_02.pp|r02_i1_0842.ogg|
|「ご苦労様。下がっていいわよ」|prpr_08_02.pp|r02_i1_0844.ogg|
|「左手首に、右肩だったわね…さすがの朧もこれだけの呪縛を受ければ、ただじゃすまないはずよ――ウフフフ」|prpr_08_02.pp|r02_i1_0846.ogg|
|「あなたたちさえ来なければ、すべてがもっとうまく運んでいたのに!」|prpr_08_02.pp|r02_i1_1074.ogg|
|「すべては復讐のため――あの朧に復讐するためなのよぉ!!」|prpr_08_02.pp|r02_i1_1078.ogg|
|「ぐはぁっ!!」|prpr_08_02.pp|r02_i1_1080.ogg|
|「あぐぅ! がはぁ! ぎゃあぁぁ!」|prpr_08_02.pp|r02_i1_1086.ogg|
|「はぁ…こんなことで、終わるわけがぁ、ないのよぉおおおっ!」|prpr_08_02.pp|r02_i1_1088.ogg|
|「私の復讐のぉ…邪魔はさせなぁ…」|prpr_08_02.pp|r02_i1_1093.ogg|
|「わ…たし…の……ふくしゅう…」|prpr_08_02.pp|r02_i1_1095.ogg|
|「――何だっていうのよ、一体」|prpr_08_03.pp|r03_i1_0696.ogg|
|「何これ…――あんた達、一体なんの用かしら?」|prpr_08_03.pp|r03_i1_0698.ogg|
|「――ってことは、そこのお譲ちゃんも…」|prpr_08_03.pp|r03_i1_0710.ogg|
|「だったら、見せて頂戴!」|prpr_08_03.pp|r03_i1_0712.ogg|
|「へぇ…精霊を呼ばなくてもそれぐらいできるって事? でも、なめないで頂戴ね」|prpr_08_03.pp|r03_i1_0717.ogg|
|「何ですってっ!?」|prpr_08_03.pp|r03_i1_0726.ogg|
|「冗談じゃないわよ!」|prpr_08_03.pp|r03_i1_0735.ogg|
|「ちょ、ちょっと待ちなさいよ?! なんなのよ、そのバカみたいに大きい魔力は?」|prpr_08_03.pp|r03_i1_0738.ogg|
|「ひっ! ぎゃあぁぁっ!!」|prpr_08_03.pp|r03_i1_0740.ogg|
|「ま…まだ、無事よ…危なかったけどね」|prpr_08_03.pp|r03_i1_0758.ogg|
|「また大きいのが来るわよ!」|prpr_08_03.pp|r03_i1_0762.ogg|
|「わかったわ!」|prpr_08_03.pp|r03_i1_0764.ogg|
|「どうするの、大門?」|prpr_08_03.pp|r03_i1_0795.ogg|
|「なら決まりね。しばらく身を潜めつつ、エナジー集めをするしかないわ」|prpr_08_03.pp|r03_i1_0798.ogg|
|「――そうですか、クラスの皆さんのために」|prpr_08_03.pp|r03_i1_0902.ogg|
|「それで、どうして私たちのブレスレットのことを」|prpr_08_03.pp|r03_i1_0904.ogg|
|「なるほど…」|prpr_08_03.pp|r03_i1_0906.ogg|
|「わかりました。あなたが抱いた30人分の大きな願い――私たちが責任を持って叶うよう祈りを込めて差し上げます…こちらへどうぞ」|prpr_08_03.pp|r03_i1_0908.ogg|
|「――?! あら、そうなの――ウフフフ」|prpr_08_03.pp|r03_i1_0910.ogg|
|「いえ…なんでもありません。それではあちらの部屋に…」|prpr_08_03.pp|r03_i1_0913.ogg|
|「待ちなさい――! そんな所で何をしているのかしら、坊や」|prpr_08_03.pp|r03_i1_0916.ogg|
|「ずいぶんと素敵なモノ、ぶら下げてるわね――ウフフフフ」|prpr_08_03.pp|r03_i1_0918.ogg|
|「幽体になってまで忍び込んでくるなんて、大したものね」|prpr_08_03.pp|r03_i1_0920.ogg|
|「あら、ひょっとして知り合いなの? 彼女はね、私たちが探していた最後の生贄なのよ」|prpr_08_03.pp|r03_i1_0922.ogg|
|「その身に、複数の願いを宿らせた存在…その心からは純度の高いエナジーが吸い取れるのよ!」|prpr_08_03.pp|r03_i1_0924.ogg|
|「無駄よ――幽体じゃ何もできないでしょ? それに…」|prpr_08_03.pp|r03_i1_0926.ogg|
|「この部屋に結界を張ったわ。幽体のあなたじゃ余計に逃げようがないわよ」|prpr_08_03.pp|r03_i1_0928.ogg|
|「それじゃ、大人しく夢でも見てて頂戴。ウフフ…アハハハハ――」|prpr_08_03.pp|r03_i1_0930.ogg|
|「すごいわね…まだまだ出そうだわ」|prpr_08_03.pp|r03_i1_0976.ogg|
|「大丈夫よ。この坊や、若いんだから――ちょっとやそっとじゃ死なないわよ」|prpr_08_03.pp|r03_i1_0978.ogg|
|「わかってるわ…でも――もうちょっとだけおもちゃにさせてもらうわね、ウフフフ」|prpr_08_03.pp|r03_i1_0980.ogg|
|「ん?! 何、この感覚?!」|prpr_08_03.pp|r03_i1_1051.ogg|
|「なんなの、これは?!」|prpr_08_03.pp|r03_i1_1053.ogg|
|「そんな、バカな…どうやってここに?!」|prpr_08_03.pp|r03_i1_1058.ogg|
|「観念しろですって? 冗談じゃないわ!」|prpr_08_03.pp|r03_i1_1070.ogg|
|「私たちが何も準備をせずここにいたなんて、思わないことね!」|prpr_08_03.pp|r03_i1_1072.ogg|
|「邪精霊、あなたたちの出番よ!」|prpr_08_03.pp|r03_i1_1096.ogg|
|「どうかしら? 邪精霊の実力は!」|prpr_08_03.pp|r03_i1_1103.ogg|
|「そうよ…邪精霊の恐ろしさ、たっぷり教えてあげるわ!」|prpr_08_03.pp|r03_i1_1111.ogg|
|「減らず口を! その小娘を、叩きのめすのよ!」|prpr_08_03.pp|r03_i1_1113.ogg|
|「懲りない小娘ね! あなたの攻撃は通用しないわよ」|prpr_08_03.pp|r03_i1_1114.ogg|
|「う、うそでしょ?! そんな…」|prpr_08_03.pp|r03_i1_1118.ogg|
|「ど、どういうこと…こんな、こんな簡単に?!」|prpr_08_03.pp|r03_i1_1121.ogg|
|「ぐはぁ…――そんな…こ、この私が…――」|prpr_08_03.pp|r03_i1_1123.ogg|
|「楽しそうねぇ、草薙?」|prpr_08_04.pp|r04_i1_0577.ogg|
|「ついさっきよ…――でもね、ずっと探してたのよ、あなたの事…ねぇ、私と一緒に来て頂戴…ウフフフフ」|prpr_08_04.pp|r04_i1_0579.ogg|
|「ちょっと? こんなもの呼び出して、どうするつもりなの」|prpr_08_04.pp|r04_i1_0582.ogg|
|「まったく、女王候補をなめるのも対外にしないと…いい加減怒るわよ」|prpr_08_04.pp|r04_i1_0585.ogg|
|「さぁ、教えて頂戴…あなたの主は今どこにいるのかしら?」|prpr_08_04.pp|r04_i1_0587.ogg|
|「別に良いわよ…色々と、聞き方はあるんだから――ウフフ――?!」|prpr_08_04.pp|r04_i1_0589.ogg|
|「――あら朧? ひさしぶりね」|prpr_08_04.pp|r04_i1_0590.ogg|
|「決まってるでしょ? 情報収集よ…――」|prpr_08_04.pp|r04_i1_0592.ogg|
|「そうなの? 知らなかったわ…なら、返してあげる――」|prpr_08_04.pp|r04_i1_0594.ogg|
|「受け取って…――!」|prpr_08_04.pp|r04_i1_0595.ogg|
|「目が覚めたわね…それじゃ、色々お話聞かせてもらうわよ?」|prpr_08_04.pp|r04_i1_0710.ogg|
|「まったく…セイラの粘土細工の分際で、私に逆らえると本気で思ってるのかかしら」|prpr_08_04.pp|r04_i1_0712.ogg|
|「よろしい…それじゃ、全部話して頂戴…いいわね?」|prpr_08_04.pp|r04_i1_0714.ogg|
|「そうね、もう十分よ――それじゃ、死んで頂戴。自分でね」|prpr_08_04.pp|r04_i1_0716.ogg|
|「どういうつもりなの? 一定の候補者に肩入れして…」|prpr_08_04.pp|r04_i1_0745.ogg|
|「そうね…あなたはこれ以上にないくらい公正な審判だわ」|prpr_08_04.pp|r04_i1_0747.ogg|
|「ちなみに…今の所誰が優勢なのかしら?」|prpr_08_04.pp|r04_i1_0749.ogg|
|「誰が何人倒しているか…それだけで十分よ。ルール違反なら話さなくて結構よ」|prpr_08_04.pp|r04_i1_0751.ogg|
|「やっぱり、セイラが増やしてるわね」|prpr_08_04.pp|r04_i1_0753.ogg|
|「で――最後の一人は、いつ覚醒するの?」|prpr_08_04.pp|r04_i1_0755.ogg|
|「ありがとう。それだけ確認できればもう十分だわ」|prpr_08_04.pp|r04_i1_0758.ogg|
|「刹羅よ――この戦いの審判」|prpr_08_04.pp|r04_i1_0761.ogg|
|「さぁね…でも噂では、一回目の女王選びからずっと審判を続けてるらしいわ」|prpr_08_04.pp|r04_i1_0763.ogg|
|「彼女の事はいいのよ…ルールさえ守っていれば、何の脅威でもないんだから」|prpr_08_04.pp|r04_i1_0765.ogg|
|「それより、セイラの動きよ――あの女のターゲットについて、2人ほど情報を掴んでいるわ」|prpr_08_04.pp|r04_i1_0766.ogg|
|「えぇ…――ターゲットはここにいるわ」|prpr_08_04.pp|r04_i1_0768.ogg|
|「――私はまだ接触できないから、あなたにお願いするわね」|prpr_08_04.pp|r04_i1_0769.ogg|
|「どう? 守備の方は?」|prpr_08_04.pp|r04_i1_0903.ogg|
|「そう…楽しみね」|prpr_08_04.pp|r04_i1_0905.ogg|
|「まったく…こんな粘土細工の尾行に気がつかないなんて――そんなみっともない者を従者にした覚えはないわよ」|prpr_08_04.pp|r04_i1_0909.ogg|
|「興がそがれたわ――大門だったわね? 後は勝手にしなさい」|prpr_08_04.pp|r04_i1_0911.ogg|
|「あら、こんな所で会うなんて珍しいわね」|prpr_08_04.pp|r04_i1_0919.ogg|
|「もう、ここにはいないわ――大門が持っていったわ|prpr_08_04.pp|r04_i1_0924.ogg|
|「とにかく――今はもうあなたにかまってる時間はないのよ、朧」|prpr_08_04.pp|r04_i1_0926.ogg|
|「今から、セイラの首をもらいに行くのよ――あなたの相手は、その後にしてあげるわ」|prpr_08_04.pp|r04_i1_0928.ogg|
|「ダメよ――あなたはここで…大人しく待ってて頂戴!」|prpr_08_04.pp|r04_i1_0930.ogg|
|「やっと中に入れたけど…こんなに汚い部屋だったのね――セイラ」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1038.ogg|
|「これならずっと逃げ回っていたのもうなずけるわ――恥ずかしくて、誰にも見せられないものね、ウフフフフ」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1039.ogg|
|「今更、もう遅いわ…――」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1041.ogg|
|「これで4人と4人。スコアは並んだけど――でも、実力はどうかしら?」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1043.ogg|
|「やっぱり…所詮不意打ちで集めた力なんて、大した事なかったわね、セイラ」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1053.ogg|
|「?! まさか?」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1055.ogg|
|「何しに来たの、朧――大人しく待っててくれたら、迎えにいて上げたのに」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1059.ogg|
|「わがままね…――でもすぐにすむからもう少しだけ待って頂戴!」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1061.ogg|
|「さようなら…セイラ」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1063.ogg|
|「これで…自分を含めて10人分ね」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1065.ogg|
|「無駄よ? まるで効かないわ」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1068.ogg|
|「ウフフフ…さすが10人分、すばらしい力だわ――どうやら、大勢は決したようね、朧」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1070.ogg|
|「そう、今のところはね、ウフフフ――それにしてもあなたの従者、なかなかやるわね?」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1101.ogg|
|「そうね…従者が情けない分、主がしっかりしないとね!」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1103.ogg|
|「そろそろ終わりにしましょう…」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1106.ogg|
|「うっとうしいわね…邪魔しないで」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1109.ogg|
|「ダメよ…その状態で命令されても説得力がないわ――」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1113.ogg|
|「――どうやら、まだ続けるみたいね」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1126.ogg|
|「それなら私も、ちょっと準備させてもらうわ――刹羅…見てるんでしょ?」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1128.ogg|
|「もうすぐ女王が決定するわ…そこで提案があるんだけど」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1130.ogg|
|「ここから先は一切の疑義が生じぬよう、より一層厳正なる審判をお願いするわ」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1132.ogg|
|「正々堂々と戦うためには、本来こうあるべきだったのよ…そう思わない?」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1135.ogg|
|「――ならば私は…」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1140.ogg|
|「正式に一騎打ちを申し込むわ」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1141.ogg|
|「しかも今はルールが厳正化している――たとえ従者であろうと加勢は一切認められない…そうよね、刹羅」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1146.ogg|
|「つまり、あなたと私の二人きりで、今持てる力のみで雌雄を決するの…それこそまさに、女王を決める戦いの内容に相応しいものだと思わない?」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1148.ogg|
|「さぁ…始めましょう――最後の戦いを」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1152.ogg|
|「あら? 自らの能力を使い、周りにあるものを盾として使用する――何か問題があるのかしら?」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1160.ogg|
|「なら…このままやらせてもらうわよ――さぁ、がんばって盾を壊さないと、私に直接攻撃できないわよ、ウフフフ」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1162.ogg|
|「あの子の方が賢いわね、降伏するよう勧めてるわよ?」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1170.ogg|
|「主人を無視して降伏するって言うの…?」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1173.ogg|
|「わかったわ…ほら、これで手が動くはずよ――」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1175.ogg|
|「ウフフフ、不思議ね…どうしてあなたたちみたいな間抜けな従者に、うちのみちるが負けたのかしら――」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1177.ogg|
|「武器を捨てたからって盾としての使い道がなくなるわけじゃないのよ――?」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1178.ogg|
|「でも、盾を持つのも飽きちゃったわ…そろそろ、主人もろとも皆殺しにしてあげる――!!」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1180.ogg|
|「な、何を言っているの?」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1188.ogg|
|「ふざけ、ないで…――冗談じゃないわ!!」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1192.ogg|
|「審判だかなんだか知らないけど…偉そうなこといわないで頂戴! 私は女王なのよ!」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1193.ogg|
|「え?!」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1196.ogg|
|「どうして? どうしてそうなるのよ?!」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1199.ogg|
|「そんな…そんな事って…」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1201.ogg|
|「ひっ!」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1205.ogg|
|「まさか…こんな、こんなことで…私がぁあ…」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1206.ogg|
|「ぎゃあああぁぁぁぁっ!!」|prpr_08_04.pp|r04_i1_1209.ogg|
|「ウフフフ…“ラビリンスマスター”と呼ばれるこの私の閉鎖結界――そう簡単に敗れるものじゃないわよ――」|prpr_08_06.pp|r06_i1_0544.ogg|
|「?! ちょっと、何をしているの!」|prpr_08_06.pp|r06_i1_0549.ogg|
|「何をしているのよ――殺したら精気が奪えないでしょ。まったく、これだからグールは嫌いよ」|prpr_08_06.pp|r06_i1_0551.ogg|
|「せ、刹羅?! な、なぜ…いつの間に――どうやってここに」|prpr_08_06.pp|r06_i1_0553.ogg|
|「それで――いつまでこの私を無視し続けるのかしら?」|prpr_08_06.pp|r06_i1_0585.ogg|
|「よく言ったわね――だったら、試して御覧なさい!!」|prpr_08_06.pp|r06_i1_0589.ogg|
|「ちょ?! なんですってっ――!」|prpr_08_06.pp|r06_i1_0591.ogg|
|「そ、そんな…何よ、これは?!」|prpr_08_06.pp|r06_i1_0593.ogg|
|「くっ…まともにやりあうには、データが足りないわ…――仕切り直しよ」|prpr_08_06.pp|r06_i1_0595.ogg|
|「とにかくあの中の一つでもいいから手に入れるのよ――」|prpr_08_06.pp|r06_i1_0624.ogg|
|「導師、いらしてんですか?」|prpr_08_06.pp|r06_i1_0626.ogg|
|「それじゃ、うまくやって頂戴」|prpr_08_06.pp|r06_i1_0725.ogg|
|「フン、わかってるわよ!」|prpr_08_06.pp|r06_i1_0741.ogg|
|「ウフフフ…これが私の本当の力よ」|prpr_08_06.pp|r06_i1_0743.ogg|
|「いくらキャノシードの持ち主でも、しばらく目を開けないはずよ」|prpr_08_06.pp|r06_i1_0746.ogg|
|「破眼さえ封じてしまえば、羽をもがれたも同然でしょ…ウフフフ」|prpr_08_06.pp|r06_i1_0747.ogg|
|「はっ!」|prpr_08_06.pp|r06_i1_0751.ogg|
|「ついでだからあなたも招待してあげるわ――私たちのパーティに…ウフフフフ!」|prpr_08_06.pp|r06_i1_0753.ogg|
|「そんなバカな?!」|prpr_08_06.pp|r06_i1_0892.ogg|
|「残ったキャノシードの坊やが…導師の結界を無理矢理突き破ったのよ」|prpr_08_06.pp|r06_i1_0894.ogg|
|「だ、大門様…」|prpr_08_06.pp|r06_i1_0927.ogg|
|「はい」|prpr_08_06.pp|r06_i1_0934.ogg|
|「ウソでしょ? どうしてあの坊やが?!」|prpr_08_06.pp|r06_i1_0998.ogg|
|「ずっとさまよってれば良かったのに…でも、坊やも破眼が使えたなんて――ちょっと侮っていたわね…」|prpr_08_06.pp|r06_i1_1001.ogg|
|「でも、こちらはすでに、破眼の弱点は研究済み――使用中は物質と魔力の判断がつき難いこと…」|prpr_08_06.pp|r06_i1_1006.ogg|
|「さぁ、この攻撃を破ってみるがいいわ!」|prpr_08_06.pp|r06_i1_1007.ogg|
|「(召喚した岩とエネルギー体の複合攻撃よ! 破眼を使って自爆するといいわ)」|prpr_08_06.pp|r06_i1_1008.ogg|
|「ちょっと! なぜ破眼を使わないのよっ?」|prpr_08_06.pp|r06_i1_1010.ogg|
|「?!」|prpr_08_06.pp|r06_i1_1013.ogg|
|「ぐはっ!? ぁ、が…」|prpr_08_06.pp|r06_i1_1015.ogg|
**セリフタイプF__喘ぎ [#p582ab88]
**セリフタイプF_喘ぎ [#p582ab88]
|Voice|Pack|File|h
|感度弱(ゆっくり)|prpr_07_06.pp|fh01_06_r01.wav|
|感度弱(通常)|prpr_07_06.pp|fh01_06_r02.wav|
|感度弱(早い)|prpr_07_06.pp|fh01_06_r03.wav|
|感度中(ゆっくり)|prpr_07_06.pp|fh03_06_r04.wav|
|感度中(通常)|prpr_07_06.pp|fh03_06_r05.wav|
|感度中(早い)|prpr_07_06.pp|fh03_06_r06.wav|
|感度強(ゆっくり)|prpr_07_06.pp|fh05_06_r07.wav|
|感度強(通常)|prpr_07_06.pp|fh05_06_r08.wav|
|感度強(早い)|prpr_07_06.pp|fh05_06_r09.wav|
|ピストン弱(ゆっくり)|prpr_07_06.pp|fh01_06_r10.wav|
|ピストン弱(通常)|prpr_07_06.pp|fh01_06_r11.wav|
|ピストン弱(早い)|prpr_07_06.pp|fh01_06_r12.wav|
|ピストン中(ゆっくり)|prpr_07_06.pp|fh03_06_r13.wav|
|ピストン中(通常)|prpr_07_06.pp|fh03_06_r14.wav|
|ピストン中(早い)|prpr_07_06.pp|fh03_06_r15.wav|
|ピストン強(ゆっくり)|prpr_07_06.pp|fh05_06_r16.wav|
|ピストン強(通常)|prpr_07_06.pp|fh05_06_r17.wav|
|ピストン強(早い)|prpr_07_06.pp|fh05_06_r18.wav|
|ハード弱(ゆっくり)|prpr_07_06.pp|fh01_06_r19.wav|
|ハード弱(通常)|prpr_07_06.pp|fh01_06_r20.wav|
|ハード弱(早い)|prpr_07_06.pp|fh01_06_r21.wav|
|ハード中(ゆっくり)|prpr_07_06.pp|fh03_06_r22.wav|
|ハード中(通常)|prpr_07_06.pp|fh03_06_r23.wav|
|ハード中(早い)|prpr_07_06.pp|fh03_06_r24.wav|
|ハード強(ゆっくり)|prpr_07_06.pp|fh05_06_r25.wav|
|ハード強(通常)|prpr_07_06.pp|fh05_06_r26.wav|
|ハード強(早い)|prpr_07_06.pp|fh05_06_r27.wav|
|キス(ゆっくり)|prpr_07_06.pp|fh06_06_r28.wav|
|キス(通常)|prpr_07_06.pp|fh06_06_r29.wav|
|キス(早い)|prpr_07_06.pp|fh06_06_r30.wav|
|咥え(ゆっくり)|prpr_07_06.pp|fh06_06_r31.wav|
|咥え(通常)|prpr_07_06.pp|fh06_06_r32.wav|
|咥え(早い)|prpr_07_06.pp|fh06_06_r33.wav|
|苦痛(ゆっくり)|prpr_07_06.pp|fh06_06_r34.wav|
|苦痛(通常)|prpr_07_06.pp|fh06_06_r35.wav|
|苦痛(早い)|prpr_07_06.pp|fh06_06_r36.wav|
**セリフタイプF_H台詞 [#z07f7c88]
|Voice|Pack|File|h
|さぁ、楽しませてもらうわよ|prpr_07_06.pp|fh01_06_s01.wav|
|何をして遊ぶのかしら|prpr_07_06.pp|fh01_06_s02.wav|
|なら、気持ちよくしてあげるわ|prpr_07_06.pp|fh01_06_s03.wav|
|私にやらせようっていうのね!|prpr_07_06.pp|fh01_06_s04.wav|
|あせらなくていいのよ|prpr_07_06.pp|fh01_06_s05.wav|
|いきなり激しくしちゃだめよ|prpr_07_06.pp|fh01_06_s06.wav|
|気持ちいいわね|prpr_07_06.pp|fh01_06_s07.wav|
|悪くないわよ|prpr_07_06.pp|fh01_06_s08.wav|
|なかなか楽しいわね|prpr_07_06.pp|fh01_06_s09.wav|
|もっと気持ちよくしてあげるわ|prpr_07_06.pp|fh01_06_s10.wav|
|私がしてあげるわ|prpr_07_06.pp|fh01_06_s11.wav|
|どうやっていじめようかしら、ウフフ|prpr_07_06.pp|fh01_06_s12.wav|
|激しいのはだめよ|prpr_07_06.pp|fh01_06_s13.wav|
|最初はゆっくりでいいわ|prpr_07_06.pp|fh01_06_s14.wav|
|一緒に気持ちよくなってあげるわ|prpr_07_06.pp|fh01_06_s15.wav|
|(これじゃしゃべれないじゃない)|prpr_07_06.pp|fh01_06_s16.wav|
|(どうしてこのままなのよ)|prpr_07_06.pp|fh01_06_s17.wav|
|(何言ってるんだかわかんないわよ)|prpr_07_06.pp|fh01_06_s18.wav|
|ちょっと、何も見えないでしょ?|prpr_07_06.pp|fh01_06_s19.wav|
|何よ、なんのつもりなの?|prpr_07_06.pp|fh01_06_s20.wav|
|ウフフ、なんだか面白そうね|prpr_07_06.pp|fh01_06_s21.wav|
|ん、あはぁ|prpr_07_06.pp|fh01_06_s22.wav|
|ん、中に、きてぇ!|prpr_07_06.pp|fh01_06_s23.wav|
|あ、出てるわ|prpr_07_06.pp|fh01_06_s24.wav|
|あ、いっちゃったわね|prpr_07_06.pp|fh01_06_s25.wav|
|ウフフ…気持ちよかったわ|prpr_07_06.pp|fh01_06_s26.wav|
|いきなり中に出したのね|prpr_07_06.pp|fh01_06_s27.wav|
|いっぱいかかっちゃったじゃないの|prpr_07_06.pp|fh01_06_s28.wav|
|冗談じゃないわ!どうして私が!|prpr_07_06.pp|fh01_06_d01.wav|
|いい加減にして、このヘンタイ!|prpr_07_06.pp|fh01_06_d02.wav|
|冗談じゃないわ、この卑怯者!|prpr_07_06.pp|fh01_06_d03.wav|
|どうしてアンタなんかにこんなこと!|prpr_07_06.pp|fh01_06_d04.wav|
|く…こんなの…嫌なのに|prpr_07_06.pp|fh01_06_d05.wav|
|どうして…私がこんなマネを|prpr_07_06.pp|fh01_06_d06.wav|
|いや…もうたくさんよ|prpr_07_06.pp|fh01_06_d07.wav|
|もう、さわらないで|prpr_07_06.pp|fh01_06_d08.wav|
|止めなさいこのヘンタイ!|prpr_07_06.pp|fh01_06_d09.wav|
|どうしてこんなことまで|prpr_07_06.pp|fh01_06_d10.wav|
|屈辱もいいところだわ|prpr_07_06.pp|fh01_06_d11.wav|
|冗談じゃないわよ、いい加減にして|prpr_07_06.pp|fh01_06_d12.wav|
|何よ、こんなことで|prpr_07_06.pp|fh01_06_d13.wav|
|勝手にすればいいじゃない|prpr_07_06.pp|fh01_06_d14.wav|
|この卑怯者、好きにすればいいわ!|prpr_07_06.pp|fh01_06_d15.wav|
|(何よ、外しなさいよ)|prpr_07_06.pp|fh01_06_d16.wav|
|(何これ、外して頂戴)|prpr_07_06.pp|fh01_06_d17.wav|
|(いや、苦しいじゃないの)|prpr_07_06.pp|fh01_06_d18.wav|
|何よこれ、見えないじゃない|prpr_07_06.pp|fh01_06_d19.wav|
|なんなの、眼かくしなんかして!?|prpr_07_06.pp|fh01_06_d20.wav|
|外しなさい、このヘンタイ!|prpr_07_06.pp|fh01_06_d21.wav|
|い、んはぁっ!|prpr_07_06.pp|fh01_06_d22.wav|
|中は、だ、めぇ!|prpr_07_06.pp|fh01_06_d23.wav|
|この…中にぃ…|prpr_07_06.pp|fh01_06_d24.wav|
|くぅ…かけないで頂戴!|prpr_07_06.pp|fh01_06_d25.wav|
|ふざけないでよ!こんなまねして!|prpr_07_06.pp|fh01_06_d26.wav|
|絶対にただじゃ済まさないわよ…!|prpr_07_06.pp|fh01_06_d27.wav|
|絶対、絶対許さないわ…|prpr_07_06.pp|fh01_06_d28.wav|
|もっと楽しむわよ|prpr_07_06.pp|fh02_06_s01.wav|
|ほらほらもっと続けるわよ|prpr_07_06.pp|fh02_06_s02.wav|
|こういうの、嫌いじゃないんでしょ?|prpr_07_06.pp|fh02_06_s03.wav|
|たっぷり楽しませてもらうわよ|prpr_07_06.pp|fh02_06_s04.wav|
|さぁ、来ていいのよ|prpr_07_06.pp|fh02_06_s05.wav|
|大丈夫よ、準備は出来てるから|prpr_07_06.pp|fh02_06_s06.wav|
|とっても楽しいわ|prpr_07_06.pp|fh02_06_s07.wav|
|あぁん、いい感じよ|prpr_07_06.pp|fh02_06_s08.wav|
|いいわ、もっと動かして頂戴|prpr_07_06.pp|fh02_06_s09.wav|
|まだまだ、気持ちよくなれるわよ|prpr_07_06.pp|fh02_06_s10.wav|
|もっと楽しい事してあげるわ|prpr_07_06.pp|fh02_06_s11.wav|
|さぁ、たっぷり遊んであげるわ?|prpr_07_06.pp|fh02_06_s12.wav|
|入れてちょうだい|prpr_07_06.pp|fh02_06_s13.wav|
|そろそろ、いい感じで動いて頂戴|prpr_07_06.pp|fh02_06_s14.wav|
|気持ちよくしないと怒るわよ? ウフフ|prpr_07_06.pp|fh02_06_s15.wav|
|(呼吸がしにくいわね)|prpr_07_06.pp|fh02_06_s16.wav|
|(外した方がいいんじゃないの?)|prpr_07_06.pp|fh02_06_s17.wav|
|(だから、うまく話せないわよ)|prpr_07_06.pp|fh02_06_s18.wav|
|ウフフ、見えなくてどきどきするわ|prpr_07_06.pp|fh02_06_s19.wav|
|ねぇ、次はどんな事してくれるの?|prpr_07_06.pp|fh02_06_s20.wav|
|暗くって、なんだか神秘的ね|prpr_07_06.pp|fh02_06_s21.wav|
|んぁ、んはあぁっ!|prpr_07_06.pp|fh02_06_s22.wav|
|あ、中に、でてるぅ!|prpr_07_06.pp|fh02_06_s23.wav|
|出てるわね、精液|prpr_07_06.pp|fh02_06_s24.wav|
|あら、出しちゃったわね|prpr_07_06.pp|fh02_06_s25.wav|
|いまの…結構よかったわよ|prpr_07_06.pp|fh02_06_s26.wav|
|熱いの、たっぷり出したわね|prpr_07_06.pp|fh02_06_s27.wav|
|体にたくさんかかっちゃったわ…ウフフ|prpr_07_06.pp|fh02_06_s28.wav|
|いつまで続けるつもりよ|prpr_07_06.pp|fh02_06_d01.wav|
|いい加減にしなさい、卑怯者!|prpr_07_06.pp|fh02_06_d02.wav|
|こんな事で、いい気にならないでね|prpr_07_06.pp|fh02_06_d03.wav|
|冗談じゃないわ、こんなこと|prpr_07_06.pp|fh02_06_d04.wav|
|この私が、どうしてこんなこと|prpr_07_06.pp|fh02_06_d05.wav|
|何よ、さっさとすればいいでしょ|prpr_07_06.pp|fh02_06_d06.wav|
|もう、いい加減にして|prpr_07_06.pp|fh02_06_d07.wav|
|まだ続けるつもりなの|prpr_07_06.pp|fh02_06_d08.wav|
|さっさと終わらせて頂戴!|prpr_07_06.pp|fh02_06_d09.wav|
|気持ちよいわけないでしょ!|prpr_07_06.pp|fh02_06_d10.wav|
|本当に最低ね、あんたって!|prpr_07_06.pp|fh02_06_d11.wav|
|いつまでやらせる気よ、こんな事、|prpr_07_06.pp|fh02_06_d12.wav|
|さっさとやるわよ|prpr_07_06.pp|fh02_06_d13.wav|
|まだ足りないって言うの?|prpr_07_06.pp|fh02_06_d14.wav|
|もう、いい加減にして頂戴!|prpr_07_06.pp|fh02_06_d15.wav|
|(口が痛いわ)|prpr_07_06.pp|fh02_06_d16.wav|
|(息が苦しいでしょ)|prpr_07_06.pp|fh02_06_d17.wav|
|(いやぁ、もう止めて頂戴)|prpr_07_06.pp|fh02_06_d18.wav|
|外しなさい、こんなもの?|prpr_07_06.pp|fh02_06_d19.wav|
|いいかげんにして、この卑怯者!|prpr_07_06.pp|fh02_06_d20.wav|
|触らないで、このヘンタイ!|prpr_07_06.pp|fh02_06_d21.wav|
|くぅ、んあぁっ!!|prpr_07_06.pp|fh02_06_d22.wav|
|いやぁ、中はぁ…あぁ!|prpr_07_06.pp|fh02_06_d23.wav|
|なんで、出してるのよ!|prpr_07_06.pp|fh02_06_d24.wav|
|かけないでって、言ってるでしょ…|prpr_07_06.pp|fh02_06_d25.wav|
|最低だわ…こんなことって|prpr_07_06.pp|fh02_06_d26.wav|
|絶対…絶対ゆるさない|prpr_07_06.pp|fh02_06_d27.wav|
|このままじゃ、済ませないわよ|prpr_07_06.pp|fh02_06_d28.wav|
|もっと、気持ちよくなってきたわ|prpr_07_06.pp|fh03_06_s01.wav|
|たっぷりセックスを楽しみましょう|prpr_07_06.pp|fh03_06_s02.wav|
|一杯、喜ばせて上げるわよ|prpr_07_06.pp|fh03_06_s03.wav|
|もっと、いじめてあげるわ、ウフフ|prpr_07_06.pp|fh03_06_s04.wav|
|さぁ、入れて頂戴|prpr_07_06.pp|fh03_06_s05.wav|
|私に中に入れていいのよ|prpr_07_06.pp|fh03_06_s06.wav|
|あん、気持ちいいわ|prpr_07_06.pp|fh03_06_s07.wav|
|すごくたのしいわね|prpr_07_06.pp|fh03_06_s08.wav|
|もっと気持ちよくなりたいわぁ|prpr_07_06.pp|fh03_06_s09.wav|
|私がやってあげるわ|prpr_07_06.pp|fh03_06_s10.wav|
|私にもやらせなさいよ|prpr_07_06.pp|fh03_06_s11.wav|
|たっぷり遊ん出あげるわよ!|prpr_07_06.pp|fh03_06_s12.wav|
|さぁ、入れて頂戴|prpr_07_06.pp|fh03_06_s13.wav|
|さぁ、中に入れいいのよ|prpr_07_06.pp|fh03_06_s14.wav|
|私も、もっと気持ちよくなりたいわ|prpr_07_06.pp|fh03_06_s15.wav|
|(やっぱり息がしにくいわ)|prpr_07_06.pp|fh03_06_s16.wav|
|(なんだかよだれが止まらないわ)|prpr_07_06.pp|fh03_06_s17.wav|
|(ちゃんとつたわってるのかしら?)|prpr_07_06.pp|fh03_06_s18.wav|
|見えなくても、感じちゃうわね!|prpr_07_06.pp|fh03_06_s19.wav|
|あぁん、目隠しかんじちゃわぁ|prpr_07_06.pp|fh03_06_s20.wav|
|いいわぁ、もっと気持ちよくして頂戴!|prpr_07_06.pp|fh03_06_s21.wav|
|あぅっ…いうぅぅっ!|prpr_07_06.pp|fh03_06_s22.wav|
|中で、あ、ああぁぁぁっ!!|prpr_07_06.pp|fh03_06_s23.wav|
|中で、射精してるわね|prpr_07_06.pp|fh03_06_s24.wav|
|ウフフ、いっちゃったみたいね|prpr_07_06.pp|fh03_06_s25.wav|
|いいわぁ…すごく気持ちよかったわぁ|prpr_07_06.pp|fh03_06_s26.wav|
|おなかの中、ザーメンだらけよ|prpr_07_06.pp|fh03_06_s27.wav|
|体がぬるぬるして、いい感じだわ|prpr_07_06.pp|fh03_06_s28.wav|
|も、もう嫌よ いい加減にして|prpr_07_06.pp|fh03_06_d01.wav|
|やめて…もううんざりだわ|prpr_07_06.pp|fh03_06_d02.wav|
|もう、終わりにして頂戴|prpr_07_06.pp|fh03_06_d03.wav|
|こんなの、もういやよ|prpr_07_06.pp|fh03_06_d04.wav|
|止めて、もうやめて頂戴|prpr_07_06.pp|fh03_06_d05.wav|
|もうこれ以上はやめて!|prpr_07_06.pp|fh03_06_d06.wav|
|いやよ、もう終わりにして|prpr_07_06.pp|fh03_06_d07.wav|
|これ以上何をするって言うの?|prpr_07_06.pp|fh03_06_d08.wav|
|さっさと、終わりにして頂戴!|prpr_07_06.pp|fh03_06_d09.wav|
|十分でしょ…もう終わらせて|prpr_07_06.pp|fh03_06_d10.wav|
|こんなの…もういやだわ…|prpr_07_06.pp|fh03_06_d11.wav|
|この…ヘンタイ…さっさと終わらせて|prpr_07_06.pp|fh03_06_d12.wav|
|いや、もう止めて|prpr_07_06.pp|fh03_06_d13.wav|
|こんなの、最悪だわ…|prpr_07_06.pp|fh03_06_d14.wav|
|もういや…もう止めて頂戴|prpr_07_06.pp|fh03_06_d15.wav|
|(いや、もう外して頂戴)|prpr_07_06.pp|fh03_06_d16.wav|
|(息が、息が苦しいの)|prpr_07_06.pp|fh03_06_d17.wav|
|(だめ、もう止めて)|prpr_07_06.pp|fh03_06_d18.wav|
|いやよ…もう外して頂戴|prpr_07_06.pp|fh03_06_d19.wav|
|もういいでしょ、もう外して|prpr_07_06.pp|fh03_06_d20.wav|
|いや…お願い、外して|prpr_07_06.pp|fh03_06_d21.wav|
|うああ、んはあぁっ!!|prpr_07_06.pp|fh03_06_d22.wav|
|な、中はぁ…だめよぉっ!|prpr_07_06.pp|fh03_06_d23.wav|
|どうして中で…射精するのよ!|prpr_07_06.pp|fh03_06_d24.wav|
|最低よ…この、へんたい…|prpr_07_06.pp|fh03_06_d25.wav|
|いや…もう…こんなの嫌よ…|prpr_07_06.pp|fh03_06_d26.wav|
|うぅ…どうしてこんなことに…うぅ|prpr_07_06.pp|fh03_06_d27.wav|
|もういや…もう終わりにして…|prpr_07_06.pp|fh03_06_d28.wav|
|さぁ、いっぱい楽しみましょう|prpr_07_06.pp|fh04_06_s01.wav|
|体が熱くって、気持ちいいわぁ|prpr_07_06.pp|fh04_06_s02.wav|
|たくさんいじめてあげるわね|prpr_07_06.pp|fh04_06_s03.wav|
|ウフフ、私がしてあげるわ|prpr_07_06.pp|fh04_06_s04.wav|
|ねぇ、私に入れて頂戴|prpr_07_06.pp|fh04_06_s05.wav|
|根元まで、深く付き込んで頂戴|prpr_07_06.pp|fh04_06_s06.wav|
|いいわ、もっと動かして|prpr_07_06.pp|fh04_06_s07.wav|
|あぁ、すごく気持ちいいわ|prpr_07_06.pp|fh04_06_s08.wav|
|もっと色々していいのよぉ|prpr_07_06.pp|fh04_06_s09.wav|
|もっと気持ちよくさせてあげるわ|prpr_07_06.pp|fh04_06_s10.wav|
|もっと楽しんで頂戴!|prpr_07_06.pp|fh04_06_s11.wav|
|ほぉら、たっぷり感じて頂戴!|prpr_07_06.pp|fh04_06_s12.wav|
|私の中にぶちこんでちょうだぁい|prpr_07_06.pp|fh04_06_s13.wav|
|中を、かき回してほしいのぉ!|prpr_07_06.pp|fh04_06_s14.wav|
|さぁ、ずぶずぶに突っ込んで頂戴!|prpr_07_06.pp|fh04_06_s15.wav|
|(いいわ、よだれが止まらないわ)|prpr_07_06.pp|fh04_06_s16.wav|
|(なんだか、頭がぼうっとしてきちゃうわ)|prpr_07_06.pp|fh04_06_s17.wav|
|(なんだか、よだれがいやらしいわ)|prpr_07_06.pp|fh04_06_s18.wav|
|目隠し、すごく感じちゃうわ|prpr_07_06.pp|fh04_06_s19.wav|
|目かくしって、こんなに気持ちいいのねぇ|prpr_07_06.pp|fh04_06_s20.wav|
|目かくしで感じてきちゃったわぁ|prpr_07_06.pp|fh04_06_s21.wav|
|んはぁあ…いっくうぅ!|prpr_07_06.pp|fh04_06_s22.wav|
|あ、中でぇ、あぁぁっ!!|prpr_07_06.pp|fh04_06_s23.wav|
|私の中が…熱い|prpr_07_06.pp|fh04_06_s24.wav|
|結構出してるわねぇ…ウフフ|prpr_07_06.pp|fh04_06_s25.wav|
|やっぱり…気持ちいいわね|prpr_07_06.pp|fh04_06_s26.wav|
|おなかの中が、なんだか気持ちいいわ|prpr_07_06.pp|fh04_06_s27.wav|
|もっと体にかけまくっていいわよ!|prpr_07_06.pp|fh04_06_s28.wav|
|お願いよぉ、もう許して!|prpr_07_06.pp|fh04_06_d01.wav|
|いや、もう本当にいやなの|prpr_07_06.pp|fh04_06_d02.wav|
|これで、終わりにして頂戴|prpr_07_06.pp|fh04_06_d03.wav|
|お願いだから、もう許して|prpr_07_06.pp|fh04_06_d04.wav|
|止めて、もういやぁ|prpr_07_06.pp|fh04_06_d05.wav|
|もう許して、もう止めてぇ|prpr_07_06.pp|fh04_06_d06.wav|
|お願いよぉ、もう止めて|prpr_07_06.pp|fh04_06_d07.wav|
|ねぇ、もう終わりにして頂戴|prpr_07_06.pp|fh04_06_d08.wav|
|もう、いい加減にして…お願いよぉ|prpr_07_06.pp|fh04_06_d09.wav|
|こんなの…もういやよ|prpr_07_06.pp|fh04_06_d10.wav|
|…もういや…これで終わりにして頂戴|prpr_07_06.pp|fh04_06_d11.wav|
|もう…おかしくなりそうよう|prpr_07_06.pp|fh04_06_d12.wav|
|もうこれ以上続けないで|prpr_07_06.pp|fh04_06_d13.wav|
|お願い、もう終わりにして頂戴…|prpr_07_06.pp|fh04_06_d14.wav|
|お願いよ…もういや、いやなの…|prpr_07_06.pp|fh04_06_d15.wav|
|(苦しい、助けて)|prpr_07_06.pp|fh04_06_d16.wav|
|(お願いよぉ、もうこわれちゃうわぁ)|prpr_07_06.pp|fh04_06_d17.wav|
|(もうやめて…たすけてぇ)|prpr_07_06.pp|fh04_06_d18.wav|
|いやぁ…もう私、おかしくなっちゃうぅ|prpr_07_06.pp|fh04_06_d19.wav|
|お願い、もう止めて頂戴ぃ|prpr_07_06.pp|fh04_06_d20.wav|
|やめてぇ…もう、許してぇ|prpr_07_06.pp|fh04_06_d21.wav|
|あふぅ、いくくぅぅっ!!|prpr_07_06.pp|fh04_06_d22.wav|
|い、中はぁ、あはぁっ!|prpr_07_06.pp|fh04_06_d23.wav|
|中は…出さないで…うぅ|prpr_07_06.pp|fh04_06_d24.wav|
|ザーメンが…出てるわ|prpr_07_06.pp|fh04_06_d25.wav|
|お願い、もう…許して|prpr_07_06.pp|fh04_06_d26.wav|
|もう本当に…これで終わって頂戴…|prpr_07_06.pp|fh04_06_d27.wav|
|もういや…もう出来ないわ…|prpr_07_06.pp|fh04_06_d28.wav|
|いいのぉ、もっと気持ちよくして頂戴!|prpr_07_06.pp|fh05_06_s01.wav|
|いいわぁ、気持ちよくなりたいのよぉ|prpr_07_06.pp|fh05_06_s02.wav|
|ウフフ、たっぷり遊んであげるぅ|prpr_07_06.pp|fh05_06_s03.wav|
|いいわぁ、いっぱいいじってあげるわぁ|prpr_07_06.pp|fh05_06_s04.wav|
|お願い、奥までブチこんで頂戴!|prpr_07_06.pp|fh05_06_s05.wav|
|グチョグチョにかき回して欲しいのよぉ!|prpr_07_06.pp|fh05_06_s06.wav|
|いい、最高だわぁ|prpr_07_06.pp|fh05_06_s07.wav|
|んはぁ、おかしくなっちゃいそうよぉ|prpr_07_06.pp|fh05_06_s08.wav|
|いいのぉ、ものすごく楽しいわぁ|prpr_07_06.pp|fh05_06_s09.wav|
|いいわぁ、もっと気持ちよくしてあげるぅ|prpr_07_06.pp|fh05_06_s10.wav|
|もっとやらせて頂戴!|prpr_07_06.pp|fh05_06_s11.wav|
|さぁ、私に任せて頂戴っ!|prpr_07_06.pp|fh05_06_s12.wav|
|いっぱいかき回してちょうだぁい!|prpr_07_06.pp|fh05_06_s13.wav|
|思い切り突き込んでちょうだぁい|prpr_07_06.pp|fh05_06_s14.wav|
|いいのぉ、根元まで突き刺してぇ!|prpr_07_06.pp|fh05_06_s15.wav|
|(気持ちよすぎて舌が、おかしいわぁ)|prpr_07_06.pp|fh05_06_s16.wav|
|(よだれが、だらだら止まらないわぁ)|prpr_07_06.pp|fh05_06_s17.wav|
|(私、おかしくなりそうよぉ!)|prpr_07_06.pp|fh05_06_s18.wav|
|目隠しで、もっと気持ちよくしてぇ|prpr_07_06.pp|fh05_06_s19.wav|
|体が敏感になって、気持ちいいわぁ!|prpr_07_06.pp|fh05_06_s20.wav|
|このままもっと気持ちよくしてぇ!!|prpr_07_06.pp|fh05_06_s21.wav|
|い、いくううううぅぅっ!!|prpr_07_06.pp|fh05_06_s22.wav|
|中にぃ、あはあぁぁっ!!|prpr_07_06.pp|fh05_06_s23.wav|
|ウフフ…っでてるわぁ|prpr_07_06.pp|fh05_06_s24.wav|
|だらだら、こぼれまくってるわね|prpr_07_06.pp|fh05_06_s25.wav|
|はぁ…はぁ…最高に気持ちよかったわぁ…|prpr_07_06.pp|fh05_06_s26.wav|
|もっと中に注ぎ込んでちょうだぁい|prpr_07_06.pp|fh05_06_s27.wav|
|いっぱい、体中にかけまくっていいのよぉ!|prpr_07_06.pp|fh05_06_s28.wav|
|だめぇ…もうゆ、ゆるして|prpr_07_06.pp|fh05_06_d01.wav|
|私ぃ…もう、だめなのぉ|prpr_07_06.pp|fh05_06_d02.wav|
|いやぁ…誰か、たすけてぇ|prpr_07_06.pp|fh05_06_d03.wav|
|お願いよぉ、もうゆるしてぇ|prpr_07_06.pp|fh05_06_d04.wav|
|だめぇ、もうだめぇ|prpr_07_06.pp|fh05_06_d05.wav|
|やぁ…もうおかしくなっちゃうのぉ|prpr_07_06.pp|fh05_06_d06.wav|
|あふ…もういやぁ|prpr_07_06.pp|fh05_06_d07.wav|
|いや、たすけてぇ|prpr_07_06.pp|fh05_06_d08.wav|
|許して、もうだめぇ|prpr_07_06.pp|fh05_06_d09.wav|
|いやぁ…許して頂戴|prpr_07_06.pp|fh05_06_d10.wav|
|もう、これ以上は…いやぁ|prpr_07_06.pp|fh05_06_d11.wav|
|いや…もう、いやぁ|prpr_07_06.pp|fh05_06_d12.wav|
|お願い、もう止めてぇ|prpr_07_06.pp|fh05_06_d13.wav|
|こんなのぉ、もうやめてぇ|prpr_07_06.pp|fh05_06_d14.wav|
|うぅ…もう入れないでぇ|prpr_07_06.pp|fh05_06_d15.wav|
|(もう私、おかしくなっちゃってるわ)|prpr_07_06.pp|fh05_06_d16.wav|
|(だめぇ何も考えられない)|prpr_07_06.pp|fh05_06_d17.wav|
|(私ぃ…もうダメよぉ…)|prpr_07_06.pp|fh05_06_d18.wav|
|いやぁ、誰か助けてぇ|prpr_07_06.pp|fh05_06_d19.wav|
|おねがいよぉ、もうたすけてぇ!|prpr_07_06.pp|fh05_06_d20.wav|
|許して、もういやぁ…|prpr_07_06.pp|fh05_06_d21.wav|
|い、いやああぁぁっ!|prpr_07_06.pp|fh05_06_d22.wav|
|な、中は、だめぇえっ!!|prpr_07_06.pp|fh05_06_d23.wav|
|いやぁ、中に出さないで、頂戴|prpr_07_06.pp|fh05_06_d24.wav|
|だめ、そんなに出さないでぇ…|prpr_07_06.pp|fh05_06_d25.wav|
|んはぁ…もう、これ以上は…やめてぇ|prpr_07_06.pp|fh05_06_d26.wav|
|いやぁ…もう、こわれちゃうぅ|prpr_07_06.pp|fh05_06_d27.wav|
|助けて、もう、だめ…たすけてぇ…|prpr_07_06.pp|fh05_06_d28.wav|
|はなして!|prpr_07_06.pp|fh01_06_h01.wav|
|止めて、いい加減にして|prpr_07_06.pp|fh01_06_h02.wav|
|こんなまねして、ただで済むと思ってるの!|prpr_07_06.pp|fh01_06_h03.wav|
|痛いわ、もう放して|prpr_07_06.pp|fh01_06_h04.wav|
|いや、そんな、ダメよ|prpr_07_06.pp|fh01_06_h05.wav|
|止めて、やめてなさいってばl!|prpr_07_06.pp|fh01_06_h06.wav|
|ダメよ! いい加減にして!|prpr_07_06.pp|fh01_06_h07.wav|
|嫌よ、放しなさい!|prpr_07_06.pp|fh01_06_h08.wav|
|もう、いい加減にしなさい!|prpr_07_06.pp|fh01_06_h09.wav|
|いや、放して|prpr_07_06.pp|fh01_06_h10.wav|
|もう止めるのよ!!|prpr_07_06.pp|fh01_06_h11.wav|
|いい加減にしないと、ただじゃすまないわよ|prpr_07_06.pp|fh01_06_h12.wav|
|いや! もう止めなさい!|prpr_07_06.pp|fh01_06_h13.wav|
|こんなコトしてただですむと思ってるの?!|prpr_07_06.pp|fh01_06_h14.wav|
|いい加減に放して!|prpr_07_06.pp|fh01_06_h15.wav|
|いや、もうやめて!|prpr_07_06.pp|fh01_06_h16.wav|
|(だめ、もう止めて)|prpr_07_06.pp|fh01_06_h17.wav|
|(絶対にゆるさないわよ!)|prpr_07_06.pp|fh01_06_h18.wav|
|(こんな事してただじゃすまないわよ)|prpr_07_06.pp|fh01_06_h19.wav|
|何よこれ、外しなさい|prpr_07_06.pp|fh01_06_h20.wav|
|なんのつもり?外しなさいよ!|prpr_07_06.pp|fh01_06_h21.wav|
|こんなの、絶対に許さないから!|prpr_07_06.pp|fh01_06_h22.wav|
|あぅ…あはぁ!|prpr_07_06.pp|fh01_06_h23.wav|
|い、いやぁ|prpr_07_06.pp|fh01_06_h24.wav|
|や、やめぇっ!|prpr_07_06.pp|fh01_06_h25.wav|
|いや! 出さないで|prpr_07_06.pp|fh01_06_h26.wav|
|一体、何をしてるのよ…!|prpr_07_06.pp|fh01_06_h27.wav|
|くっ…ふざけるんじゃないわよ!|prpr_07_06.pp|fh01_06_h28.wav|
|こんなマネしてただじゃすまないから|prpr_07_06.pp|fh01_06_h29.wav|
|中にだすなんて、絶対ゆるさないわ!|prpr_07_06.pp|fh01_06_h30.wav|
|こんなの、絶対に許さないわよ|prpr_07_06.pp|fh01_06_h31.wav|
|も、もういい加減にして!|prpr_07_06.pp|fh01_06_h32.wav|
|さっさと開放しなさいよ!|prpr_07_06.pp|fh01_06_h33.wav|
|い、いや、もう触らないで|prpr_07_06.pp|fh02_06_h01.wav|
|だめ、いい加減にして|prpr_07_06.pp|fh02_06_h02.wav|
|これ以上やったら殺すわよ!|prpr_07_06.pp|fh02_06_h03.wav|
|くぅ…絶対ゆるさないから|prpr_07_06.pp|fh02_06_h04.wav|
|いやぁ…だめよ、それは|prpr_07_06.pp|fh02_06_h05.wav|
|やめて…止めなさい!|prpr_07_06.pp|fh02_06_h06.wav|
|いや、やめて!|prpr_07_06.pp|fh02_06_h07.wav|
|だめ、そこはだめよ!|prpr_07_06.pp|fh02_06_h08.wav|
|も、もうやめて|prpr_07_06.pp|fh02_06_h09.wav|
|いい加減に、もう放して|prpr_07_06.pp|fh02_06_h10.wav|
|止めて、これ以上はやめてぇ|prpr_07_06.pp|fh02_06_h11.wav|
|まだ続けるつもりなの!|prpr_07_06.pp|fh02_06_h12.wav|
|いや、もう入れないでぇ|prpr_07_06.pp|fh02_06_h13.wav|
|やめて、放しなさい!|prpr_07_06.pp|fh02_06_h14.wav|
|も、もう、いい加減に…放して|prpr_07_06.pp|fh02_06_h15.wav|
|こんな…もう…ぜったい|prpr_07_06.pp|fh02_06_h16.wav|
|(もういや…もうやめて)|prpr_07_06.pp|fh02_06_h17.wav|
|(放して、いい加減にして)|prpr_07_06.pp|fh02_06_h18.wav|
|(お願いもうやめてぇ!)|prpr_07_06.pp|fh02_06_h19.wav|
|こんなことで、私は絶対、屈しないわ|prpr_07_06.pp|fh02_06_h20.wav|
|あんたたちなんか絶対許さない!|prpr_07_06.pp|fh02_06_h21.wav|
|無駄よ、何をしたって意味ないわよ!|prpr_07_06.pp|fh02_06_h22.wav|
|あふぅ、んあああぁぁっ!|prpr_07_06.pp|fh02_06_h23.wav|
|い、いやあぁぁぁっ!|prpr_07_06.pp|fh02_06_h24.wav|
|中は…だめぇぇっ!|prpr_07_06.pp|fh02_06_h25.wav|
|止めて…中はだめなのぉ|prpr_07_06.pp|fh02_06_h26.wav|
|もう…いい加減に、やめて|prpr_07_06.pp|fh02_06_h27.wav|
|いい加減にして…もう許さないから|prpr_07_06.pp|fh02_06_h28.wav|
|あんたたち…絶対…ゆるさないわ|prpr_07_06.pp|fh02_06_h29.wav|
|中が…熱い|prpr_07_06.pp|fh02_06_h30.wav|
|こんな、こんなことって…|prpr_07_06.pp|fh02_06_h31.wav|
|うぅ…いい加減にして|prpr_07_06.pp|fh02_06_h32.wav|
|このままじゃ…わ、私|prpr_07_06.pp|fh02_06_h33.wav|
|いやぁ…もうやめてぇ|prpr_07_06.pp|fh03_06_h01.wav|
|おねがいぃ…いやぁ…たすけてぇ|prpr_07_06.pp|fh03_06_h02.wav|
|やめてぁえ、もうやめてぇ|prpr_07_06.pp|fh03_06_h03.wav|
|私ぃ…もうおかしくなっちゃうぅ|prpr_07_06.pp|fh03_06_h04.wav|
|いやぁ…もう入れないでぇ|prpr_07_06.pp|fh03_06_h05.wav|
|痛いのぉ…もういやぁ|prpr_07_06.pp|fh03_06_h06.wav|
|いやぁ…もうこわれちゃうぅ|prpr_07_06.pp|fh03_06_h07.wav|
|放してぇ…お願いよぉ…|prpr_07_06.pp|fh03_06_h08.wav|
|止めてぇ…もうやめてぇ|prpr_07_06.pp|fh03_06_h09.wav|
|いやぁ、もう許してぇ|prpr_07_06.pp|fh03_06_h10.wav|
|お願いよぉ…もうはなしてぇ|prpr_07_06.pp|fh03_06_h11.wav|
|もうだめぇ…たすけてぇ|prpr_07_06.pp|fh03_06_h12.wav|
|いやぁ…もう入れないでぇ|prpr_07_06.pp|fh03_06_h13.wav|
|もう、お、おかしくおかしくなっちゃうのぉ|prpr_07_06.pp|fh03_06_h14.wav|
|私ぃ…壊れちゃうぅ|prpr_07_06.pp|fh03_06_h15.wav|
|いやぁ…もうだめぇ…|prpr_07_06.pp|fh03_06_h16.wav|
|(私ぃ…もうだめぇ)|prpr_07_06.pp|fh03_06_h17.wav|
|(いやぁ…もうゆるしてぇ)|prpr_07_06.pp|fh03_06_h18.wav|
|(おねがいよぉ…もう、やめてぇ!)|prpr_07_06.pp|fh03_06_h19.wav|
|い、いいのぉ…もっといじめまくってぇ!|prpr_07_06.pp|fh03_06_h20.wav|
|いい、い、もっと無茶苦茶にしてぇ!|prpr_07_06.pp|fh03_06_h21.wav|
|だめぇ…わたしぃ、もうだめぇ…あぁ|prpr_07_06.pp|fh03_06_h22.wav|
|いくぅいっちゃうぅっ!|prpr_07_06.pp|fh03_06_h23.wav|
|い、いくううううぅぅっ!|prpr_07_06.pp|fh03_06_h24.wav|
|ひあぁ、あああぁぁっ!!|prpr_07_06.pp|fh03_06_h25.wav|
|あは、ザーメン…あついのぉ|prpr_07_06.pp|fh03_06_h26.wav|
|あぁ、ザーメン、あふれてきたぁ|prpr_07_06.pp|fh03_06_h27.wav|
|あ、あぁ…も、もうだめぇ|prpr_07_06.pp|fh03_06_h28.wav|
|私ぃ…もう…こわれちゃったぁ…|prpr_07_06.pp|fh03_06_h29.wav|
|ザーメン…おなかのなかが、いっぱいよぉ|prpr_07_06.pp|fh03_06_h30.wav|
|もっと…もっと精液がほしいのぉ|prpr_07_06.pp|fh03_06_h31.wav|
|あはぁ…精液でぬるぬるするわぁ|prpr_07_06.pp|fh03_06_h32.wav|
|精液熱くて、ぬるぬるするのぉ|prpr_07_06.pp|fh03_06_h33.wav|
**セリフタイプG_台詞 [#mf27a3bb]
|Voice|Pack|File|h
|「ん…ぅ…あ、あれ?」|prpr_08_01.pp|r01_h1_0769.ogg|
|「あれ、わたし、こんな所で何してるの?」|prpr_08_01.pp|r01_h1_0771.ogg|
|「えっと、あなた、誰?」|prpr_08_01.pp|r01_h1_0773.ogg|
|「あ、あなた?! 確か、久鷲見雅哉、よね」|prpr_08_01.pp|r01_h1_0775.ogg|
|「そうそう――で、久鷲見の方はいいとしてあなたは?」|prpr_08_01.pp|r01_h1_0779.ogg|
|「ふうん――で、二人ともわたしに何の用――って言うより、わたしここで何してたんだっけ?」|prpr_08_01.pp|r01_h1_0781.ogg|
|「わたし、ここで寝てたんだ?」|prpr_08_01.pp|r01_h1_0783.ogg|
|「あ、先生 ?! それに、なんで…なつめ先輩まで!」|prpr_08_02.pp|r02_h1_0580.ogg|
|「お久しぶりです、なつめ先輩」|prpr_08_02.pp|r02_h1_0582.ogg|
|「いや、お恥ずかしいです。試合中の怪我なんて、たるんでる証拠ですから」|prpr_08_02.pp|r02_h1_0584.ogg|
|「はい、蹴りをもらった所はもうなんともないんですけど、右肩が、まだちょっと」|prpr_08_02.pp|r02_h1_0586.ogg|
|「お前、久鷲見? なんでここに!」|prpr_08_02.pp|r02_h1_0588.ogg|
|「そうだったんですか? だったらお前、何で空手部に入らなかったんだ?! あんなに勧誘したのに?」|prpr_08_02.pp|r02_h1_0590.ogg|
|「まぁ、確かにそう言われたけど」|prpr_08_02.pp|r02_h1_0593.ogg|
|「あ、それいいですね。そうしてもらえ、久鷲見」|prpr_08_02.pp|r02_h1_0595.ogg|
|「あ、お前は確か久鷲見の…」|prpr_08_02.pp|r02_h1_0598.ogg|
|「肩が…右肩が…痛い…」|prpr_08_02.pp|r02_h1_0664.ogg|
|「なつめ先輩? なつめ先輩ですよね」|prpr_08_03.pp|r03_h1_0586.ogg|
|「自分はちょっと買い物があって。先輩こそどうしたんですか?」|prpr_08_03.pp|r03_h1_0588.ogg|
|「はい、部活もがんばってます。自分、今部長なんで」|prpr_08_03.pp|r03_h1_0596.ogg|
|「いや、全部先輩の指導のおかげですよ」|prpr_08_03.pp|r03_h1_0598.ogg|
|「はい、そうなんです――実は、それでちょっとこの辺に用事があって…」|prpr_08_03.pp|r03_h1_0600.ogg|
|「駅前に、願掛けによく効くっていう噂のアクセサリーを売ってる店があって…そこでちょっと小物を」|prpr_08_03.pp|r03_h1_0602.ogg|
|「もちろん、練習はきちんとやってますが…一応保険っていうか――」|prpr_08_03.pp|r03_h1_0604.ogg|
|「はい、覚えてます」|prpr_08_03.pp|r03_h1_0606.ogg|
|「はい」|prpr_08_03.pp|r03_h1_0608.ogg|
|「オス! それじゃ、失礼します!」|prpr_08_03.pp|r03_h1_0610.ogg|
|「はい、聞こえました」|prpr_08_04.pp|r04_h1_0543.ogg|
|「さぁ、誰かだれか教室で黒板でも引っかいてるんじゃないですか」|prpr_08_04.pp|r04_h1_0545.ogg|
|「それにしてもお久しぶりですね、なつめ先輩」|prpr_08_04.pp|r04_h1_0845.ogg|
|「はい、それくらいですね」|prpr_08_04.pp|r04_h1_0847.ogg|
|「はい、おかげさまで――あ、でも今ちょっと怪我してまして」|prpr_08_04.pp|r04_h1_0849.ogg|
|「大した事ないです。練習中にちょっと足をひねちゃって」|prpr_08_04.pp|r04_h1_0851.ogg|
|「はい。それじゃこれから病院なんで、失礼します」|prpr_08_04.pp|r04_h1_0853.ogg|
|「いやぁ、悪い悪い――遅れちゃったよ」|prpr_08_06.pp|r06_h1_0328.ogg|
|「そう? もうちょっと横に飛んだ方が良かったんじゃないか?」|prpr_08_06.pp|r06_h1_0346.ogg|
|「なら、良かった…次はどうするの?」|prpr_08_06.pp|r06_h1_0348.ogg|
|「うん、そうだね わかったよ」|prpr_08_06.pp|r06_h1_0350.ogg|
|「――おかしい、遅すぎる」|prpr_08_06.pp|r06_h1_0353.ogg|
|「頼めるか?」|prpr_08_06.pp|r06_h1_0357.ogg|
|「嶋村、お前本当に大丈夫なのか?」|prpr_08_06.pp|r06_h1_0431.ogg|
|「誰も出る方でなんて言ってないでしょ?」|prpr_08_06.pp|r06_h1_0436.ogg|
|「いててて…!」|prpr_08_06.pp|r06_h1_0453.ogg|
|「あ、大丈夫です…ちょっとひじとひざすりむいちゃっただけだから、自分こういうのしょっちゅうだし」|prpr_08_06.pp|r06_h1_0456.ogg|
|「そうですね…なら、そうします」|prpr_08_06.pp|r06_h1_0459.ogg|
|「悪いな、空手部の方もあるからなかなか参加できなくて…」|prpr_08_07.pp|r07_h1_0307.ogg|
|「でも、引き受けた以上きちんとしたものにしたいから…」|prpr_08_07.pp|r07_h1_0310.ogg|
|「うん、大丈夫、行けるよ」|prpr_08_07.pp|r07_h1_0316.ogg|
|「わたしもそう思うよ」|prpr_08_07.pp|r07_h1_0325.ogg|
|「さっきまでそこにいたと思ったのに…」|prpr_08_07.pp|r07_h1_0329.ogg|
|「嶋村さぁん――!!」|prpr_08_07.pp|r07_h1_0332.ogg|
|「どうする? 手分けして探す?」|prpr_08_07.pp|r07_h1_0335.ogg|
|「あの、向こうから来る時誰か見かけませんでしたか?」|prpr_08_07.pp|r07_h1_0343.ogg|
|「――なんだか、すっきりしないわね」|prpr_08_07.pp|r07_h1_0346.ogg|
|「そうね――じゃあ、私は帰るわ…嶋村さんのことがわかったら、連絡ちょうだいね」|prpr_08_07.pp|r07_h1_0349.ogg|
|「それじゃ、お疲れ様」|prpr_08_07.pp|r07_h1_0351.ogg|
|「あれ? ひょっとしてなつめ先輩じゃないですか?!」|prpr_08_08.pp|r09_h1_0700.ogg|
|「やっぱり、なつめ先輩だ…こちらこそお久しぶりです」|prpr_08_08.pp|r09_h1_0702.ogg|
|「なつめ先輩、今日はどうしたんですか?」|prpr_08_08.pp|r09_h1_0707.ogg|
|「もしお時間があったら、部活見て行きませんか」|prpr_08_08.pp|r09_h1_0709.ogg|
|「今のって久鷲見雅哉とその幼馴染ですよね?」|prpr_08_08.pp|r09_h1_0714.ogg|
|「えぇ――以前、久鷲見を空手部にスカウトしたんですが、家事が忙しいから部活は無理だって断わられて――」|prpr_08_08.pp|r09_h1_0716.ogg|
|「なつめ先輩は2人とどういった知り合いなんですか?」|prpr_08_08.pp|r09_h1_0718.ogg|
|「は、はぁ…」|prpr_08_08.pp|r09_h1_0720.ogg|
**セリフタイプG__喘ぎ [#ec3393b4]
**セリフタイプG_喘ぎ [#ec3393b4]
|Voice|Pack|File|h
|感度弱(ゆっくり)|prpr_07_07.pp|fh01_07_r01.wav|
|感度弱(通常)|prpr_07_07.pp|fh01_07_r02.wav|
|感度弱(早い)|prpr_07_07.pp|fh01_07_r03.wav|
|感度中(ゆっくり)|prpr_07_07.pp|fh03_07_r04.wav|
|感度中(通常)|prpr_07_07.pp|fh03_07_r05.wav|
|感度中(早い)|prpr_07_07.pp|fh03_07_r06.wav|
|感度強(ゆっくり)|prpr_07_07.pp|fh05_07_r07.wav|
|感度強(通常)|prpr_07_07.pp|fh05_07_r08.wav|
|感度強(早い)|prpr_07_07.pp|fh05_07_r09.wav|
|ピストン弱(ゆっくり)|prpr_07_07.pp|fh01_07_r10.wav|
|ピストン弱(通常)|prpr_07_07.pp|fh01_07_r11.wav|
|ピストン弱(早い)|prpr_07_07.pp|fh01_07_r12.wav|
|ピストン中(ゆっくり)|prpr_07_07.pp|fh03_07_r13.wav|
|ピストン中(通常)|prpr_07_07.pp|fh03_07_r14.wav|
|ピストン中(早い)|prpr_07_07.pp|fh03_07_r15.wav|
|ピストン強(ゆっくり)|prpr_07_07.pp|fh05_07_r16.wav|
|ピストン強(通常)|prpr_07_07.pp|fh05_07_r17.wav|
|ピストン強(早い)|prpr_07_07.pp|fh05_07_r18.wav|
|ハード弱(ゆっくり)|prpr_07_07.pp|fh01_07_r19.wav|
|ハード弱(通常)|prpr_07_07.pp|fh01_07_r20.wav|
|ハード弱(早い)|prpr_07_07.pp|fh01_07_r21.wav|
|ハード中(ゆっくり)|prpr_07_07.pp|fh03_07_r22.wav|
|ハード中(通常)|prpr_07_07.pp|fh03_07_r23.wav|
|ハード中(早い)|prpr_07_07.pp|fh03_07_r24.wav|
|ハード強(ゆっくり)|prpr_07_07.pp|fh05_07_r25.wav|
|ハード強(通常)|prpr_07_07.pp|fh05_07_r26.wav|
|ハード強(早い)|prpr_07_07.pp|fh05_07_r27.wav|
|キス(ゆっくり)|prpr_07_07.pp|fh06_07_r28.wav|
|キス(通常)|prpr_07_07.pp|fh06_07_r29.wav|
|キス(早い)|prpr_07_07.pp|fh06_07_r30.wav|
|咥え(ゆっくり)|prpr_07_07.pp|fh06_07_r31.wav|
|咥え(通常)|prpr_07_07.pp|fh06_07_r32.wav|
|咥え(早い)|prpr_07_07.pp|fh06_07_r33.wav|
|苦痛(ゆっくり)|prpr_07_07.pp|fh06_07_r34.wav|
|苦痛(通常)|prpr_07_07.pp|fh06_07_r35.wav|
|苦痛(早い)|prpr_07_07.pp|fh06_07_r36.wav|
**セリフタイプG_H台詞 [#v377879b]
|Voice|Pack|File|h
|とりあえず楽しむわよ、|prpr_07_07.pp|fh01_07_s01.wav|
|何をすればいいのかしら?|prpr_07_07.pp|fh01_07_s02.wav|
|とりあえず、気持ちよくしてあげる|prpr_07_07.pp|fh01_07_s03.wav|
|アタシがやってあげるわ!|prpr_07_07.pp|fh01_07_s04.wav|
|強くしたらだめだからね|prpr_07_07.pp|fh01_07_s05.wav|
|激しくしたら怒るよ|prpr_07_07.pp|fh01_07_s06.wav|
|気持ちいいわね|prpr_07_07.pp|fh01_07_s07.wav|
|悪くないかな|prpr_07_07.pp|fh01_07_s08.wav|
|なかなか楽しいね|prpr_07_07.pp|fh01_07_s09.wav|
|よし、もっと気持ちよくしてあげるわ|prpr_07_07.pp|fh01_07_s10.wav|
|私がしてあげるわ|prpr_07_07.pp|fh01_07_s11.wav|
|どうやったら喜ぶのかしら?|prpr_07_07.pp|fh01_07_s12.wav|
|激しいのはナシだからね|prpr_07_07.pp|fh01_07_s13.wav|
|最初はゆっくりでいいから|prpr_07_07.pp|fh01_07_s14.wav|
|一緒に気持ちよくなるわよ|prpr_07_07.pp|fh01_07_s15.wav|
|(これじゃしゃべれないじゃない)|prpr_07_07.pp|fh01_07_s16.wav|
|(どうしてこのままなのかしら)|prpr_07_07.pp|fh01_07_s17.wav|
|(うまくしゃべれないわよ)|prpr_07_07.pp|fh01_07_s18.wav|
|あれ? 何も見えないわよ|prpr_07_07.pp|fh01_07_s19.wav|
|ちょっと、なんのつもりなの?|prpr_07_07.pp|fh01_07_s20.wav|
|なんだか、ちょっとどきどきするかも|prpr_07_07.pp|fh01_07_s21.wav|
|ん、あはぁ|prpr_07_07.pp|fh01_07_s22.wav|
|ん、中に、いいぃ!|prpr_07_07.pp|fh01_07_s23.wav|
|うん、出てるね|prpr_07_07.pp|fh01_07_s24.wav|
|あ、いっちゃったわね|prpr_07_07.pp|fh01_07_s25.wav|
|なかなか気持ちよかったわよ|prpr_07_07.pp|fh01_07_s26.wav|
|精液、中に入っちゃったわね|prpr_07_07.pp|fh01_07_s27.wav|
|出しすぎじゃないの、これ?|prpr_07_07.pp|fh01_07_s28.wav|
|ふざけないで!いい加減にして|prpr_07_07.pp|fh01_07_d01.wav|
|アタシはこんなこと…冗談じゃないわ|prpr_07_07.pp|fh01_07_d02.wav|
|この卑怯者、恥を知りなさい!|prpr_07_07.pp|fh01_07_d03.wav|
|アンタなんか、後で覚えてなさいよ|prpr_07_07.pp|fh01_07_d04.wav|
|どうして、アタシがこんなこと|prpr_07_07.pp|fh01_07_d05.wav|
|絶対、絶対許さないわよ!|prpr_07_07.pp|fh01_07_d06.wav|
|やめて…もういい加減にして|prpr_07_07.pp|fh01_07_d07.wav|
|もう、さわらないでよ!|prpr_07_07.pp|fh01_07_d08.wav|
|止めてよ、このヘンタイ!|prpr_07_07.pp|fh01_07_d09.wav|
|アタシがこんなこと…冗談じゃないわよ|prpr_07_07.pp|fh01_07_d10.wav|
|何考えてんのよ、このヘンタイ!|prpr_07_07.pp|fh01_07_d11.wav|
|冗談じゃないわよ、いい加減にして|prpr_07_07.pp|fh01_07_d12.wav|
|ふざけないで、嫌に決まってるでしょ!|prpr_07_07.pp|fh01_07_d13.wav|
|こんなの、絶対卑怯だわ!|prpr_07_07.pp|fh01_07_d14.wav|
|この卑怯者、勝手にすればいいでしょ!|prpr_07_07.pp|fh01_07_d15.wav|
|(何これ、外しなさいよ)|prpr_07_07.pp|fh01_07_d16.wav|
|(やめて、口が痛いわ)|prpr_07_07.pp|fh01_07_d17.wav|
|(いや、呼吸が…つらいわ)|prpr_07_07.pp|fh01_07_d18.wav|
|何するのよ、外しなさいよね!|prpr_07_07.pp|fh01_07_d19.wav|
|やめて、眼かくしなんかしないで!|prpr_07_07.pp|fh01_07_d20.wav|
|外してよ、このヘンタイ!|prpr_07_07.pp|fh01_07_d21.wav|
|んふ、んはぁっ!|prpr_07_07.pp|fh01_07_d22.wav|
|中は、いやぁ!|prpr_07_07.pp|fh01_07_d23.wav|
|冗談でしょ…どうしてアンタなんかに|prpr_07_07.pp|fh01_07_d24.wav|
|やめて…かけないでよ!|prpr_07_07.pp|fh01_07_d25.wav|
|最悪よ! どうしてこんなことするのよ!|prpr_07_07.pp|fh01_07_d26.wav|
|絶対に許さないわよ…!|prpr_07_07.pp|fh01_07_d27.wav|
|これで気が済んだでしょ?|prpr_07_07.pp|fh01_07_d28.wav|
|もっとたっぷりあそぼうか!|prpr_07_07.pp|fh02_07_s01.wav|
|さぁ、もっと続けようか!|prpr_07_07.pp|fh02_07_s02.wav|
|アタシがいじってあげるわ|prpr_07_07.pp|fh02_07_s03.wav|
|それじゃ遊ばせてもらうからね!|prpr_07_07.pp|fh02_07_s04.wav|
|ねぇ、来ていいよ|prpr_07_07.pp|fh02_07_s05.wav|
|大丈夫、こっちに来て|prpr_07_07.pp|fh02_07_s06.wav|
|すっごく楽しいわ|prpr_07_07.pp|fh02_07_s07.wav|
|うん、いい感じかも|prpr_07_07.pp|fh02_07_s08.wav|
|さぁ、もっと動かしていいからね|prpr_07_07.pp|fh02_07_s09.wav|
|もっと、気持ちよくなれるわよ|prpr_07_07.pp|fh02_07_s10.wav|
|もっと楽しい事してあげるわ|prpr_07_07.pp|fh02_07_s11.wav|
|さぁ、たっぷりいじらせてもらうわよ!|prpr_07_07.pp|fh02_07_s12.wav|
|入れていいわよ|prpr_07_07.pp|fh02_07_s13.wav|
|しっかり動いても大丈夫よ|prpr_07_07.pp|fh02_07_s14.wav|
|たっぷり、気持ちよくしてね|prpr_07_07.pp|fh02_07_s15.wav|
|(呼吸しにくいわよ)|prpr_07_07.pp|fh02_07_s16.wav|
|(外した方がいいと思うけど)|prpr_07_07.pp|fh02_07_s17.wav|
|(なんだかあごが疲れそうだわ)|prpr_07_07.pp|fh02_07_s18.wav|
|なんだか、目隠しって変な感じだわ|prpr_07_07.pp|fh02_07_s19.wav|
|ねぇ、真っ暗で何も見えないわ|prpr_07_07.pp|fh02_07_s20.wav|
|なんだか、面白いわね|prpr_07_07.pp|fh02_07_s21.wav|
|あぁ、んはあぁっ!|prpr_07_07.pp|fh02_07_s22.wav|
|あ、中で、いくぅっ!|prpr_07_07.pp|fh02_07_s23.wav|
|熱いのが、出てるわね|prpr_07_07.pp|fh02_07_s24.wav|
|精液、出しちゃったわね|prpr_07_07.pp|fh02_07_s25.wav|
|ふぅ…気持ちよかったわよぉ|prpr_07_07.pp|fh02_07_s26.wav|
|中に出しちゃったのね|prpr_07_07.pp|fh02_07_s27.wav|
|体にかかっちゃったわね|prpr_07_07.pp|fh02_07_s28.wav|
|しつこいのよ、このヘンタイ|prpr_07_07.pp|fh02_07_d01.wav|
|いい加減にしなさいよ、この卑怯者!|prpr_07_07.pp|fh02_07_d02.wav|
|絶対にゆるさないからね!|prpr_07_07.pp|fh02_07_d03.wav|
|冗談じゃないわ、こんなこと|prpr_07_07.pp|fh02_07_d04.wav|
|ふざけないでよ、このヘンタイ|prpr_07_07.pp|fh02_07_d05.wav|
|いいから、さっさと終わらせてよ|prpr_07_07.pp|fh02_07_d06.wav|
|もう、いい加減にして|prpr_07_07.pp|fh02_07_d07.wav|
|まだ続けるつもりなの|prpr_07_07.pp|fh02_07_d08.wav|
|さっさと終わらせなさいよ!|prpr_07_07.pp|fh02_07_d09.wav|
|感じてるわけないでしょ!|prpr_07_07.pp|fh02_07_d10.wav|
|あんたって、最低の卑怯者ね!|prpr_07_07.pp|fh02_07_d11.wav|
|よく飽きないわね、こんなこと!|prpr_07_07.pp|fh02_07_d12.wav|
|さっさとやったらいいでしょ!|prpr_07_07.pp|fh02_07_d13.wav|
|なによ、さっさとやりなさいよ|prpr_07_07.pp|fh02_07_d14.wav|
|もう、いい加減にして、このヘンタイ!|prpr_07_07.pp|fh02_07_d15.wav|
|(こんなの、痛いだけじゃない)|prpr_07_07.pp|fh02_07_d16.wav|
|(息が苦しいだけでしょ)|prpr_07_07.pp|fh02_07_d17.wav|
|(いやぁ、もう止めてよぉ)|prpr_07_07.pp|fh02_07_d18.wav|
|外しなさいよぉ、こんなのぉ!|prpr_07_07.pp|fh02_07_d19.wav|
|いいかげんにして、このヘンタイ!|prpr_07_07.pp|fh02_07_d20.wav|
|何よこんなの! 触らないでよ!|prpr_07_07.pp|fh02_07_d21.wav|
|いや、んあぁっ!!|prpr_07_07.pp|fh02_07_d22.wav|
|いやぁ、中はぁ…やめぇ!|prpr_07_07.pp|fh02_07_d23.wav|
|何出してるのよ、この…!|prpr_07_07.pp|fh02_07_d24.wav|
|どこにかけてるのよ! バカ…!|prpr_07_07.pp|fh02_07_d25.wav|
|最低よ…アンタなんて!|prpr_07_07.pp|fh02_07_d26.wav|
|絶対に…絶対にゆるさないから!|prpr_07_07.pp|fh02_07_d27.wav|
|いい気に、ならないでよね!|prpr_07_07.pp|fh02_07_d28.wav|
|だんだん気持ちよくなってきたわね|prpr_07_07.pp|fh03_07_s01.wav|
|いっぱい感じさせてね|prpr_07_07.pp|fh03_07_s02.wav|
|想いっきり喜ばせてあげるわ|prpr_07_07.pp|fh03_07_s03.wav|
|たっぷり、いじめてあげるわよ|prpr_07_07.pp|fh03_07_s04.wav|
|さぁ、入れていいのよ|prpr_07_07.pp|fh03_07_s05.wav|
|好きなところに入れていいのよ|prpr_07_07.pp|fh03_07_s06.wav|
|あん、気持ちいいわ|prpr_07_07.pp|fh03_07_s07.wav|
|ウフフ たのしいわね|prpr_07_07.pp|fh03_07_s08.wav|
|まだまだこれからよ|prpr_07_07.pp|fh03_07_s09.wav|
|次はアタシがやってあげるわ|prpr_07_07.pp|fh03_07_s10.wav|
|アタシにもやらせて欲しいわ!|prpr_07_07.pp|fh03_07_s11.wav|
|いっぱいいじって上げるわよ!|prpr_07_07.pp|fh03_07_s12.wav|
|さぁ、入れて頂戴|prpr_07_07.pp|fh03_07_s13.wav|
|奥まで入れいいからね|prpr_07_07.pp|fh03_07_s14.wav|
|私も、もっと気持ちよくなりたいのよ|prpr_07_07.pp|fh03_07_s15.wav|
|(やっぱり息がくるしいかも)|prpr_07_07.pp|fh03_07_s16.wav|
|(さっきからよだれが止まらない)|prpr_07_07.pp|fh03_07_s17.wav|
|(何言ってるかわかるのかしら?)|prpr_07_07.pp|fh03_07_s18.wav|
|見えない分、感じちゃうわね!|prpr_07_07.pp|fh03_07_s19.wav|
|目隠しって、たのしいわね|prpr_07_07.pp|fh03_07_s20.wav|
|いいわぁ、もっと楽しくなりたい!|prpr_07_07.pp|fh03_07_s21.wav|
|あふぅっ…いくうぅぅっ!|prpr_07_07.pp|fh03_07_s22.wav|
|中で、あ、ああぁぁぁっ!!|prpr_07_07.pp|fh03_07_s23.wav|
|今、射精してるでしょ|prpr_07_07.pp|fh03_07_s24.wav|
|ウフフ、いっちゃったわね|prpr_07_07.pp|fh03_07_s25.wav|
|いいわぁ…すごく気持ちよかった|prpr_07_07.pp|fh03_07_s26.wav|
|おなかの中、アナタの精液だらけよ|prpr_07_07.pp|fh03_07_s27.wav|
|体中ぬるぬるしてるわ|prpr_07_07.pp|fh03_07_s28.wav|
|も、もう嫌! いい加減にして|prpr_07_07.pp|fh03_07_d01.wav|
|やめてよ…うんざりなんだから|prpr_07_07.pp|fh03_07_d02.wav|
|もう、さっさと終わりにして|prpr_07_07.pp|fh03_07_d03.wav|
|こんなの、やりたくないわよ!|prpr_07_07.pp|fh03_07_d04.wav|
|止めて、もうやめてってば|prpr_07_07.pp|fh03_07_d05.wav|
|もうこれ以上はやめて!|prpr_07_07.pp|fh03_07_d06.wav|
|いやよ、もう終わりにして!|prpr_07_07.pp|fh03_07_d07.wav|
|これ以上何をするつもりよ?|prpr_07_07.pp|fh03_07_d08.wav|
|もう十分でしょ、終わりにしてよ!|prpr_07_07.pp|fh03_07_d09.wav|
|もういや…さっさと終わらせて|prpr_07_07.pp|fh03_07_d10.wav|
|こんなの…もういや…|prpr_07_07.pp|fh03_07_d11.wav|
|この…ヘンタイ…さっさと終わらせてよ|prpr_07_07.pp|fh03_07_d12.wav|
|いや、もう止めて|prpr_07_07.pp|fh03_07_d13.wav|
|アンタのなんか…入れたくないのよ|prpr_07_07.pp|fh03_07_d14.wav|
|もういや…いい加減にして|prpr_07_07.pp|fh03_07_d15.wav|
|(いや、もういやよ)|prpr_07_07.pp|fh03_07_d16.wav|
|(呼吸が、できないの)|prpr_07_07.pp|fh03_07_d17.wav|
|(お願い、もう止めてぇ!)|prpr_07_07.pp|fh03_07_d18.wav|
|いや…もうとって|prpr_07_07.pp|fh03_07_d19.wav|
|こんなの、なんの意味があるのよ!|prpr_07_07.pp|fh03_07_d20.wav|
|お願いだから、もう外してよぉ!|prpr_07_07.pp|fh03_07_d21.wav|
|ああ、んはあぁっ!!|prpr_07_07.pp|fh03_07_d22.wav|
|な、中はぁ…いやぁっ!|prpr_07_07.pp|fh03_07_d23.wav|
|なんで中で…射精するのよ!|prpr_07_07.pp|fh03_07_d24.wav|
|最悪…本当に最悪よぉ…!|prpr_07_07.pp|fh03_07_d25.wav|
|いや…もう…いい加減にして…|prpr_07_07.pp|fh03_07_d26.wav|
|どうして、こんな…アンタなんかの…|prpr_07_07.pp|fh03_07_d27.wav|
|もういいいから…もう終わりにして…|prpr_07_07.pp|fh03_07_d28.wav|
|まだまだ、これからよ|prpr_07_07.pp|fh04_07_s01.wav|
|めいいっぱい楽しむわよ!|prpr_07_07.pp|fh04_07_s02.wav|
|たっぷりいじくってあげるわね|prpr_07_07.pp|fh04_07_s03.wav|
|アタシからしてあげるわ|prpr_07_07.pp|fh04_07_s04.wav|
|ねぇ、お願い、入れて頂戴|prpr_07_07.pp|fh04_07_s05.wav|
|根元まで、思いっきり付き込んで|prpr_07_07.pp|fh04_07_s06.wav|
|あん、もっとやってぇ|prpr_07_07.pp|fh04_07_s07.wav|
|いい、すごく気持ちいいわ|prpr_07_07.pp|fh04_07_s08.wav|
|もっと色々していいのよ|prpr_07_07.pp|fh04_07_s09.wav|
|もっと気持ちよくさせてあげるわ|prpr_07_07.pp|fh04_07_s10.wav|
|たっぷり楽しませてあげる!|prpr_07_07.pp|fh04_07_s11.wav|
|いっぱい、感じさせてあげるわ!|prpr_07_07.pp|fh04_07_s12.wav|
|ねぇ、アタシ中にぶちこんで欲しいのぉ|prpr_07_07.pp|fh04_07_s13.wav|
|アタシの中を、かき回してぇ!|prpr_07_07.pp|fh04_07_s14.wav|
|いいのぉ、そのまま突っ込んでぇ!|prpr_07_07.pp|fh04_07_s15.wav|
|(だめ、よだれが止まらないわ)|prpr_07_07.pp|fh04_07_s16.wav|
|(気持ちよくって、おかしくなりそう)|prpr_07_07.pp|fh04_07_s17.wav|
|(もっと気持ちよくしてぇ!)|prpr_07_07.pp|fh04_07_s18.wav|
|目隠しって、すごく敏感になっちゃうわ|prpr_07_07.pp|fh04_07_s19.wav|
|目かくしって、気持ちいいわねぇ|prpr_07_07.pp|fh04_07_s20.wav|
|目かくしって楽しいわねぇ!|prpr_07_07.pp|fh04_07_s21.wav|
|んはぁあ…い、いっくうぅ!|prpr_07_07.pp|fh04_07_s22.wav|
|あ、中ぁ、んはああぁぁっ!!|prpr_07_07.pp|fh04_07_s23.wav|
|中が…熱いわぁ|prpr_07_07.pp|fh04_07_s24.wav|
|結構出てるわねぇ…すごぉい|prpr_07_07.pp|fh04_07_s25.wav|
|本当に…気持ちよかったわぁ|prpr_07_07.pp|fh04_07_s26.wav|
|おなかの中から、すっごく熱くなってきてる|prpr_07_07.pp|fh04_07_s27.wav|
|好きなところにかけていいわよ!|prpr_07_07.pp|fh04_07_s28.wav|
|止めて、もう許して!|prpr_07_07.pp|fh04_07_d01.wav|
|もう本当に、本当に嫌なのぉ|prpr_07_07.pp|fh04_07_d02.wav|
|これで、終わりにしてよぉ|prpr_07_07.pp|fh04_07_d03.wav|
|お願いだから、もう許してぇ|prpr_07_07.pp|fh04_07_d04.wav|
|止めて、もういやぁ|prpr_07_07.pp|fh04_07_d05.wav|
|もう入れないでぇ、止めてぇ|prpr_07_07.pp|fh04_07_d06.wav|
|お願いよぉ、もう止めて|prpr_07_07.pp|fh04_07_d07.wav|
|もう終わりにしてよぉ|prpr_07_07.pp|fh04_07_d08.wav|
|お願いだから、もう、やめてぇ…|prpr_07_07.pp|fh04_07_d09.wav|
|こんなの…もういやぁ|prpr_07_07.pp|fh04_07_d10.wav|
|…もういや…これで終わりにしてぇ|prpr_07_07.pp|fh04_07_d11.wav|
|もう…体が、おかしいのぉ|prpr_07_07.pp|fh04_07_d12.wav|
|もうこれ以上は許してよぉ…|prpr_07_07.pp|fh04_07_d13.wav|
|お願い、もうやめてぇ…|prpr_07_07.pp|fh04_07_d14.wav|
|お願いだから…もう止めて…|prpr_07_07.pp|fh04_07_d15.wav|
|(苦しいのぉ、助けてぇ)|prpr_07_07.pp|fh04_07_d16.wav|
|(もういやぁ、体がこわれちゃうぅ)|prpr_07_07.pp|fh04_07_d17.wav|
|(もうやめて…たすけてぇ)|prpr_07_07.pp|fh04_07_d18.wav|
|いやぁ…もうおかしくなっちゃうぅ|prpr_07_07.pp|fh04_07_d19.wav|
|お願い、もう許してよぉ|prpr_07_07.pp|fh04_07_d20.wav|
|やめてぇ…もう、やめてぇ|prpr_07_07.pp|fh04_07_d21.wav|
|んはぁあ、い、いくくぅぅっ!!|prpr_07_07.pp|fh04_07_d22.wav|
|いやぁ、中はぁ、だめぇっ!|prpr_07_07.pp|fh04_07_d23.wav|
|中は…やめてよぉ…うぅ|prpr_07_07.pp|fh04_07_d24.wav|
|お願いだから…もうやめてぇ|prpr_07_07.pp|fh04_07_d25.wav|
|お、お願いします…もう…許して、下さい|prpr_07_07.pp|fh04_07_d26.wav|
|もう本当に…やめて…|prpr_07_07.pp|fh04_07_d27.wav|
|もういや…許して…|prpr_07_07.pp|fh04_07_d28.wav|
|気持ちいいのぉ、もっとやってぇ!|prpr_07_07.pp|fh05_07_s01.wav|
|いいわぁ、アナタの好きにしていいのよぉ!|prpr_07_07.pp|fh05_07_s02.wav|
|今度はこっちが攻める番よォ!|prpr_07_07.pp|fh05_07_s03.wav|
|たっぷりいじくりまわしてあげるわぁ!|prpr_07_07.pp|fh05_07_s04.wav|
|奥までびっちり突きこんで欲しいのぉ!|prpr_07_07.pp|fh05_07_s05.wav|
|お願い、ぐちょぐちょにかきまぜてぇ!|prpr_07_07.pp|fh05_07_s06.wav|
|最高にきもちいいわぁ|prpr_07_07.pp|fh05_07_s07.wav|
|んはぁ、すっごく気持ちいいわぁ|prpr_07_07.pp|fh05_07_s08.wav|
|ウフフ、ものすごく楽しいわねぇ|prpr_07_07.pp|fh05_07_s09.wav|
|さぁ、もっと気持ちよくしてあげるわよぉ!|prpr_07_07.pp|fh05_07_s10.wav|
|アタシ、もっともっといじりたいのぉ!|prpr_07_07.pp|fh05_07_s11.wav|
|ねぇ、私にもっといじらせてぇっ!|prpr_07_07.pp|fh05_07_s12.wav|
|ぐちゅぐちゅにかきまわしてちょうだぁい!|prpr_07_07.pp|fh05_07_s13.wav|
|根元まで突き込んでちょうだぁい!|prpr_07_07.pp|fh05_07_s14.wav|
|そのまま、思い切り突きこんでぇ!|prpr_07_07.pp|fh05_07_s15.wav|
|(もうだめ、おかしくなりそうよォ)|prpr_07_07.pp|fh05_07_s16.wav|
|(よだれが、ぜんぜん止まらないわぁ)|prpr_07_07.pp|fh05_07_s17.wav|
|(だめぇ、もうおかしくなりそうよぉ!)|prpr_07_07.pp|fh05_07_s18.wav|
|目隠しって、すっごく楽しいわぁ|prpr_07_07.pp|fh05_07_s19.wav|
|目隠しって、最高だわぁ!|prpr_07_07.pp|fh05_07_s20.wav|
|このまま、もっと気持ちよくなりたいのぉ!!|prpr_07_07.pp|fh05_07_s21.wav|
|い、いちゃううううぅぅっ!!|prpr_07_07.pp|fh05_07_s22.wav|
|中でぇ、あはあぁぁっ!!|prpr_07_07.pp|fh05_07_s23.wav|
|ザーメンがぁ、いっぱい出てる|prpr_07_07.pp|fh05_07_s24.wav|
|ザーメンがぁ、こぼれまくってるわぁ|prpr_07_07.pp|fh05_07_s25.wav|
|こんなに、気持ちがよかったなんて…|prpr_07_07.pp|fh05_07_s26.wav|
|もっと中出ししてもいいわよ|prpr_07_07.pp|fh05_07_s27.wav|
|もっとたっぷり、体にかけて頂戴!!|prpr_07_07.pp|fh05_07_s28.wav|
|だめぇ…もうゆ、ゆるしてよぉ|prpr_07_07.pp|fh05_07_d01.wav|
|アタシぃ…もう、だめなのぉ|prpr_07_07.pp|fh05_07_d02.wav|
|いやぁ…誰か、たすけてぇ|prpr_07_07.pp|fh05_07_d03.wav|
|お願いだから、もうゆるしてぇ|prpr_07_07.pp|fh05_07_d04.wav|
|いやぁ、もうだめぇ|prpr_07_07.pp|fh05_07_d05.wav|
|やめて…おかしくなっちゃう、からぁ|prpr_07_07.pp|fh05_07_d06.wav|
|あぁ…たすけてぇ|prpr_07_07.pp|fh05_07_d07.wav|
|いや、もうやめてぇ|prpr_07_07.pp|fh05_07_d08.wav|
|お願い、許してぇ|prpr_07_07.pp|fh05_07_d09.wav|
|いやぁ…もう放してぇ|prpr_07_07.pp|fh05_07_d10.wav|
|もういやぁ、もういやなのぉ|prpr_07_07.pp|fh05_07_d11.wav|
|いや…もう、おかしくなっちゃうぅ|prpr_07_07.pp|fh05_07_d12.wav|
|お願いだから、もう止めてぇ|prpr_07_07.pp|fh05_07_d13.wav|
|こんなのぉ、もうやめてよぉ|prpr_07_07.pp|fh05_07_d14.wav|
|うぅ…もう入れないでぇ|prpr_07_07.pp|fh05_07_d15.wav|
|(アタシもう、おかしくなっちゃったぁ)|prpr_07_07.pp|fh05_07_d16.wav|
|(だめぇ、誰か、たすけてぇ)|prpr_07_07.pp|fh05_07_d17.wav|
|(私ぃ…もうダメぇ…)|prpr_07_07.pp|fh05_07_d18.wav|
|いやぁ、誰か助けてぇ|prpr_07_07.pp|fh05_07_d19.wav|
|お願いだからぁ、誰かたすけてぇ!|prpr_07_07.pp|fh05_07_d20.wav|
|許して、もう許してよぉ…|prpr_07_07.pp|fh05_07_d21.wav|
|い、いやああぁぁっ!|prpr_07_07.pp|fh05_07_d22.wav|
|中は、だめええぇっ!!|prpr_07_07.pp|fh05_07_d23.wav|
|もういやぁ、中に出さないでぇ|prpr_07_07.pp|fh05_07_d24.wav|
|やめてぇ、そんなにかけないでぇ…|prpr_07_07.pp|fh05_07_d25.wav|
|んぁ…もう、これ以上は…許してぇ|prpr_07_07.pp|fh05_07_d26.wav|
|もう、こわれちゃうから…やめてぇ|prpr_07_07.pp|fh05_07_d27.wav|
|助けて、だれか…たすけてぇ…|prpr_07_07.pp|fh05_07_d28.wav|
|はなしなさいよ!|prpr_07_07.pp|fh01_07_h01.wav|
|止めて、いい加減にしなさいよ|prpr_07_07.pp|fh01_07_h02.wav|
|こんなまねして、絶対ゆるさないから!|prpr_07_07.pp|fh01_07_h03.wav|
|いい加減に、もう放して|prpr_07_07.pp|fh01_07_h04.wav|
|いや、冗談じゃわよ! 止めて!|prpr_07_07.pp|fh01_07_h05.wav|
|止めて、やめてなさいってば!|prpr_07_07.pp|fh01_07_h06.wav|
|ダメよ! いい加減にして!|prpr_07_07.pp|fh01_07_h07.wav|
|嫌よ、放しなさい!|prpr_07_07.pp|fh01_07_h08.wav|
|もう、いい加減にしなさい!|prpr_07_07.pp|fh01_07_h09.wav|
|いや、放してよ!|prpr_07_07.pp|fh01_07_h10.wav|
|もう止めるのよ!!|prpr_07_07.pp|fh01_07_h11.wav|
|いい加減にしないと、怒るわよ!|prpr_07_07.pp|fh01_07_h12.wav|
|いや! 絶対にいや!|prpr_07_07.pp|fh01_07_h13.wav|
|こんなコトしてただですむと思ってるの!|prpr_07_07.pp|fh01_07_h14.wav|
|いい加減に放して!|prpr_07_07.pp|fh01_07_h15.wav|
|いや、もうやめて!|prpr_07_07.pp|fh01_07_h16.wav|
|(はなして、もう止めてったら)|prpr_07_07.pp|fh01_07_h17.wav|
|(絶対にゆるさないから!)|prpr_07_07.pp|fh01_07_h18.wav|
|(こんな事してただじゃすまないわよ)|prpr_07_07.pp|fh01_07_h19.wav|
|何よこれ、外してよ!|prpr_07_07.pp|fh01_07_h20.wav|
|なんのつもり?外しなさいよ!|prpr_07_07.pp|fh01_07_h21.wav|
|こんなの、絶対に許さないから!|prpr_07_07.pp|fh01_07_h22.wav|
|ぅ…いやぁぁ!|prpr_07_07.pp|fh01_07_h23.wav|
|んふぅ、あぁ!|prpr_07_07.pp|fh01_07_h24.wav|
|や、やめぇっ!|prpr_07_07.pp|fh01_07_h25.wav|
|いや! 出さないで|prpr_07_07.pp|fh01_07_h26.wav|
|一体、何考えてるのよ…!|prpr_07_07.pp|fh01_07_h27.wav|
|いい加減にして…もう放して!|prpr_07_07.pp|fh01_07_h28.wav|
|こんなマネしてただじゃすまないんだから|prpr_07_07.pp|fh01_07_h29.wav|
|あんたたち、絶対ゆるさないから!|prpr_07_07.pp|fh01_07_h30.wav|
|ひどい! なんて事すんのよ!|prpr_07_07.pp|fh01_07_h31.wav|
|いい加減にして! このヘンタイ|prpr_07_07.pp|fh01_07_h32.wav|
|いい加減に放してよ!|prpr_07_07.pp|fh01_07_h33.wav|
|い、いや、触らないでぇ|prpr_07_07.pp|fh02_07_h01.wav|
|だめぇ、もうやめてぇ|prpr_07_07.pp|fh02_07_h02.wav|
|アンタたち、絶対ぶっ飛ばしてやる!|prpr_07_07.pp|fh02_07_h03.wav|
|くぅ…ゆるさないからね|prpr_07_07.pp|fh02_07_h04.wav|
|いやぁ…もう止めなさいよ!|prpr_07_07.pp|fh02_07_h05.wav|
|やめて…いい加減にして|prpr_07_07.pp|fh02_07_h06.wav|
|ふざけないで、もう止めて!|prpr_07_07.pp|fh02_07_h07.wav|
|だめ、もういや!|prpr_07_07.pp|fh02_07_h08.wav|
|も、もうやめて|prpr_07_07.pp|fh02_07_h09.wav|
|いい加減に、もう放して|prpr_07_07.pp|fh02_07_h10.wav|
|止めて、これ以上はもういや!|prpr_07_07.pp|fh02_07_h11.wav|
|いつまで続けるつもりよ!|prpr_07_07.pp|fh02_07_h12.wav|
|もうだめ、入れないで!|prpr_07_07.pp|fh02_07_h13.wav|
|やめて、放してってば!|prpr_07_07.pp|fh02_07_h14.wav|
|も、もう、いい加減に…して|prpr_07_07.pp|fh02_07_h15.wav|
|こんな…の…ひどすぎる|prpr_07_07.pp|fh02_07_h16.wav|
|(もういや…もうやめてってば)|prpr_07_07.pp|fh02_07_h17.wav|
|(放して、放しなさいよぉ)|prpr_07_07.pp|fh02_07_h18.wav|
|(お願いもうやめてぇ!)|prpr_07_07.pp|fh02_07_h19.wav|
|こんなことで、アタシは絶対、負けないわよ!|prpr_07_07.pp|fh02_07_h20.wav|
|あんたたち、絶対に許さないから!|prpr_07_07.pp|fh02_07_h21.wav|
|無駄よ!さっさと終わらせなさいよ!|prpr_07_07.pp|fh02_07_h22.wav|
|あふぅ、んあああぁぁっ!|prpr_07_07.pp|fh02_07_h23.wav|
|い、いやあぁぁぁっ!|prpr_07_07.pp|fh02_07_h24.wav|
|いや、中は…だめぇぇっ!|prpr_07_07.pp|fh02_07_h25.wav|
|止めて…中はだめなのに|prpr_07_07.pp|fh02_07_h26.wav|
|もう…いい加減に、やめて|prpr_07_07.pp|fh02_07_h27.wav|
|もう、これ以上は…やめて|prpr_07_07.pp|fh02_07_h28.wav|
|あんたたち…絶対…ゆるさないんだから|prpr_07_07.pp|fh02_07_h29.wav|
|中に…精液が…|prpr_07_07.pp|fh02_07_h30.wav|
|こんなの、最悪…だよ|prpr_07_07.pp|fh02_07_h31.wav|
|うぅ…いい加減にしてぇ|prpr_07_07.pp|fh02_07_h32.wav|
|もう止めてよ…お願いだから…|prpr_07_07.pp|fh02_07_h33.wav|
|いやぁ…もうやめてぇ|prpr_07_07.pp|fh03_07_h01.wav|
|おねがいぃ…もう…たすけてぇ|prpr_07_07.pp|fh03_07_h02.wav|
|やめてぁえ、もうやめてよぉ|prpr_07_07.pp|fh03_07_h03.wav|
|アタシぃ…おかしくなっちゃうぅ|prpr_07_07.pp|fh03_07_h04.wav|
|いやぁ…もう入れないでよぉ|prpr_07_07.pp|fh03_07_h05.wav|
|痛いのぉ…もうやめてよぉ|prpr_07_07.pp|fh03_07_h06.wav|
|いやぁ…もうゆるしてぇ|prpr_07_07.pp|fh03_07_h07.wav|
|やめてぇ…お願いよぉ…|prpr_07_07.pp|fh03_07_h08.wav|
|止めてぇ…もうやめてぇ|prpr_07_07.pp|fh03_07_h09.wav|
|いやぁ、もう許してぇ|prpr_07_07.pp|fh03_07_h10.wav|
|お願いよぉ…もうはなしてぇ|prpr_07_07.pp|fh03_07_h11.wav|
|もうだめぇ…たすけてぇ|prpr_07_07.pp|fh03_07_h12.wav|
|いやぁ…もう入れないでよぉ|prpr_07_07.pp|fh03_07_h13.wav|
|もう、こ、こわれちゃうよぉ|prpr_07_07.pp|fh03_07_h14.wav|
|アタシぃ…もぅ、だめなのぉ…|prpr_07_07.pp|fh03_07_h15.wav|
|いやぁ…もうやめてぇ…|prpr_07_07.pp|fh03_07_h16.wav|
|(アタシぃ…もうだめぇ)|prpr_07_07.pp|fh03_07_h17.wav|
|(いやぁ…助けてぇ)|prpr_07_07.pp|fh03_07_h18.wav|
|(おねがいだから…もう、やめてぇ!)|prpr_07_07.pp|fh03_07_h19.wav|
|い、いやぁ…もぉ…気持ちよく、なっちゃ…|prpr_07_07.pp|fh03_07_h20.wav|
|だめぇ…アタシぃ、おかしくなっちゃうぅ|prpr_07_07.pp|fh03_07_h21.wav|
|いやぁ…気持ち、い、いい、いやあぁぁ|prpr_07_07.pp|fh03_07_h22.wav|
|いくぅいっちゃうぅっ!|prpr_07_07.pp|fh03_07_h23.wav|
|い、いくううううぅぅっ!|prpr_07_07.pp|fh03_07_h24.wav|
|ひあぁ、あああぁぁっ!!|prpr_07_07.pp|fh03_07_h25.wav|
|精液ぃ…溢れて、きちゃったぁ…|prpr_07_07.pp|fh03_07_h26.wav|
|あぁ、精液がぁ、熱いのぉ…|prpr_07_07.pp|fh03_07_h27.wav|
|あ、あぁ…も、もうだめぇ|prpr_07_07.pp|fh03_07_h28.wav|
|もう…だめぇ…誰か、助けてぇ…|prpr_07_07.pp|fh03_07_h29.wav|
|精液…もう出さないでよぉ|prpr_07_07.pp|fh03_07_h30.wav|
|もうゆるしてぇ…もういやぁ|prpr_07_07.pp|fh03_07_h31.wav|
|だれか…たすけてぇ|prpr_07_07.pp|fh03_07_h32.wav|
|もういや…もう、いやぁ…|prpr_07_07.pp|fh03_07_h33.wav|